見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

タグ:役者

未成年で喫煙を暴露され、謹慎中だったアイドルさんが、そろそろ復帰、、、と準備していた矢先にまたも喫煙写真を撮られて事務所を解雇された。 そしてその件に関して庇護的な意見を述べたサイトが賛否両論でオーバーヒートしてしまったそうだ。

日本の「アイドルタレント」と位置付けられる人達は、一種特殊な立場にあると思う。イギリスにもアイドルっぽいイメージで売り出す人達もいるが、ちょっと違う。あくまでも「本業」を売り込む為のイメージなのだ。 歌手が、コメディアンが、バンドが、その歌やキャラクターに合わせた売り易いイメージとして「アイドルっぽさ」を付け足す。 でも日本のアイドルさん達は逆だ。「アイドルである」事が彼等の商品価値であり、アイドルが時に歌を歌い、時に芝居らしきものをし、バラエティー番組でズレた事を言って愛嬌を振りまく。

じゃ、「アイドルの本業」とは何か・・・・ 特に歌が上手いでもなく、まともな芝居ができるわけでも、気の利いたウィットな会話で皆を唸らせるわけでもない、、、アイドルの本業は、「夢を売る」事そのものだ。だから、生身の人間としての素の姿をさらす事はほとんどタブーに近い。
アイドルと呼ばれるのを極端に嫌う歌手も多い。彼等はあくまでも、本業とイメージを本末転倒して欲しくないという意識があるからだろう。 アイドルタレントであるという位置づけは、「歌手です」「役者です」というよりもずっと難かしくて危ういものなんじゃないだろうか。

私生活で何をしてもいいじゃないかーという意見に私は同意する。 もちろん24時間仕事をする必要はないのだから、アイドルが未成年なんだけど煙草をすったり、隠れて異性と付合ったり、皆がやる程度のちょっとマズイ事をしたって、ちっとも不思議でもおかしくもない。 ただし、それを表には出さないというのがプロとしての仕事じゃないだろうか。まあそうは言っても、無理矢理ネタを探し出そうと付けねらうパパラッチに追いかけられた日には、余程がんじがらめの生活でもしていない限り、ほじくり出されてしまうのだから、可哀想だとは思うけれど。

SMAPの木村拓也さんは、私生活では既に結婚されて2人のお子さんもいる。 そんな事はみんな知っているけれど、彼が”キムタク”でいる時は決してそれを見せないし、感じさせない。お父さん臭さを出さずに、いつまでも”カッコ良いお兄さん”でいるからこそ、恋愛ドラマもやれるし、特に嫌われる理由もないので何をやっても当たる。 ご本人の性格や、現場での評判とか、そういった事は私は知らないけれど、彼をドラマやバラエティー番組で観て、「あー嫌だなあ」という印象は持った事がない。

嫌いじゃないから、次に大きな話題になった時に「ちょっと見てみよ」という気になる。木村さん程の人が関わる企画は当然回りもガッチリと固めてあるので、ハズれない。 すごいなあ〜〜といつも思ってる。素で出ている時でも飾らずにナチュラルで、でも余計な事はいっさい言わず、逆に大事な所ではツボを押さえた発言をする。タレントのプロだなあ〜!と感心せずにはいられない。

どこでバランスを保っているのだろう、、、?まあ子供の頃から長くやっているのだし、事務所で教育されたりしたのだろうけれど、御本人はいつも自然にしているように見えるので、やはりタレントとしての才能があったという事なのだろう。 歌も芝居もけっして上手いとは言えないのに「木村拓也がやっているXX」という事でそれなりにきっちりこなして結果を出してしまう。流石です。

いえ、キムタクさんの事を書きたいんじゃなくて、つまりは、「夢を与える」という仕事がどれだけ身を削らなければできない事かーということ。どんな仕事でも、プロになるきっかけは「自分が好きだから」が始まりだと思う。歌が好きだから、芝居が好きだから、サッカーが、野球が好きだからプロになりたいと思うのだ。そしてプロとして認められるだけの技術と人気と地位が出て来て、キャリアが軌道に乗ってきた時、その仕事が本当は自分の為じゃなくて、観る人たちの喜びや幸せの為のものなのだと気付いた人は、そこから先のとてつもなく長すぎる道のりを初めて考えてみて愕然とする。

そんな事を考えない人も多いのだろう。ある低度の認められた実力と知名度で充分やっていける職業プロになれば良いのだ。実際そういう人が多いのだと思う。そこに辿り着いただけでも大変な努力と時間をかけての事なのだから、そこまでいけば普通はきっと充分なのだ。 でも、そこから先、「夢を、幸せを与える」という領域に踏み込んで我が身を削っている人たちは、芸に、その人となりがちゃんと見えて来る。 素の姿なんて見なくても、まともな大人がちゃんと観れば解ります。

