見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

カテゴリ: 旅の話


毎回日本に来るたびに言っているけれど、本当に毎日食べまくっている。

DSC_1335-1843x1037
今回は連日のランチがバラエティーに富んでいて、和風定食、フレンチ、中華、タイ、お好み焼き、

DSC_1328

お寿司、お蕎麦、天婦羅, パエリア、、、となんだか全部を食べ尽くしている感じだ。

DSC_1336-1843x1037
もちろん友人達とのおしゃべりはどんなデザートよりも特上で、あっという間に毎日が飛ぶように過ぎていく。気がついたらあと3日かしか残っていないなんて、、、!!さすがに今日はちょっと予定なしでお腹を休めて、一人でぶらぶらと持って帰りたいものの買い物をしなくては。安い服や靴はあれば欲しいけれど、見ているときりがなくて、日本の涼しげな夏服も実際に向こうに帰るとあまり着ることがなかったりする。(真夏日の気温になる日が少いので)で、結局買わないで帰ってきちゃって、それでもまだネットショップとか見てしまうのだった・・・・・

久しぶりの一人ランチは近所のファミレスへ。でもお昼時はやっぱり結構混んでるね〜。日本のレストランやカフェは結構空間がある。どんなに混んでいても基本的にテーブルをシェアすることは無いし、テーブル間に程よい距離があるので、混んでいても窮屈な感じがしない。それにしても皆さん、バッグやパソコン・携帯を置いたままトイレに行ってしまうのは、どうしてもハラハラしてしまう。でもこの良さを無くして欲しくないな。日本はやっぱりいつでもレストランやカフェで物を置いたままトイレに行かれる国でいて欲しい。

DSC_1337-1843x1037
ちょっとさっぱり目の「鳥と野菜の黒酢煮」。ご飯は半分残してしまった。
さて、穴場の武蔵小山をブラブラしたら今日は家でのんびりして、明日も昼、夜とスケジュールが入っている。でも残り時間も少なくなってきたので、無駄にはできない。会える人には会って、美味しいものを食べて、また来る日まで堪能しなくてはね。あ〜あ、早くリタイアしてこっちに戻ってきたいよ〜〜、、、といつも日本に来ると言っているのだった。


 


平日に3人で箱根湯本へ日帰り温泉に。いつもいわゆるスーパー銭湯のような処にはよく行くメンバーなのだが、今回はちょっとゆとりの一日を、という事になった。本当は一泊したいところだけれど、みんな仕事もあるし、やっぱり泊まるとなるとお金もかかる。2週間日本にくるのにお金を使い果たしているので、ここは日帰りという事になった。

茅ヶ崎の友人のところからは車で箱根湯本まで約一時間のドライブ。お天気もよくて温泉日よりだ。向かったのは箱根湯本駅から少し山の方へ入ったところにある「湯の里おかだ」ここは宿泊施設と日帰り施設の両方があり、さらに日帰りでも部屋をとることができる。今回は部屋とランチ込みでの日帰りコースを予約しておいた。

DSC_1316

駅周辺のざわつきから少し離れて回りはとても静か。平日のお昼前とあって、お風呂も私たちの他は1ー2人しかいなくて、もう最高!!もちろん休憩場所はあるのだけれど、他の人の事もあるのでしずかにしていなくてはいけないのが常識。でも個室に入るとまどからの眺めもよく、畳の上にゴロゴロしながらおしゃべりに興じることができる。

DSC_1318
のんびり一風呂あびた後にランチ。4つのコースから選べるプランで、私は牛丼のランチを。
DSC_1319
彩りも美しく、とても美味しかった!休憩エリアはマンガ室があったり、マッサージチェアがなんと無料なのが嬉しい。一回300円くらいかな、と思ってみると、お金を入れる場所がない!!スイッチを入れるとすぐに使えてこれがなかなか強めのいい感じのマッサージ。そのあとはデッキチェアでちょっとうたた寝、、、、(15分くらい)

午後のお風呂は日も照ってきて、午前中とはまた違った風情の中、またも露天のお風呂でのんびり。すっかりくつろいで再び部屋へ。ごろごろするうちに5時近くなっておひらきに。部屋は11時から5時までキープできるので、日帰り温泉にはまさに最適。

