見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

カテゴリ: フィギュアスケート


デジタルテレビのセットボックスのおかげで、今年はスケートの世界選手権をミスらずに済んだ
先週はすっかりベッドの人だったので、ふと気が付くと3月末。「ワールドはいつからだったっけ!?」と慌ててチェックしたら丁度のタイミングだった。ペアやダンスも一通り観られたのは久しぶりだ。

今年は先月のヨーロピアンも観ていたので、ダンスの3メダリスト達は良い勝負だと思ってた。私としては3位になったフランスのペアが好きだなあ〜。2週間前に鼻を折ったという事で、鼻にテーピングをしていたけれど、気合い入ってたよね。オフリンクでも旧チャンピオン達が客席やコーチ席にいて、アンジェリカ・クリロヴァとか相変わらず綺麗だった。競技会から引退してもコーチや振り付け等で後輩の指導に当たっていくというのは、選手としてとはまた違うものがあるのだろう。

どんなスポーツでもそうだけれど、何年キャリアを積んで成績が上がっていっても、絶対に自分が一番になる順番というのは無い。最初のライバルが引退しても、必ず次の新たなライバルというのが出て来てしまうのだ。そんな中で何年にも渡って何度もチャンピオンの座につける圧倒的に強い選手というのは実は少ないのだ

女子で初めてワールドチャンピオンになったカロリーナ・コストナー選手は、もうヨーロッパ選手権では御馴染みで何度も表彰台に上がっている。にもかかわらず、この10年間いつもいつも世界選手権やオリンピックの大舞台ではどうしても最高の力を出せずに辛酸をなめてきた選手だ。その間、アメリカのミッシェル・クワンやロシアのスルツカヤ、日本勢の台頭にキム・ユナ/浅田真央といった若手の陰になって慎ましくはあっても大輪の華になりきれずにいた。そして今年、万を期してグランプリファイナルで優勝、そして世界チャンピオンになった。今年のプログラムではスケーディングのクオリティーの高さを見せてくれた。ただ滑るだけでもエッジの深さとなめらかさ、長身をフルに見せてのスパイラル、いつもどこかで失敗のあったジャンプも今年は綺麗に決めて、技術の質の両方で勝ち取った一位だ

数年前にはキム/浅田の双璧で他はライバルにならない、位の勢いがあった浅田真央選手は、今回はみていて気の毒なくらい精彩を欠いていた。いつもなら大技のジャンプに失敗しても他で取りこぼしをしない、強い闘争心を見せて来た彼女が、今回初めて演技の途中であきらめたような消失感があった。去年から自身を取り巻いていたいろいろな事をそれでも滑る事で乗り切ろうとした彼女が、最期に直前で糸がキレたか、、、という印象だ。そして不調な彼女の前にはまた新たな若手のライバルが次々と出て来ている

男子は面白かったね。ベテランの強さ、今まさに大波に乗っている旬の強さ、そして新星の勢い溢れる強さ。日本の高橋大輔選手は本来なら一番波に乗っていた旬の強さを発揮していた時期に1年間を怪我で潰してしまった。オリンピック出場/メダルの夢は無理かと思われたギリギリの所でそれでもなんとか追いついて銅メダルになったものの、高橋選手のピーク時にはほど遠かった。それからさらに2年かかって、今年ようやく彼の4回転ジャンプが戻って来た。怪我から3年だ。

スポーツ選手が怪我をするというのは本当に過酷なものだ。今年の高橋選手を観てると、来年あたりは怪我前の強いジャンプとさらに磨きのかかったスケートでもっと上にいけそうな気がする。その反面彼はもう26歳になった。身体のピークをどこまで維持できるかが、ソチを決める。ペアやアイスダンスは30近くてもトップでいられるけれど、シングルではどうだろう、、、?でも今年はカロリーナが25、鈴木明子選手も27だし、同じく27歳のブライアン・ジュベールも4位に入ってる。ワールドには来なかったけど、ヨーロピアンで優勝したプルシェンコ選手は29だ。相変わらず4回転をバンバン跳んで強引にヨーロピアンチャンピオンになってしまったよ。本気でソチに行くつもりかな・・・?

このままいったらソチの頃には凄い選手になってるかもしれないのが、羽生結弦選手だ。17歳で初めての世界選手権。SPでは緊張からか硬い演技で伸びなかったものの、フリーでは高橋選手よりも高い得点で表彰台に上がってしまった。ジャンプだけでなくスピンもレベルが高いし、表現力や曲との一体感なんかはこれから数年で磨かれていくだろう。17歳のステファン・ランビエール選手を世界選手権で観た時の事を思い出した。今から20歳までにどんな選手になれるか・・・!彼にはソチとさらにその次のオリンピックの可能性もあるのだから、息の長い強い選手になってくれるといいな。

今年こそは!、次はこの人だ!、、、そう思っていても毎年違った勢いのある人達が出て来てしまう。どんなスポーツでもそうだけど、本当に現役でいる間はライバルには終わりがないね、厳しいよね〜〜・・・





ライヴはさすがに無理だったけど、朝出勤前に観た女子のフィギュアスケート
ダイジェスト放映でトップ8人の演技をやっていたけど、高レベルな戦いで良かったよね。テレビを付ける前にネットで最終結果をチェックしたので、順位は知ったうえで観た。それにしてもキム・ヨナ選手の得点は別世界だ

でも観ていてやっぱり凄いと思ったよ。一つ一つの完成度がものすごく高い。最初のコンビネーションジャンプも、組み合わせとしては一番難しいのだと、解説の2人が力説していた。スピンの回転の早さや軸足の安定さ、そしてすべてのジャンプが大きい。そもそもジャンプの評価は高さと距離にある。3−3コンビネーションの大きさは他の人を寄せ付けていなかった。いや〜、、すごいものを観ちゃった感じ

でもここまで完成に近い演技をしちゃったら、ここから何処へ行くの、、、?という気もする。これ以上の演技が可能なのか?

