見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

カテゴリ: 旅の話


今回のホリデーのおまけ。

泊まったアパートはPuerto del Carmenというリゾートのどちらかというとビーチよりも旧市街(Old Town)に近い所を選んだ。海沿いのプロムナードというのは実はどこへ行っても同じで、延々とビーチに沿って遊歩道に面したショップやバー・レストランが並んでいる。この光景はこれだけだと、もうどこのリゾート地なのか、ギリシャなのか、トルコなのか、イタリアなのか、スペインなのかも判らないほど同じと言ってもいい。レストランの前では客引きのようにお兄さんが立っていて、 いちいち「Hello」とか言ってくるのもウザい。特にうちの彼はこの声かけが大嫌いなので、5分も歩く頃にはキレる事間違いなしなのだ。

だから、地元の人やスペイン本土、あるいはイギリス・アイルランドから移住している人達が普通に生活しているエリアの方が面白いし、カフェやレストランも20年以上ファミリーでやってるようなところが多い。それにしてもアイルランド人が多いのにびっくり。アイリッシュのバーもたくさんあった。

朝食に入ったカフェバーの棚にあった電灯に、何だか見慣れた感じのする絵がプリントされていたので よく見たら東京の街だった。
DSC_1024
よーく近づいてみると、うん、新宿だ。「これ、東京だね、私は東京生まれですよ」と言ったら、カウンターにいたお兄さんが、「日本に行くのが僕の夢なんだ!今ここで働いてるのも、日本に行く為だよ」と目を輝かせて力説する。アフリカ大陸に近いこんな島のバーで、懐かしい新宿通りがプリントされたスタンドランプに出会うとはね。

泊まったアパートは良いサイズのリビングに小さなキッチンが付いていて広めのバルコニー。ベッドルームはシングルが2つで、私としては有り難い。というのも、ホリデーになると彼は11時前には適度に酔っ払って寝てしまう事が多いので、ダブルだと後から寝るときに起こさないようにするのが面倒なのだ。私達のアパートは3階で、バルコニーからは海も少し見える。そしてエレベーターがこれ。

DSC_0998

なぜかあっちゃこっちゃ向いてるボタン達。でもちゃんと機能してるからご愛嬌。

海沿いのリゾート地とは違った、内地の小さな村でちょっと訪れるのに良い所といえば、Teguiseという街(いや、村かな)ここは毎週日曜日に大きなマーケットが開かれるというので、訪れる人は大抵日曜日に行くのだろう。私たちはドライブがてら、平日に一度立ち寄って見た。なんせ、30ー40分で島の半分はいけるのだから、結果として3回くらい通ったことになる。
水曜日の静かな昼下がりがこちら
DSC_1075
本当にだーれもいない、、、お昼に入ったカフェ・レストランは地元の人達のランチタイムようだった。そして同じ場所が日曜日にはガラッと様変わりする。マーケットに訪れる車やコーチ(観光バス)の為に即席駐車場ができていて、普段はどこでもいつでも止められるのに駐車料金を取ろうとする。で、私たちはそれを無視して裏通りに普通に止めた。日曜日のテギース。
DSC_1147
ちなみにこのテギースには不思議な家があった。最初に通ったときにも目に付いたのだけれど、小さな 博物館かな、、?位に思って通り過ぎていた。
DSC_1142
何の説明もなく、普通に家の庭にぎっしりとこんなものが所狭しと並べられていて、彼は「お墓じゃ無いか?」なんて言ったくらい。マーケットに来た人たちも、興味深げで写真を撮っている。実はここはさるアーティストの家で、単純に「The house of the statues in Teguise」として知られているようだ。それにしても奇妙な感じは否めない、、、、

というわけで、今年も夏のホリデーが終わった。次なるは日本行きの予定を組まなくてはね。本当に一年があっという間だなあ〜〜、、、


 


10日間のホリデーもあっという間に終わってしまった。今回は中5日間は車を借りた。小さな島だからほんとうは3−4日でもよかったのだけれど、レンタカーの値段が4日でも5日でも同じだったので、それならと5日間キープする事にした。 

ところでこの島の日本語表記は「ランサローテ」だという事を発見。島全体が火山だらけのこの島は、18世紀、1773年から6年間にわたり大規模な噴火が相次ぎ、ティマンファヤ国立公園の一帯はまるで別の惑星に来たかのような壮大な光景が広がっている。
DSC_1091
本当に、火星か猿の惑星にでも来たような気分だ。何もない。そして連なる山々は全て天辺が無くなっている。この島の山は高くはなく、一番高い山でも700mも無いのだが、こうもギロチンにかかったような山々が連なっているのは異様な景色だ。
DSC_1101
ティマンファヤでは各自が勝手に歩き回ることはできない。車で来た人も全て駐車場に車を置いてバスに乗り換え、40分ほどかけてバスで一帯を回る。降りることはできないので、写真は全て窓越しに撮ることになるので、反射を抑えるのが一工夫だったけれど、結構良い写真が撮れた。10時をすぎるとツアー団体が押し寄せるというので、私たちは開園の9時を少し回った頃に行ったので、混雑を避けることができた。戻って来た頃には3−4台の観光バスが来ていたので、ラッキーだった。