一昔前、アイドルさん達は24時間がんじがらめの生活だという話をきいた事があるけれど、やっぱり「夢」を夢のままに保つ為には、人間離れした生活を強いられても仕方がなかったのだろう。 でも思うよね〜 無理矢理に素の姿をほじくり出す必要はやっぱり無いよね。ちょっと遭遇したとしても、大人なら見ちゃった側が目をつぶっててもいいんじゃないかなあ、、、、

ひとつだけ、個人的にずっと思ってる事がある。イギリスではゲイの人が多くて、芸能界、アーティストと呼ばれる人達には特に多いのだけれど、役者にはカミングアウトして欲しくないという事。 何故かというと、それまでは黙っていれば解らなかった人でも、カミングアウトしてしまうと、どうしても直後から「それっぽく」なってしまうのだ。 歌手の場合、歌というのは歌ってる人から切り離して聞くことができる。バラエティー物で活躍する人は、逆にゲイを売りにしてキャンプなキャラクターで攻められる。でも役者はいただけない。本人の姿形が役に重なる以上、ゲイだと認めてしまった後で、ラブロマンスをやろうとしても「それは無理でしょう〜〜! という事になってしまう。だから、男優でも女優でも役者をずっと続けていくなら、カミングアウトしちゃいけない・・・いいえ、、、

私からのお願いです!しないでください!

辛い事かもしれないけど、芸で夢を売る為には、我が身を削って欲しい・・・・そういう人達をずっとずっと応援していきたいから。

1クリックで応援してください

ランキング大

昨日、レイフ(Ralph Fiennes)の映画を観た後考えた。

芝居を観に行く時はいつも先にプログラムを買う。でも開演前には開けない。
1幕を観て「あの人は・・?」と思った役者を幕間にプログラムでチェックする。
私が「上手いな、」「良いな」「凄いな」と思った役者さんの経歴にRADAの文字がある場合が多い。

Royal Academy of Dramatic Art という王立の演劇養成所は創立して100年以上経つ、イギリス屈指のエリート演劇養成所だ。 他にも、LAMDA、CSSD、Guildhall等、有名な養成所はいくつもあるし、West Endで活躍する人達は、皆一様にそういった場所でプロの俳優修行を積んできている。ただ、どうやら私が個人的に「良いな」と思う俳優達がRADA出身者である事が多いみたい。

じゃ、何がどうで「この人、、、?」って思うのかというと、はっきりと定義がある訳じゃないんです。 ミュージカルを観てピンときた人達もいれば、普通の現代もののプレイだったり、あるいはシェイクスピアみたいな古典劇だったり、思う人はいろいろです。

ビビアン・リー、ケネス・ブラナー、アントニー・ホプキンズ(彼の名前はアンニーです。アンニーではありません!)マイケル・ケイン、ロバート・リンゼイ、ピーター・オトウール,フィオナ・ショウ、ショーン・ビーン、ジョナサン・プライス、ジュリエット・スティーヴンソン、アラン・リックマン、etc,,,etc,,,,   こうやって並べてみると、クラシックに強い人が多いのかな・・・と気付く。

古典劇を、ちゃんと演じきる技術をしっかり持っている人が多い。 だから卒業後、RSCで名前を観たり、映画やテレビでもクラシックな芝居を演じて、光る事ができる人達。
例えば半分うとうとして眠りかけたような状態で観ていても、台詞がストーンと耳に入ってくる。一言一句がその場で書き取れる程はっきりと子音のひとつひとつまで解る。 そんな台詞の技術をちゃんと見せてくれる人達。

呼吸の使い方や声のコントロールがきちんとできない人が古典劇をやると、ひどい目にあう。 いくつかそういう悲惨な舞台も観た。膨大な台詞に溺れてしまってアップアップしながら台詞を言ってると、今度は身体がガチガチになって、棒立ち、酸欠のまま延々3時間もわめき続ける事になる。

まあ、そこまでひどくはないけど、、、と言いたい所だけれど、それを楽にこなして見せるのが役者の仕事なのだから。 舞台で役者が苦しんでるのがわかってしまうと、こっちも息苦しい数時間を過ごさなくちゃならない。