そして、茅ヶ崎まで戻ったら夜はカラオケ!!
今回のカラオケはなんと、「ミュージカル縛り」まあ、このメンバーは昔の劇団仲間なので、懐かしいミュージカルの数々の歌を歌いまくり。(うちの劇団はミュージカルをよくやっていた)途中で宝塚の舞台の歌からなぜか「ベルサイユのばら」になり、そこから一転してアニメソング縛りに。普段は歌わないような歌を2時間半歌いまくって一日を堪能した。

楽しい時間はあっという間だね。余裕があったら「次は泊まりで行こうね」といつも言い合うのだけれど、う〜ん、リタイアするまでは難しいかなあ〜〜






覚悟してきたのだ、、、なにせ6月に日本にいくのはもうかれこれ30年ぶりくらいだからねえ〜〜。ずっと避けていた「日本の夏」。だって暑いだけじゃなくて、ジトジト・ベタベタするし、体力奪われるし、蚊がいるし、、、
10日ほど前はもう全国30度こえてたから、「まずいなあ〜〜」と覚悟してきたのだけれど、、、
まあいいんじゃない?確かにジトジトするけど、想像していたよりはずっとらくだ。リゾート地に行くホリデー用の服しか30度に着られる服がなかったので、友人たちとのランチ用にユニクロで着回しできる安い服を購入。まあ、仕事にも着られるしね。日本の夏服は安物でも着やすいわあ〜。

さて、いつもなら真っ先に文句と一緒に載せるブリティッシュエアウェイズ(BA)の食事が向上していた。来るときはエコノミーなので、「今度はどんな代物をたべさせられるやら、、、)とかまえていたのだけれど、これが結構美味しいのでした。照り焼きチキンも柔らかかったし、クスクスのサラダが美味しかった。着陸前に出た朝食のオムレツがほうれん草たっぷりで、私の好きな味付け。もしかしたらあちこちから文句がでて改善したのかも、、、?

個人的な思い入れが多すぎるので「観なくていいかな」と思っていた「ボヘミアン・ラプソディー」を機内でやっていたので、観た。あまりにも、観た人観た人みんなが「凄く良いよ」と誉めまくるので、、、、うん、凄く良かった。ありきたりのドキュメンタリーものではなく、ひとつの映画として良い作品に作られていて、これはやっぱりブライアンとロジャーが監修したからこそだね。正確には時間的に前後している部分が何ヵ所かあって、それについてはブライアンも何かのインタビューで言っていたけれど、それで話を分かりやすく、映画として成り立つように構成されていた。

歌も演奏の大部分も役者たちが再現したそうで、このクオリティーもものすごく高い。最後のLIVE AIDの再現シーンは圧巻だった。当時を生で覚えている身としては鳥肌もんでしたよ。フレディーがみたら、苦笑いしながら、それでもきっと拍手を送るだろう。観て良かった。

もうひとつ、自分でKindleに落としておいたのが、「The Ice King」。これは1976年の冬季オリンピックで金メダルをとったフィギュアスケーター、John Curryの映画で、こちらは実際の映像やインタビューを元に構成したドキュメンタリー映画だ。彼もフレディーと同じように、第一期エイズ感染組で亡くなった人だ。彼が金メダルを取った時の黄色と茶色のコスチュームの演技はかすかに記憶の端にある、、、?でもあの当時はフィギュアスケートなんて、世界選手権とオリンピックくらいしかテレビで観る事はなかったので、彼がそれ以降にたどった人生の事は知らなかった。「90年代前半にいかに才能ある人たちが次々とエイズの犠牲になったか」という話題で彼の名をもう一度ちゃんと聞くことになるまでは、、、スポーツであるフィギュアスケートをバレエの様な芸術舞踊のレベルに引き上げて、ヨーロッパ、オリンピックのチャンピオンになった。今映像を観ても本当に美しい。エレガントだ。

同時期(前後5年くらいの間)に亡くなった才能あふれる人たち、、、まずその前に、80年代になって耳に入ってきたエイズという恐ろしい病気は当時は原因も感染経路も解明されておらず、「とにかく感染したら死ぬ」という恐怖映画のようなミステリーにみちた謎の恐ろしい病気だった。特に「ゲイの男性の間で感染が拡大」という事で、ますます謎は深まった。私が最初に驚いたニュースは当時巷のコアなファンに大人気だった「スネークマンショー」で怪しいカウンターテナーを披露していたオペラ歌手にしてニューウェイブのアーティスト、クラウス・ノミの死だった。あれが最初に聞いた「知っている名前の犠牲者」だった。

