一昔前は日本のドラマをネットで探してはチェックして、怪しい格安のVCD(中国版?)なんかを買っちゃったりしていたものだけれど、最近はほぼネットで間に合うので、お金を使うことは無くなった。でもどうやらドラマのアップは一応違反という事で「イタチごっこ」の感が否めない。ドラマは放送されてから1−2日で探さないと既に消されてしまっているケースが多いわ、、、、

youtubeなんかで探すとドラマよりむしろバラエティーものが沢山ある。日本のバラエティー番組って思いっきり内輪受けで引いちゃう事が多いのだけれど、それでもなかなか面白い内容のものもある。豆知識になるような番組もそうだし、検証番組やクイズものも「一般知識」の高さを感じるね。少なくともイギリスよりは。こちらでも私と彼はクイズ番組が好きで、いつも録画して寝る前のひと時に一緒に観るのだけれど、日本の「トリビアもの」のような番組は面白い。

今回は綾瀬はるかさんの「義母と娘のブルース」を観ようと思っていて、気が付いた時にはすでに3話目くらいになっていた。ネットで探して見たものの、どうしても第一話がみつからなくて困っていたところ、やっと某所で見つけることができた。2日間で一気に1話から7話まで見てしまったよ。

綾瀬はるかさんは好きだなあ〜。いつでもきちっと演じてくれるし、変な癖がないからどんな役でもスルッと入っていける。「失敗だ」と思った事がない。今回のドラマは漫画が原作という事で、ちょっと現実離れしている部分もあるのだけれど、マジで演じているところが凄い。竹野内さんは良い中年役をやるようになったなあ〜。インパクトとしては強烈ではないけれど、ドラマの中のセリフにもあった「陽だまりのような」存在感を出すようになったね。40過ぎて相変わらずの低音イケメンで、かつフンワリした感じっていうのもあまりいないタイプなので、まだ重宝される余地がありそうかな。 

8話で最終回なのか〜と思っていたら、今週はお休みで最終回は来週に持ち越しとか。なーんだ、、子役から大人役の役者へのつなぎもすごく「らしく」ていい。違和感ないよ、楽しんでます。

とうとう8月も終わり。今年は結構暑くて夏らしい夏だったから文句は言わないけど、本当にあっという間だったわ〜〜。来週末はBBC Promsの最終日。毎年これを観ると「ああ夏が終わったな」と実感する。とりあえず10月頭に日本に行くとまだ「夏の名残」のような空気感だからもう一踏ん張り味わえる。楽しみだ。 

youtubeでフィギュアスケートのジュニアグランプリを見つけて見て見た。これからの活躍が期待される10代の若手たち。今年からはジュニアも男子のフリーは30秒短くなったんだね。スロバキアで2位になった須本くんも良かったけれど、リンツ大会に出てる島田高志郎君がいいね〜〜。これからが楽しみな選手。4回転はまだ入れてなかったけれど、あと2年くらいでどこまで伸びてくるか期待したい選手だ。男女共、ジュニアでも4回転が入ってきて本当に凄い時代になっているけれど、これからがシーズン本番だ。

新しいルールでは、男子の場合は4回転を3回以上安定して跳べる選手達が表彰台組、でもその後の4回転を1−2回飛ぶ人達と、3回転・3回転半を余裕で飛ぶ選手達との差があまり無いんじゃないかと思う。どんな事になるんでしょうか。
羽生選手の今季のプログラムはプルシェンコ選手が滑った「ニジンスキー」のアレンジバージョンとか。今季で引退のつもりかな、、?以前から25歳には引退してスケートを通じていろんな活動をしたいって言っていたから、、?

シーズン初めのチャレンジシリーズはロンバルディアか〜〜、宇野選手は最近続けてロンバルディアで良いスタートを切ってたから、今年もご利益に乗るかな。丁度日本に行ってる間にジャパンオープンがある。会場までは行かれないけど、テレビ放映あるだろうか、楽しみ!