この島で入場料を払って見たいと思っていたのは、この
ティマンファヤと、もう1つ北のほうにある、ヴェルデス洞窟(Cueva de los Verdes)。7キロも続く溶岩の洞窟のうち、歩いて回れるのは1キロ程。チケットを買うと、これまた勝手には歩けなくて、人数が30人ほどになった時点でガイドさんが連れて行ってくれる。女性のガイドさんはスペイン語と英語で同じ説明を繰り返してくれる。(少し声が掠れていて気の毒だった)
DSC_1059

私は地学は全く苦手で高校で習ったことの少しも覚えていないのですが、、、  いろんな成分を含んだ溶岩は、場所によって違う色を見せている。
歩いて行った先には小さなステージがあり、クラシックコンサートが開かれるのだそうだ。洞窟の中でのコンサートなんて、ちょっと素敵。
DSC_1061-1

そして「この洞窟で一番の見所」とガイドさんが力を入れた場所がある。「指示するまでは写真を撮らないで私の説明を聞いてね」と言われて付いて行ったところは少し階段を上がって2階に来たような感じ。
DSC_1067-1

ヴェルデス洞窟で検索すると必ず出てくるこの場所の写真。一見しただけでは判らない秘密がある。本当にガイドさんがその瞬間を見せるまで全く思いもしなかった!!う〜〜ん、、、やっぱり「話さないでね」と言われたのでここはやっぱり教えません!!

車で島中を走っていてもとにかく「何も無い感」がある。もちろん10分も走れば小さな村は見えてくるのだが、なんせ殺伐としている。
DSC_1047

日本でも、子供の頃に浅間山近くの「鬼押出し園」に行った事があるけれど、こんなにも「何にも無い」という感じは広がってなかった気がする。それでもドライヴはとてもしやすい。地図にある道は全て走りやすく舗装されていて、場所によっては本当に見渡す限り私たちだけ、ということも何度もあった。首のない山と殺伐とした溶岩の岩場の続く中をドライヴするのは面白かった。
P1010069

運転は地図の読めないうちの彼が、そして左ハンドルに自信は無いが方向感覚は絶対の自信がある私がナビ役での5日間。他のビーチリゾートにもリピートでお昼を食べに行ったりして楽しめた。なにせ、島の端まで走っても1時間もかからないので、本当に地図に乗ってる道は全て制覇したと思う。
こういう場所には来たことがなかった、というのが1番の感想だ。最初に書いた通り、まさに「火星か猿の惑星か」というのが実感!




 


やって来ました、2年前のテネリフェに続いて今回はランザロテ島。
ホリデーフライトは朝早い便が多く、(午後からは折り返しで帰ってくる人達を乗せる)今回も7時に飛ぶとあって、空港へのキャブを4:15に頼んでおいた。まだ暗いうちに家を出て、空港に着くころには朝日が昇り始めた。

それでも空港はホリデーに胸踊らせる人達で一杯だ。セキュリティーだけでたっぷり45分かかったし、、、格安フライトは、飛ぶだけなら安いけれど、連れと隣の席に座るにも別料金がかかる!私達はバカバカしいので、払わずに別々の席に座った。4時間ちょっと位どうって事ないしね。ちなみにスーツケースにも機内持ち込みバッグにも別料金がかかるので、私達はスーツケース1個にまとめて入れてしまった。下着もシャツ類も手洗いするしね。

いつものようにホテルじゃなくアパートメント。トリップアドバイザーではアパートの位置によっていろんなレビューがあったけれど、私達のアパートは、運良く3階でバルコニーからは海も見えるプールサイド側。Wifi も、レセプション周辺しか入らないとの事だったのに、部屋でもきれいに入る。満足!

Puerto del Carmenは昔からのリゾートで、移住しているイギリス人も多い。いや、それよりもあっちもこっちもアイリッシュが多いのが目につくなー。

思ってたより気温は高くなくて、22-23℃が続く。でもやっぱり太陽の強さが全然違う!かなりの強風で息ができない位な時もあるけど、暑すぎるのも体力消費するので、むしろ気持ちが良い。

最初の2日はエリア散策で中5日間で車を借りる。5日も要らなかったかもしれないけれど、4日間と5日間のレンタル料金が同じだったので、あれば便利だし。反対車線の運転は彼に任せて私はナビ専門と言うことで。


写真とホリデー期間のブログは後でまとめてアップします。


やっぱり日本に来ると食べまくりの日々になってしまう。季節の美味しいものがありすぎて、そして季節じゃなくても美味しいものがありすぎて、本当に2週間じゃ食べきれない。
10年以上も会っていなくて、しかも4−5年前からは音信不通になっていた友人と本当に久しぶりにしかも日本で再会した。実は二人ともロンドンに住んでいるのに、たまたま同じ時期に日本に来ている事がわかって、もうなつかしいやら嬉しいやら、初めて会った30年前に戻ったようにおしゃべりがはずんでしまった。おいしいお蕎麦を囲みながら、、、
DSC_0903

