1410516116218_Image_galleryImage_LONDON_ENGLAND_SEPTEMBER_


あっという間に秋を通り越してもう冬が来た感じ。とはいえ、今年は9月も10月もまずまずの気候で、お天気も悪くなかったし、良しとするかな。

今年もやって来た戦没者兵士達を弔うremenberance day.今年は特に第一次大戦勃発から100年目に当たるとあって、今年の11月11日は特別な雰囲気になっている。

ロンドン塔の周りは真っ赤なセラミックのポピーで埋め尽くされ、第一次大戦から第二次大戦、それ以降のすべての戦いに関わった兵士達を讃え、弔う催しが話題になっていた。折しも、アフガニスタンから英軍が今年中に完全撤退する事が決まっており、この13年間にアフガンで亡くなった兵士達も含めた追悼の日となった。

日本では考えられない、この戦争・戦没兵士達に対する追悼は、いつもながら私の中では奇妙な感覚だ。いまだに戦争対して悲観的な日本の現状は、戦争で戦った兵士達を誇りに思うという風潮には遠く及ばないからだ。

戦争といえば、悲惨なのもの。2度の被爆で犠牲になった市民達を追悼する儀式は毎年行われているものの、片道の燃料で無意味に敵に向かっていって命を落とした大勢の若い兵士達を讃えるという意識は無い。靖国神社への政府官僚の参拝が問題視されてしまうのだから仕方が無いか・・・「勝てばヒーロー」とはよく言ったものだ。

それでも大地震や火山の噴火等の惨事の度に活躍してくれる自衛隊員達に、もう少し誇りを持ってもいいんじゃないかなと、御岳山の噴火を日本滞在中に目の当たりにして思ったものだ。

もちろんあの当時の日本の戦争の仕方は間違っていたかもしれない。でも彼らの犠牲の後に訪れた和平と、その後70年近い年月の間に日本という国が遂げた経済的・国際的な大成長は、あの悲惨な敗戦があったからこそと言っても良い。もうそろそろ、今の日本の礎になった人達に「ありがとう」と言えるようになってもいいんじゃないかと思う。

無謀で愚かな戦いに負けた惨めな歴史は今さら変える事はできない。それは勝った国の「ヒーロー達を誇りに思う」という意識とはもちろん比べる事はできないけれど、それでもこの季節になると、「負けると解っていた戦いにかり出されて今の日本の礎になった人達」にも、敬意を払ってもいいんじゃないかと思えてならないのだ。

今日は他のヨーロッパ各国(かつての連合国)でもいろんな形で追悼の儀式が行われたらしい。(ドイツやイタリアはどうなんだろうね)
イギリスの人たちはみんな募金で買ったポピーの花を胸につけ、敬意を表して黙祷する。ロンドン塔のポピーは1本1本がすべて手作りで、この後はチャリティーとして売られるそうだ。
poppy2_3001030b

アジアでは今だに慰安婦問題や小島の所有権で事あるごとに糾弾される日本。もちろん責任問題は解決したとは言えないけれど、一度握手をしたらそれ以降は口にしないというヨーロッパ気質とはかなり違う。ドイツもイタリアもとっくの昔にEUとしてヨーロッパ共同体に参加し、戦争中の事を責められてニュースになるなんて事はこの30年近くイギリスにいて一度も聞いた事がない。

ヒーロー崇拝のアメリカみたいになる必要はないけれど、亡くした命の重さは同じだ。日本が終戦記念日に、まだ20歳にもならずに散って行った多くの日本兵達に「ありがとう」と言えるようになるのはいつの事やら。

毎年のRememberance dayになるとちょっと思う事・・・・