そして世界中をショックの渦にしたのがロック・ハドソンの死。一気にエイズの認識が広がり、世界中?(すくなくともイギリス・ヨーロッパ・アメリカでは)でAids Awareness がブームになった。数年後にはHIVというウィルスが免疫力を無くさせてしまう事が解明され、感染経路も最初はゲイの人たちといわれていたのが、性別に関係なく感染することがわかり、コンドームの使用が叫ばれ、テレビでもコンドームが堂々と宣伝されるようになった。

でもそれらはすべて、最初の「謎」だった時期の感染者たちには遅すぎた、、、本当に、本当に残念だ。今ならHIVに感染してもエイズを発症せずに10年以上過ごしている人もいるし、治療法もどんどん進んでいる。この開発は本当に早かったと思うよ。でも「彼ら」には遅すぎたんだ、、、、

フレディー・マーキュリー、ルドルフ・ヌレエフ、ジョン・カリー、ジョルジュ・ドン、、ボヘミアン・ラプソディーの映画の中で、当時ラジオでかける曲の長さは3分までなので、6分もあるこの曲をかけてくれる局なんか無いだろうというシーンで、「やってやろうじゃないか」とこの曲を一日に何度もかけたDJ、ケニー・エヴェレットがちょっとだけ登場する。このケニーも実はフレディーから数か月後にエイズでなくなってしまった、、、、みんな40代だったんだよね。もっともっと活躍して、そしてその後をプロデュースなり、指導するなり、後に続くアーティスト達に繋いでいってくれたはずの人たち、、、もう一度改めて合掌、、、、残念だわ、、、、


 

久しぶりに、本当に何十年振りかで神保町に行った。
普段は行かないエリアだけれど、実は高校時代に英会話に通っていたのが神保町だった。神保町といえば本屋さん、特に古本屋さん抜きにはありえない。

高校時代の同級生が神保町で仕事していてエリアに詳しいということで、懐かしい元
校友達と神保町で再会した。古かった建物は新しく建て代わり、目印だった岩波ホールのビルの外観がなくなっていたのでちょっと戸惑う。

連れていったもらったのは大人気だと言うカレー屋さん。
DSC_1236

古びたビルの階段を上がっていくと既に人々が階段に列を作っている。日本人の食に対する情熱はすごいね。20分も30分も並んで美味しいと言われているものを食べる、という根性はイギリス人には無い。

「欧風カレー」というものこそ典型的な日本初のカレーだ。これは昔からの昭和のカレー。インドレストランではまず味わえない。インドレストランで絶対にありえないカレー、それがビーフやポークのカレーだ。インドの人は牛も豚も食べないのでメニューの肉はチキンかラムだ。そこでやっぱり昭和な辛口のビーフカレーをいただくことにする。
DSC_1237

ソースたっぷりのカレーはスパイスが効いていて絶妙なお味!柔らかいビーフが大胆な大きさにカットされていて嬉しい。余計な野菜は入らずに、ビーフ一本。そしてなぜがフカフカのジャガイモがバターと一緒に出てくる。変わっていたのが何故か白いご飯に溶けたチーズがかかっている、、、??

美味しいよお〜〜!!

なんといっても懐かしいのは日本のカレーに付き物の福神漬けだ。(らっきょうというものもあるが、私は食べない)レトロ、レトロ、、、!絶対に「本場」ではお目にかかれない日本のカレー。辛口をおねがいしたのだが、私としてはもっと辛くても良いくらい。でもスパイスとのパンチ具合は素晴らしい。美味しいカレーでございました!

友人の一人が本屋さんで働いていて、中にはカフェもあるというので、行ってみる。ここは児童書専門の本屋さん。最近は本もネット販売で買う人が増えているし、児童書を実際に手にとってじっくりと選べる本屋さんは本当い少ないのだそうだ。表紙や挿し絵のタッチや色合いこそ、子供たちに読ませる本には大切な事なのに、本屋さんでいろんな本を目にして、手にとって選んで買う、という事がなくなりつつあるのは本当に残念な事。子供の頃に読んだ本って、中にあった絵の色合いとか、ず〜っと覚えていたりするものだ。なんだか懐かしい匂いがする児童書屋さんは、心がほっ懲りする空間だ。奥には会議やちょっとしたイベントにも使えるという別室があって、もちろん普段はここでもお茶をいただける。テーブルにすわりこんでのおしゃべりが尽きない。お茶を頂いたカップも可愛かったので、並べて写真を撮ってしまった。

