毎日が驚くほど早く過ぎて行く。うちには子供はいないので、とにかく毎日彼と2人。朝起きて、のんびり家の事をしているうちにお昼近くになって筋トレワークアウトを30分。午後はネットしたりテレビみたり、散歩/買い物に1時間ほど外を歩く、その後にうたた寝してしまうこともあり、あっという間に夕ご飯、夜もテレビみて、40分のピラティス、またネットして気づけば1時か2時だ。

仕事しなくてもあっという間に毎日は過ぎて行く、、、 なんということ!!

でも結構楽しんで毎日を過ごしている。家にいるという事のストレスは私は無い。ただ、うちはテラスハウスでお隣とくっついているので、子供たちの騒ぐ声や、反対側の人が庭に出てずっと電話で喋っている声が聞こえてくるので、彼はちょっとキレかかる事もしばしば、、、、こればかりは小さい家なのだから仕方がない。私はそういう雑音はシャットアウトできるのだが、彼はどうにも耐えられないらしい、、、

いつまで続くのか、そしてたとえこのロックダウンが解けたとしても、いきなり元の生活に戻れるとは思えないよね。それなりにSocial distanceは継続して保って行かなくてはならないだろうし、私の仕事でも、目の検査やメガネの相談にはマスクやフェイスシールドが必要になるかもしれない。

コロナに感染して一時はICUに入ったボリス・ジョンソン首相も無事復帰し、おまけに彼女が男の子を無事出産、コロナから生き延びて本当によかったよね。だいぶ痩せたようだけど。今日の会見では「ピークは過ぎて、下り坂に差し掛かった」と言っていたけれど、本当にこのまま波が引いてくれるといい。

ロックダウンして以来、ずっと手に入らなかったのが小麦粉とイースト。とりあえずあったself-raising (薄力粉にベーキングパウダーが既に混ざっている、お菓子用の小麦粉)の小麦粉で ケーキを焼いてから、また無性にパンを作りたくなった。そして、棚の中にあった最後のセルフーレイジングに、使用期限が4年前になっているドライイーストを試しに使って(未開封)肉まん風のパンを作ってみた。

肉饅ならぬミートソース饅で、彼が作ったパスタソースが中途半端に残ってしまったのでそれを包んで生地はパン風だけれど焼かずに蒸す。
DSC_1381_copy_1843x1037
古いイーストだから膨らまなくてもなんとかなるだろうと思って肉まん風にしたのだけれど、思ったより膨らんだ。もちもちの生地にボロネーズソースでなかなかイケる味に。ランチにぴったり。

流石にこれ以上は無理なので、ちゃんと新しい小麦粉とイーストが欲しかったけれど、とにかくどこにも無い。ネットで探しても無くて、以上に高かったりとか、、、、それでも大手スーパーではない街の個人商店をちょくちょく覗いてみたら、昨日入荷したらしく、新しい強力粉とドライイーストが棚に並んでいた!!この店はトルコ人の経営で、見慣れたパッケージでは無くても世界中小麦粉もイーストも同じだ。

早速久しぶりのパン作り。しかもこの小麦粉、ファーム直送とのことで、スーパーでよく見るブランドものよりずっと良い粉みたい。ドライイーストもターキッシュで書かれているけれど、効き目は抜群。今まで作ったどのパンよりお美味しくできた!
DSC_1382_copy_1843x1037
ふっくらと高さが出て焼き上がり、焼いた後も萎んだりしないで外はパリパリ、中はフワフワ。昨日はそのままサンドイッチにしたら切るのが大変なくらい柔らかい!
DSC_1383_copy_1843x1037
今日は少ししっとりして、サンドイッチにもトーストにも美味しい。せっかくロックダウン中はダイエットでパンはほとんど食べずにいたのだけれど、 これは本当に上手くできたので、食べなくちゃね。

