見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

タグ:ハリーポッター


やっと読み終わった・・・本当にこれが最後のHarry Potter and The Deathly Hallowsーハリーポッターと死の秘宝
Harry Potter-7なんともいえない喪失感、、、彼等と一緒に長い長い旅をしたような疲労感、、、今回は特にこれが最終巻なので、「もう続きはないのか〜」と思うと寂しいよ。

この本がこんなにも世界的なベストセラーになったのは、国や世代を超えて、人が生きていく為に必要なもの、どうしても通らなければならない事、誰にでも必ず起こる事が凝縮されているからなんだろうな。
子供にも判るように、若者なら共感できるように、そして大人はもう一度「そうそう」と確かめながら読み進んでいけるから。

ハリー・ポッターになんか興味はないって言う人に、最終巻のストーリーを言っても何の事がさっぱりだろうし、一応まだ日本版は出てないのでネタバレをするつもりもないけど、でもやっぱりこの本がこんなにも巨大化したのには、それなりの要素があったからだと思う。

魔法界という非現実的な世界が舞台なのに、その世界はとても現実社会とすんなり重なってしまう。 全寮制の寄宿学校での生活は実際に今でも残っているし。それでいて現実界ではありえない楽しく、エキサイティングな魔法の数々。 写真やポートレートの絵の中の人が笑ってたり、動いてたりしゃべりかけてきたり、、なんて日常的な事から、ホウキに乗ってボールを追うゲーム、Quiddichの本格的なワールドカップ、どこへでも瞬間移動できたり、完全に姿をかくせるクローク、そして数々の魔法界の動物達。

作者のローリングさんがこの話の構想を思い付いてから17年だそうだ。 一巻が発売になったのが10年前。最終巻を読むと、その時から7巻に渡るストーリーが最後まで巧妙に組み立てられ、最初からいろんなところに伏線が張られていたのがわかる。初期のストーリーに出て来た小さな事が、今になって筋道立てて明かされて、思わず前の巻を引っ張り出して確認しちゃったもの・・・

やっぱり泣いたよ〜・・・
悲しいからじゃない、可哀想だからでもない、怖いからでも、身につまされるからでもない、、、だけど、胸の底で何かがぎゅうっと締め付けられる。心の何かを叩かれてる感じがする。

最初の3冊程は、よく子供向けの本にある知恵と勇気と友情みたいな感じで,冒険小説のようなワクワク,ドキドキ感が強かった。それが4巻目くらいから、どんどんダークになっていく、、、 ハリーが謎を解こうとするにつれ、読んでるこっちも頭を使わなくちゃいけなくなる。このあたりから、読者はハリーと一緒に長い長い旅をして一緒に闘っているような気分になるはず。読んだ後の疲労感はそのせいだよねきっと。

後半になると、知恵と勇気と友情のフェアリーテイル3大柱に加えて、規律や差別、偏見に虐待といった、ちょっとポリティカルな部分もでてくる。さまざまな立場からの意見という形で、現実社会にありがちな問題を問いかけるあたり、うまくできてるな〜と唸ってしまう。

主人公達が14-5才になるにつれ、人として生きるうちに通るいろんな事が増えていく。 信じる事、疑う事、間違える事、恐れる事、あきらめない事、不安になる事、打ち勝つ事、愛する事、耐える事、そしていくつかの守る事・・・・愛する人を守る、大事な物を守る、自分を守る、仲間を守る、誓いを守る、秘密を守る。最期には、死と向き合う事、死んだ人の思いを受け止める事、そして自分の死を受け入れる事・・・ 

最期のほうは、子供にはちょっと重過ぎるくらいかも。 最終巻で一番泣かされたのは、たった一つの片想いに生涯を費やした男の孤独な人生が初めて明らかになった部分。これはねえ〜、、泣いたよ!