DSC_1239

どうやらこのエリアでは本屋+カフェというのが流行りらしい。でもすごく素敵な空間だ。ロンドンの大手の本屋の中にもカフェがあるところがあるけれど、セルフサービスで、、ガーガーとコーヒーを入れる機械の音がうるさくて、とても「ほっこり」した空間とは言えない雰囲気だったなあ〜。ウェイトレスさんがさりげなく置いてくれるコーヒーが懐かしかった。

懐かしい学校時代の友人たち、みんなみんな優しい心を持った友人たち。紹介してもらった社長さんも素敵な女性だ。こんな風に新しい出会いをさせてくれる時間を持てた事、本当に幸せだなと感じる。人生は人との出会いの積み重ね。今回はネイルをしてくれたYさんも、昨日お会いしたI さんも、とても嬉しい出会いがあった。何かが不思議な縁で新しいものに導いてくれる。こんな小さな出会いが人生をつくっていく。

ホリデー後半は3連続で昼&夜のスケジュール。ちょっと胃が持たれ始めるかも、、、でも残りあと数日、いつもの事ながらこれくらいになるとだんだん焦る、、、、もっと長くいられたらなあ〜


今回のホリデーのおまけ。

泊まったアパートはPuerto del Carmenというリゾートのどちらかというとビーチよりも旧市街(Old Town)に近い所を選んだ。海沿いのプロムナードというのは実はどこへ行っても同じで、延々とビーチに沿って遊歩道に面したショップやバー・レストランが並んでいる。この光景はこれだけだと、もうどこのリゾート地なのか、ギリシャなのか、トルコなのか、イタリアなのか、スペインなのかも判らないほど同じと言ってもいい。レストランの前では客引きのようにお兄さんが立っていて、 いちいち「Hello」とか言ってくるのもウザい。特にうちの彼はこの声かけが大嫌いなので、5分も歩く頃にはキレる事間違いなしなのだ。

だから、地元の人やスペイン本土、あるいはイギリス・アイルランドから移住している人達が普通に生活しているエリアの方が面白いし、カフェやレストランも20年以上ファミリーでやってるようなところが多い。それにしてもアイルランド人が多いのにびっくり。アイリッシュのバーもたくさんあった。

朝食に入ったカフェバーの棚にあった電灯に、何だか見慣れた感じのする絵がプリントされていたので よく見たら東京の街だった。
DSC_1024
よーく近づいてみると、うん、新宿だ。「これ、東京だね、私は東京生まれですよ」と言ったら、カウンターにいたお兄さんが、「日本に行くのが僕の夢なんだ!今ここで働いてるのも、日本に行く為だよ」と目を輝かせて力説する。アフリカ大陸に近いこんな島のバーで、懐かしい新宿通りがプリントされたスタンドランプに出会うとはね。

泊まったアパートは良いサイズのリビングに小さなキッチンが付いていて広めのバルコニー。ベッドルームはシングルが2つで、私としては有り難い。というのも、ホリデーになると彼は11時前には適度に酔っ払って寝てしまう事が多いので、ダブルだと後から寝るときに起こさないようにするのが面倒なのだ。私達のアパートは3階で、バルコニーからは海も少し見える。そしてエレベーターがこれ。

DSC_0998

なぜかあっちゃこっちゃ向いてるボタン達。でもちゃんと機能してるからご愛嬌。

海沿いのリゾート地とは違った、内地の小さな村でちょっと訪れるのに良い所といえば、Teguiseという街(いや、村かな)ここは毎週日曜日に大きなマーケットが開かれるというので、訪れる人は大抵日曜日に行くのだろう。私たちはドライブがてら、平日に一度立ち寄って見た。なんせ、30ー40分で島の半分はいけるのだから、結果として3回くらい通ったことになる。
水曜日の静かな昼下がりがこちら
DSC_1075
本当にだーれもいない、、、お昼に入ったカフェ・レストランは地元の人達のランチタイムようだった。そして同じ場所が日曜日にはガラッと様変わりする。マーケットに訪れる車やコーチ(観光バス)の為に即席駐車場ができていて、普段はどこでもいつでも止められるのに駐車料金を取ろうとする。で、私たちはそれを無視して裏通りに普通に止めた。日曜日のテギース。
DSC_1147
ちなみにこのテギースには不思議な家があった。最初に通ったときにも目に付いたのだけれど、小さな 博物館かな、、?位に思って通り過ぎていた。
DSC_1142
何の説明もなく、普通に家の庭にぎっしりとこんなものが所狭しと並べられていて、彼は「お墓じゃ無いか?」なんて言ったくらい。マーケットに来た人たちも、興味深げで写真を撮っている。実はここはさるアーティストの家で、単純に「The house of the statues in Teguise」として知られているようだ。それにしても奇妙な感じは否めない、、、、

