見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

タグ:F1


あ〜あ、、負けた負けた・・!

お昼過ぎからずっとテレビを観っぱなし。こんなに休みの昼間にテレビを見るなんて事滅多にないのだけれど、でもF1とW杯が重なっちゃ仕方が無い。

F1のほうが1時のスタート。このヴァレンシアのコース、前に観てなかったなあ〜。空撮の映像が素敵。前回のカナダもそうだったけど、最近のF1は、コースの回りが絵になる。ポールスタートのヴィッテルが最後までトップをキープしたあたりはまあ可も無し不可もなし、、?せっかく勝ったのに話題にならないという展開だった。けれど他がなかなか・・・!

3番手からスタートで2位に付けたハミルトンが、1位にあがるかどうかと思ってたけれど、結局ピットから出る際にセーフティーカーを抜いたという事でペナルティーを受ける。これで逆転はかなわなかったけど、最後まで追い上げたあたりは流石。それにしてもウェーバーの吹っ飛びは久々に派手なクラッシュだった。無事でよかったね。

普段はほとんどコメンテイターの口にのぼらない、日本人ドライバーの名前をこんなに聞いたのはいつ以来か・・?「Kobayashi,,,Kobayashi,,,」と大連呼。なんと他の人がみんなセーフティーカーの入る直前にピットインした為に3位に付けた小林が、セーフティーカーが去った後もそのまま一度もピットインせずに54周まで走り続け、ピットから9位で出た後にもさらに2順位上げて7位で終わるという活躍。しかも最終コーナーで8位から7位に上がるというドラマチックなエンディング

途中で何故かコースにボトルが転がっていて、マーシャルの一人が決死の全力疾走で拾いに行く一コマも。ホント、F1はいろんな予想できない事が起こるから面白い。

そして、、、予想出来なかった訳じゃないけど、残念だったイングランド!! ランパードの2点目のゴールは間違いなく入ってた。前半はボールの維持が多くてよく回していたイングランドと、一瞬の隙を突いてあっという間にゴールを決めたスピードのあるドイツと、良い競り合いをしてたと思う。だからこそ、あの2点目は分かれ目だった

前半を2−2で終えていたら、後半の士気がまた違っていたかもしれない。あの時点でイングランドのツキは消えてしまったと思う。もちろん後半で1点を返せばまた振り出しに戻るわけで、結局はそれが出来なかったというのが敗因なのだけれど。1点を取り返せなかったイングランドと、さらに2点を追加したドイツとのプレーの差は明らかだった。

後半でのドイツは若さと勢いで輝いていた。あのまま2−1で勝っていたら納得出来なかったのは自分達自身だと解っていたのだろう。あの1点を足してもおつりがくるだけのゴールを決めた彼等のほうがイングランドより上だった。「今のドイツは若くて大舞台での経験の浅い選手ばかり」という声もあったけれど、若いからこそ、スピードとキレの良さとチームの結束が光っていた。

イングランドの選手達はみんなトップクラスだ。あんなに素晴らしい選手が集まっているのにどうしてチームとして勢いが無いのか、、、今回のW杯を通じてずっと言われ続けた事だ。今回もそう。選手達の顔に生気がない。第一ルーニーだってまだ24なのよ・・・ドイツの選手達と同世代なのに、どうしてあんなにおっさんなの、、、? 若いエネルギーがない。
もっと走れ!蹴って蹴ってゴールするのが君の使命なんだよ!!

スタジオ解説者が言った「フットボール選手に金を払い過ぎだ、億万長者は必死で走らないからね」、、、まさにその通り! 夢を追いかけて、必死でボールを追い続ける姿が感動的なはずなのに、なんだかみんな老成しちゃったようなカンジ。根こそぎすべての選手を一新して一から出直したほうがいいんじゃない・・・?

とはいってもやっぱり残念だけどね。強いチームだと言われていたからこそ余計に・・・・チームとして皆がキラキラしていないとダメなんだよねやっぱり。それとみんなをまとめて引っ張る良いキャプテン。これも不可欠だ。そしてまず監督、、、カッペッロ氏の進退はどうなるか、、?