シェイクスピアなんかは、演出的にはかなり古典の域を脱してしまっている物も多く、台詞がちゃんと出てくれば、現代に近い感覚で演じられるパターンが増えてきているので、本来の古典的な芝居をきちっとやってくれる俳優を観るとホッとする。「ああ、この人できるな」と思うと安心して観ていられる。

2ヶ月位前だったかな、今までのいろんな「ハムレット」を集めて特集した番組があった。沢山の俳優達による様々なハムレット。「くずし過ぎだよ〜」と思うものから、正統派まで本当にさまざま。 年齢も23才から60近い俳優達が演じたハムレットを比べる番組。

チャーミングだったのがレイフ・ファインズ。王妃とのシーンは繊細で素敵だった。観たかったなあ〜彼のハムレット・・・!(戯れ言ですが、彼は王妃役をやった20才も年上の女優さんと9年間同棲してたのですよ・・・)

昔は、RADAはそのクラスの内容を全く外部に見せないと言われていた。入るだけでも競争率は60倍とも70倍とも言われ、入学が許されるまでに何度もオーディションと面接が行われる。 入れただけで、イギリス演劇界のエリート切符を手にしたようなものだ。ただ、その内容についてはほとんど知られていなかったのだけれど、最近は少し変ってきたのかもしれない。日本でも昨年、東京と金沢でRADAの講師によるワークショップがあったようだし。

何といってもびっくりしたのは、10年くらい前に始めた、「日本人のプロの俳優達のためのワークショップ」だ。何で? なんで日本なの・・・

ただでさえ入るのは狭き門なのに、英語がネイティヴに話せなかったらおはなしにならないのが当然なのに。わざわざ日本人のためのショートコースをRADAがやってくれるなんて??  それだけ日本には、基本的な訓練法を教えてくれる所が無いという事か・・・?それにしても、どうしてそんな事が実現したんだろう・・・?

何年か前に無くなってしまった、この日本人俳優の為のショートコースが今年から復活するみたい。 思うのは、藤原竜也君なんてマジでこういう所に参加すればいいのにな。秋にまたシェイクスピアを演るのだし。 プロの俳優対象っていう事で、オーディションが無い代わりに、本人を知る演出家からの推薦が応募条件という事なので、蜷川さんの推薦なら間違いないんじゃないのかなあ〜〜 滅多にないよね、こんな機会は。普通のRADAのコースには逆立ちしたって入れないんだから・・・・・

藤原竜也、24才、舞台経歴、「エレファントマン」「ハムレット」「ロミオとジュリエット」「オレステス」と並んでて、蜷川幸雄推薦だったら、まずOKなんじゃない? 1ヶ月で50万だし・・・? なんて、、、、

やっぱり俳優になる為の職業訓練システムが、日本には無さ過ぎるのが悲しい。 スタニスラフスキーシステムアレキサンダーテクニックといった、身体を演じるための媒体として訓練するっていう方式がもっと浸透して、プロの技術を持った名優がどんどん出て来て欲しいよね〜〜



ランキングへの応援お願いします
Rankingfc2 orange

むかーし、小学5年からずーっと日記を書いていたっけ。 その日の思った事や考えた事を書きなぐっていた。

 思う事が沢山ある。今はずっと海外に住んでいて、 あと数年もしたら日本で育った年月とこちらに来てからの日々の人生が半々になってしまう、、、 いろんな事があるよね。

好きな事が沢山ある。一時は劇団で役者をやっていて、ずーっと芝居を愛して生きて来た。 いつの間にか、海外に来てから私自身は芝居をやっていない生活になってしまったけれど、舞台、ミュージカル、好きな役者や映画、日本のドラマとか、きっと書き始めたらきりがない、、、 

 音楽もずっと私の中にある。70年代ロックから、クラシックまで。これも限りなく、、、、 ハマり易い性格だから、興味を持つととことんハマりこんでしまう。

その日に見つけた事、思った事、また少しずつ集めていきたいな。
 好きな役者、 Ralph Fiennes, Leonardo Dicaprio、Judi Dench,
 Kate Winslet 藤原竜也、竹野内豊、大竹しのぶ、中谷美紀、

 好きな音楽  Queen, David Bowie, EL&P, Led Zeppelin ショパン、ベートーベン、 チャイコフスキー、バッハ 坂本龍一、YMO 矢野顕子、David Sylvian

好きな本  古典、歴史関係のノンフィクション、著者ではGraham Phillips!!  
小説では、三島由起夫、遠藤周作、天童荒太、村上龍、ヘッセ、アンデルセン、今読んでるのはKazuo Ishiguro

そうか〜、私の好きなものって、昔から変わんないなあ〜〜〜

↑このページのトップヘ