見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

タグ:ムサシ


バービカンでの「ムサシ」を観に行って来た
Musashi-006
(写真はThe Guardian紙より)

水曜日から土曜日までの限定公演という事で、金曜と楽日の土曜日を避けた。ちなみに初日のプレスナイトでのレビューは主立った新聞では揃って星4つ。蜷川さんの舞台では星4つというのは結構定番なので、今回も成功だ。(追記→The Independent紙は星5付けてる!

ちなみにこっちでのレビューの星数というのは、期待はずれが1つ、もう一息欲しいというあたりで2つ、評価として良ければ3つ、高い評価でお薦め級が星4つ。5つというのはもう文句無しの大絶賛で、ソールドアウト=ロングラン間違い無しという感じだ。だから星4つというのはかなり良いレビューなのだ。でもいつもの蜷川さんのカラフルで見栄えのする舞台とはちょっと違って派手さのない、悪く言えば地味な作り。前の「天保十二年のシェイクスピア」があまりに奇抜で華やかだったせだろうか。

実は去年の「ムサシ」のDVDを送ってもらっていたのだけれど、この舞台までわざと観ないでいた。だから全く余計な知識も先入観も無い状態で観られた。ちなみに私は宮本武蔵の事なんて知らない。かろうじて知っているのは、巌流島(船島)での佐々木小次郎との決闘にわざと遅れて行き、小次郎が「遅いぞ武蔵!」と言って刀の鞘を投げ捨てたのを見て、武蔵は「小次郎、破れたり!」というなりそのまま決闘に勝ってしまった、という事。それだけしか知らない。(恥ずかしながら・・・)

耳にしていた「復讐の連鎖を断ち切る」というメッセージは実はあまり響いて来なかった。それよりも「生きていてこそ」「命ある今を」という声のほうが届いて来た。そうだよね、井上さん自身、やり残した事を悔いながら亡くなったに違いないのだから・・・

そもそも9/11事件以降のテロに関しての「復讐の連鎖」という感覚は、なんだか日本だけで空回りしているような気がする。自分達の主張のためには戦うという事を第一に考える諸外国の人達に、「復讐を忘れて平和を、、」という日本独特の考えは通じない。いや、日本ではなくてこれは仏教的考えか

井上ひさしさんが最期まで病床で台本の手直しをされていたという。そのせいだろうか、思っていたよりシンプルで暖かいものを感じた。一場からの舞台転換は素晴らしい! 今回は転換は最初と最期にしかなかったからここは視覚的な見せ場。初演版から30分削ったという事だったけれど、これからDVDを見てみますかね。

圧倒的に台詞の多い勝地涼君は頑張っていた。彼もキャリア的にはベテランなんだよね。実は幕が開いて最初の彼の台詞がちゃんと聞き取れなくて「えっっ!!?」という出だしだったからおばさんは心配したのだけれど、緊張してたのかな、後は声も通ってたし。藤原竜也君はやっぱり舞台での立ち姿にオーラがある。台詞がなくても無言で殺気を出せるのは演技力じゃないんだよね。ただ、彼の持つ輝きが無かった感が否めない。オーラもちょっとくすみがちというか、、、 後で友人と電話で話していて「風邪ひいてるんじゃない?」の一言、う〜ん、そうかも・・・?

そうだなあ〜、、、竜也君は声がもっと響くといいんだけどな〜。ちゃんと聞こえるし、潰してるわけじゃないんだろうけど、低い声になると声が鳴らない。共鳴腔の使い方かな〜。いろんな声がもっと身体内で響く音だと台詞にメリハリと太さが出るだろうな、、、

鈴木杏ちゃんがとっても舞台向きの役者になったなあ〜とちょっと見ほれる。良い意味で小顔じゃないし、目も大きいから表情がとても豊かだ。声も艶のある通る声で綺麗に聞こえた。 ベテラン勢はもう安心してお任せしておける。チームとしてとても良いカンパニーだ。皆が個性的でそれでいて無駄もなくしっかり繋がってる。

きっと日本だともっと笑うんだろうね。でも英語字幕が台詞の約3分の一くらいしか入らないから仕方ないか。「タコ」の場面で私は爆笑したかったんだけど、回りが笑っていいのかためらってる空気だった。白石さんを観てるともう吹き出す寸前なのに、「この一生懸命やってる場面で笑っていいのだろうか」というどっちだろう?の戸惑い・・・そのせいか(なかなか笑いが来なかったせいか)、あの場面はどんどんエスカレートしてしまって、ちょっとヤリ過ぎな感じもした