ジャーマンズ・デーだったね、F1もW杯も。ドイツは2年後のヨーロピアンや4年後のW杯までにもっともっと強いチームになるだろうな。今回優勝するかどうかはまだ解らないけど、今のメンバーがあと6ー7年はやれる年代だからナショナルチームとしての結束ももっとできてくるだろうし。今回早々に敗退したフランスもイタリアもきっと考え新たに出直して来るだろうから、イングランドも総入れ替えでもしたら? プレーヤーのお給料はちょっとハングリー精神が残る程度にして・・・


いや〜〜、去年に続いて最終レースに持ち込まれたF1のチャンピオン決定戦。
目を見張るような、まさに神童といった勢いでデビューシーズンを飾った去年の最終戦では、まさかの1点差でルーキー&最年少世界チャンピオンを逃がしたルイス・ハミルトン。 もし今年、明日のレースでチャンピオンになれば歴代最年少の記録を作る。

最終戦のスタートは、これまたなんとも微妙。現在ポイントで2位に付けてるマッサがポールポジションを取った。ルイスは4番手でのスタート。これまでのポイントはルイスが94、マッサ87。この得点差を分析するとこういう事らしい。

ハミルトンが5位以上に入れば彼の最年少世界チャンピオンが決定する。
ハミルトンが6位、もしくは7位で、マッサが優勝すればチャンピオンはマッサに決定。
ハミルトンが8位以下なら、マッサは2位以上でチャンピオン。

その結果、もし両者のポイントが同点だった場合・・
優勝数の多い方が勝ちーーー5対5
準優勝の多い方ーーー2対2
3位の多い方ーーーハミルトン=3、マッサ=2。

こりゃあ面白いよね〜〜 また去年みたいになるんだろうか・・?それとも今年はきっちりルイスが最年少チャンピオンを決めるのか・・・?!!

レースはブラジルなので、時間差がまた微妙だ。イギリス時間でのレース開始は午後5時。 気を持たせるよねえ〜〜 ほぼぶっちぎりだった去年とは違って、今年は若いルイスにとってもいろんな経験を積んだシーズンだったはずだ。だからこそ、今度は勝たせてあげたい気がする。

何が起こるか解らないのがF1レースの醍醐味だけど、マッサ=ポール、ハミルトン=4位からのスタートがまずどうなるのか、その後の攻略法はどうなっているのか、見逃せない所。 とりあえずリタイアだけはなんとしても避けたい所。でもホントにこればっかりは解らないからね〜〜!

明日は日曜のマチネでケネス・ブラナーの「イワノフ」を観に行く。3時の開演だから、終わる頃にはまさにF1レースの真っ最中なはず。 うーん、微妙だあ〜〜 ドキドキしちゃうな・・・

1クリックで応援を!!
Banner


P7060068


いや〜、行ってきたのでした、昨日のF1ブリティッシュ・グランプリ
(これはハミルトンのウィンイング・ラン。クリックすると大きくなります)

なんと結局朝6時にキャブを頼んでメイン駅のSt Pancrasへ。だって日曜日はこんなに朝早くロンドン市内に入る電車が無いんですもの!!地下鉄なんて始発が6:58って、、、ほんとに役立たず!!
St Pancras駅はユーロスターの正式な発着駅になったのですごく奇麗。姉妹駅のキングスクロスとはまさにお隣の建物だ。今まではかなりマイナーなイメージだったけど、今や国際駅だしこれから2012年のオリンピックまでに新たな路線も建設中なのでこれからもっとメジャーになっていくのでしょう。

