見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

タグ:火山灰

またしてもアイルランドとスコットランドで飛行規制がかかった
相変わらず噴火を続けるアイスランドのえっと、、長い名前の火山、、覚えらんないのよ、 とにかくまた噴出物の分析が航空機の安全レベルを越えてしまったという事で、北の空港は閉まってしまった
これが南に来ないで欲しい・・・

先月の騒ぎは「過剰反応だったんじゃないか」という声もある。現在は火山灰の質と量、そして航空機のエンジンがどれだけのレベルまで耐久性があるかを検討して判断されるようになった。今だ威力衰えずに噴火を続けているのだから、いつまたあの悪夢が繰り返されてもおかしくない。

おまけにアイスランド大統領のグリムソン氏がもう一つのカトラという火山の大爆発を警告している。歴史上の記録によると、今噴火している長い名前の火山が噴火すると、かならず近くのカトラという火山も続いて噴火しているのだそうで、こちらのほうが威力倍増らしい。(2つの火山は地底で繋がっている)

テレビでのグリムソン大統領は、自信たっぷりにヨーロッパ各国は今から覚悟しなくてはいけない」みたいに言っている。1783年の噴火の時はイギリスに黒い雨が降り、その後数年に渡ってヨーロッパ中で冬の冷え込みが激しく凶作となり、穀物に与えた悪影響はフランス革命の引き金になったとも言われている。どうなる事やら・・・

明日は総選挙。ここ1ヶ月に3党首ライヴ討論が3回行われ、スタジオで一般人からの生の質問に対して3人の党首がケンケンガクガクの言い争いを展開した。テレビでも生放送されたこの3回のディベイトは直接世論の反映する。Labour(労働党)とTory(保守党)がこんなに接戦なのも久しぶりだし、今回の生討論会で一気に人気を上げたLiberal Democtats(自由民主党)の上昇が前者2党にどう影響するか・・・

私には投票権がないのが残念だねえ〜・・・
と言っても今回は本当にどこに入れても勝ち負けの天秤が微妙だ。何かに対して聞こえが良くても、他に必ずしわ寄せがくるわけで、それが自分達の生活状況にとってどっちが得になるかって考えると、どれを取っても負けのほうが強い気もする。これからの私達は老後も視野にいれないとねえ〜〜・・・マジで。

特に大きな予定もない6日休みなんてアッという間に終わっちゃいそう。明日は「ムサシ」を観に行く。私も意地悪だねえ〜〜、、今回は2日目にしたのよ。丁度初日のレビューが出て、誉められるか叩かれるかでやる方の気分も変わりがちな日に観てやろうって・・・?
日本の楽日にありがちな、客席が味方ばかりの中での芝居が良くなるのは当たり前。綱渡りの日にこそ良い芝居をして欲しい





アイスランドでの火山の噴火で航空機の飛行規制がかかってまる4日
解除に向かう様子が一向に無いばかりか、事態は悪化する一方だ。
これって、ホントにいつまで続くの、、、どうなるの、、、??

約6時間毎に行われるミーティングで、気象状態、火山灰の流れ/スピード等を検討しているようだけど、その度に規制期間が延びていく・・・ 朝の1時が、次には7時に、午後の1時まで延びてさらに夜の一時、、、と、どんどん延びて現在は明日(月曜)の朝7時までになった。イギリスのみならず今やヨーロッパ各国に広がってしまっている。
いつもはこんな感じの空が
sora












もう数日こんなに静か・・・
DSC00447












ボスは相変わらず帰ってこない、いや、来られない

満杯だった金曜と土曜の検査アポをすべてキャンセル/移動して、もう既に来週一杯はこれ以上取れないくらいに予約が埋まっている。なのに、、これじゃあ明日も朝一番で全部キャンセルのお願いをしないと・・・

オウムのように同じ事を繰り返して説明し、あやまり、予約の日を移すのだけれど、運悪く先週までは公立校が休みだったのに今週にはまた始まってしまうので、振替がうまくいかない。殆どの人は理解してくれて、ローカルのおなじみさん達はむしろ笑ってくれたけど、中には「目が炎症を起こしてるかもしれないからお願いしたのに!」と症状をうったえてくる人も・・・すみません、そんなに急を要するならNHS(国の健康保険)の専門病院へ行ってください、、、、

既に航空会社の損失は9/11の事件よりも深刻になっている様子。KLM(オランダ航空)なんか、独自のジェット機を火山灰の中に飛ばして「機体に特に異常は見当たらない」というレポートを作り、規制見直しを訴えている

危険の度合いがどのくらいか、またその危険に当たる可能性がどのくらいか、これが解らないというのが一番のネック。万が一飛ばして一機でも落ちたりしたら大変な騒ぎになってしまう

それにしても噴火はますます活発でおさまる気配が無い様子だし、風向きも変わらないとあってはホントにいつまで続くのか・・・・ これがヨーロッパ内だと、今の所電車やフェリーを乗り継いだり、タクシーでヨーロッパ横断という強者も出ている。(もちろんこれはかなりのお金持ちでないと無理ですが、、、)

ちなみにボスがホリデーに行ったのは南イスラエルのリゾート地。イスラエルからじゃいくらなんでも陸路では無理だよね、やっぱりフライトが再開されるまで足止めという事か・・・・

考えてみたら、ヒースロー空港周辺に住んでる人達は、おそらく今までで最も静かな週末を過ごしている事だろう。この週末はお天気もよくて昼間は結構気温も清々しいから、急遽バーベキューやガーデンパーティーを楽しんだ人もいるんじゃないかな。こんな事は今までにも無かった事だし、これからだってあるかどうか解らないものね。丸4日も飛行機の音が全くしないなんて

この辺もいつもは飛行機が飛んでるのは見えるけれど音は聞こえないと思っていた。でもなんだかいつもより静かなような気がする・・・?聞こえないと思ってても、空気の音っていうのがやっぱりしてたのかな

あと数日でなんとかメドがついたとしてもバックログが凄い事になってるから、世界中で足止めされてる人達がみんな目的地に着けるのはいつの事やら???

↑このページのトップヘ