でも井上さんの本だから当然笑って良いのだ五人六脚以降はさすがに笑いが止まず、それからはちょっとした台詞にも笑いが起きた。英字幕も短い中にもツボは押さえていて、なかなか巧く伝えている。最期の展開は予想外だった。ああいうオチになるとは・・・

カーテンコールではスタディングオベーションだったね。芝居そのものとしては立ち上がるほどの衝動は起きなかったけれど、でも観終わってなんだか不思議と暖かい気持ちを送りたくなった。これは不思議な感覚。称賛するというより、こちらの気持ちを拍手で送りたくなった。全員がとても丁寧に大切に演じているのが伝わったきたから。

DSC00462スタンディングになったのは日本のお客さんが多かったせいもあるかも・・・(日本の観客はスタンディングするのが好きらしい)多かったよねえ〜日本人のお客さん、って当たり前か。でも2度目のカーテンコールでは蜷川さんも竜也君に引っ張られて拍手を受けていた。私も今回は井上ひさしさんとこのカンパニーに敬意を表して立って拍手してきた。そうそう、今回のプログラム(英語版)が充実していて嬉しかった。

休みもあと今日一日。あっという間だねえ〜〜。昨日の帰りは、本来ならバービカンから2つ目の駅Liverpool Streetからうちまで電車1本で簡単なのに、なんと!夜10時半以降はエンジニアワークということで、バスの代行運送になっていた。延々とバスに揺られて家に着いたら12時15分。やれやれでしたわ・・・

またしてもアイルランドとスコットランドで飛行規制がかかった
相変わらず噴火を続けるアイスランドのえっと、、長い名前の火山、、覚えらんないのよ、 とにかくまた噴出物の分析が航空機の安全レベルを越えてしまったという事で、北の空港は閉まってしまった
これが南に来ないで欲しい・・・

先月の騒ぎは「過剰反応だったんじゃないか」という声もある。現在は火山灰の質と量、そして航空機のエンジンがどれだけのレベルまで耐久性があるかを検討して判断されるようになった。今だ威力衰えずに噴火を続けているのだから、いつまたあの悪夢が繰り返されてもおかしくない。

おまけにアイスランド大統領のグリムソン氏がもう一つのカトラという火山の大爆発を警告している。歴史上の記録によると、今噴火している長い名前の火山が噴火すると、かならず近くのカトラという火山も続いて噴火しているのだそうで、こちらのほうが威力倍増らしい。(2つの火山は地底で繋がっている)

テレビでのグリムソン大統領は、自信たっぷりにヨーロッパ各国は今から覚悟しなくてはいけない」みたいに言っている。1783年の噴火の時はイギリスに黒い雨が降り、その後数年に渡ってヨーロッパ中で冬の冷え込みが激しく凶作となり、穀物に与えた悪影響はフランス革命の引き金になったとも言われている。どうなる事やら・・・

明日は総選挙。ここ1ヶ月に3党首ライヴ討論が3回行われ、スタジオで一般人からの生の質問に対して3人の党首がケンケンガクガクの言い争いを展開した。テレビでも生放送されたこの3回のディベイトは直接世論の反映する。Labour(労働党)とTory(保守党)がこんなに接戦なのも久しぶりだし、今回の生討論会で一気に人気を上げたLiberal Democtats(自由民主党)の上昇が前者2党にどう影響するか・・・

私には投票権がないのが残念だねえ〜・・・
と言っても今回は本当にどこに入れても勝ち負けの天秤が微妙だ。何かに対して聞こえが良くても、他に必ずしわ寄せがくるわけで、それが自分達の生活状況にとってどっちが得になるかって考えると、どれを取っても負けのほうが強い気もする。これからの私達は老後も視野にいれないとねえ〜〜・・・マジで。

特に大きな予定もない6日休みなんてアッという間に終わっちゃいそう。明日は「ムサシ」を観に行く。私も意地悪だねえ〜〜、、今回は2日目にしたのよ。丁度初日のレビューが出て、誉められるか叩かれるかでやる方の気分も変わりがちな日に観てやろうって・・・?
日本の楽日にありがちな、客席が味方ばかりの中での芝居が良くなるのは当たり前。綱渡りの日にこそ良い芝居をして欲しい





3月の初日まであと2週間をきった「ムサシ」は、本がまだ最期までいってないっぽいけれど、どうなるんだろうか・・・?? と気になり出した所に、「藤原竜也君が小栗旬君の深夜ラジオに来るんだって」との情報。当然私には聞くのは不可能なので、「ムサシの様子とか話題に出たら教えてね」と言っておいた所、某所で番組まるまる聞ける、とまた速報が・・・・