灯台もと暗しで、地元の老舗店で食べるのも本当に久しぶり。新そばの季節、それに季節のきのこの天麩羅もつけて私としてはちょっと贅沢なランチ。

今回は妹のごり押し、いや、強いお薦めで、人間ドックにいってみる事にした。もう15年くらい前、一度だけそれらしい検査に行った事があったけれど、なにせ年と共に体の変化を実感せずにはいられない今日この頃。病院でのドックは初めてなのでちょっとドキドキしながら行ってみる。

本当に日本って、凄い!!もう最初の受付から最期まで、なるべく時間の無駄がないようにスムーズに事が運ぶ。もちろん多少の待ち時間はあるのだけれど、各部署間に連結がすごくスムーズ。なんとこの病院、もう30年以上も前に一度だけ外科で外来に来たことがあったのだけれど、その時の診察番号がまだあったことが判明。イギリスのNHSとは雲泥の差だわ〜〜

ドックの後は病院内のレストランへ。場所はオフィス街でランチタイムは滅茶込みだし、8階のレストランからは眺めが良いのと、ドック受診者は1割引きになるのいうので、本館の8階にあるレストランへ。

いや〜〜、ここが病院の中だという事をすっかり忘れてしまう落ち着いた場所だった。そして目の前に懐かしい東京タワー!
DSC_0904-921x1637

私の実家からも昔は東京タワーがきれいに見えた、ほぼ全身、この写真に近いくらいに(もう少し距離があるが)上から下までキッチンの窓から見えていたのだけれど、今はもう立ち並ぶビルに完全にふさがれて全くみえなくなってしまった。だからこの構図でみる東京タワーは本当に懐かしい 新しいスカイツリーも良いけれど、私にとってはやっぱり東京タワーが故郷だ。

今回で初の一人ランチは、これまた病院内とは思えないメニュー。前の晩以降何も食べず、水すら飲まずにドックにいったので、健診途中でかなりお腹がすいてきたのだが、バリウムを飲んだら一気にお腹がいっぱいになってしまったので、ここは軽く、ライムギパンのオープンサンドイッチ。でもそうとは見えない出来栄えで、すごく美味しい!
DSC_0907-1638x921
パンの上にベーコンとサラダが乗っていて、トップには温泉卵。重すぎず、丁度良くてドレッシングも美味しかった。

まだまだ続く連日の友人とのランチ。これが楽しくて毎年来るのだから、多少の体重増加は見て見ぬふりをしてしまおう。

今日は連休初日。なんと、おととい会った友人だけじゃなかった

ロンドンに行ったばかりの頃に知り合って(同じ所に住んでいた)、一緒い遊んだ友達4人と本当に久しぶりで集まった。個別には何度かあってはいても、4人が一緒というのはなんともう20年ぶりくらい。(いや、もうちょっとか??)本当に話はつきない。人生はいろいろある。あの頃は若くてまだ学生で、何にでもワクワクして、毎週末遊んで、困った時は助け合い、ロンドンでの青春を謳歌していた。今集まって本当に尽きない人生話、そしてこれからの老後設計、、、
楽しい。私の人生の本当に楽しかった時代を共有した友達と、こんな風にまた集まっておしゃべりできるという事に本当になんだろう、、、感謝?の気持ち。うん、ありがたいね、人生は。

DSC_0922-1024x576

お昼に会って一日過ごして、なごりおしくて夜も軽く居酒屋へ。第一、4人のうち3人はロンドンに住んでいるのだ。向こうにいても滅多に会えないし、中の一人とはここ4−5年音信不通になっていた。やっと連絡がついたと思ったら、丁度同じ時期に一時帰国しているという、、、このタイミングで4人が日本で会えたという事がすごいよね。だから人生は面白い。これもまた何か意味があるのかな〜と思う。

DSC_0923-576x1024

おばさん達がすっかり20代に戻ってしまったようなひと時だった。そういえば皆変わってないよ。もちろん其々の人生、いろいろあっての今なのだけれど、合った瞬間から皆の顔が一気に若返ってしまった。初めての海外で助け合って頑張ったからね。ほんと、よく遊んだし。こんなひと時があるなんて来る前まで思ってもいなかったよ。

ほんと、人生ありがとう


どんなにこの日を待っていたか、、、これを楽しみにこの数カ月ひたすら働いたようなもの
やっぱりまだ暑いわね、東京は

またしてもBAの低サービスにやられてしまったわ 2回の食事はひどかった

最初は「パスタかカレー」というのでカレーにしたら、ご飯がひどくて食べられたもんじゃない 仕方ないから一緒に付いてきたロールパンをちぎってカレーに浸して食べた。デザートのチョコレートムースは初めは手を付けないつもりだったけど、(私はチョコレートが好きではなーーい!)ほんのお小皿程度のカレーと小さなパンじゃ持たないと思ったので、一口食べてみた、、、よせばいいのに、、、 結局一口でギブアップ。