浅田真央選手は彼女だけで観ていると、ジャンプだけでなくスピンやスパイラル、ステップももっと点が高くて良いんじゃないかと思ってたけど、比べて観ると空気感の大きさがやっぱり違った。まず、彼女のほうがキム選手より身体もずっとちっちゃいのだと思っていたら、実は身長差はほとんど無いそうだ。公式プロフィールでも1cmしか違わない。なのに、身体の回りを取り巻く空気の大きさが違うのは何故か・・・

だけど浅田真央ちゃんだって、一大会でトリプルアクセルを3回決めたというのはすごい快挙だ。ただ、自分の目標=プログラムを完璧に滑る、には到達できなかったのが悔しそうだったね。銀メダルが決まった時の顔が笑顔じゃなかったのを観て、「この人は戦う選手だなあ」と思った。もっとダイナミックなスケートをするようになると一皮むけるんじゃないのかな・・・それと、技術点を上げるにはやっぱりルッツは跳ばなくちゃね

今年のプログラムはちょっと曲が大き過ぎたのかな・・?これはシーズン初めからずっと思っていた。あの曲は曲調が変わる事もリズムが変わる事もなく、同じフレーズの繰り返しだ。ただ、曲はどんどん深く大きく揺れ動いていくので、それに合わせた演技ができれば、最期には観ているほうが飲み込まれてしまうような圧倒的なスケールを出す事が可能なはずだ。きっとタラソワコーチはそれを狙ったのだろう。去年の仮面舞踏会もシーズン初めは「曲が大き過ぎる、、?」って思ったけれど、GPファイナルでは見事に自分のものにしていたので驚いた

でもやっぱり今回は曲が大き過ぎたよう気がする。仮面舞踏会のようなリズムと、小回りの動きやステップが生きる振り付けは真央ちゃんらしくてはまり役だったけど、「鐘」の、うねりの大きい風や嵐を思わせるような空気の動きを必要とするイメージにはちょっと届かなかった気がする情念みたいなものが表現できれば生きるプログラムだったんだろうね。やっぱりちっちゃな島国育ちの日本人には、ラフマニノフは無理なのかなあ〜〜?

トリプルアクセルも綺麗に決めていたけど、大きく見えないのがもったいない。ダイナミックに見えればもっと映える。コンビネーションでも、高さと距離では伊藤みどりさんのジャンプとは比べられない。でも大きさを出すって難しいよね。技術でもないし、何をどう練習すればいいんだろう・・・・でもキム選手に勝ちたいなら大きな課題だ

そういえば昔、バレリーナの森下洋子さんの事を評価した記事の中に、森下さんは手が大きいという解説があった。森下さんは小柄なバレリーナで顔もちっちゃいのに、手が大きい為、腕の動きがそのまま軌跡になって見えるというのだ

表彰台でのヨナ選手と真央ちゃんを見てみると、、、そうか、ヨナ選手は肩幅が広い。肩幅が広くて腕が長いよ、、、それだけでも背が高く見えるものなの?? 自身の回りにもうひとつオーラを持って演技できるというのは、持って生まれた才能なんだろうか。

嬉しいのは、高橋大輔君も真央ちゃんもヨナちゃんも来月の世界選手権に出るつもりでいるらしい。以前はオリンピックの後って、みんなメダル受賞者は精魂尽きましたとばかりに出ない事が多くて、オリンピック直後の世界チャンピオンは拾い物、、みたいな感じだったけど、みんなまだまだ戦う気でいるんだね。嬉しいです! もう1ラウンド、楽しみだなあ〜


ドキドキしていた男子のフィギュアスケート、高橋大輔選手は銅メダルを獲得した
本人は満足ではなかっただろうけど、去年一年を棒にふった大怪我からの復活でオリンピックの銅メダルというのはすごいアチーヴメントだ。男子のフィギュアスケートでオリンピックのメダルは初めてだ。初の快挙を成し遂げる意味は大きい。でもホントはゴールドメダルが欲しかったよね。SPの後にあの位置にいたら、当然欲しいのは金色のメダルだった筈だ

ショートプログラムの後に上位3人が語った「4回転談」、プルシェンコの「チャンピオンなら4回転をとばなくちゃいけない。20年前の技術で優勝するなんて遅れてる」という言葉が、4回転は跳ばなくても優勝するスケートはできるという意向だったライサチェックをチクチクとつついていた。4回転は必要か、、、という論争は、競技としてのフィギュアスケートに対するスケーター達の価値観の違いだ。高橋選手はモデストに「男子競技の醍醐味でもあるし、ボクのプログラムには必要」と発言。

さて、結果は・・・
4回転を跳ばなかったライサチェックが、それでもミスの無いジャンプ、要素で高い点を取って逆転優勝、4回転は跳んだけれど、他のジャンプでアヤシかったり表現/構成点が伸びなかったプルシェンコは2位、4回転に賭けて、降り切れなかった高橋君はその分は大きく響いたものの、それ以外の構成点では他の2人より高得点を出して銅メダルになった

チャンピオンたるもの、一番高い技術を持って表彰台に乗るべき、というプルシェンコ選手の意見には私も賛同している。ただ、、、彼の場合はこの後がちょっといただけない・・・ 試合後のロシアテレビ局へのインタビューでの発言、、、

「4回転を降りたのに、自分が優勝じゃなかったのはジャッジ達のアンフェアな細工のせいだ」、と言い出してしまった・・・さらには、「カナダはアメリカ大陸の国だから、アメリカ選手との癒着があるような気がする」とまで・・・
ライサチェックを真のチャンピオンではない、とまで言ってしまうのはどうかね・・??

