クリスマス休みに早起きするか、あとでゆっくり見るか、、と思っていたら、昨日の男子ショートの時間にうちの彼が起こしてくれた。とはいっても最終2グループの始まりが朝の7時だったので、それ以降の選手たちは午後になってから見直した。

ショートで印象に残った選手たち本田太一さん、山田耕新さん、三宅星南くん、島田高志郎くん、そして、日野龍樹さん、、、ショートは短くてエレメンツも少ないので、フリーに比べると選手たちの良さがギュッと詰まったプログラムが多い。これから伸びてくるだろう若手も、今季が最後に引退を決意した選手も、本当にみんなに拍手しながら見た。

そしてなんといってもトップの二人。まずショートを見て「今年の羽生結弦はだれにも止められないだろうな」と思った。肩が張りすぎず、等身大の演技といえばいいのだろうか、若者らしいかっこよさ=羽生選手のスタイルの良さ、演技のキレの良さ、観客を盛り上げる躍動感が見事に融合されていて、素晴らしい。103点は低いな、と思ったらスピンの一つが規定違反でカウントされなかったそうだ。珍しいことだけれど、見返してみたら、多分スピンの入りが「やり直した」ようにとられたのかも。

昌磨 くんのショートも実は素晴らしかった。コンビネーションジャンプで転倒したのはなんとも痛かったけれど、そのほかのエレメンツやプログラム全体のキレの良さは今までのGreat Spiritsで一番だったよ。去年よりも洗練されてて、ジャンプのミスがなかったら107~108は出たんじゃないかな。本当に見ていて気持ちよかった。

そしてフリー、これが見たかった!!異次元のスケートを堪能させてくれる羽生結弦と笑顔で攻めていく宇野昌磨。

とにかくこの羽生選手のプログラムは「Seimei」と並ぶ傑作だと思う。実は前にYoutubeで歴代のNHK大河ドラマの主題曲を聴いていた時に、「誰かフィギュアで「龍馬伝」を滑る人いないかなあ〜〜、羽生くんとか似合うと思うなあ〜」なんて思っていたのだった。私は羽生選手には「和」が似合うと思う。小顔で細身のスタイルなんだけど、なんとなく羽生選手には大和魂が見えるのだ。 もうね、あの演技を見たら競技会だってことを忘れていた。こんなスケートを見せてくれる選手はあと20年くらい出てこないんじゃないか、、、本当に異次元の世界だった。

そして、おそらくは昨日からの羽生選手や鍵山選手の演技と凌ぎを削って戻ってきたのだろう、宇野昌磨の「攻め」だ。それも笑顔での攻めの演技、これが戻ってきたのは本当に嬉しい!いつもならリカバリーで構成を変えるのは苦手な彼が、意地で4回転を4本降りた。しかも演技の後半になってからBack to Backで4Tを続けて跳んだのだから、ラストのステップがイマイチだったのも無理はない、かなり足にきていたと思う。

キスクラでステファンに「step,,no enegy,,」と言っていて、ステファンも「プログラムは昨日の方がよかったね、コレオ前のスピンが短かったし、レベル2か3かなあ」と言われていたので、それは本人も4回転で犠牲にしてしまったと分かっていたはず。それでも失敗の4Tを綺麗な3Tに見せて降りたり、2本目の4Tにかろうじて1回転をつけることで、攻め抜いたのが嬉しい。だからこその演技後のガッツポーズとピョンピョン飛びだったのだろう。 昨日の時点で、よほどの事がない限り5連覇は無いとわかっていたはずなので、むしろ思い切っていけたのかも。

キス&クライでのステファンとの会話がよく聞こえて、「This course,,,,bad image」と言っていたのが、あとの会見で「いつも同じ場所での4回転がうまくいかないイメージだったので、違う場所で跳んでみようと思った」と説明していた。そのとっさの修正・変更ができるようになったのも成長の証だ。ステファンは「変な状況でだったけれど(コロナ渦での開催で、いつもと違うコンディション?)、君はとても平穏でコントーロールしていたし、ずっと笑ってた。皆にとって素晴らしいひと時だったと思う」と言っていて、最後には「僕はとてもハッピーだよ、ありがとう」と、、、本当に素敵なコーチに出会えてよかったね。

終わった後の会見もすごく良かった。羽生選手も今年はカナダに戻れずに一人で苦しんだ時期があったそうだ。3Aも跳べなくなっていたという。でもそんな中、試合で演技することをあきらめずに あの新しいプログラムをあそこまで仕上げてきたのだから流石だ。そしてそんな羽生選手の演技をリンク脇で見ていた昌磨君が、本当に目を輝かせて「僕とはこんなにも離れている、やっぱりゆづくんは僕の目標だと再確認できてすごく嬉しい」と言っていたのが嬉しかった。去年はGPで苦しんだ昌磨君に自分のミスで負けてしまった羽生くんが「昌磨が戻ってきてくれてうれしいよ〜」と言っていたっけ。この二人にしか解らない長い年月の凌ぎ合いが素晴らしい。

「ライバル」とも違う。羽生くんにとっては子供の頃からまっすぐに自分を追いかけてきて、どんどんどんどん強くなって近づいてくる昌磨くんに「まだそんなもんじゃ負けねーよ!」と火を付けられ、昌磨くんにとっては、少しでも近づいて追い越すために、もっともっとスケートが上手くなりたい!という目先の大会よりももっと先の大きな目標に向かって攻めていく、、、そんな二人が日本のトップでよかったと思う。なんだか平昌前年の世界選手権の頃を思い出した。あの時もシニア2年目の昌磨君が1シーズンでものすごい成長をして優勝争いに入ってきたのを、羽生くんがフリーで神がかりのような演技をして抑えたんだっけ。

素敵な男子の試合だった。ここまでだけでも今年の全日本は十分記憶に残る。そして明日はいよいよ女子の戦い。こちらは本当に大混戦だから、何が起きるか判らない、、、!!わくわくするよね、本当に忘れられない全日本になりそうだわ。