Olympic-Games-Opening-Ceremony-London-2012-1

遂に幕を開けたロンドンオリンピック。金曜日の開会式はどんな感じになるのか気になっていたのだけれど、さすがはダニ・ボイル氏、すっごく良い仕事してくれましたよ!

とにかく「イギリスらしい」が一杯詰まったセレモニーだった。あれだけのひろいスタジアムを巨大な劇場の舞台にして、ウィリアム・ブレイクのエルサレムに歌われるgreen and pleasent landで始まった舞台は、本物の牛や羊が草を食み、田園風景の中での古き時代の英国生活を繰り広げる。そこから産業革命に象徴されるエンジニアリングの発展の様子へと舞台はがらりと変わるのだけれど、この10分くらいかけての転換は素晴らしかった

19世紀産業革命の立役者、ブルネル(Ismbard Brunel)に扮したケネス・ブラナーがシェイクスピアのテンペストからの台詞を引用してこのイギリスという島にやってきたすべての人を歓迎する。ここからはもう巨大なステージ一杯に島の発展を支えて来た庶民達の姿があちこちに溢れている。鉄産業の発展は来る日も来る日も汗と泥にまみれて働く労働者達あってのものだったのだ。やがて旧英連邦から多くの移民達が新しいイギリス人として加わり、女達は政治に参加する権利を求めて行動し、まさに人々の労働の賜物として、高く聳えた煙突から生まれた5つの金色に輝く輪がやがてひとつになってオリンピックの五輪を形成するあたり、実に地に足がついた演出だ。絵としての舞台も素晴らしい

OlympicsOpeningCeremony_thumb

そして(今や地に落ちた感じもするけど)イギリスの誇った国民健康保険=NHS、子供達がらみのイギリス文学=アリス、ピーターパン、チキチキ・バンバン、ハリー・ポッター、そして最期は空から大勢のメアリー・ポピンズが降って来る。この子供専門病院(Great Ormond Street Hospital)のシーンはちょっと長かったかなあ、、丁度中だるみし易いタイミングだったからかな?

その後はイギリスが世界に誇って来た音楽の数々。このメドレーはもう年代に関係なく、すべての人を喜ばせたに違いない。ジャイヴ、ロックンロール、ビートルズ、ハードロック、グラムロック、パンクロック、ニューウェイヴ、ポップス、ラップ、まさにあれもこれもと盛り沢山。舞台はインターネットからスマートフォンの時代となり、ライティングやプロジェクターを使ってカラフルな演出。 

何と行っても目玉はエリザベス女王のフィルムデビューか!

実際の007映画では今まで無かったジェイムス・ボンドと女王のシーンが登場、しかも女王の愛犬達まで準主役扱いで・・・女王がヘリコプターからパラシュートで飛び降りた、、?!というシーンから実際の女王が貴賓席に登場という演出。イギリスのユーモアとはこの事なのです。日本で天皇陛下をこんな風に使う事など考えられるだろうか、、?!いや、日本だけじゃない、世界中の王室を見回したってこんな事をやってしまうのはイギリスだけなんじゃなかと思う。 

もうひとつのイギリスらしいユーモアは「炎のランナー」。ここは真面目にオーケストラ演奏、、と思ったらちゃっかりMr Beanが紛れ込んでいる。本来ならぶち壊しの設定をうまく融合させて笑いを誘うのがイギリス式。自身をジョークにできない人をイギリス人はユーモアのセンスが無いと言う。お高くとまっているだけじゃ輪に入れないのだ

ダニー・ボイル氏は映画監督として有名になり、スラムドッグ・ミリオネアではアカデミーを受賞した人だけれど、元々が舞台演出家だから、今回のステージも演劇の演出に近い。そして彼は心理的にダークな部分を魅せるのがとても巧い人だと思う。初期の映画、「Trainspotting」や「Shallow Grave」は内面をえぐるような強烈な印象だった。スラムドッグにしてもデカプリオのThe Beachにしても内面のの部分をとても効果的に出していた。今回のセレモニーでも、民衆の汗と泥、悪夢に怯える子供等、骨太で必ずしも美しくない部分をしっかりと見せる事で説得力を持たせていた。そして動と静の使い方も見事。総勢8000といわれるキャスト達がうごめく中、時折ピタっと静止するシーンを効果的に使っていた。会場に居る人達から集めた「今日このセレモニーの日を一緒に迎えられなかった人達」への黙祷の時間も、イギリスらしい配慮だった。このショウが絶賛されたのは見栄を張らなかったからだと言って良いと思う。見栄や見せかけでなく、しっかりと地に足がついたものを見せてくれた

オリンピック開会式でいつも最期まで秘密にされるのが聖火の最終点火ランナーだ。いつだって、その国を代表する、オリンピックに大きく貢献した人がその役割を担って来た。今回言われなくても容易に想像できたのは、やっぱり5会のオリンピック出場ですべての大会で金メダルを受賞したスティーヴ・レドグレイヴ氏だった。それは確かにその通りだったのだけれど、今回はまだその続きがあった。英国を代表するアスリート7人が各々次代を担うであろう期待の若手アスリートを推薦し、今はまだ無名の若手7人の手によって点火された。次代へと続くオリンピック、これはロンドンが開催地として立候補した時からのプレゼンのテーマでもあった。これはとっても新鮮で素敵な演出だった。これからのオリンピックでもこうした新しい姿勢が見られるといい。

オリンピックで何が見たいかというと、特にこれというものがあるわけではない。イギリスか日本がメダルを穫れそうなもの、という事になる。どのゲームが何時なのかも把握していないので、たまたまテレビをつけた時にやっているものを見る事になりそうだ・・・
頑張れイギリス! 頑張れニッポン!!