2002年のソルトレイクでフィギュアの採点に裏取引=不正が発覚し、スケート界に大きな波紋を呼んだ。その後採点法を変えて再出発した新しい得点の計算法に、やっと馴染んできたところ。一つ一つのエレメントを細かく採点評価する今のシステムは、以前の主観的な6点法よりずっと計り易くなった

演技を観たけど、ライサチェックはステップもダイナミックだったし、安定した素晴らしい演技だったと認めざるを得ない。ジャンプでのプルシェンコは無理矢理踏ん張ってしまうものもあった。(回転中の身体の軸が倒れているのに、着氷の時に腹筋/背筋力で踏みとどまってしまう)演技の流れや振り付けなんかは素人が観たって高い点はつけられないよね。高橋選手が4回転を綺麗に降りて、回転不足無しですべてを飛んでいたら、間違いなく金メダルだった点数だ

さすがに自分が金メダルじゃなかった事をそんな風に言い出すというのは、ちょっと自分を貶めてるように見えて醜い。チャンピオンには品格ってものも必要だと思うのよ。フィギュアの得点は技術点と芸術点の2つで構成されているのは何故かをよ〜く考えて欲しい。これはもうずっと昔からの話で、これがフィギュアスケートというスポーツのユニークな魅力なのだ。

表彰式で1位の台を踏んで行くなんてもってのほか!これは勝者に対する冒涜だと思うんですけど・・・

4回転の技術が無い者と同様に、品格の無い選手もチャンピオンになるべきじゃないね

今回はちょっと行き過ぎだと思うよ、プルシェンコ・・・もう一人4回転を決めた小塚選手に、後で握手をして健闘を讃えたというのは素敵なジェスチャーだし、4回転に挑んで銅メダルを穫った高橋選手を「チャンピオンらしい姿勢だと尊敬する」、というのも嬉しい発言だけど、「自分は差別された」発言はちょっとねえ〜〜

表彰後の高橋大輔選手のインタビューはとても品格があってよかった。失敗してしまった4回転をそれでも「はじめから跳ぶと決めていましたから」と、きっぱり言い切った。残念だけれど後悔はしていない、という事か。自分では納得できなかったと言いつつも、オリンピックでの銅メダルを誇りに思い、日本男子初の快挙というひとつの達成に自信を持つ。1年ちょっと前にはオリンピックに行けるかどうかも解らない暗闇にいた彼が、試練を乗り越えて手にしたメダルの重みは、他人にはとても量れない

プルシェンコ自身、3回のオリンピックに出場して、という結果は他の誰も寄せ付ける事のできない偉業だ。威厳を持って誇らしくしていればいいのに・・・あまりにアロガントな発言は、せっかくの彼の偉大な経歴さえも黒くしてしまう

残念な事・・!!



やってますね〜、オリンピック

こっちではオリンピックの放映はEurosportsとBBCがやってるけど、BBCのほうは夜にまとめてなのでいまひとつ盛り上がらない。
Eurosportsはもう一日中ライヴ中継してるので、テレビをつければオリンピック!という雰囲気だ。でも時差があるから観たい競技をいつも観られるというわけにはいかない

今回はいままで観た事無いようなものを結構観ている。
スピードスケート、スノーボード、モーグル、ルージュ、カーリング・・・いつもはスケート&スキーばかりだったから、なんだか新鮮だ。スノーボードやモーグルは観てても楽しいねえ〜〜、競技という事を忘れて楽しめる。

気が付いたんだけど、冬のオリンピックって、あんまり選手の顔を知らないよね。スケートやカーリングなんかは別だけど、他の殆どの競技は皆ヘルメット被ってるしゴーグルしてるし、顔をほとんどちゃんと見られない。だからスノーボードで、各選手の顔がスクリーンで映し出されてるのを観て、「そうだよ〜!これ、全部に適用すればいいのに」と思ったのだ。中には天使のように可愛い(=女の子かと思った)男の子なんかもいて、これはヘルメット被ってちゃもったいないワ・・・

日本のスピードスケートのウェアが「透けてTバックが見えている」と話題になってしまったのも大笑い。確かに素材の違いが解ってしまって、おまけに腰に向かってひも状のスジがみえるから、これは誤解されても仕方ないかも。ゴールドに黒はなかなかカッコ良いんだけどねえ〜〜

それにしても、ルージュとかカーリングとかって、何がきっかけで「この競技でオリンピックに出たい」と思わせるんだろうか・・・? ルージュは今まで、「ソリに寝そべっててラクチンだよねえ」なんてフトドキな事を思っていたので、今大会の開幕前に選手が亡くなったのは本当に驚いた。でも考えてみれば(みなくても)生身の身体で時速150キロのスピードで氷を滑るんだから、一つ間違えば大変なスポーツなのだ

そう思って追悼の念を持ってちゃんと観てみるんだけど、、、やっぱりよく解りませんわ、、、カーリング=床掃除と思っていたし、、、 何が彼等にこの種目を選ばせたのか、、、人生=命をかけてこのためにトレーニングを積んできたんだよね。う〜〜ん・・・・

こんなとりとめない事を書きながら、実は内心ドキドキしてるのだ・・・
フィギュアの男子フリーが今夜(夜中)だからねえ〜〜
1〜3位までの差が僅か0.6という激戦。ショートは1位〜5位までの演技を観たけど、やっぱりすごい混戦になってる。ジュベールとアボットが抜け落ちたのにはびっくりしたけど・・・

私はやっぱり高橋大輔君とランビエールが好きだなあ〜!
ああいうスケートが好きなんだ
ちなみに、イギリスの往年の世界チャンピオンで、今は解説者としてスケート番組でよく発言しているロビン・カズンズ氏は、今回のショートプログラムでは高橋選手が一番好きだと言っていた。嬉しいよね。テレビ中継の解説者もすっごく誉めまくってたし。

金メダルを取るためだったらそういうスケートでもいいんだけど、やっぱり10年後になっても「あの選手が」と語られるような演技をしてくれるスケーターがいいな。伊藤みどりさんはそういう意味で、とても大きな足跡を残したのだと思う。女子のトリプルアクセルの話が出る度に彼女の名前が必ず出る。いきなりパッと出て来て、世界選手権とオリンピックの金メダルをパパっと取るなりプロになって消えてしまった選手もいたっけ。逆に金メダルは取れなかったけど、10年に渡ってトップクラスのスケートで世界中を沸かせたミッシェル・クワンのような選手がいる

メダルを取るかどうかじゃなくて、スケーターとして勝って欲しいよね。
フリーのライヴは夜中だし、ライヴは心臓に悪くて観ていられない・・・明日の朝7時半から上位選手の抜粋放映があるみたいだからそれで観よう。結果を知ってからでないとドキドキしちゃって観てられないもの、、、

それにしてもドキドキするなあ〜〜〜、こんなに激戦なのって久しぶりじゃない?