そして最初の食事から着陸寸前の朝食まで8時間、いっさいの軽食やスナックは無し。これは去年の例で覚悟はしていた、でも機体後方のギャラリーにも、お水とジュース以外何も置いてなかったよ、、、

丸8時間経ってようやく出てきた朝食、これも失敗
イングリッシュブラックファストかオムレツ」という。実は有名な本来のイギリス式朝食にはトマトソースに浸ったビーンズがついてくる。そして焼きトマトも。トマトは好きだけど焼いてあるのはちょっと苦手、そして私はこのBaked beansが苦手だ。なので、「オムレツ」を頼んだら、、、、
なんというトリック!! これは「English BreakfastかVegitalian breakfastか」という選択だったのだ。そしてイングリッシュのほうには卵、ベーコン、ソーセージが付き、ベジタリアンのほうに焼きトマトもビーンズも入っているのだ。いつもは英国人のクルーだったのが、今回は私の列は日本人のクルーで,彼女のメニューの説明はあきらかに不明確だったわ。これは後でBAから来ていたアンケートのメールに書いておいた。

羽田からは家までは簡単、30分程で帰れる。両親と話しているうちにだんだんお腹がすいてきて、機内での食事が両方とも半分しか食べられなかった話をしたら、なんと父がお昼にお寿司をとってくれた

DSC_0899-1638x921

宅配のお寿司なのに、かなりのクオリティー。初日から嬉しいスタート
時差ぼけ対策には、機内で少なくとも2時間、できれば2時間半くらいウトウト寝るのがコツだ。少しずつでも、合わせて2時間ちょっと寝られると、調整しやすい。そして着いた日はどんなに眠くても夜の11時までは頑張る

今回も昼間にネイルとマッサージの予約をしておいた。ネイルの間はおしゃべりしながらだったので何とかなったけれど、足裏と全身のマッサージでは何度も寝落ちししそうになった。でも足がパンパンにむくんでいたので、生姜パックでの足マッサージでスッキリ。ここは3回目なのだけれど、施術してくれるのはみんな中国の人で、とても上手い。

今回のネイルは少し大人しめに秋色で仕上げてもらった。ネイル屋は実家のエリアは激戦区で、10件程もあるけれど、感性が合う所を探すのって意外と難しい。ヘアサロンと同じで、やってくれる人がこちらの容貌を同じような感性で把握してくれると、とても気に入ったものに仕上がるのだけれど、「う〜ん、ちょっと違うな」と思うとなかなか難しいのよね。今回の人は結構ちゃんと把握してくれて、サンプルの色を変える時も微妙な違いを理解してくれた。
DSC_0902-921x1637

さーて、今回も毎日ランチの約束や遊びの予定が詰まっている。みんなとの約束がジグソーパズルのようになってきて、昼夜と別口の日も増えてきた。両親のダイヤモンド婚のお祝いもあるし、盛りだくさんの2週間が始まる


ちなみに日本語だとマヨルカ島と呼びますが、英語表記だとMallorcaMajorca があって、本来のスペイン表記はMallorca。でもバレアレス諸島をまるでイギリスの植民地のごとく、あちこちのビーチリゾートで飲み歩き、踊り回っては朝からイギリス式朝食を出すバーに入り浸るイギリス人ツーリストにとっての呼び名はMajorcaらしい、、、

散歩の合間に見つけたもの、レストランの横側の壁にこんな絵が、、、ハシゴは偶然じゃなくて、意図して立てかけてあるのかな、、?
DSC_0767

メインスクエアーのバーはもちろんリゾート地でも一番値段が高いのは当たり前。でもこのバーは雰囲気が気に入って(オーナーのおじさんがちょっとマッド、、)何度か通った
DSC_0815

店中の時計の文字盤が反転してるのに加えて、なんとトイレが、、、約10秒毎に照明の色が変わり、こんな水玉がグルグル回ったりするので、なんだか落ち着かない••••• おまけにこのトイレットペーパーホルダー、5つもあるんだけれど、一番上にはとても届きません!!
DSC_0811

でもここのバーのカプチーノが一番美味しくてカップも大きくてクリームたっぷりで、おまけに必ず小ぶりのマフィンが一緒に付いてくるのだった。(お代わりしてもまたマフィンが付いてくる)

DSC_0816


ビーチで文字通りの「砂の城」を作っていたアーティストのおじさん。かなりの手の込みようで、リアルだった。後ろでバケツも持っているのが作者のおじさん。写真だけ撮って知らん顔はないだろうと思って2ユーロ置いたら、とびきりの笑顔でThank you! って言ってくれた。

P1010376

アルクディアの街からビーチまで歩く間にあったササボテンが花満開で、去年テネリフェで見たときに「自然のサボテンの花は初めてかも」と思ったけれど、去年のよりずっと大きくてなんだか取って食われそうな勢いのある花だったので思わずアップで撮って見た
 
P1010404

Cala Boquerまでのハイキングの途中で出会った巨大な岩、私たちは「お化け岩と名付けた。よく見ると顔が見えて、ちょっとゴーストバスターズを思い出したので。 お化けというか、なんだか仙人のようでもあり、なかなかのキャラだったわ、この岩、、、、

というわけで、ちょっと短めだったけれど、初夏の地中海はやっぱりいいなあ〜〜。この島にはまた是非来たい。特に今回泣く泣く断念したSoller行きの130年来の電車の旅、次回は必ず行くぞ!!

