日本に来るといつも、「ちょっといいもの」に圧倒される。100円ショップのようなところでも、(もちろんその手のショップはイギリスにだって沢山あるけれど)いわゆる安いものというだけでなく。「あったら便利かも・・・」と思いつく限りの様々な物が集まっている。イギリス流に言うとそれはおそらく「無くても良いもの」なわけで、そのあたりの価値観の違いが反映していて面白い

例えばこのシリコンの蓋。

silicon06[1]


ラップをかぶせるよりも使いまわしができてエコだし、蓋の形や大きさも様々で、なんでこんな模様がついてなくちゃいけないの、、?と思うようなものまで。でもこれは確かに良い案だ。ラップを無駄に使う事が無くて済む。色もきれいだし、いくつかあれば便利な品物。まあ蓋の上にカバさんだのパンダだのってのはさすがに要りませんが・・・

思わず買おうかと実際に考えたのはスマートフォン用の手袋。

2_215[1]

タッチパネルに使えるという事で、指先の部分に特殊な糸が使われているらしい。これからの季節には重宝すること間違いなしだ。そう言いつつ、私は手袋やマフラーというものをしたことがほとんど無いし、今となっては持ってもいない、でもやっぱり現実的に考えていっそのこと買ってしまおうか、、、と思ったほど。 昔まだ煙草を吸っていた頃は、冬になると煙草を持つ指が凍えたものだ。バスを待つ間、駅まで歩く間、ちょっと携帯を使う事が多くなったので、これは検討する価値あり

そして今回偶然みつけたのがこれ
画像-0011

なんと、新しいタイプのネイルマニキュア。これはマニキュア液がシート状になっていて、自分の爪に合わせて張るだけというもの。片手でうまくできるのかしら、、?と思いきや、説明をきいてみると至極簡単そうなのだ。友人としばし色やデザインを物色してまずは2種類購入。これはお土産用に丁度良いと思ったので、最初は同僚嬢にあげようと選んでいたのだけれど、やっぱりまずは自分でやってみようかな。今はカルジェルをやってもらったばかりなので、これを変える時期になったらやってみようと思う。なんでもこの薄いシートにベースコート、マニキュア、トップコートがすべて層になっているのだそうだ。
incoco-application[1]
色や柄の重ね塗り(張り)もできるし、2週間は持つとのこと。ジェルをやってもらうよりはずっとずっとお安い値段で遊べる。爪の大きさに合わせて1セットには16枚のシートが入ってるそうで、あまった分で重ねたデザインを工夫できるしね。日本に入ってきたばかりだという事だけど、これってイギリスでも買えるのかな、、、サイトでのオンラインショップはアメリカと日本にあるみたい。

食べまくり、喋りまくりの日々が続いてさすがにちょっと疲れ気味。今日は日本に来て以来初めてランチのアポ無しだ。実家で昼間のんびりする時間もなかったっけ。あっという間に過ぎる毎日。でもそうだよね、普段だって実際には仕事に行って帰ったらもう一日終わり、、、みたいな日々なわけで、一日の中であれもこれも、、、という時間が無いのは仕事でもホリデーで同じこと、24時間しかないんだから

それにしても今回は夜遊んでないなあ〜。ステージ居酒屋に行ったのと、終日箱根に行ったのと、家族総出で食事に行った位か。毎日たらふく食べてしゃべってるだけだからもう激太り、、、と思いきや、実はそれほどでもないかもしれない。私の友人で、美味しいものを食べ歩くのが大好きという人がいる。私よりも小柄でそれはそれは細くていらっしゃるのだけれど、なんと!満腹で苦しくて死にそうになっている私の1.5倍くらい食べるのだ。よくそれであんなに細くて小さくていられるなあ〜と思ったら、彼女曰く「しゃべるっていうのは結構カロリー使ってお腹がこなれるのよ

まあ、確かに久しぶりのおしゃべりは尽きることなく、手振りも交えて豪快に笑ったりしながら延々と続く。そうしているうちに、確かにさっきまでは苦しくて動けない位だったのがいつの間にかお腹がこなれてまたデザートが入るようになっていたりするのだ。そしてお店を見たりして街を歩きまわればなおよろしいという事らしい。う〜ん、科学的根拠に基づくかとうかは別として、ここはそういう事にしておきますかね。

楽しい日本のあと3日。今日は「日の裏姫物語」の舞台を観る。大竹しのぶ&藤原竜也コンビはもうずっと観てみたかったので楽しみだ。良いケミストリーを期待したいな