というわけで、今年も夏のホリデーが終わった。次なるは日本行きの予定を組まなくてはね。本当に一年があっという間だなあ〜〜、、、


 


10日間のホリデーもあっという間に終わってしまった。今回は中5日間は車を借りた。小さな島だからほんとうは3−4日でもよかったのだけれど、レンタカーの値段が4日でも5日でも同じだったので、それならと5日間キープする事にした。 

ところでこの島の日本語表記は「ランサローテ」だという事を発見。島全体が火山だらけのこの島は、18世紀、1773年から6年間にわたり大規模な噴火が相次ぎ、ティマンファヤ国立公園の一帯はまるで別の惑星に来たかのような壮大な光景が広がっている。
DSC_1091
本当に、火星か猿の惑星にでも来たような気分だ。何もない。そして連なる山々は全て天辺が無くなっている。この島の山は高くはなく、一番高い山でも700mも無いのだが、こうもギロチンにかかったような山々が連なっているのは異様な景色だ。
DSC_1101
ティマンファヤでは各自が勝手に歩き回ることはできない。車で来た人も全て駐車場に車を置いてバスに乗り換え、40分ほどかけてバスで一帯を回る。降りることはできないので、写真は全て窓越しに撮ることになるので、反射を抑えるのが一工夫だったけれど、結構良い写真が撮れた。10時をすぎるとツアー団体が押し寄せるというので、私たちは開園の9時を少し回った頃に行ったので、混雑を避けることができた。戻って来た頃には3−4台の観光バスが来ていたので、ラッキーだった。

この島で入場料を払って見たいと思っていたのは、この
ティマンファヤと、もう1つ北のほうにある、ヴェルデス洞窟(Cueva de los Verdes)。7キロも続く溶岩の洞窟のうち、歩いて回れるのは1キロ程。チケットを買うと、これまた勝手には歩けなくて、人数が30人ほどになった時点でガイドさんが連れて行ってくれる。女性のガイドさんはスペイン語と英語で同じ説明を繰り返してくれる。(少し声が掠れていて気の毒だった)
DSC_1059

私は地学は全く苦手で高校で習ったことの少しも覚えていないのですが、、、  いろんな成分を含んだ溶岩は、場所によって違う色を見せている。
歩いて行った先には小さなステージがあり、クラシックコンサートが開かれるのだそうだ。洞窟の中でのコンサートなんて、ちょっと素敵。
DSC_1061-1

そして「この洞窟で一番の見所」とガイドさんが力を入れた場所がある。「指示するまでは写真を撮らないで私の説明を聞いてね」と言われて付いて行ったところは少し階段を上がって2階に来たような感じ。
DSC_1067-1

ヴェルデス洞窟で検索すると必ず出てくるこの場所の写真。一見しただけでは判らない秘密がある。本当にガイドさんがその瞬間を見せるまで全く思いもしなかった!!う〜〜ん、、、やっぱり「話さないでね」と言われたのでここはやっぱり教えません!!

車で島中を走っていてもとにかく「何も無い感」がある。もちろん10分も走れば小さな村は見えてくるのだが、なんせ殺伐としている。
DSC_1047

日本でも、子供の頃に浅間山近くの「鬼押出し園」に行った事があるけれど、こんなにも「何にも無い」という感じは広がってなかった気がする。それでもドライヴはとてもしやすい。地図にある道は全て走りやすく舗装されていて、場所によっては本当に見渡す限り私たちだけ、ということも何度もあった。首のない山と殺伐とした溶岩の岩場の続く中をドライヴするのは面白かった。
P1010069

運転は地図の読めないうちの彼が、そして左ハンドルに自信は無いが方向感覚は絶対の自信がある私がナビ役での5日間。他のビーチリゾートにもリピートでお昼を食べに行ったりして楽しめた。なにせ、島の端まで走っても1時間もかからないので、本当に地図に乗ってる道は全て制覇したと思う。
こういう場所には来たことがなかった、というのが1番の感想だ。最初に書いた通り、まさに「火星か猿の惑星か」というのが実感!




