着いた着いた、、、いつ乗ってもやっぱり長いフライト
でも今回は向こうで5話のうち1話しか見ていなかったドラマシリーズ「Parade`s End」を全部観たのでそれだけで4−5時間潰れてよかった

・・・・っていうか、ヴァージンアトランティックの機内サービス、思いっきり縮小されてない?!
まずエンターテイメントのチャンネル数が激減していた!映画の他にもいつもならテレビシリーズや日本の番組ももっとあったのに、なんだか選ぶのに苦労したわ〜〜。あれ、帰りも同じプログラムだったらロンドンまでもたないんですけど

それになんといってもちょっとショックだったのは食事!!
小さい!! もちろん機内食はいつでも一回り小さいけれど、それでもヴァージンの食事はいつもサラダやおかずの他にチーズやビスケットなんかもあって、小さいトレイにヴァラエティーがあったのに・・・
楽しみにしていた和食の松花堂弁当がなかったのが一番ショック!
ヴァージンアトランティックの松花堂弁当は、確かにエコノミークラスには不似合いなほど大評判のメニューだったのにね。そういえば一時期戦争騒ぎで航空会社が不振だったときは松花堂弁当も姿を消した事があった。それでも看板メニューだったこともあって、数年後には復活してすごく嬉しかったのに・・・

今回はサラダのつもりか、焼きそば麵にごま油風味の汁が混ざった何なのか良く分からないものが前菜で、(まあ、味としては私の好きな味だったけど)メインには鳥の筑前煮を選んだ。これがまた煮てあるのかタレが混ざってるのかイマイチなもので、なんと3口で終わる量だった!!ちょこっとだけ付いてきたご飯は生煮えの感じでこれは食べられなかったわ、、、、

食後のお茶も今までの子ぶりのプラスチックティーカップじゃなくて、Take away式の紙コップ!これもちょっと驚いたけど、実用的に考えるとこれは深さがあるので量が入るし安定するのは確か。でもサービスとしてはやっぱりちょっと落ちた感じが否めない。

さらに、、!(と、おばさんの文句は続きます
食事と朝食の間にいつも出てきたミニスナック、これはミニサイズのサンドイッチかおにぎりで、丁度フライトが8−9時間経った頃に出てくる。体も疲れ始めて半分眠くてちょっと小腹が空いている、、という時には胃にもたれない軽いスナックが丁度よかった。それが、、、ペイストリー生地のパイになっていて、チーズかソーセージロールのチョイス。マイクロウェイヴであっためてるから脂っこくなっちゃって、これは胃にもたれる感じがしてしまう。クルーの人に聞いたら、東京から戻る便にはおにぎりがあるらしい。

エンターテイメントは解らないけど、食事は東京発の便はお弁当あるんだろうか、、?う〜〜ん、そうも思えないけどね〜〜、まあおにぎりには期待しましょう。

という事で今回はちょっと時差ぼけ出てしまい、朝の4時から目が覚めての早朝更新でした