それにしてもイギリスに戻って来たときのこの気温差がなんとも悲しいこと、、、、、 


やっぱり車を借りればよかったかも、、、道は運転しやすそうだし、島の大きさから見ても8日の間に一通り全体のエリアをカバーできそうだった。でもまあいいか、それは次の機会に、、、

ということで、滞在したポイェンサから近いところでAlcudia(アルクディア)へ行ってみた。
マヨルカ島の北側のアルクディア湾は島で一番大きく、ローマ時代にはここから内地に少し入ったところにPollentiaという街が作られ、この頃の遺跡が少しながら残っている。
P1010374

やがてpollentiaは(Pollensaとは違う)外からの侵略で打ち捨てられてしまうのだが、12〜13世紀に新たにアルクディアの街が作られた。ちなみにポイェンサ同様、海岸のリゾート地はpuerto de Alcudia,そして旧市街はAlcudiaと区別されているが、こちらは2マイル程の距離なので歩くことにした。Alcudiaの街は城壁で囲まれ、14世紀半ばには現在も残っている形になったそうだ。アルクディアの街まではポイェンサからバスで15分。海岸沿いを走るルートでとっても景色が良い。カイトサーフィンをしている人たちが沢山いる。
DSC_0769
市街地の入り口はSt.James教会。もっと静かかと思っていたら、この日は土曜日だったせいか、地元の小学生たちも来ているようだった。城壁で囲まれた旧市街は石畳で気の向くままに右へ行ったり左へ曲がったりしながら散策できる。
DSC_0782
Pollensの街はもっと山側だったけれど、ここは海岸から近いので町並みは古くてもなんだか明るい。入り口付近はレストランやカフェもあってなんだか土曜日の人混み、、という感じだったけれど、歩き回るうちに人がばらけて来て、少し待てば誰もいないうちにそこここの街角でシャッターチャンス!
P1010358
扉や窓の形や色合いがなんとも可愛らしくて、だんだん写真撮りに熱中してしまった。城壁の上を歩くこともできて、ここからの景色も良いそうだけれど、私たちは街中だけを歩いて一休み。
P1010361
軽くお昼を食べてから、最初の写真の旧ローマ市•Polletiaの脇を通ってブラブラと歩くと、30分ちょっとでPuerto de Alcudiaに着いた。このPuerto de AlcudiaからCan Picafortというエリアまで、延々と真っ白な砂浜が10キロ近くも続いている。いくつかのリゾート地が出来上がっていて、小さい家族連れにも人気のエリアだ、真夏にはこの浜が人で埋め尽くされるというのも解る。本当に眩しいくらいの白い砂浜に青い海。私たちはPuerto de Alcudiaのメインエリアとハーバー側だけをブラブラして見た。
P1010386


ビーチはとても静かだ。大きな音楽をかけている人やギャギャー騒ぐ人もいない。フリスビーを楽しむ人達くらいか、、、、リゾート地としては建物の感覚や道路が広々としていて、なんだか落ち着いた

ポイェンサもアルクディアも観光散策だったので、次の日にはちょっと山間を歩いてみることにした。アパートを出てから20程も歩くと、二つの山間を抜けて小さなビーチに抜けるハイキングコースがあるというので事前にチェックして見た。距離は片道で3キロ程、とあるので、往復しても半日だ。まあ市内歩きよりはちょっと時間がかかるかもしれないけれど、、、?

P1010389
山というよりはちょっとゴツゴツした岩肌で、道は歩き易い。日曜日なので結構人も多く、時間的にもみんな半日ハイキングのつもりで出て来たのだろう、遠足のように人が途切れないのがちょっと計算外だったけれど、まあ景色を楽しみながら歩く。サンダルで来てる人もいたけれど、あれでは途中からは無理だと思うよ、さすがに、、、、
P1010402

岩肌には鳥の巣も多いらしく、バードウォッチングに来ている人たちもいた。「あそこにハヤブサがいるんだ」と言って待っていたおじさんは、もうしょっちゅう来て様子を見ているのだろう。歩いているとかなり暑くなって来て、帽子を持って来なかったのがちょっと後悔、、、気温より日差しがきつい。日焼け止めをしなかったので、あっという間に服のラインで結構焼けた。
45分くらい歩いたところで目の前に海が見えてくる。ここがcala de Boquerという小さな海岸。
P1010394
ここからはちゃんとした道があるわけではなく、なんとなく草をかき分けてできた線をたどりながら反対側へ回るもよし、頑張ってビーチまで降りていくもよし、という感じ。沢山いた人達もここからは思い思いに歩くうちに「あれ?みんなどこへ行ったの?」と思うくらいバラバラになる。私たちはビーチまでは降りずに高台から景色を楽しんで戻ることにした。ところがここから元来た道になかなか戻れなくなってしまって(方向はわかるのだけれど、道に戻れない)実は結構焦ったのだった、、、ちょっと不安になって来た頃、後から来た人達の姿が見えて、やっと元のルートに合流。歩き始めてから戻るまで2時間半くらいのちょうど良いハイキングになった