 


やって来ました、2年前のテネリフェに続いて今回はランザロテ島。
ホリデーフライトは朝早い便が多く、(午後からは折り返しで帰ってくる人達を乗せる)今回も7時に飛ぶとあって、空港へのキャブを4:15に頼んでおいた。まだ暗いうちに家を出て、空港に着くころには朝日が昇り始めた。

それでも空港はホリデーに胸踊らせる人達で一杯だ。セキュリティーだけでたっぷり45分かかったし、、、格安フライトは、飛ぶだけなら安いけれど、連れと隣の席に座るにも別料金がかかる!私達はバカバカしいので、払わずに別々の席に座った。4時間ちょっと位どうって事ないしね。ちなみにスーツケースにも機内持ち込みバッグにも別料金がかかるので、私達はスーツケース1個にまとめて入れてしまった。下着もシャツ類も手洗いするしね。

いつものようにホテルじゃなくアパートメント。トリップアドバイザーではアパートの位置によっていろんなレビューがあったけれど、私達のアパートは、運良く3階でバルコニーからは海も見えるプールサイド側。Wifi も、レセプション周辺しか入らないとの事だったのに、部屋でもきれいに入る。満足!

Puerto del Carmenは昔からのリゾートで、移住しているイギリス人も多い。いや、それよりもあっちもこっちもアイリッシュが多いのが目につくなー。

思ってたより気温は高くなくて、22-23℃が続く。でもやっぱり太陽の強さが全然違う!かなりの強風で息ができない位な時もあるけど、暑すぎるのも体力消費するので、むしろ気持ちが良い。

最初の2日はエリア散策で中5日間で車を借りる。5日も要らなかったかもしれないけれど、4日間と5日間のレンタル料金が同じだったので、あれば便利だし。反対車線の運転は彼に任せて私はナビ専門と言うことで。


写真とホリデー期間のブログは後でまとめてアップします。


やっぱり日本に来ると食べまくりの日々になってしまう。季節の美味しいものがありすぎて、そして季節じゃなくても美味しいものがありすぎて、本当に2週間じゃ食べきれない。
10年以上も会っていなくて、しかも4−5年前からは音信不通になっていた友人と本当に久しぶりにしかも日本で再会した。実は二人ともロンドンに住んでいるのに、たまたま同じ時期に日本に来ている事がわかって、もうなつかしいやら嬉しいやら、初めて会った30年前に戻ったようにおしゃべりがはずんでしまった。おいしいお蕎麦を囲みながら、、、
DSC_0903

灯台もと暗しで、地元の老舗店で食べるのも本当に久しぶり。新そばの季節、それに季節のきのこの天麩羅もつけて私としてはちょっと贅沢なランチ。

今回は妹のごり押し、いや、強いお薦めで、人間ドックにいってみる事にした。もう15年くらい前、一度だけそれらしい検査に行った事があったけれど、なにせ年と共に体の変化を実感せずにはいられない今日この頃。病院でのドックは初めてなのでちょっとドキドキしながら行ってみる。

本当に日本って、凄い!!もう最初の受付から最期まで、なるべく時間の無駄がないようにスムーズに事が運ぶ。もちろん多少の待ち時間はあるのだけれど、各部署間に連結がすごくスムーズ。なんとこの病院、もう30年以上も前に一度だけ外科で外来に来たことがあったのだけれど、その時の診察番号がまだあったことが判明。イギリスのNHSとは雲泥の差だわ〜〜

ドックの後は病院内のレストランへ。場所はオフィス街でランチタイムは滅茶込みだし、8階のレストランからは眺めが良いのと、ドック受診者は1割引きになるのいうので、本館の8階にあるレストランへ。

いや〜〜、ここが病院の中だという事をすっかり忘れてしまう落ち着いた場所だった。そして目の前に懐かしい東京タワー!
DSC_0904-921x1637

私の実家からも昔は東京タワーがきれいに見えた、ほぼ全身、この写真に近いくらいに(もう少し距離があるが)上から下までキッチンの窓から見えていたのだけれど、今はもう立ち並ぶビルに完全にふさがれて全くみえなくなってしまった。だからこの構図でみる東京タワーは本当に懐かしい 新しいスカイツリーも良いけれど、私にとってはやっぱり東京タワーが故郷だ。

