突然夏になったイギリスです!
先週はずっと最高気温が18℃くらいだったのが週末に20℃を越え始め昨日からはあっという間に夏になったよ。今日も快晴で30℃になるらしい

オリンピックの聖火リレーもイギリス全土を回っていよいよロンドンにやってきた。ロンドン中を5日間かけて回ったらいよいよ金曜日の夜には開会式。ここにきてやっとオリンピックムードが盛り上がって来たかんじ。明日(水曜日)には私の職場近辺も聖火リレールートになっている。あとは開会式を待つのみ、、、といいたいところだけれどそこはやっぱりイギリスで、いろいろと問題があるのだ・・・

オリンピック会場のセキュリティーを引き受けていたプライベートの会社が、予定していた警備員数のトレーニングが全然間に合っていないと認めたのが2週間程前。オリンピックの為に大勢の人を雇って荷物の点検や会場の見回り等、トレーニングをしていたものの、最終的に満足出来るレベルに到達出来た人達が極端に少ない為、急遽警察や軍隊から大量に助っ人が入る事になった。普段はアフガニスタンに駐屯していて、2週間のホリデーの予定だった兵士達が急遽ホリデー返上でオリンピックの警備に当たらなくてはならない・・・もちろん彼等が入ってくれれば心強いけれど、それにしてもオリンピック会場を大勢の迷彩服にベレー帽の兵士達がいるのもなんだかものものしい・・・でも背に腹は変えられないよね、何かあったら大変な事になるし。ミュンヘンの時のような事は絶対にあっちゃいけない

いきなり暑くなったのは嬉しいけれど、地下鉄や特にバスの車内の暑さはやっぱりかなりのもので、これは世界中から苦情がい〜〜っぱい出そうだわ、、、昨日の夜は開会式のリハーサルがあったのだけれど、その帰りの時間、ストラトフォードを通る地下鉄線がトラブルで動いていなかったそうな。オリンピック競技のチケットも世界中からの予約チケットの郵送が間に合わず、ロンドンに来てから受け取る事になった人達が5時間も並んでるとか、ヒースロー空港で入国審査の係員を増員したはいいけど彼等がストライキを遂行するかもしれないとか、本当にこういうのっていかにもイギリスなんだよね・・・

そうそう、ロンドン入りしたIOC会長さん、良い事言ってたよ。最終準備段階のオリンピック会場/施設を回った後、レポーターの「ここまでの準備段階において、ロンドンは他の時(北京やシドニー)と比べてどうでしょうか」という質問に、「準備段階は問題じゃない。大切なのはすべての競技を予定通り遂行して、無事に閉会式を終える事です」と。いやまさにその通りです!!

「オリンピックなんて興味ないよ〜〜、、」と言いつつも中継してるとチラチラ観ちゃったりするのがオリンピック。日本の皆さんは時差があるのでなかなか大変か・・・でもこっちだって昼間は仕事してるんだから、観られるのはせいぜい夕方からの競技と後はダイジェスト盤ですわ。今までのオリンピックでは普通にBritsとかGreat Britainと言っていたのに今回はTeam GBという名称が定着している。これまでも一応Team GBだったんだけど、ニュースやオリンピック番組ではほとんど使ってなかったと思う。それが今回はいやに耳につく、これもメディア協定か・・?

少し前にこのブログにも書いた、5月から雨風にさらされてボロボロに色あせた街を飾る英国旗たち、どうやらオリンピック直前に新調されるようで、職場近辺は付け替えられてた。聖火リレーも通るのだし、景気よくしなくちゃね。我が家も金欠の丸一年から脱皮してようやく陽射しが見えて来た事だし、やっと遅い夏がやってきたかな。今のこの真夏日もいつまで続くのかは解らないけど少なくとも今週一杯は持つらしい。オリンピックの為に人生を捧げて来た沢山のアスリート達/家族達にとって最高のオリンピックになりますように