またしても忘れていた、、、フィギュアスケートのヨーロッパ選手権
毎年つい忘れがちで、「あれ、いつだったっけ?」と思い出す時はもう最終日だったりしてね。今回も危ないところだった

実は終わっていたのだった、、、 いつもはEurosportsでライヴの競技が中継されるのだけれど、今回はライヴは見逃し、今日BBCが総集編の形で放映していたのが観られた。ライヴの面白い所はメダルに関係なくほぼすべての選手が観られること。でもメダリスト及びトップ選手達だけで良い時は、この総集編のほうが無駄が無い。

女子は、、、アジア勢(日本選手/キム選手)のほうが上かな、やっぱり。上位3人は確かに良い選手達だけれど、プログラムのレベルをみるとオリンピックで日本人選手達が勝てる確率はかなり高い。もちろん不必要なミスがなければだけど。

イタリアのカロリーナ(コストナー)はいつもトップにくるんだけど、いまひとつ華に欠ける選手だ。特徴が無いっていえばいいのかな。私的には、今回3位になったグルジアのゲヴァニシヴィリ選手なんかは、小柄で肉感的な個性があって楽しみだ。4年前のトリノの時より色気倍増で、失敗しなければジャンプにもパワーがある

男子は、、、あらあら大変、、、五輪は大混戦になりそうな予感
なんといっても怪物プルシェンコの復活だ。それにスイスのランビエールもカムバックしてる。この2人の復帰は他のヨーロッパ/アメリカ、そして日本の選手達にとって最大の壁かもしれない

プルシェンコ選手がもう超人的に正確/パワフル/ダイナミックなのはいうまでもない。でもどうしてだろ、、4年振りにこうやって見ていると、「4年前と同じ=ちょっと古い」感じがするのだ。彼のスケートは正確だ。まさにテキストブック通り、という感じでこれは彼を指導してきたミーシンコーチのスケートなのだけれど、なんだか旧ソ連をまだ引きずってる感じでちょっと時代遅れでないかい・・・? 凄いよ、確かに凄いんだけど、面白く無いんだなあ、、、ダイナミックだけど色気ない

カムバックを決めた理由というのもちょっとねえ、、、「ロシアにメダルをもたらすため」って、、、旧体制でのエリート教育で訓練された最期の世代とでもいうのか、コーチを変えたほうが良いような気がするけどねえ〜〜

一方のステファン・ランビエール、彼も基本的にテキスト通りの正確なスケートから入っている。出発点は同じなのだけれど、私は断然ランビエールのスケートのほうが好きだ。もっと観ていたくなる。ジャンプが安定しないのがこの人の場合昔からの欠点だけど、エレガントな滑りは美しいし、やっぱりなんといってもスピンの軸が微動だにしないのは凄いね。年齢と共にどんどんハンサムになってくるし・・基本通りの技術だけでなく、ヨーロッパの香りがする優雅さを持っている

心中面白くないだろう第一位が、今まで一押しだったのにこの2人に3位に追いやられたブライアン・ジュベール。日本の高橋大輔選手や織田選手達がこのジュベールあたりと互角に競っていた事を考えると、怪物の復帰は脅威だ。少しのミスが3つ/4つの順位を変えてしまう争いになるだろう。ノーミスで滑り切った者だけがポディアムに立てる、という事か。

ペアは特にひいき目で観ている人達はいないので、ヨーロッパに中国やカナダの選手達が入って来て盛り上がるのを純粋に楽しんで観られそうだ。アイスダンスはやっぱりヨーロッパ勢の争いになるだろうね

ダンスで優勝したロシアのドムニナ/シャバリン組のオリジナルダンスが話題になっている。オーストラリア先住民族であるアボリジニの伝統的なダンスをモチーフに振り付けられ、衣装も派手派手。観客には受けたし点数も良かったこの演技が、現地のアボリジニ達から「冒涜だ」との非難を浴びてしまった。

ダンスのオリジナル性を求める為に、世界各地からのあらゆるダンスを探してくるのは当然なのだ。別に勝手に盗んでちゃちなものに仕上げようという魂胆があるわけでは全くなく、ただ、モチーフにして創造性を広げるという意味で使ったにすぎない。「古来からの伝統をたったの2分半でお粗末なパフォーマンスにするとは・・!」という怒りの声に、いったいどう対処しろというのか、、、でもちょっと衣装は派手すぎたかも、、にばかり目がいってステップをちゃんと追いにくかったよね。オリンピックまでに少し修正するのだろうか、、?

さてと、、今Eurosportsでエキシビションを観た。ゲヴァニシヴィリのマリリン・モンロー良いわ〜〜!肉体派・・・
ランビエールが素敵、素敵!! それまでソファでうたた寝していたうちの彼、私が「うわ〜〜、ランビエールだ、素敵〜〜」と声を出していると、ちゃっかり薄目をあけてチェックしている、、そして、最期には彼までもが「奴は素晴らしい、、」と呟いたのだった。ふふふ、君の負けだよ

超人プルシェンコだって素晴らしい演技だった。けど、圧倒するパワーがあるのに、感動を生まないのは何故・・?それにしてもエキシビションでトリプルアクセルを2回も跳ばなくても・・・・
やっぱりエキシビションはルールに関係なく演技が観られて面白い。

気付いたらオリンピックまであと1ヶ月を切ったんだね。カナダという事は、、どういう中継時間になるんだ?? ライヴではほとんど観られない時間帯だなあ〜〜。録画が出来ない状態だから、BBCやEurosportsの番組をチェックし忘れないようにしなくては・・・!