先日WOWOWでやっていたアニメ映画の「 ピアノの森」、吹き替えの役者たちが良いのと、ピアノ部分をアシュケナージ氏が担当しているというので観てみた。これは漫画が元で映画にしたときにはまだ途中だったそうで、これからどうなって行くのか気になって仕方がない。テレビアニメ版があるようだけれど、アマゾンのプライムで全話見ると結構なお値段になってしまう、、、でも映画はこれで一応まとめてはあるんだけれどね。「努力の達人」と「非凡の天才」、まあ北島マヤと姫川亜弓みたいな話なのだけれど、アニメもれっきとした映画として見ることができるものは良いね。

東京オリンピックが突然なくなってしまったアスリートの人たち、来シーズンがどうなるか気が気でない冬スポーツのアスリート、観客なくては話にならないフットボール、ラグビーの選手たち、ウィンブルドンもなくなってしまったし、F1も、、、、本当に今年はどうなってしまうんだろう??次に劇場で芝居が見られるのは何時なのか?いつからまた仕事に戻るんだろう、、?思いは尽きない。そうしている間にも毎日たくさんの人が亡くなっている。

そうした中でも、嬉しいのは人々の善意だ。日本では紹介されただろうか、昨日100歳の誕生日を迎えた元軍人のトム・ムーア大尉(Captain)が、誕生日までに家の敷地周りを100周するチャリティーを1ヶ月前に始めた。ネットですべての収益金をNHS(英国国民健康保険)に寄付するサイトを立ち上げ、目標は1000ポンドで始めたところ、みるみるうちに話が伝わり、誕生日の2週間前に100周目のゴールをした時には 1300万ポンドになっていた。

stream_img

ゴール時には地元の陸軍部隊の兵士が ゴールラインに並んで敬意を表し、テレビ中継でその瞬間が全国に放送された。拍手と歓声の中(とはいえ、2mの距離は保ったまま)でゆっくりとゴールしたトム大尉はしっかりとした口調で挨拶をした。それ以降も寄付金はイギリスのみならず世界中から集まり、昨日の彼の100歳の誕生日には3000万ポンドを突破。イギリスでは100歳の誕生日を迎えた人にはエリザベス女王からのカードが届く。これはどの英国民にも届くのだが、トム大尉は昨日女王から特別に彼個人用に作られたメッセージカードを受け取り、復帰したボリス・ジョンソン首相からもカードを受け取った。さらに功績を称えて大尉=Captainから次の少佐=Majorを飛び越して、2回級上の中佐(名誉中佐)に昇級した。

100歳の誕生日前1ヶ月でこれだけ人生をひっくり返してしまった人もいないんじゃないだろうか、、、 メディアの騒ぎすぎ、、というのもあるのだけれど、100周ゴールを称えて、ウェストエンドミュージカルの大スター、マイケル・ボール氏が「Never Walk Alone」をトム大尉のナレーション入りヴァージョンを緊急リリースしたところ、わずか2日でチャートの1位に。日曜に更新されるチャートで1位になったため、この曲は彼の誕生日付けでの正式な1位となった。100歳の人がチャートの1位になるなんてもちろん前代未聞だ。
PRI_150445540


イギリス人のチャリティーに対する情熱は日本人の100倍以上はあるだろう。トム大尉、いやトム中佐が集めたお金は、予算不足でいつも問題になっているNHSとそこで働く人たちの大きな助けになる。今見たら総額3280万ポンド=4億2640円だ。補助杖をついて歩く100歳になるおじいさんが始めた小さな基金が4億円を超えるお金を集めたのだ、、、もちろんこれだけじゃない。トム中佐はメディアが飛びついて大きな話題になったけれど、それ以外にもこうした基金はいくらもあり、それなりのお金を集めている。

とりあえず、無事に100歳の誕生日を迎えた後は、メディアがトム中佐と家族をそっとしておいてくれるように祈るばかりだ。なんと言っても100歳だ、余計なテレビ出演だの、外国からのインタビューだの、このコロナ騒ぎの時に疲れわせるのはやめてあげて欲しい、切に祈るばかりだ。この1ヶ月の出来事に地番びっくりしているのは本人と家族だと思うので、この奇跡のような日々の幸せをそのままに、後はゆっくりと少しでも長く家族と穏やかな日々が過ごせますように、、、、