今回で初の一人ランチは、これまた病院内とは思えないメニュー。前の晩以降何も食べず、水すら飲まずにドックにいったので、健診途中でかなりお腹がすいてきたのだが、バリウムを飲んだら一気にお腹がいっぱいになってしまったので、ここは軽く、ライムギパンのオープンサンドイッチ。でもそうとは見えない出来栄えで、すごく美味しい!
DSC_0907-1638x921
パンの上にベーコンとサラダが乗っていて、トップには温泉卵。重すぎず、丁度良くてドレッシングも美味しかった。

まだまだ続く連日の友人とのランチ。これが楽しくて毎年来るのだから、多少の体重増加は見て見ぬふりをしてしまおう。

今日は連休初日。なんと、おととい会った友人だけじゃなかった

ロンドンに行ったばかりの頃に知り合って(同じ所に住んでいた)、一緒い遊んだ友達4人と本当に久しぶりで集まった。個別には何度かあってはいても、4人が一緒というのはなんともう20年ぶりくらい。(いや、もうちょっとか??)本当に話はつきない。人生はいろいろある。あの頃は若くてまだ学生で、何にでもワクワクして、毎週末遊んで、困った時は助け合い、ロンドンでの青春を謳歌していた。今集まって本当に尽きない人生話、そしてこれからの老後設計、、、
楽しい。私の人生の本当に楽しかった時代を共有した友達と、こんな風にまた集まっておしゃべりできるという事に本当になんだろう、、、感謝?の気持ち。うん、ありがたいね、人生は。

DSC_0922-1024x576

お昼に会って一日過ごして、なごりおしくて夜も軽く居酒屋へ。第一、4人のうち3人はロンドンに住んでいるのだ。向こうにいても滅多に会えないし、中の一人とはここ4−5年音信不通になっていた。やっと連絡がついたと思ったら、丁度同じ時期に一時帰国しているという、、、このタイミングで4人が日本で会えたという事がすごいよね。だから人生は面白い。これもまた何か意味があるのかな〜と思う。

DSC_0923-576x1024

おばさん達がすっかり20代に戻ってしまったようなひと時だった。そういえば皆変わってないよ。もちろん其々の人生、いろいろあっての今なのだけれど、合った瞬間から皆の顔が一気に若返ってしまった。初めての海外で助け合って頑張ったからね。ほんと、よく遊んだし。こんなひと時があるなんて来る前まで思ってもいなかったよ。

ほんと、人生ありがとう


どんなにこの日を待っていたか、、、これを楽しみにこの数カ月ひたすら働いたようなもの
やっぱりまだ暑いわね、東京は

またしてもBAの低サービスにやられてしまったわ 2回の食事はひどかった

最初は「パスタかカレー」というのでカレーにしたら、ご飯がひどくて食べられたもんじゃない 仕方ないから一緒に付いてきたロールパンをちぎってカレーに浸して食べた。デザートのチョコレートムースは初めは手を付けないつもりだったけど、(私はチョコレートが好きではなーーい!)ほんのお小皿程度のカレーと小さなパンじゃ持たないと思ったので、一口食べてみた、、、よせばいいのに、、、 結局一口でギブアップ。

そして最初の食事から着陸寸前の朝食まで8時間、いっさいの軽食やスナックは無し。これは去年の例で覚悟はしていた、でも機体後方のギャラリーにも、お水とジュース以外何も置いてなかったよ、、、

丸8時間経ってようやく出てきた朝食、これも失敗
イングリッシュブラックファストかオムレツ」という。実は有名な本来のイギリス式朝食にはトマトソースに浸ったビーンズがついてくる。そして焼きトマトも。トマトは好きだけど焼いてあるのはちょっと苦手、そして私はこのBaked beansが苦手だ。なので、「オムレツ」を頼んだら、、、、
なんというトリック!! これは「English BreakfastかVegitalian breakfastか」という選択だったのだ。そしてイングリッシュのほうには卵、ベーコン、ソーセージが付き、ベジタリアンのほうに焼きトマトもビーンズも入っているのだ。いつもは英国人のクルーだったのが、今回は私の列は日本人のクルーで,彼女のメニューの説明はあきらかに不明確だったわ。これは後でBAから来ていたアンケートのメールに書いておいた。