途中から車でひろってもらう。初めて会うイアンの車はBMW。幹線道路のA43はこの日はシルバーストーンサーキットへ行く車限定に制限されている。なんといっても9万人が集まるのだから、まあ混雑の程は予想はしていたけれど、まだ8時半だというのに既に大渋滞が始まっていた。 列をさけてカントリーレーンをちょっと大回りする。同じ時間がかかるなら動いてるほうが良いし、イギリスの田舎はほんとドライヴに最高!ところがこのあたりから雨が降り始めて先行きが怪しい。
F1-bF1-A

指定された駐車場に車を入れると、ここはコーポレートVIP専用のエリアで、チケットとVIPカードを見せてクラブハウスに入る。テントとはいっても中はちょっとしたファンクションルーム並みのテーブルセッティングがされている。朝食の軽食や珈琲、紅茶、ソフトドリンクが自由に頼める。 もちろん奇麗どころのお姉さん達があちこちに気を配ってエスコートしてくれる。外はかなりの雨で足下はグジョグジョだし座れる所もないし、VIPチケットでほんとに良かった・・・


仮設のトイレも思ってたよりずっと奇麗で、内部には鏡の上に絵まで飾られてる。中だけ見たらホテルのトイレかと思うくらい。しかも女性がほとんどいないので、queue(長蛇の列)ができてるのはもっぱら男性用!こんなの初めて。 軽くチーズとハムで珈琲をいただいて初めての人達としばしおしゃべり。でも同業っていうのは狭い世界で、15年くらい前に実は会ってた・・・という人も。
club
10時半からはバーがオープン。 そして全員にシャンペンがグラスで配られる。11時からドライバー達のパレードがあるので、レース観戦の座席の確認もかねてサーキットへ。実は駐車場に入るためにのろのろと1時間近くもかかったあいだ、サーキットからマシンの音が響いていた。この日はメインのF1だけでなく、その他の小さなレースもいくつかやっているのだ。そして何故かひっきりなしにヘリコプターがあちこちから飛んでいる。晴れてたら時間までその他のレースを見たりするのも楽しいんだろうけど、この日は雨・・・ 席の場所だけ確認してオープンカーに全員で乗って手を振るF1ドライバー達をちらっと(ホントにちらっと)見てやっぱり一旦クラブハウスへ戻る事にした。もう寒いし足は泥でグチョグチョだし・・・・私は小さな傘は持っていったのだけど、うかつにも完全防備の雨具を持っていなかったので、テントに戻って透明のゴミ袋をもらう。頭に穴をあけてすっぽりかぶるとこれが何と完璧!レース観戦はゴミ袋に身をつつんでという事になった。


さて、レース! 私たちの席はスタート地点からは丁度反対側。Stoweと呼ばれるコーナーで、ここはピットストレートから最初のコーナーを回り、少しジグザグしたあとの長い直線Hangar Straightをまっすぐに下って飛び込んでくるコーナーだ。 次のコーナーから遠目に反対側へ上がって行くまでが見渡せる。スタートは目の前にある巨大スクリーンのコメンタリーで見るのだけれど、4番グリットからスタートと同時に2番手に上がったルイス・ハミルトンに大歓声が湧いて一気に盛り上がる。
次のジグザグでもプッシュをかけるハミルトンを、なんとか封じ込んだコバライネンがトップを死守する様子をスクリーンで見ていると、同時に前方から真っ白な水煙がもうもうとこちらに近づいてきた。ここからは肉眼で見えるので大歓声とラッパの音の中、すごい水しぶきの中をスタート直後の車があっという間に通り過ぎる。やっぱり早い・・・写真なんてとても無理、、第一雨だし・・・・

団体が通り過ぎて向こう側にいってしまうと、またスクリーンで見えないエリアでの様子をコメンタリーで聞きながら追いかける。やっぱりこの天気、みんな滑ってるよ〜〜! 2番手でプッシュし続けるハミルトン、1−2がマクラーレンで回ること4周、、、そして5周目!!直線からストウ・コーナーに飛び込んできたハミルトンがなんと、、、
私達の目の前でコバライネンを抜いてトップに立った!
この時の観衆の雄叫びはすごかった〜〜!だって、ホントに目の前で!!