先週あたりから急に桜が咲き始めて、「ちょっと早くないか・・?」と思っていたのだけれど、イマイチ気温が低めなのと、毎日小雨が降ったりやんだりしていて、以外と桜も長くもちそうだ。これが急に暖かくなっちゃうと、桜ってワ〜〜と咲いて短期間で散っちゃうからね・・・

雨だと桜が散っちゃうんじゃないか・・?と思うかもしれないけれど、雨といっても一日に何回か小雨が降る程度で、しかもこれがお天気雨なのだ。ここ数日、続けてお天気雨が日に何度か降っている。お天気雨といえば、別名「きつねの嫁入り 日が照っているのに雨というのがなんとなく化かされているような感じだとういうのでそう呼ばれる。子供の頃にその別名を聞いた時は、お天気雨の度に、白無垢姿の狐の姿を想像したものだ

滅多にないからこそ神秘的に感じたお天気雨も、こう何日も続くとあんまり神秘的じゃなくなってくる。「また降ってきたよ〜・・・」とため息まじりに外を見て肩をすくめる程度になってしまう。そして典型的なイギリス式会話=天気の話題が繰り返されるのだ。

それでも桜が満開でこの週末はもってくれそうだ。やっぱり少し早いよねえ〜〜  今年はイースターが遅くて4月の半ばだからそれも感覚的にちょっと狂う原因になってる。いつもの感じだと、イースターが3月後半にあって、その頃が黄色い水仙の時期、それから3月末に夏時間が始まって、桜が咲き始める。今年は水仙が咲いたかなと思ったら数日暖かい日があって桜が一気に咲き始め、今週末に夏時間が始まるけれど、イースターはまだ2週間先だ。なんだか調子が狂うなあ・・・

・・・とここまで書いた所で、フィギュアスケートの世界選手権だという事に気付く なんだあ、また男子を見逃しちゃったじゃないの・・・今年は高橋大輔選手が出ていないのがとても残念だけど、そうかあ、小塚選手と織田選手で来年のオリンピックの出場枠を3つ確保したのね。これは素晴らしい事だよね。トリノの時は世界選手権で本田武史選手が棄権しちゃって、高橋君がフリーで崩れちゃって・・・日本選手が3枠を取ったのは初めての事だよね。素晴らしいよ

ちょっと中断して女子のショートを観てきました、、、ライヴでやってたもので

浅田真央ちゃんのスケーティングは本当に天性のものを感じる、音楽との融合性が他のどの選手とも違うものがあって素晴らしい。けど、何故かトリプルがダブルになっちゃったのは残念だったけど・・・? 滑り始める前の様子が何となく不安感を与えていた。これは説明できるものじゃないのだけれど、滑り始める時の気合いっていうか、オーラっていうか、そういう雰囲気でなんとなく良い演技になるかどうかって予感がするんだよね。今日の浅田選手はなんだか戦うオーラが出ていなかった

 コメンテーターが、無理に3回まわって転倒した場合の点数と、ダブルに落として得た点数をはじき出していた。「フル回転した後に転倒したとして、奇麗に降りたダブルとじゃあまり点には変わりがないから、転倒を避けてプレゼンの点数を確保したのは賢明だ」という結論、、、それでも点数は悪く無かったよね。

でもその後のキム選手のプログラムはもう別世界のようだった。演技に入る時から、気合いのオーラがビシビシ出ていた。これは真央ちゃんの演技前と全く違っていて、なんとなく滑り出す前から、「これはいけるな」と予感がした。案の定全く迷いのない演技で素晴らしかったよね。この時点で2位に8点? 浅田真央ちゃんとは10点差! すごい貯金だよね。これはフリーでもなかなか手が届かないかもしれないね。どうなる事やら・・・

明日がフィギュア女子のフリーで、日曜日からはいよいよF1シースンの開幕。やっと暗い冬から抜け出して活気が戻ってくるような気配・・・

そういえば、日本行きまであと1ヶ月を切った。いつもならあれやこれやと、情報集めやいろんなプランを立てるので忙しくしている時期なのだけど、う〜ん、今年はイマイチ気が重い・・・ 本当は日本行きはキャンセルしようかとも思ったけれど、とりあえずは私にとって貴重な2週間なので行く事にした。行くからには思いっきり有意義に楽しく過ごさないとね。うん、そろそろ計画を立てなくては・・・


どうぞ1クリックで応援してくださいませ
Banner


やっとクリスマスーカードを出した・・・それにしてもねえ、切手を買うだけの為に20分も並ぶのってやっぱりどうにかして欲しいわ〜〜! こちらの郵便局や銀行の窓口は用途によって分かれていない。あくまで公平に先に来た人から順に空いたカウンターに行って用事を済ませる。だから国際配達の大荷物を10個持っていようが、今週分の年金を受け取りに来た人だろうが、切手を買いたいだけだろうが、キュー(Queue)と呼ばれる一列を作って順番を待つ 。普通の切手なら郵便局以外でも10枚綴りものを買える所があるけれど、やっぱりクリスマスカードはクリスマスデザインの切手で送りたい。これを楽しみにしてくれてる日本の友人達もいる事だし・・・そうなるとやっぱり郵便局に並ぶしかないのだ。

それにしても、我が家は全くクリスマスの気配が無い。飾り付けもしてないし、私はあと1週間で休みだけど彼はクリスマスもボクシングデーも仕事だし・・・

なかなか観られないフィギュアスケートだけど、グランプリファイナルのダイジェストをやっていた。浅田真央ちゃんのトリプルアクセルが2つとも公式に認定されたフリープログラム。タチアナ・タラソワさんというコーチはいつもその選手の持つ可能なギリギリの力をひっぱり出してくる人だ。今回の浅田選手のプログラムもパリ大会の時点では、「大きすぎるんじゃないか」という懸念を抱かせた。ところがNHK杯、そしてファイナルとどんどん滑り込んできた結果、そのスケールの大きなプログラムを見事に消化していた。もちろんプログラムをノーミスで完璧に滑り切るというのは大変だ。勝つためには多少の賭けを承知で組んでいるプログラムなのだし・・・

