出たよ出たよ、、、やっぱりだったよ〜〜!

って、昨日正式に確認が発表されたリチャード3世の遺骨。死後500年以上も経って本当に見つかってしまった

img_panel_1359651618去年の9月にレスターの中心地に近い駐車場で発掘作業が行われて、見つかった骨が伝説の悪名高きイギリス王、リチャード3世ではないかと言われていた。でもそれ以来ニュースになる事は無かったのですっかり忘れていたけれど、その間関係者は歴史的資料と科学的分析の両方から発掘された骨を分析/研究していたのだ。それにしてもリチャード3世の姉から数えて17代目の子孫が存在していたというのも驚きだ。DNA鑑定はこの女系子孫のサンプルと一致で結論付けられた。

リチャード3世は15世紀のバラ戦争最期の王。ランカスター家とヨーク家が王位を争っていた英国版戦国時代で、1458年にレスター州のボズワースでの戦いで戦死した。彼の遺体はグレイフライヤーズという教会に埋葬されたという記録はあるものの、グレイフライヤーズは16世紀に取り壊されて、レスターのどこにあったのか正確な場所は今では解らなくなっていた

この15世紀の王は、イングランドの歴代王のなかでも、シェイクスピアの書いた「リチャード3世」をはじめとして何度も映画やドラマになっている。長兄の国王=エドワード4世に謀反を企んだとぬれぎぬを広めて次男の兄を処刑させ、兄王の死後は次の国王となる幼い甥の後見人になったものの、エドワードの二人の幼い王子をロンドン塔内で密かに殺させて自分が王座についてしまう

彼はせむしで険悪な顔つきをした人殺しの王として描かれている。それでも今だにリチャード3世にまつわる話がドラマになるのは、戦国時代の織田信長が大河ドラマに何度も登場するのと似ている。戦国武将はその人の善し悪しにかかわらず人気があるのだ

9月にレスター市内の駐車場下から発掘された人骨は、はじめからリチャードではないかという可能性が高かったそうだ。そのせいだろう、昨日の発表と同時にチャンネル4が、リチャード探しから発掘作業、骨の鑑定、DNA、、とこの数カ月の研究過程を追ったドキュメンタリー番組を放映した。かなりの確信がなければ発表と同時に番組放送にはならなかったはずで、逆にDNA鑑定が否定された場合は番組制作はおじゃんだった事になる

リチャードが埋葬された教会がどこにあったのかを探すところから始まったという一連の企画は、Richard III societyというグループとレスター大学の研究部で進められたそうだ。リチャード好きの世界中からのメンバーで構成される「リチャード3世の会」はリチャード3世の知られざる真の姿を研究している人達の集まりらしい。悪名高いリチャードのイメージは彼の死後チューダー王朝の時代にプロパガンダとして造り上げられたもので、実際の王としてのリチャードは勇気ある武将で、思慮深く信仰の厚い王だったと信じてイメージ払拭の為に研究しているのだそう。単なるファンクラブではなく、実際に世界中のメンバーから集めた募金でグレイフライヤー教会の跡地を探し出して発掘に持ち込んだのだからその意欲は素晴らしい。そして本当に500年以上前に死んだリチャードの遺骨が出て来るとは思っていなかったという・・・

チャンネル4のドキュメンタリー番組では最初に骨が発見された時から、まず背骨が極端に湾曲しているという大きな特徴に皆息を飲む。リチャード3世といえばせむしというのが定説だ。ちなみにせむしというと背中に大きなコブでビッコ、というイメージだけれど、脊柱側弯症(scoliosis)というのは必ずしもそうではなく、左右の肩が多少上下していたり、姿勢が悪く見えたりする程度で日常生活には支障がないケースが殆どなのだそうだ。(陸上のウセイン・ボルト選手もそうだ)そして頭蓋骨に顕著にみられる刀傷や槍の刺され後は激しい戦で負傷して死んだという事が裏付けられた。シェイクスピアの芝居ではリチャードの最期は馬を失い、「馬だ、馬だ、馬と引き換えに王国をやる!」と叫び死んで行く。今回発見された頭蓋骨は、最期は頭を覆う兜がはがされて剣や槍で下頭部を叩き切られるようにして死んだという検証がされた。馬上ならこんな怪我にはならない。泥のぬかるみの中で背骨の曲がった身体では勝ち目はまず無かったのだ。

facial_reconstruction1

頭蓋骨から復元されたリチャード3世の顔は、ポートレートによくあるちょっと剣のある目つきの陰気な感じのする顔とは少し違って、もうちょっと若くて知的な感じ。奇形に生まれて世の中のすべてをうとみ、王冠だけに野心を燃やして兄や幼い甥達をも殺して王座についたもののわずか2年で自身も血の海で死んで行く、、、という悪名高いリチャードが名誉回復される時が来るのかもしれない。

ちなみにリチャード3世の骨は新ためて丁重に埋葬される事になるみたいだけれど、ここへ来て骨の見つかったレスター市と、元々リチャードが住んだ城のあるヨーク市が埋葬場所をめぐって争いになりそうだとか・・・観光客での収入を見込んでこのドル箱の取り合いが血で血を洗う中世に散ったリチャードの最期のバトルになる様子