いやはや、なんだか先週末からいろんな事があるイギリスです

先週の金曜から日曜日まで、3日間に渡って繰り広げられたエリザベス女王の90歳のお祝い 。彼女の本当の誕生日は4月で、その時期にもお祝いがされ、ウィンザー城で盛大なセレブレーションイベントがあったのだが、女王には6月にもOfficial Birthdayというのがあって、今回は金曜日のSt.Paul大聖堂での礼拝に始まり、土曜日には馬車でのパレード、そして日曜日は盛大なストリートパーティーが催された
Unknown


バッキンガム宮殿から正面にまっすぐ続くThe Mall(ロンドンマラソンのゴールへの直線コースとしてもお馴染み) には女王がパロトンを勤める600ものチャリティー団体関係者を中心に1万人が参加。ロンドンだけでなく、英国各地でストリートパーティーが開かれたようで、ほぼ一日その様子をテレビ中継していた。

このストリートパーティーというのは、とってもイギリスらしい行事で、文字通り道にズラ〜〜っとテーブルを出して飲み食いするというもの
Unknown-1
これをいつ雨になるともしれないイギリスでやるのだから興味深い。この日曜日も朝から雨、、、The Mallでの参加者は其々にバスケットに入ったランチハンパーが配られ、この中身がなんとも豪華!!サーモンのテリーヌに始まって、4種のサンドイッチ、メインディッシュ、ミニケーキ、デザート、ポークパイ、、、とイギリス国産の材料を使ったハンパーは王室御用達のM&S(Marks & Spencer)の特別版だそうだ
Unknown-2

王室メンバーを人びとの視界から遮らないように、との事で傘の持ち込みは禁じられていたそうで、みんなビニールのポンチョをかぶってそれでも楽しそうなのがイギリス人なのだ、、、
幸いエリザベス女王とフィリップ殿下がオープンカーで出てきた時には雨は上がっていた!これも凄い目立つようにと配慮したらしい濃いピンクのお召し物の女王陛下は本当に嬉しそうだ。

4月から始まってまだ続く誕生日祝いを「これで12月になってもまだHappy birthdayが歌われていたらどうかしらね」とスピーチの最期にユーモアを交えておっしゃったけれど、90歳の陛下にとっては3日間続けての行事は本来なら大変だよね。丁度土曜日はフィリップ殿下の95歳の誕生日でもあった。お二人とも人の手も借りずに歩かれて、本当にこのまま100歳の誕生日をお祝いできるんじゃないかって気がしてくる。

週末にはフランスでEuro杯が始まって、こちらも連日の盛り上がり

イングランドはドロー発進だけれど、なんとさっそくロシアとイングランドのサポーターが暴動騒ぎを起こして、なんとも気が気じゃない雰囲気だ。開催国のフランスは半年前のテロからの緊張が続く中、警察や軍隊を導入して警備に当たっているというのに、これはまずいでしょう・・・イングランドVロシア戦の終わり近くでドーン!っていう音がしたのはテレビでも解ったから、一瞬「何の音!?」と思ったら、ロシアのサポーターがフレアーガンを打ち上げたらしい。その後はロシアのサポーターが柵を乗り越えてイングランド支持席に乱入して大混乱に、、、

まだ初戦だというのに、ロシアと共にイングランドチームも「これ以上暴動が起きるような事があったら失格にする」との警告を受けてしまい、監督のホジソン氏とキャプテンのルーニーが揃ってファンに「トラブルにかかわらないで」と呼びかける羽目になってしまったこんな事で選手達の集中力に水を差すなよ〜〜!!
大きな国際試合しかフットボールは観ないのだけれど、アイルランドのプレーが凄く開放的だったり、昨日のイタリアとベルギー戦では壮絶なボールの奪い合いが見られたりして、イングランドだけじゃなくて盛り上がる。開会式もとってもポップでフレンチだったし・・・

もう一つ、毎日のようにやってるのが、23日に行われるEU残留・離脱の国民投票に向けての討論番組だ
images

もう毎日いろんな組み合わせで議員達がテレビに出ては大激論。スタジオには老若男女の観客が集まり、手を上げてはかなり辛辣な突っ込みを入れたり現実的な疑問をぶつけたりしているのだが、やっぱりこれがどうしても双方の言い分に決め手が無い。これはもう「どっちの道に賭けるか」という事なのだね。どっちに転んでも、政治家達が息巻いているような未来図はそのまま信用する事はできない。つまりは、「誰にも本当は良く解らない」という事なのだ

このままEUクラブに所属して部費を払いながらやっていくのか、独立した事務所で自己マネジメントしていくのか、という事だ。本来のイギリスらしいのは後者なんだけどねえ〜〜、、でも80年代以降生まれの世代には、もうそういうイギリスらしい独走的な個人主義気質は失われてしまっているようだし、、、
逆にいうと、それこそがアイデンティティーの喪失という事で、危機感を感じている人も多い、、

世論調査は互角のようで、でも今月に入ってからにわかに「離脱優勢」という声も出始めている。カメロン首相は思い切り焦っているのがモロ解りで、声を大にすればする程必死さが強調されて説得力が無くなっているようにも思える

まあ、あと10日はイギリスの夜テレビはユーロ杯とEU投票の話題で続くのだわ、、、、、