久しぶりに伊藤みどりさんの昔の演技が観たくなって探してみる。あるある、、、ホントに何でもみつかるよね〜。88年のカルガリー・オリンピック。ピョンピョンとゴム毬のように跳ねている伊藤みどり。高い! 本当にこの人のジャンプは高さと滞空時間と距離とスケールがあった。7つのトリプルをすべて決め、最後には滑りながらガッツポーズまでしちゃって、天井まで観客を総立ちにさせた。うん、覚えてるよ、この時の大歓声

世界チャンピオンになったのはその翌年。この時に初めて世界公式戦でトリプルアクセルを成功させたわけだけど、この時の点数が確かギネスプックに載ったんじゃなかったっけ?女子の技術点で6.0を出した選手は他に覚えが無い。

でも私が好きだったのは、この次の年の世界選手権の伊藤みどり選手だ。まずトリプルアクセルの完成度が完璧。表現力も前年よりずっと磨かれて腕の流れもとても奇麗。規定で10位と出遅れたこの年は、オリジナル、フリーとトップだったにもかかわらず優勝はかなわなかったけれど・・・ この、規定で出遅れて後でガンガン上位に上がってくるっていうあたりも伊藤選手のユニークな魅力だった。



今とは採点法が違っていた時代だけれど、伊藤みどりの魅力はジャンプだけでなくスピンもそうだった。レイバックスピンは奇麗だったし、スピードがあった。フライングシットスピンも高い所から入ってる。ジャンプだって最後の1分をきってから3+3のコンビネーションとか入れてるしね。 そういえば、アルベールビルオリンピックの時は、最初のトリプルアクセルが決まらなかったけど、プログラムの終盤でもう一回跳んで成功させたんだよね。今の採点法でもかなりのボーナス点が付くはず。

こちらのEurosportsのフィギュアの解説者2人は、今でも浅田選手がトリプルアクセルを飛ぶ度に伊藤みどりさんの名前を出す。NHK杯で浅田選手の2回のトリプルアクセルが認定されるか、、という判定待ちの時も、「伊藤みどりが最初に飛んだのもこのNHKだったっけ?」「いや、あれはパリだったよ。」とまるで昨日の事のように話していた。フィギュアスケートに於いて、伊藤みどりさんの残したものは大きいんだなあ〜と痛感した。子供のように小柄で無邪気な笑顔、リンクの外に吹っ飛んでも駆け戻ってきてまた次のトリプルを跳んでしまうリカバリーの早さ、他の選手とは一味違う伊藤みどりの元気なジャンプを、暖かい拍手と笑顔で見守って来た人達が沢山いたのだ。

表現力や持って生まれた身体の線、足首の柔らかさ、そういったものを総合的に観ると今の時代の若い選手達はまず身体が違う。やっぱり浅田真央ちゃんは持って生まれた素質に恵まれてる。ジャンプの成功率も昔よりずっと高く、女子の戦いのレベルはどんどん上がる。 そんな中で、もう一度伊藤みどりのジャンプを観てみると、回転不足なんて言葉は必要ないくらいにエッジがしっかり三回転半回り切っている。トリプル二つのコンビネーションでは2つとも高さと飛距離が凄い。
豪快だ。そう、あんな豪快なジャンプをもう一度観てみたいね。

今季は、男子の高橋大輔君が欠場しているのがホントに残念だ。っていうか、このまま今季をすべて棒にふるというのは、再来年のオリンピック選考に影響する・・・怪我は本当にしょうがないけど、、、、 トリノの前年、世界選手権で本田武史が棄権して、オリンピック出場枠のプレッシャーを背負わされた経験があるだけに、今回の事ではどんな思いでいるのだろう、、そして、どんな選手になってまた復活してくれるだろうか?ボクらの時代」で藤原竜也、中村勘太郎両氏に「バンクーバーで金を取って引退するのが夢」ときっぱり語っていたっけ。あの後に、4大陸大会で史上最高点で優勝した、、、このまま終わらないで欲しい。
頑張れ〜〜!帰ってこい高橋大輔!!


easter snow予報通りのWhite Easterになりました〜〜! さぶいよ〜〜〜!
私が起きた時は既にやんではいたものの、やっぱり降ったのね、、、雪。
土曜日も、朝仕事に行く時ドカ雪が降っていた・・・・信じられない!

イースターの日曜日は街中がゴーストタウンのように静かだ。これはクリスマスと同じ。明日のEaster Mondayが本当の復活の日なので、今日は開いていた店も明日は軒並み休みになる・・・・電車も限られちゃったりするので、明日はどこへも出かけないのが無難だ。

スケートの世界選手権男子は、カナダのJeffrey Buttle選手が優勝という事で落ち付いた。 ショートプログラムでの激戦があんまり激しかったので、それだけでお腹一杯という感じだった。「金メダルが欲しい!」という選手が揃いも揃って着実にプログラムを決めていく・・・・ こんな高レベルの争いは観ているほうもぐったり疲れる・・・と思ったら、フリーではあちこちでアップ&ダウンが。 やっぱりね、世界チャンピオンになるっていうのは、こういう時に他の人とは違うオーラを出せるかどうかだと思う。バットル選手はショート、フリー共手堅く固めて優勝したけれど、正直言って、チャンピオンのオーラには少し欠けていた。今回は回りのフリーでのミスも手伝って勝ったけれど、これから先何年もチャンピオンで居られるかは疑問だ。

そういった意味でチャンピオンのオーラを感じたのは、やっぱりフランスのジュベール選手だ。 得点としては2位に終ったけれど、彼にはチャンピオンのオーラがある。高橋大輔選手は四大陸の時には確かにオーラを感じたけれど、今回はショートプログラムの時から緊張しているのが見て取れた。「ちょっと堅いな〜」と思っていたら、やっぱり身体が動ききっていなかったようで、ショートプログラムでの得点はむしろ思ったより高かった位。 フリーの後で本人も「身体が動かなかった」と言っていた通り、それは観ていても解ってしまった。1位から7位までが全て国籍の違う選手だというのは面白い。男子のこれからの数年は本当に激戦になるだろう。 他の人とは違うチャンピオンのオーラを持って演技する事ができるかどうか・・・?来年にはきっとまた新たなライバルが出て来るはず。高橋選手はその中から抜け出していけるのだろうか・・・?