ローリングさんは、今や世界的な大金持ちになってしまったわけだけど、これを書き上げる為に費やした彼女の17年間は、「一発千金とはわけが違うよね。死に関しては、ご自身がお母さんを亡くされて経験したいろんな思いが反映されてるとか、、、最初にHarry Potterを書き始めてから、結婚、出産、離婚、シングルマザー、そして本が大ヒットするにつれ、再婚、さらに2人の子供(合計3人)とご自身の生活も大変貌を遂げ、時に母として、女性としての姿がキャラクターに反映されている。脇役がみんな魅力的なのは、そんな小さな部分にも共感できるものがあるからかな。

いえね、、要するに「私はHarry Potterなんて子供の本には興味ありません」「魔法使いの世界なんて非現実的過ぎてついていけね〜よ」「ちょっと誰かがあおればこんな騒ぎだもんね〜 過大評価されずぎ!」等思っていらっしゃる方々に、是非お薦めします! と声を大にして言いたいだけなんです。歴史に残る作品に成る事は間違い無いはず。100年後に「クラシック」と呼ばれる筈。「指輪物語」みたいに・・・

実は私は日本語版を読んだ事がなくって、いったい様々なハリーポッター語がどんな風に訳されてるのか知らないんですよね。もしかしたら、訳し方によっては、思いっきり子供向けシリーズになっちゃてるのかも・・・・ だとしたら残念ですが、、英語は大人も子供も、男性女性も、年上も年下も対等に話すので、文章を読んでいてことさら子供っぽいとは感じないから、こんなに大人も巻き込んだ大ヒットになったのかもしれない。
Iを訳すのに、、私、僕、オレ、あたし、自分、拙者、我が輩、、、、、思いっきりキャラクター変わっちゃうもんね〜〜!
それでなくても、Demontorだの、Apparationだの、魔法界語が沢山出て来て、それらを日本語訳にするのって、ものすごいセンスが問われる作業だろうなあ〜〜

ローリングさんは、「ハリー・ポッター辞典」みたいな形で、本文には書ききれなかった事を追記した番外編を出すような事を話しているそうだから、せめてそれでも楽しみにしますかね。
本当にこれでハリー達との何年もの旅は終わりなのかと思うと、寂しいけど・・・・
それにしても、最終巻で再登場した数々の伏線事項を確認する為にも、また少ししたら初めの1巻から読み返してみようかな・・・

ランキングに1クリックお願いします
ランキング大


夏になると、やたらとダイエットとか、お腹ひきしめとか、くびれとかいろいろ目につきますが、、、 煙草やめて1年4ヶ月。 やめたとたんに1ヶ月でボン!とついた5キロが何をやっても落ちないねえ〜〜〜・・・・

たかが5キロ、、と思うけど、いわゆる肥満体型の、例えば体重90キロの人が86キロになるのと、デブではないけど少しぽっちゃり目の人が、あとちょっとの5キロを落とすのとでは、大きな違いがあるんですよね。 最初は焦らないでゆっくりやっつけようと思っていて、そのうち今までのエクササイズや食事では全然駄目だという事がわかり、歳も考えて代謝を上げるサプリを飲んだりもしたけど、、う〜ん、、、、やっぱり歳には勝てないってかあ〜〜?

今年に入ってからは、なんだかガタっと身体が衰えたのがわかる。年明けと同時に喉をやられて2ヶ月近くも治らなかったし、その間ずうっと身体がだるくて動けなかった。その後何年ぶりかで40度近い熱が出て、治ってからも調子がでなかった。10代の頃からラジオの深夜放送で鍛えた身体は、もうずう〜っと睡眠時間5ー6時間で過ごしてきたけど、さすがに最近は毎日眠い・・・ でもどうしても時間がもったいなくて、気が付くと寝るのはいつも1時半頃になっちゃう。なんで一日24時間しかないんだろう・・・??

で、なんとなくいつも疲れてて、最近はちょっとさぼってたエクササイズを再開 日本で姪っことやってみたビリーはちょっと若い人向けなので、やっぱりピラテスとツイスト式のステッパー。気持ちを持っていくところまでが勝負で、やれば後が気持ち良いのは判ってる。次の日がまるで違う!朝,駅までの道が楽になる・・・そうだ、頑張れ!絶対に身体が気持ち良いから、、と気合いを入れて50分。やっぱりサイコーに気持ち良い!!