羽田からは家までは簡単、30分程で帰れる。両親と話しているうちにだんだんお腹がすいてきて、機内での食事が両方とも半分しか食べられなかった話をしたら、なんと父がお昼にお寿司をとってくれた

DSC_0899-1638x921

宅配のお寿司なのに、かなりのクオリティー。初日から嬉しいスタート
時差ぼけ対策には、機内で少なくとも2時間、できれば2時間半くらいウトウト寝るのがコツだ。少しずつでも、合わせて2時間ちょっと寝られると、調整しやすい。そして着いた日はどんなに眠くても夜の11時までは頑張る

今回も昼間にネイルとマッサージの予約をしておいた。ネイルの間はおしゃべりしながらだったので何とかなったけれど、足裏と全身のマッサージでは何度も寝落ちししそうになった。でも足がパンパンにむくんでいたので、生姜パックでの足マッサージでスッキリ。ここは3回目なのだけれど、施術してくれるのはみんな中国の人で、とても上手い。

今回のネイルは少し大人しめに秋色で仕上げてもらった。ネイル屋は実家のエリアは激戦区で、10件程もあるけれど、感性が合う所を探すのって意外と難しい。ヘアサロンと同じで、やってくれる人がこちらの容貌を同じような感性で把握してくれると、とても気に入ったものに仕上がるのだけれど、「う〜ん、ちょっと違うな」と思うとなかなか難しいのよね。今回の人は結構ちゃんと把握してくれて、サンプルの色を変える時も微妙な違いを理解してくれた。
DSC_0902-921x1637

さーて、今回も毎日ランチの約束や遊びの予定が詰まっている。みんなとの約束がジグソーパズルのようになってきて、昼夜と別口の日も増えてきた。両親のダイヤモンド婚のお祝いもあるし、盛りだくさんの2週間が始まる


ちなみに日本語だとマヨルカ島と呼びますが、英語表記だとMallorcaMajorca があって、本来のスペイン表記はMallorca。でもバレアレス諸島をまるでイギリスの植民地のごとく、あちこちのビーチリゾートで飲み歩き、踊り回っては朝からイギリス式朝食を出すバーに入り浸るイギリス人ツーリストにとっての呼び名はMajorcaらしい、、、

散歩の合間に見つけたもの、レストランの横側の壁にこんな絵が、、、ハシゴは偶然じゃなくて、意図して立てかけてあるのかな、、?
DSC_0767

メインスクエアーのバーはもちろんリゾート地でも一番値段が高いのは当たり前。でもこのバーは雰囲気が気に入って(オーナーのおじさんがちょっとマッド、、)何度か通った
DSC_0815

店中の時計の文字盤が反転してるのに加えて、なんとトイレが、、、約10秒毎に照明の色が変わり、こんな水玉がグルグル回ったりするので、なんだか落ち着かない••••• おまけにこのトイレットペーパーホルダー、5つもあるんだけれど、一番上にはとても届きません!!
DSC_0811

でもここのバーのカプチーノが一番美味しくてカップも大きくてクリームたっぷりで、おまけに必ず小ぶりのマフィンが一緒に付いてくるのだった。(お代わりしてもまたマフィンが付いてくる)

DSC_0816


ビーチで文字通りの「砂の城」を作っていたアーティストのおじさん。かなりの手の込みようで、リアルだった。後ろでバケツも持っているのが作者のおじさん。写真だけ撮って知らん顔はないだろうと思って2ユーロ置いたら、とびきりの笑顔でThank you! って言ってくれた。

P1010376

アルクディアの街からビーチまで歩く間にあったササボテンが花満開で、去年テネリフェで見たときに「自然のサボテンの花は初めてかも」と思ったけれど、去年のよりずっと大きくてなんだか取って食われそうな勢いのある花だったので思わずアップで撮って見た
 
P1010404

Cala Boquerまでのハイキングの途中で出会った巨大な岩、私たちは「お化け岩と名付けた。よく見ると顔が見えて、ちょっとゴーストバスターズを思い出したので。 お化けというか、なんだか仙人のようでもあり、なかなかのキャラだったわ、この岩、、、、

というわけで、ちょっと短めだったけれど、初夏の地中海はやっぱりいいなあ〜〜。この島にはまた是非来たい。特に今回泣く泣く断念したSoller行きの130年来の電車の旅、次回は必ず行くぞ!!

それにしてもイギリスに戻って来たときのこの気温差がなんとも悲しいこと、、、、、 

↑このページのトップヘ