島の西側はトラムンターナという山脈地帯で、サイクリングもトレッキングもかなり本格的なコースもあるし、鍾乳洞の洞窟なんかもあるそうなので、本当に是非また来たいね


 


行ってきました、マヨルカ島。イギリスに住んで30年以上も経って初めてのバレアレス諸島。なんとなく今まではイギリス人が大騒ぎしに行く所、みたいなイメージがあったのだけれど、それは一部のリゾート地の話で、調べてみると、マヨルカはいろんな歴史を持つ面白い所だという事が解った
島の中でもどこのリゾート地にするか、というのはいつも時間をかけて探す。今回も2週間かけてあれこれと調べて、島の北側にあるPuerto de Pollesaという所に決めた。
P1010322
今回は早朝のフライトだったので、お昼過ぎにはもう着いてしまった。アパートは中心地からは15分ほど歩く距離で、ここも散々調べて決めたのだけれど、キッチン付きのアパートは広くてバルコニーも大きい。Basic&Cleanが私達の基準、そしてスタッフがみんな本当にフレンドリーで優しい
まだ真夏ではないものの、日中は25-26度で日差しがジリジリと焼けるように熱い。これはやっぱりイギリスでは体感できない空気だ。そして何より眩しいのなんのサングラス無しでは3分も歩けないくらい、明るさが別世界!ビーチまでのんびり歩いて行く。今の時期はまだハイシーズン前なので、バーやレストランもどこもゆったりしていて、それでいていい感じに賑わっている。
P1010323

 このPuerto de Pollensa(ダブルのLはイェと発音するそうでポイェンサ)を選んだ理由の一つが、大型の高層ホテルがないという事だった。ホテルやアパートメントは高くても4階くらいでなんとなくプライベートアパートメントの感覚だ。ハーバーからはパイン並木のプロムナードが続き、レストランやカフェが並んでいる。実はこのハーバー側はビーチ側に比べると明らかにアップマーケットで、お金にゆとりのあるリタイヤ夫婦らしき人たちで溢れている。ヨットの持ち主ですか、、、?
小さなリゾートなので直線で10分も歩くともう街はずれ。あとは延々と砂浜が伸びている。裏道を何本も抜けてメイン通りじゃない所に密かにあるローカルなお店を見つけてみたりするのも楽しい。
P1010325
メインのスクエアーでは水曜日にマーケットが出ていた。この広場と周辺の道一帯にいろんなスタンドが出て、新鮮な野菜から偽ブランドの洋服や土産物等、この日はツーリストもローカルもみんなやってきていて賑やかだった。ホリデーに来ているのはイギリス人の他に、オランダやフィンランド、ドイツ、ロシア、、といろんな人に出会った。そしてここに移住して住んでいるイギリス人も多く、すっかりローカルになっている。旅先でいろんな人とひと時の会話をするのは楽しい。

今回この島に来て一番驚いたのは、なんとサイクリストが異常に多いという事。それもかなりシリアスな、全身ギアで身を固めたサイクリスト達が4-5人、あるいは10人ほどもグループで飛ぶようにサイクルレーンを走り抜けて行く、、、、自転車に乗った人を一人も見ない間隔はおそらく1分も あるかどうか、、??
アパートにもサイクリストのグループが何人も泊まっていて話をしてみたら、クラブに属している人たちも多く、アマチュアのロードレースもあるそうだ。島全体で平坦なエリアと山間のハードなコースがあって、気候的にももってこいなのだとか。中にはトライアスロンの選手でトレーニングに来ているという人もいた。ホントに、Tour de Mallorcaという感じだ。そういえば、道路もきっちりとサイクルレーンが作られていて、よく整備されている。

Perto de Pollensa(Puertoは英語のPort)は海沿いのエリアのことだけれど、本来のPollensaという街はもう少し内地にある。古い歴史のある街でバスで15分程なので、ここを訪れるのもポピュラーだ。今回は車を借りなかったので、ローカルバスで行かれる範囲に絞って行動する事にした。