やっかいなのが筋肉痛。昔は劇団で一日中踊っていた。筋肉痛は最初の5日くらいが山。痛いからって間を開けると、また次にやる度に痛い思いをする。 つらいけど、鬼になって最初の数日間を無理矢理続けると、5日目くらいで急に嘘のように楽になる。でもね、、、この数日が本当に辛いのよ〜〜〜!で、今日で3日目です。痛いです、、昨日よりもっと。でも今日もやらないとまた戻っちゃうよ、、、自分に鞭打たねば・・・ 

今週は彼が夜いないので、ダイエットにはもってこい。前にも書きましたが、我家のシェフはうちの彼(=旦那)です。彼の唯一の趣味というか、楽しみというか、こだわりというか、取り憑かれのようなものなので、この権限を私には奪う事はできません。 彼が作ってくれたディナーはいつでも神に感謝して頂きます。 どんどん上達する一方、どんどん手が込んでくるので、スパイスやハーブの瓶が増え、後片付けもどんどん大変になります(我家では、作ってもらったほうが片付ける、、つまりは私の仕事)たまには、納豆ご飯で、じゃこ入りの卵焼きに大根おろしなんて食べたいなあ〜〜なんて、やっぱり彼には言えません・・・・

だから、彼がいない日はもっぱらダイエットの日と決めております。自分でシンプルな日本食にする事もあるし、スーパーで出来合いのレンジ物にしちゃう事もある。最近は、ちょっとダイエットを意識してプロティンドリンクを試してます。
この、食事に置き換えるシェイクドリンクって、日本では本当に目が眩むくらいあれこれあって、里帰りした時も、マツキヨとかにあるいろんな商品にびっくりした。いくつか試したけど、どれも美味しい!味のバラエティーがすごいよね〜〜 抹茶とか、トロピカルフルーツとか、、、、こっちでも似た様な物を探したけど、本当に少ない!

まず以前からあるのが、Slim Fastというシリーズで、これが一番ポピュラーかも。大手のスーパーや薬局にもあるし。でも甘過ぎる〜〜!! 私は甘いものが嫌いなんです!甘いっていう味覚が好きじゃないのよ、、、それに自分で作るパウダーはミルクに溶かすので、カロリーは少し高め。
で、水に溶かせるタイプを探す・・・これがなかなか無い!ダイエット食品なんて項目自体が存在しないイギリスですから、こういった栄養バランスの良い置き換えシェイクといえば、スポーツ畑から出てるものがほとんど。 アスリートの為のプロティンドリンクという訳です。これもね〜、いかにもプロティンっていう感じの味で、まあ飲めなくはないけど、バラエティーは無いね、、、バニラ、チョコレート、ストロベリー、、どれも甘いしつまんない味。

最近目にするHerbalife(ハーバライフ)、日本でももちろん出回ってると思いますが、このシェイクが結構味のバラエティーが良いみたい。試した事ないけど、どうなんだろう、、? 一緒にビタミンのタブレットやエクストラでプロティンも混ぜられるみたいだけど。値段も悪くないし興味はあるけど、商法がいろいろと言われてるからその辺がちょっと気になる。 商法はどうあれ商品が良ければ私は全然気にしないんだけど、例えば一度オーダーしたサイトからしつこくどんどんメールが来るとか、そういう事がないか心配・・・・どなたかHerbalifeの情報お持ちの方、是非お話聞かせてください。

さてさて、読書の夏でもあります。
シェイクスピアは政府のスパイだったという新説をかもし出したThe Shakespeare conspiracyも7割り方読み進みました。この説が本当かどうかは別として、よく調べてるし筋も通ってる。毎日お昼休みに30-40分しか読めないのがもどかしい。彼のいない今日、明日で読み切っちゃわないと、同じ作者(Phillips氏)の最新本も注文済みで、2ー3日中に届く予定だし、そうだよ〜、、土曜日にはHarry Potterの最終巻が届くんだよ〜〜!
土曜日と思ってたけど、イギリス時間21日の午前0時1分発売開始という事は、つまりは明日の夜だ。

よくできてるよね、、イギリスの公立学校は今週までで夏休みです。つまり明日は今年度最後の日。夕方からは全国の大手書店ではハリーポッターのイベントが開かれ、子供達は魔女の装いで参加して、夜の12時を待つ。 発売開始と同時に本を手に入れた子供達は週末を徹夜で読みふける・・・という図式です。この発売開始時刻は全世界共通なのですね。日本は朝の8時1分、ニューヨークは20日の夕方6時1分・・・楽しみだなあ!おっとその前に今の本、早く読まなきゃ!

1クリックの応援お願いします
ランキング大

↑このページのトップヘ