それにしても今年のイースターはあまり目玉になるテレビ番組も見当たらない。 大抵クリスマスやイースターには特別番組が作られて結構質の良いものがあったりするのだけど、今年は今イチだなあ〜〜  映画も去年と同じ「The Passion of Christ」ともう観飽きた感のある「ベン・ハー」で、代わり映えがしない・・・・もちろん名作と言われる映画は何度観ても良いんだけどね。

寒いから外には出たくないし、テレビは今イチという事で久しぶりにDVDをひっぱり出して来た。長谷川和彦監督の「太陽を盗んだ男 これは良いです!! 私はこの監督のもう一つの作品、「青春の殺人者」もすごく好きなので、もうずっとずっと次回作を期待していたのだけど、どうやらその気配は無く・・・? どうして2作しか撮らなかったんだろう?? 今観てみるとやっぱり古い部分もあるのだけど、そんな事は関係ない!

平凡な中学校の教師がプラトニウムを盗み出してたった一人で原爆を作ってしまう・・・・ 製造場所はごくごく平凡なワンルームのアパート。誰にも知られずに彼は原爆を武器にどんな事でも要求できる立場になるのだ。 にもかかわらず、いざとなると何を要求して良いのか解らない・・・・この映画が作られたのは1979年。国家を相手にした主人公の要求は、「野球の中継を時間で終らせずに最期まで放映しろ」だったり、ドラッグに関する逮捕歴で来日は絶望と言われていたRolling Stonesのコンサート開催といった、いかにも「当時」らしいものではあるけれど、このなんともいえない無気力感がこの映画を支えている。

当時大スターだったジュリーこと沢田研二さんが主演しているのも面白い。役者としての沢田研二さんは、けっして演技派というわけではないけれど、やっぱりジュリーというスーパースターは、「化けてしまう」のが上手いのだ。 場面場面で、「その気になって演じる」と言う事ができるので、映画を観ている限り、それをジュリーが演じていると言う事は忘れてしまう事ができる。 そもそも歌手としての沢田さんだって、曲によって違うキャラクターを見事に分けて演じる事で成功したのだ。なんでもやっちゃうタイプのスターなのだと思う。そしてその一発勝負にハズレがない・・・プロのスターだ。

監督の話では、結構ゲリラ撮影で一発勝負というカットもあったそうだ。 5億円をデパートの屋上から撒いたり、派手なカーチェイスで車を何台も横転させたりと思いきったシーンも多いし、沢田さんの変装や裸体シーンもちょっとした見所。 役者の顔ぶれも面白い。2時間半の長編なのに時間の長さを感じさせない・・・これは私の中では永遠の名作だ。「青春の殺人者」」と共に、70年代の最期を飾るにふさわしい名作だと思っている。 どうして次回作が出ないのかは解りかねるけど、もう一度この監督の映画を観てみたいものです・・・


ランキングに1クリックで応援してくださいませ
Banner



スケートのグランプリファイナルが面白い事になってる!
高橋君が2位に終って、SPで最下位と出遅れた浅田真央ちゃんがフリートップで5人抜きでやっぱり2位だったみたい。こういう事をやってくれちゃうのが浅田選手のユニークなところだ。
もうGPファイナルの時期になっちゃっていたのね。早いな〜〜 ・・・と慌てて動画を探す。昨日の今日といった感じなので数は少ないけど、早々にアップしてくれてる人っているもんだ。

SPで一位発信だった高橋大輔選手。このSPはすっごく良かった!ジャンプもひとつひとつ丁寧に決めてるし、エッジを深く使ったスケートで、SPに要求される物(要素点を高く、減点をさせない)をしっかり押さえてる。ヒップホップの白鳥の湖は斬新で、振り付けも衣装も髪型も生きてるね〜!最初の出だしで、フワッと彼の世界が見えてしまう表現力はやっぱり素晴しい。

で、次にチェックしたニュースでは、フリーでStephane Lambielの逆転優勝という事だった。 高橋選手も4回転、3回転半を決める高技術点だったけど、僅かの差でランビエールに抜かれたというのだ。う〜ん、どんなもんか・・・と思って各々の演技をチェックしてみる。

高橋選手の今年のプログラム、好きだなあ〜!
SPもFPもすごく高橋大輔というスケーターの持つ魅力が出るように構成されてるし、技術的な難度が高い! 去年のファントムが素晴しいプログラムだったから、今年はどんなのになるんだろうと思っていたのだけど、GPシリーズが始まってすぐに彼のヒップホップ調白鳥の湖は観客とジャッジの目を引いた。 FPのロミオは、4回転に3回転半2つも含む8つのトリプルが入ってる。後半にトリプルを5つも入れて、難易度を上げてるし、最期のストレートラインのステップまで息切れしないで滑りきったら間違いなく世界の頂点を目指せる挑戦的なプログラムだ。

NHK杯では、最初のクワッドで手を着いたけれど、今回はジャンプは転倒や着手なく跳びきってる。 一回だけトリプルがダブルになったかな・・?(解説が解らない語なので、目で観ただけですが)一度観て、ミスが目に入らないプログラムだったので、「SPでリードしてたのに、これでどうしてランビエールに抜かれたんだ〜?」と思わずにいられない・・・・早速ランビエールのFPをチェック。

いきなりジャンプでミス・・・?その次のジャンプでも着手!?「・・・これでどうして逆転だったの・・?」と思っていたけれど、それ以外にはジャンプでもミスは無く、なんといってもスピンとステップの絶品な事! 高橋選手同様、最期にストレートステップを持ってきていたけれど、スケートのキレが全然違う。もちろん高橋君だってステップはかなりクオリティー高いけど、目を見張るキレ味だ。 今回のプログラムはフラメンコだからごまかしはきかない。自信がなくちゃできない演技だ。彼のステップもスピンも昔から定評があったけど、何が違うんだろうと思って観ていて気がついた。腰よ、腰!!