Pollensaの街でも特に旧市街(Old Town)は石畳の狭い道にお店やカフェがあり、道を歩くだけでも風情がある。
P1010350
そしてPollensaに来たら挑戦するようにといろんなところで聞いていたのが、メインスクエアーから365段の階段を登ってカルヴァリーという小さなチャペルを訪れる、というもの。カフェやレストランの並ぶスクエアーはいかにもツーリスト用という感じだけれど、とにかく頂上を目指す。
P1010338
遠くに小さく見えているのがカルヴァリー•チャペル。実はこの365段、一段の高さが低いので、思ったほどきつくはない。そして途中で振り返って景色を見たり、ちょっと座れるスペースもあったりするので、個人のペースでゆっくり登ればお年寄りでもいけるかも••• 流石に途中でかなり暑くなって来たけれど、チャペル周辺からの景色は素晴らしく、頑張ったご褒美に値する。ただ、登ったものはまた降りなければならない、、、、でも景色を見ながらゆっくり裏道を抜けたりもできるので、来た道と同じ道を戻らなくても別の楽しみがあるのでした、、、
P1010344
今回は8日間だけだったから遠出もせず、さらっと流した感じのホリデーだったけれど、もう少しゆっくりとポイェンサの街を堪能したかった。夜に来るのもまた違った雰囲気なんじゃないかな。
海岸側とオールドタウンの二つのPollensa、このエリアを選んで大正解でした
 


あっという間に帰ってきてしまった、、、、 そうそう、帰りのBA便、前にも増してサーヴィスが悪くなってたよ、、飛んだらすぐにランチが出て来て、飲み物のサービスは食事と一緒に、、みたいな感じ。そして何と!その後9時間もの間、スナックや軽食は一切無かった さすがに皆途中でお腹がすいたようで、カップラーメンをすすっている人やプリングル(ポテトチップス)をお金出して買ってる人も、、、、あれはないよ〜〜!普通は免税品の機内販売とかもするのに、それも無し。いや、販売はしてるみたいなので、欲しい人は自己申告して買うという感じらしい。もうどんどん嫌いになっちゃうBritish Airways、、、、

さて、今回は東京でいつもと違うエリアへ足を伸ばしてみた。東京育ちとは言っても、やっぱり山手線のある一角はほとんど足を踏み入れた事がなかったりするのだ。
そこで、今回は谷中へ行ってみました

実はなんで谷中かというと、少し前にNHK Worldでやっていた番組を観てほとんど初めて知った。どこぞの国の駐日大使が谷中を歩く、、という番組で、「おお、、行った事なかったなあ〜〜、行きたい!」と思っていたのだ。 

友人と11時半に千駄木で待ち合わせてブラブラと谷中銀座
DSC_0712
入り口には招き猫。実は谷中散歩は日暮里側から紹介されているものが多いのだが、私たちは千駄木から出発。まず入り口近くのお店で食べ歩き第一弾、メンチカツをば、、、
20130715211651
カリッカリの外側で、中はジューシーなメンチカツ。ソースはなくてもしっかり味がついてる。本当は他にもいろんなコロッケなんかがあって、もっと食べたい気もしたのだが、食べ歩きはやっぱりちょこちょこといろんなものをつまみたい。

少し行くと「しっぽや」というドーナツやさん。NHKの番組で見てチェックしておいた。猫のしっぽという事でいろんなクリームの入った棒状のドーナツ。私は新商品だという、「茶々」=紅茶クリーム入りにした。
DSC_0718

この棒状の太さが丁度食べ歩きにはぴったり。中のクリームも重くないからぱくぱくいける。これも本当は2−3本食べられそうだった。
谷中銀座は思ったより短い通りだ。初めてなのでキョロキョロ見ながらまず夕焼け段々まで歩いて、もう一度戻ってみる事に。この夕焼け段々と呼ばれる坂の周辺には猫が多い、と聞いていたのだけれど、実はこの日は1匹も見かけなかったのでした。ちなみにお昼時なので、夕焼けも見えません、、、

DSC_0720

この後もう一度戻りながら天ぷらや蓮のはさみ揚げ等、食べ歩く。地元で働いているらしい人達は、観光客とは別の列でお弁当を買って行く。食べ物だけでなく、小さな個性のあるお店が沢山並んでいて、2−3往復しないとちゃんと見られないかな、、
とりあえず食べ歩きの締めはやっぱりアイスクリーム。
IMG_20161016_013209
普通はソフトクリームに付いてくるのはワッファーだけど、 小さな猫を型取ったカスタード入りのミニどら焼きが添えられていた。ここ「招き屋」の猫型のどら焼きは「福にゃん焼き」というそうだ。本来はちゃんとあんこの入ったどら焼きを焼いているのだけれど、何せ私はあんこが嫌いな人間なので、抹茶のソフトクリームを頂いた。結構満腹。千駄木近くへ戻っていかにも昭和な喫茶店でアイスコーヒー。椅子に張られたビロードがいかにも古い感じ

谷中、根津、千駄木を総称して「谷根千」というらしい。ブラブラと根津神社まで歩く。赤い鳥居の列で有名だけれど、一度も来た事が無かった。
DSC_0731

 もっと裏道とか上野方面まで行くという手もあるみたいだけれど、とりあえずは午後の数時間散歩という言う事で、丁度良かったかな。
いつもは来ない反対側の東京。まだまだ懐かしい匂いのする場所があるんだね。うん、素敵です、文京区


