もうすっかりお馴染みになった新語=Brexit。(間違いなくイギリスの流行語大賞)23日に行われた国民投票で英国はEUから「離脱」するという結果がでてしまった
私もこの結果には驚いた。もちろん気持ちの上では「抜けちゃえ〜〜」とは思っていたけれど、冷静にいろんな角度で考えると「やっぱり僅差で残留が勝つかなあ〜」と思っていたので・・・

今回の結果は地域によって、そして年齢層によってはっきりと結果が分かれた。1975年のEU加盟の時から今までのイギリスを生きてきて「やっぱりこれは駄目だ」と離脱に回った高年齢層と、生まれたときからEUの一国としてのイギリスで育ってきてそれが当然と思っている若い世代。スコットランドと北アイルランドは圧倒的に残留派が主流で、イングランドではロンドンと地方でくっきりと票が分かれている

私には投票権はないので、この2ヶ月ずっと毎日投票に向けての両者のキャンペーンを見て来た。BBCのニュースでもやっぱりなんとなく残留寄りだなあ〜と感じたものだ。新聞各紙は最初は報道の平等性を保っていたものの、直前になって各紙が「私達はこっちを支持する」と表明して、これもまた面白かった。

キャンペーンのやり方としては、残留側は 地方の労働者達のレベルで説得しきれなかったのが敗北の原因だと思う。テレビでいくら立派なスーツを着た教養豊な人達が経済だの世界に於ける英国のパワーだのと言ったところで、別世界の事のようにしか感じられなかったのだろう。彼らにはこう言うべきだったのだ。
EUを出るという事は、ポンド価値が下がればホリデーに行くお金が今よりずっとかかるし、ビザだって必要になるでしょう。ヨーロッパ各地に飛んでいる格安航空会社だって路線を減らしたりあるいは無くなるかもしれません。£1-00で何でも買える激安ショップも、軒並み閉店するでしょうし、 関税がかかるようになるからフランスへ安いワインを買いに行くなんて事もできなくなります。

開票結果が出た途端に英ポンドが急落し、株式市場が大揺れになってるのを目の当たりにして、離脱に入れた事を後悔してる人がいるというのだから「あんたらは馬鹿か!?」と笑いたくなっちゃうよね。 はじめっからそう言ってたでしょうが!!毎日のニュースや討論会を観てなかったのかい!?

キャメロン首相は、10月をメドに首相の座を次の人にバトンタッチして、EUとの離脱条件の交渉に入るように 、と言っていた。彼の敗北スピーチはなかなか良かったよ。いさぎよく国民の意図を結果として受け止め、でも自分は残留を強く望んでいたのだから、EUとの離脱交渉はできない、という。当然だよね。彼が目指していたのは、EUの中で力を持つ英国だったのだ。シェンゲン協定にもユーロ通貨にも参加していなかった英国。そして残留の条件としてもっと独立した力を持てるように交渉して行きたかったのだ。それは100%今ある問題を解決はできないとしても、正しい方向性だったと思う。

ただ、やっぱり普段の生活レベルで決めた人達を納得させられなかったという事だ。生活レベル、それは移民が増えすぎて仕事が無い、あっても生活できない程の低賃金だったり、ファミリードクターに診てもらうのに2週間もアポがとれなかったり、外国人達の「英国のマナーを知らない」振る舞いだったり、移民が増えて子供を学校に入れられなかったり、、、という現実。 堪忍袋の緒が切れていた人達に、いくら世界経済を云々言っても伝わらない。

本当にEUを抜けてやっていくには、離脱交渉でどこまで英国がEUとの繋がりを保てるかが鍵だ。そのためには本当に力のあるリーダーが首相にならないとそれこそ世界の隅に追いやられた島国になってしまう。保守党は、EU投票では両派に分かれたものの、今後キャメロン氏の後任を決めるにあたっては、「こうなったらこの道でやるしかない」という思いの人達が両派から党首に立候補するようだ。一番候補は真っ先に首相に対抗して「離脱」を叫んだ前ロンドン市長の ジョンソン氏といわれているけれど、党内では「反ジョンソン派」も多数という事だからどうなるか、、、

それよりも笑っちゃうのが、この投票後に完全に崩壊状態になってる第一野党の労働党だ。EU投票では労働党はキャメロン氏の側について残留をキャンペーン。ところがこの結果になったものだから、党首のジェレミー・コービン氏に不信が集中。元々コービン氏は党首になった時点で、「まさか、、、」と思われたものだけれど、この2日間で影の内閣(Shadow Cabinet)の官僚がなんと18人も辞任してしまうという総崩れぶり。(イギリスでは第一野党はいつでも取って代われるように、正規の内閣と同様の大臣職を決めている。彼らは「影の内務相 」とか「影の金融相」と呼ばれるが党首は首相ではなく「Leader ot Opposition」と呼ばれる。 )明日にでも党首不信任を問う党内投票がありそうだ。

まあ、とにかくこの週末はほんとにBrexit に始まり、これがずっと続く、、、という事なのね。

ただ、水を差すようだけれど、実は国民投票の結果というのは本決まりではないのです。 

投票結果を議会が討議して決定して、初めて法的に有効になるわけで、極端に言えば「あまりにも僅差の結果だからこれを推したら国に混乱を招く」とかなんとかで議会がこの投票結果を無かった事にしてしまう事もできるわけです。国民投票の結果はまだ覆される可能性も残っているという事で、本当にこれからますます面白くなっていくイギリス。まあ、そうは言ってもこれを覆したりしたらそれこそ全国で暴動が起きるかも、、、やっぱりそれは無いかなあ〜〜
2-3ヶ月後にはどうなっている事やら・・・・