レース開始時はかろうじて止んでいた雨が途中でまた降り出しては止み、最後には日がさしてくるというユニークなコンディションでのレースは、あちこちでスピンや接触を起した。(Massaなんて5回くらいスピンしたんじゃないかな、よくリタイヤしなかったもんだ)その中でルイス・ハミルトンだけが余裕で飛ばし続けた。 10周目を過ぎて車間がばらけてくると、ひっきりなしにマシンが通るのでスクリーンのコメンタリーが聞こえなくなってくる。さらにピットストップの後は順序を把握するのが困難になるので、ドライバーを見分けるのはマシンとヘルメットの色でという事になる。中盤以降はもうハミルトンは安定していたので、他の駆け引きも楽しめた。私たちのいたストウ・コーナーはいろんな事が起こった。ピットストレートよりもコーナーでの観戦のほうが面白いという話だったけど多いに納得。

結局ハミルトンのぶっちぎりで、なんと2位との差が1分以上! チームは「少し落とせ」とメッセージを送っていたそうだ。ルイス曰く、やっぱり水しぶきの中でのレースだと回りはほとんど見えなくて、自分のマシン以外のエンジンの音が聞こえてはじめて誰かが近くにいると解るのだそうだ。それにしても若干23歳のルイス、今年は去年程ツイてなくて、ここ2戦つづけて得点無しだったのが昨日は別人のような成熟した走りだった。 このマチュリティーはどこでどうやって培われるのだろう・・・?去年はシルバーストーンでは優勝できなかったので、すっごく嬉しそうだった。レース後もピョンピョン飛び跳ねて・・・・

F1-4F1−c

レース後はランチ。 4コースのランチョンメニューはコールドメニュー(いわゆる暖かいものではなく、サラダスタイルのもの。そりゃあここでローストビーフにグレービーソースってわけにはいかないわよね。クラブハウス全体で500人位のゲストがいるんだから・・・)スターターはサーモンをタイ風味に味付けたもの、メインはチキン&アプリコット。デザートのチョコレートババロアは私はパス。(のっかってたビスケットとベリーだけいただいた)その後チーズ&ビスケットで珈琲、紅茶とくるところなんだけど、なにせ大人数のランチなのでこの時点ですでに4時半。お腹も一杯だしそろそろ引き上げようという事で、皆とお別れの握手をしてサーキットを後にする。

いや〜〜、自分でチケットを買って行く事はないだろうけど、やっぱりこういう機会は有り難い!すごく楽しかった。やっぱりあの空気だね、そしてマシンの音、さらに報道じゃないのに何故かいつでも飛び交うヘリコプター・・・・レース自体をちゃんと観たいならむしろテレビのほうが解りやすくおっかけてくれる。実際家に帰ってから夜ダイジェスト放送で見直して「ああ、そうだったのか」って事もいくつかあった。でも一度は機会があったらやっぱり行ってみるもんだ〜!

さらに昨日はウィンブルドンの男子決勝で、こっちもすんごい事になってたね〜〜! 食事しながら「ウィンブルドンはどうなってるだろうね」なんて話していて、やっぱり雨待ちとかあったようで、私たちがシルバーストーンを出る時はナダールがフルセットで勝ちそうな感じだった。で、7時頃にロンドンに戻ったら、駅の大スクリーンでまだライブをやっている! スコアーはフェデラーが2セット逆転してる。で、さらに1時間かかって家についてやれやれと一息ついて結果をみようとしたらまだライヴになってるのであわててテレビをつけた・・・
すごいよね、4時間48分のまさに死闘っていうの・・・?勝ち負けじゃないすごいテニスの応酬。素晴らしいよね。この試合を生で観られた観客もすごく幸せな経験だったはず。

さて次は、、オリンピックかあ〜 でもイマイチ盛り上がってないのよね。みんないつ始まるかちゃんと知らないんじゃないかなあ〜・・・?かくいう私も、、、???

こちらにも1クリックを〜
Banner

↑このページのトップヘ