見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

タグ:豊

夏頃から少しずつVCDやDVDで観比べていた竹野内豊シリーズも、ほとんどの作品が観られた。

よく、「役者同士の相性なんて言い方をするけれど、スクリーンの中、あるいは舞台の上で、相手役との間に行き来するケミストリーが見えるような組み合わせは、演技としてすごく説得力を持つと思う。

台詞の掛け合いのテンポとか、間の取り方とか、そういう事ではなくて、相手の言葉(台詞)をしっかり聞いて受け止め、そしてそれに対して自分の言葉(台詞)を相手にきちんとに届かせる という作業?

演技の練習ではよく「ちゃんと相手の台詞をきいてろよ!」「相手の動きや表情をちゃんと見ろよ!」なんて事を何百回も怒鳴られたりするけれど、これが本当に上手い役者って、案外少ないと思う。

竹野内さんは、それがすごく自然にできる役者だな(=になったなあ)と思った。
「氷の世界」までと、その1年後の「真夏のメリークリスマス」で、演技の深さがまるで違っているのは、彼にとっての転換期だったんだろうか・・・?

「真夏の、、、」での中谷美紀さんとの相性は絶品だったなあ〜。 二人の間にオーラが行き来してる。 画面いっぱいに愛が溢れてて、二人の気持ちが心に響いてくるようだ。泣けるよね〜

彼が自分の役を、深く掘り下げて演じているのが良く解る。その深さが、けっこう尋常じゃないかもしれない。台本に書いてあるのか、演出家の指示なのか、役者自身の演技なのかは、出来上がったものを観ているだけの視聴者には解らないけれど、「なるほど、、」と思う説得力のあるシーンがいくつもある。

私の中で、すごく好きなのは、「真夏の、、」で、ずっとずっと、悲しくてもぎゅっと唇をかんで涙を押し戻していた涼兄ちゃんが、最期の最期に「兄妹じゃない」と解った時に、初めて顔を両手で覆ってボロ泣きする所。
あと、「サイコドクター」の最期の「お父さん」の一言。観ながら、この一言を何時言うか、どんな風に言うか・・・と思ってた。 「輪舞曲」でのジウさんとの相性も良かったな。ジウさんは、「プロだなあ〜」と思いましたよ。

竹野内さんの演技は決して自己主張をしていない。

もちろん主役が多いのだけれど、いつも相手役をしっかりと見て、受け止めている。そして自分の役を素直に相手に返している。この、静かだけれど決してはずさないキャッチボールのような演技は、実はやろうとすると、かなり難しい。 そしてそのキャッチボールは、主役じゃない場面でも変らない。だから、どんな役でも場面でも、安定感があるんじゃないかな。

大体にして、役者なんて人種は自己主張したがるもので、また、しなくちゃいけない部分も沢山あるのだけれど、竹野内さんの芝居は、各々の役で、ひとつひとつの全く違う人生を見せてくれる。

俳優・竹野内豊が出しゃばっていない。だから、「失敗の演技」があまりないんだね。「竹野内にあの役は失敗だったね」と言われるような事がほとんどない。  視聴率とか業界にとって必要な評価は別の話です。

もしかして、普段から回りの人とかもあんな風に観てるんだろうか・・・?  役を掘り下げる作業っていうのは、オタクに似た部分があると思う。 台本を読みながら、その人物の仕草、話し方、笑い方、怒り方、、、そういったものを、ああでもない、いやこうじゃないか、、とひとつひとつ創っていく作業は、正解が用意されていないからきりがない。 でもそこをちゃんと創っておかないと、観ている側に伝わらない、、、、
やっぱりオタクじゃないと、役者はやれないって事かあ〜?!

一つ、私の中で定義付いてる事。それは、、、

良い芝居のできる人は、車の運転も上手いはず。

芝居勘の良さっていうのは、運転の勘の良さと同種のものなんだよね。
免許取った時に痛感しました。





ブログランキングに参加してます
 こちらをクリックお願いします!
Ranking




ブログランキング

明日からのドラマが楽しみなのは、 竹野内さんは、「男同士」のカラミが良いから。

「真夏のメリークリスマス」「人間の証明」での大杉蓮さんと。 「氷の世界」での仲村トオルさんとのシーン、「ビーチボーイズ」は言うに及ばず、緒方拳さん、山崎努氏、、、きりがないよ〜〜 輪舞曲でさえ、伊崎やヒデとのからみが良かった。 なんでだろね、素が硬派なのかな。そういえば男子校だったんだっけ?

女優陣でも、ラブものより、ちょっと色気抜きのカラミのほうが合ってたりしない? 中谷美紀さんとは最高の組み合わせだったけど、(愛が溢れてたね、二人の間にケミストリーがあったよ)それ以外は、「サイコドクター」の美奈子先生とか、 「星の金貨」の小泉先生、「人間の証明」の桐子、「With Love」だって、雨音よりも、香織や社長との自然な感じがよかったなあ。「ロン・バケ」でも、南との姉弟シーンはすごく好き。

あれだけかっこ良いのに、何ていうんだろ、エロを封印してるよね、竹野内君って。 豊川悦司さんの持つ、男のエロい色気、みたいなものを、あんまり感じさせない。 うまく言えないなあ、、、「女臭くない男の色気」

それにしても、「心が痛い」っていうのを表現するのが上手いなあ〜〜!悲しいとか寂しいとかだけじゃなくて、胸の痛み、、? 表現者としての竹野内君、まだまだ発見できそうです。
本当になんで今まで10年近くも見過ごしてたかなあ〜〜? 私は結構見つけるのが上手いほうで、それが自慢だったのに。昔から、私が初期から応援してきた 人達は後で大成したケースが多いのです。
「氷の世界」から「真夏の・・」の間ではっきり変わってるね。役者として。 「使用前、使用後」っていう位。きっ と役者をやっていく人として、何かをつかんだんだね。 私は役者になれるような人間になれていなかったからなあ、あの頃は・・・(つぶやき)

 頑張れ〜 ドラマは視聴率とか、結構言われるだろうけど、良い芝居をしてくれれば、観ている人にきっと伝わる。渡さんとの組み合わせ、きっと良い味が出るんじゃないかな。私が観られるのちょっと先ですが、楽しみだな〜

↑このページのトップヘ