下半身も上体も、ががっちり支えてる。ウエストからおへその辺りに丁度箱が入ってるような感じ。 この部分ってピラテスでパワーハウスっていうんだけど、この部分ががっちり軸になってる。上体もここから動いてるし、ステップでもスピンでも足先より先にこの腰がキレてる。だからステップにもスピード感があるのね。 そしてこの箱状のパワーハウスの部分は絶対に崩れない。上体を反っても前屈みになっても折れないでがっちり軸になってるのよ! 軸が張り付いたようなスピンもそのスピードも、あの腰がすべてだったのね・・・!

高橋君のプログラムは、後半でかなりスタミナが無くなってるはず。でもやっぱり腰が折れてキレが悪くなっちゃうとせっかくのステップで点が上がらなくなってしまう。 足も上体も一生懸命動いてるのにバラけて見えちゃうのは、腰の軸ががっちり箱状になってないからなんじゃ・・・世界選手権まであと3ヶ月・・・あの優雅で美しい滑りにランビエールの腰があれば、世界チャンピオンは間違いないかも。

誰にでも頂点に立つ時期ってあると思う。 トリノで金メダルを取ったプルシェンコが、「前回は僕の為のオリンピックじゃなかった。でも今回は僕の為のものだ。だから勝ちたい」と言っていたけれど、その時っていうのは逃したら2度と来ないかもしれない。来年になったら、また新たなライバルが出て来てしまうかもしれない。 だから、今なら勝てる時に勝たなくちゃね。今年の男子も女子も面白いよね。バラけてて誰にでも優勝する可能性がある。だから今年は日本選手に頑張って欲しいなあ〜

だれか〜高橋君にランビエールの腰、合成して・・!


ランキングに1クリックよろしくです!
ランキング大

観てます・・・!東京でのフィギュアスケート世界選手権。

ヨーロピアンを見逃してしまったので、今回はちゃんとEurosportsの放映時間をチェックして、、、
日本でのライヴはこちらの早朝なので、ライブの他に、夕方2時間位その日のハイライトをやってくれる。丁度家に帰って観る事ができるので都合が良い。

高橋大輔さんのステップシークエンスは絶品だ〜!

今まで日本の男子で世界選手権の表彰台に乗ったのは、遠い昔の佐野稔さんと、本田武史さんの2人だけど、こんなに柔らかい表現力と深いエッジのスケートをする日本選手は今までいなかったよね。今期のショートもフリーのファントムもすごく良いプログラムで、「良さ」が生きてる。去年のトリノでは、ショートでプルシェンコに次いで2位だったのに、フリーで崩れてメダルを逃した。「ガラスの心臓」なんて有り難くない呼ばれ方までされて・・・・ でもそこから這い上がってきた今年の活躍は素晴しい!なんでも今期の総合世界ランクの1位になったそうです。 おめでとうございます!!賞金がもらえるんだね〜 知りませんでした!

男子のフリーはちょっと帰宅が遅れて最終クループしか観られなかったので、織田君の演技をまだ観ていないのですが、14位から7位に上がるっていうのもすごい、、! 何よりも、高橋君との順位合計が9で、来年の世界選手権の男子出場枠をにしたのは大きな功績だと思う。今までに、世界選手権に3人日本から出た事なんてなかったんだから・・・!
これで将来が期待される選手の層がもっと厚くなっていくといい。男女揃って3枠なんて、10年いや、5年前でも考えられなかった事。ライバルが増えればレベルも上がるし、、、、

ペア優勝の中国ペアは来年結婚する事になったとか、、、 演技終了後に言葉を交して彼がキスしていたけれど、そうかあ〜結婚するのね・・・・
一時期は10代後半から20才までくらいの選手ばかりで、子供がピョンピョン飛び回っているような演技ばかりだったフィギュアスケートだけど、ペアやアイスダンスで大人の演技が観られるのは嬉しい。もちろんシングルでもだけど・・・・ 去年のトリノでメダルを取った3人が全員20代だったのを、「大人の美しい演技がメダルを取ってよかった」とテレビの解説者が言っていたっけ。

アイスダンスで優勝したブルガリアのペア、、、鳥肌がたちそうで一瞬も目が離せなかった。本当に一つのドラマを見せてくれた。男性のほうは「ベッカムに似ている」と言われてるそうな・・・ これがこの2人は競技会最後の演技だったとか。でもこれからもプロで滑るのかな。

それにしても男子の最終グループは、今までにないくらいの「イケメン揃い」じゃありませんでした?
いつも一人や2人はルックスはさて置いて、、というキャラクター勝負の選手がいたものだけど、今年の最終グループは、まあピンナップかカレンダーにでもしたら世界中で売れそうですわね。よくもこれだけ集まったものです。それも各々個性の違うイケメンばかり・・・・

ランビエールがすっかりたくましくなって、今回は髭でスパニッシュのイメージにしたせいもあるだろうけど、彼のプログラムもすごく好きでした。彼が始めて世界選手権に出て来た時の事はよく覚えてる。16か17で、緊張気味でちょっと硬い演技だったけど、まさに基本に忠実なスケートとスピンの軸が張り付いたように動かないのに驚いた。 ヤグディンやプルシェンコの影でいかにも「デビューしたて」という感じの痩せっぽちの少年だった。でも解説の人が「きっと彼の時代が来る」と言っていたのでよく覚えてる。

明日は期待の女子フリー。
っていうか、Spの結果を見るとすごいレベルでの激戦じゃない! ちょっと時期がずれていれば、独走でチャンピオンになれたかもしれないのに、近い年齢の同レベルのライバルがいっぱいいる時期に出て来てしまうというのも厳しい。 観ているほうにとっては見応え充分で面白いのだけれど、やってるほうのプレッシャーはすごいだろうなあ〜〜

1クリックで一緒に日本勢を応援してください
ランキング大 

↑このページのトップヘ