DSC_0644

テネリフェホリデー第二弾は山編です

この島にはPico del Teide=テイデ山という大きな火山があり、高さも丁度富士山と同じ位(ちょっとだけ富士山の勝ち)で、頂上の突き出し具合の形も富士山に似ている(写真の最後方)。前に隣のグラン・カナリア島に行ったときに、飛行機の中から見えて、そのときの角度から見たこの山は、富士山にとてもよく似ていて懐かしくなった。テイデ山とその周辺は世界遺産に登録されている。 見る角度によって形は変わるけれど、雲の上に頂上がぽっかり出た様子は本当にテネリフェ富士と名付けたい

滞在したのは海辺だけれど、この島は山が多いので、ウォーキングにも最適だ。バスで30分も行けばどこからでも気軽なハイキングや本格的なトレッキングが楽しめる。あまり無理はしたくなかったけれど、行ってみたかったのがMascaという所。ここは70年代に道路が通るまではほとんどアクセスの無かった山間の村で、現在でも村の人口は100人に満たない。最近ではここからMasca gorgeと呼ばれる峡谷を下って下の海岸まで降りて行くコースがツーリストの人気になっている。でも今回はこのトレッキングは無しにして、(ものの本では歩く人のレベルによって所要時間2時間半から4時間となってる)とりあえずMascaの村に行ってみたかった。そこからの景色が絶賛されていたので、、、、

最初のバスは30分程でかなり山を上り、バスを乗り換えたら15分程でマスカに着く予定だった、、、が、予定は未定、、、なんと!!私たちは2時間に1本の二つ目のバスにタッチの差で間に合わなかったのだ 最初のバスを降りる所を一つ間違えて、(バスは降りる所が解らないのがミソ)歩いて戻っているうちに、行ってしまった、、、マスカへ続く山道を上っていくバスを呆然と眺めながら、とりあえずカフェでお昼を取って、次のバスを待つよりも、いっそマスカまで歩こうという決断をしたのだった。山を一つ越えることになる。 
DSC_0599
こんなジグザグした道をテクテクと延々登っていると、車やコーチ(トレッキングに行くツーリストだろう)の人達は皆「何でこいつらは歩いてるんだ、、、??」と言わんばかり。直線距離なら 2キロも無いくらいなのに、クネクネクネクネとヘアピンカーヴが続くものだから、あそこに見えてる村まで辿り着けない・・・・。それでも景色は抜群で登りきったご褒美といえる。初めて天然に咲いてるサボテンの花を見た。今まではどこかのガーデンや植物園でしか見た事なかったよ。

DSC_0601

結局山越えには1時間45分かかって、マスカに辿り着く。山に挟まれた小さな村。渓谷の向こうに海、そして海の向こうはLa Gameraという島が見えて、これぞ歩いた甲斐があったというもの。それでも次のバスを待つより早く着いたからね〜〜。

DSC_0610
 
本来はマスカでちょっとゆっくり時間を使いたかったのだけれど、バスで15分の予定が歩いて1時間45分になってしまったもので、着いたら帰りのバスまで45分しか無い とりあえずはお茶をして、後は村を少しだけブラブラして景色を楽しんだ。まあ、ゆっくり回っても村だけなら1時間で足りただろうから、これも良しとする事にした。峡谷トレッキングはしなかったけれど、充分歩いたし、それだけでかなり日焼けしてしまったよ・・・・

眺めの良いカフェでのひと時は別世界だった。ちなみにテネリフェでは「カプチーノ」を頼むと泡の立ったミルクじゃなくてクリームが乗ってくる。
DSC_0635

これって日本だと「ウィンナーコーヒー」と呼ばれる代物にそっくりなのだが、、、、このあまり甘くないクリームの下は濃〜い エスプレッソで、ほのかな甘みとコーヒーの苦みが絶妙なのだ!!ご当地ビールのDoradaと共に私の日課になってしまった

海も山も楽しめるテネリフェ、ローカルバスの時間調整にかなり苦労したけれど、また次に来る事があったらもっとあちこち行きたい所が沢山ある。 今回は西側・南側中心に行動したけれど、首都のSanta Cluz周辺や北の方にも行ってみたいし、テイデ山を囲むエリアにも是非行きたい 今回滞在したアパートがあまりにも気に入ったので、また同じ所でもいいな。 

リタイアしたイギリス人が繰り返し訪れるというのが良く解る。 そういえば、空港で驚いたのが、車いすや歩行が困難な人達をサポートするスタッフが異常なくらい多いという事。黄色い車椅子マークの付いたTシャツを着たスタッフが空港のどのエリアにも沢山いて、常時走り回っていた。こんなに充実したサポートのある空港は初めて見た。山が多い島なのに、リタイアしたお年寄りが沢山訪れる(あるいは移住する)のも、こういうサポートがあっての事が、、、と妙に感心してしまった。

イギリスに戻ってみたら、なんと私達がいなかった間には雪まで降ったらしい。朝晩の気温は4-5度という事で、帰った日も風が強くて寒かった〜〜〜。日焼けした顔で歩いてるのがなんだか間抜けっぽい。それでも今週は週末に向けて気温も24-25度まで上がるらしいから、丁度良い時に行って戻ってきたよね!

↑このページのトップヘ