日本から戻ってまたしても滅茶苦茶忙しい日々が過ぎ、気が付いたら今週末にはBGT(Britain's got talent)のファイナルだ。先週連日のセミファイナルライブで10組が出そろい、噂ではそれにもう一組=ジャッジ達による復活のダークホースが選ばれての決勝になるらしい。

今年はセミファイナルでもバラエティーに富んでいて、決勝に進んだダンスチームは各々ちょっと毛色が違っているし、マジシャン/イリュージョニストで初めてファイナルに進んだ人も。シンガー達はもちろん歌唱力のある人達も多かったけれど、決勝に進んだのはオペラシンガー、10代の弾き語りシンガー、12歳のラップと歌のデュオ、そしてハハーモニー抜群のボーイバンド2組と、内容に富んでいる。誰を一番にするかは本当に好きずきで、これぞ国民投票に頼るしかなさそう・・・・

今日はダンス編を3つアップしてみます

まずはゴシックなダンスチームのThe Addict Initiative。独特のムードで最初のオーディションから強烈な印象を残していたチーム。



そしてこちらはなんと!7月に80歳になるおばあちゃんと、孫とも思える年の師匠とのダンスデュオ=Paddy And Nico。若かりし頃からダンサーだったパディーは、結婚を機にダンスをやめて主婦業に専念、でもご主人を亡くした後にスペインでインストラクターだったニコの元でまた踊り始めたのだそう。始まりがちょっとスローで、サイモンが×ブザーを押してしまった途端にいきなりビックリの大逆転
ちなみに今年から設けられた新ルール、「ゴールデン・ブザー」、これは最初のステージオーディションでジャッジが特別に評価した人を、次の抽選段階を飛ばして即セミファイナルに送るというもの。大興奮のアマンダが躊躇なく押して、セミファイナリストに即決



そしてこちらが私のお気に入り、フランス男3人組のハイヒールダンサー。いかにもフレンチ!っていう感じ。リーダーのYanisはイギリス人とのハーフだそう。それにしてもこんなのは今まで無かったよ!とってもキャンプ




これからのキャリアとかを考えるとThe Addict Initiativeは将来有望だし、国民的支持を考えると79歳のPaddyに一票入れたいし、ヒールダンサーのフレンチ3人組ももっと観たい!

これに加えてシンガー達も個性ぞろい。そちらはまた明日アップする事にして・・・・