だから、、、本当に早すぎるのだ、2週間なんて・・・・
気が付くとまたここ(ロンドン郊外の我が家)にいて、昨日から仕事に行けばまたもとの生活なのだった。

特に今回は彼が一緒だったから、いつもの友人達とのガールズトークランチが半減してしまった。今回は会えなかった人達もいた反面、30年振りで初めて連絡が取れて会えた旧友もいたし、姪の結婚式も本当に素敵な1日だった
夜は殆どが居酒屋で、家で夕食を食べた時でさえ、スーパーでお惣菜を買い込んで「おうち居酒屋」になっていた

今年はもう東京の桜は終っていたけれど、そのかわりというか、ツツジが満開だった。どこでも大振りの華が咲き誇っていて、そういえばツツジはイギリスではほとんど見かけた事がなかったっけ。あったとしてもこんなに大振りの花じゃなかった、、、

download

昔懐かしいといえば、東北新幹線に乗った時に彼が車内で食べたサンドイッチ、いや、サンドウヰッチ

download-2

これがまあ、ホントにハムだけのサンドとチーズだけのサンドが入っていて、もちろん耳は切り落とし。このサンドイッチの耳を切り落とすというのはイギリスではお目にかかれない。そんな事は絶対に無いのだから・・・でもハムはそれなりに美味しかったよ、っていうか懐かしいよね。パセリがちょんと端っこに入ってたりしてね。

26度近い気温の中を、おもいっきり真夏の格好で神楽坂ウォークにいったりもした。神楽坂周辺は以前一度昔の仲間と行っただけだった。メインの通りを歩いていても面白く無いときいていたので、横道にちょっと入ってみたりするのだが、どうやら他にもそんな風にブラブラ歩きをしている人達は結構いて、横道に入ったはいいけれど行き止まりになっちゃってたり、また同じ所に出て来ちゃったり、、、結構うろうろできるのだった

この神楽坂のメイン通りは坂が登り/下りになっているので、うっかり横道に入ってまた戻って来ると、飯田橋方面と早稲田方面が解らなくなったりする・・・半分迷っている時に彼が見つけて「お昼にしよう」と入った小さなカウンターだけのお店=「Blows In」。ここはイタリアン・バルという事らしい。もちろん何も知らなくてひょこっと入ったのだけれど、大当たりでした。小さなお店だけれど隅々まで綺麗で男性2人だけのカウンター内のキッチンで目の前で作ってくれる。私は天使のオムライスをば・・・

download-1

気に入るお店っていうのは、味やサービスはもちろんなのだけれど、ここみたいに、小振りだけれど隅々まで目が行き届いてるっていう感じの所が特に好きなんだ。カウンターの端まで、壁の隅まで、トイレの小物にも気配りがされている感じ。帰る前にもう一度来ようねって言っていたのに機会がなかったのが残念・・・

盛岡で時間があったので少しブラブラして、石割桜ともう一つ面白かったのがこの「烏帽子岩」烏帽子っていうより、見た瞬間のイメージは「ダースベイダーか、、!!?」という感じだったよ

DSC_0081


日本は本当に美味しい物が手頃なお値段で食べられて、特にお昼のセット料金なんてもうあり得ないくらいお得 こんなランチが毎日食べられるなんて、日本は本当に幸せな国だなあ〜〜〜〜
今回も丸ビルの中や、代官山のIvy Placeなんかにも行ったけれど、青山で個室での和食ランチが本当に落ち着いてゆっくり話もできたし美味しかった。至れり尽くせりのサービスでね

DSC_0145

2週間でてっきりまた太ったと思ったけれど、帰る日に計ってみたらなんと体重に変化なし
あんなに食べて飲んでの毎日だったのに・・・これも日本の魔法か! あんなに美味しいものを毎日食いまくってて太らないんだったら、もう私は日本に帰るよ

戻ってみたらまだ肌寒いロンドン、今日から週末にかけては雨続きらしい。やれやれだわ・・・あの2週間はやっぱり夢だったんだろうか・・・???