小栗君のラジオ番組は「オールナイトニッポンいや〜〜、懐かしい!!ほんっとになつかしいよ〜〜! オープニングの曲は今でも変わってないのね。

私は中学生になるとほぼ同時にラジオの深夜放送を聞き始めた。何がきっかけだったかははっきりとは覚えてないけれど、深夜放送を聞いてる連中が回りにいて、週のうち4日位、朝まで聞いていた・・・・ それでちゃんと学校でも寝てなかったのだから、私の寝ない癖はあの頃に身に付いたものなのだ

あの頃は、ニッポン放送のオールナイトニッポン、TBSのパックインミュージック、文化放送のセイヤングとあって、毎日様々なパーソナリティーで楽しい夜中のひとときだった・・・って、今にして思えばガキのくせにませてたよねえ〜〜!
ちなみにパックとセイヤングは3時までだっけど、私が聞き始めた頃のオールナイトニッポンは、1パーソナリティーで夜中の1時から5時まで4時間番組だった。大抵は4時半を過ぎた位でウトウト寝ちゃって、オールナイトニッポンを最期まで聞き通せた事は少なかったかも。確かそれからすぐに2時間2部制になったと記憶してる・・・?

竜也君と小栗君、楽しそうだね〜! っていうか、この二人は声が似てる。そう思ったのは私だけではないようで、番組中にメールで指摘された方もいた。声のトーンとか、若者しゃべりなテンポが似てるんだよね。「ムサシ」はどうやら台本は毎日少しずつ上がってくるとすぐ稽古を付ける、という形で進行しているらしい。それにしても大丈夫か井上先生、、?初日は3月4日かあ、、お〜、My birthdayですわ・・・

もとから題材としてあるものから台本を起こして、何度も書き直し、練り直し、あれこれと検討しながら時間をかけて練り上げた舞台が良いのか、ギリギリで上がったものをほとんど直感で創り上げて舞台に乗っけるのが面白いのか・・・ これが芝居の楽しい所。ただ、やっぱり実際に台詞や動きを覚えて演じる役者にとっては笑ってられない事態だ。これがほとんど台詞も動きも即興で舞台に乗っける、というのであればそれでまた別なんだけどね。

「ムサシ」は音楽劇っていう事だったのに、あんまり歌や音楽に関する話しは無かったね、、無くなっちゃったのかしら? 能の歩き方を稽古してるというから、蜷川演出には古典芸能っぽい色が入ってるんだろうか。いざとなったら、初日は出来上がった所までだけやるとかね。そう考えると、本当に終わりがなければいけないんだろうか?とさえ思う。終わりがなくて始まっちゃった芝居の幕をどうやって降ろすか、、なんていうのも実験演劇としては面白いよね

小栗君の話にあったように本番中に怪我をしてしまう事だってあるし、台詞や歌詞がスポーンと頭から飛んじゃって、全く違う事をしゃべって場をつながなくちゃいけなくなったり、なんて事もある。あるはずの小道具が無かったり、衣装が破れたりなんて事は大抵の役者は遭遇してるはずだ台本が出来てなくたって面白いじゃないか とりあえずムサシが小次郎に勝つのは解ってるんだから。いや、、これもかわっちゃっても面白いかも

ライバルであり良き友人である彼等二人の会話は、途切れる事無く深夜の電波に生き生きと乗っている。スタジオで目をきらきらさせてマイクを囲む二人の姿が目に浮かぶ。小栗君は初日の直後にまたオールナイトニッポンに駆けつけるそうだ。聞いてる人にまたエネルギーをいっぱいくれるのだろう

いろんなコーナーがあったり、視聴者からの葉書や手紙で盛り上がったり、時にはゲストが来たりする深夜放送の楽しさ、ずっと忘れてたよね。高校生の頃には、送った手紙が番組で読まれた事も何度かあって、記念品をもらった事もあった。手の届かない向こうの世界じゃなくて、いつでも参加できるみたいな身近な雰囲気が常にあった。これはきっと今も変わらないのだろう。葉書や手紙が今はe-mailになったのが大きな違いか・・・

それにしてもチャン、チャチャン、チャン、チャチャン、、、って始まるあのオープニング曲、ほんと懐かしかった〜〜!


こちらにも1クリックよろしく〜!
Banner

↑このページのトップヘ