日曜日に芝居を観に映画館へ行って来た

images

これって、通常の観劇とは違う行為なのだ。ロンドンの劇場はまだまだ日曜日は休演日が普通。最近でこそツーリストに人気のミュージカルとか、期間限定タイプの公演なんかが日曜日の午後に上演するケースが出て来ているけれど。そして映画館ではもちろん芝居は上演していない

これは去年からNT=ナショナルシアターが始めたNT Liveというもので、公演期間中の限定された日に、劇場からライヴ中継される公演を映画館で同時に観るというもの。本来はロンドンに住んでいない人、ウェストエンドまで芝居を観に来られない人達にも舞台の興奮を一緒に楽しんでもらう、という目的で実験的に始められた

日本と違って、こちらでは舞台公演がDVDになるという事は無い(何かの記念公演のような形を除いて)。あくまでも舞台は生のものという伝統精神が根強いのか・・・ 舞台と映像はきっちりと隔てられている。だから今回のNTのライヴ中継というのは全く新しい形なのだ。あくまでも、DVDのように家で観るのではなく、遠くにいても映画館の客席で一緒に舞台を観ましょうという事なのだ

これが実は大当たりだった。去年のNTLiveはどの公演も大成功で、今年になってからはNTの作品はそのほとんどがLiveの日を設けている。しかも最初にこの企画が成功してからはどんどん上映映画館は増え、イギリスのみならずヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカと世界中の映画館で観る事ができるようになった。連続上映というわけではなく、一公演に限定された日のみなので、普通の映画をみるのともまた違う。

今回私が観たのはさらにそれの再上映版だ。去年観た「フランケンシュタイン=Frankenstein」のライヴとして上映されたものが大好評だった為、またしても日にち限定で再上映されている。このフランケンシュタインは2人の主演俳優が怪物=クリーチャーとフランケンシュタイン博士を交互に演じ、二人揃ってEvening Standard,さらにLawrence Olivierの2大演劇賞の最優秀演技賞をダブル受賞した。私の感想ブログはこちらをどうぞ。 ダブルキャストのうちどちらを観るかでかなり迷った末にジョニー・リー・ミラー氏のクリーチャーで観たのだけれど、やっぱり二人とも大評判だったのと主演男優賞を二人でシェア受賞という事もあって、今回の再上映が決まったと聞いてすぐにカンバーバッチ氏のクリーチャーを観ようと決めた

休憩無しの2時間芝居なので流れはかなり詳細に覚えている。それでも映像だと役者の表情や特に身体の動きが細やかにアップで観られるので嬉しい。日本でよくある舞台のDVDもそうだけれど、本来は舞台で演じられている物をどう映像として撮るかというのは、やはり映像としての新たな演出力が問われると思う。どこでアップにするか、どの角度からのカットを採用するか・・・?

例えば藤原竜也君が主演した「ハムレット」のWOWOWの映像は私はかなり良かったと思う。全体の絵、アップにするタイミング、芝居の流れに沿った躍動感があって、生の舞台ではないのに生き生きとした呼吸が伝わってきた。実はWOWOWが撮った舞台の映像ヴァージョンはどれもかなり質が良いと思っている。日本での舞台がどうしてこんなに映像=DVDになるのかは、商業的な意味と同時にやっぱりロングランが成立しないという日本の演劇事情にもよるのかもしれない。でもだからなのかな、録画された舞台中継の作品は結構良いものが多い。NT Liveもどうやら定着しつつあるので、その辺のセンスが向上するといいな。決して悪くはないけれど、映像としての舞台中継という意味での演出力がアップする事を期待してます。

こんなロンドン郊外での映画館だし、映画館での舞台中継上映なんてもしかして私しか行かないかも・・・なんて思っていたけれど、結構観に来ている人達がいてちょっと嬉しい驚きだった。もちろん映画館満員という訳じゃないけどね。本来は劇場の舞台で芝居を観るというのが基本だけれど、今回みたいにもう一度違うキャストで、、、という場合にはライヴ再上映£10-00なら大歓迎です

ちなみにこの芝居を演出したDanny Boyle氏、「スラムドッグ・ミリオネア」での演出で世界的にも有名だけれど、彼は今年のロンドンオリンピックで開会式の演出を担当する。実は彼の映画作品は、メジャーになった「スラムドッグ・・」や「The Beach」も良いけど、最初の「Shallow Grave」や「Trainspotting」みたいな骨太で心理的にちょっとダークな作品がピカイチなんだよね。さてさてどんなオリンピック開会式になるんでしょうか・・・

この芝居でダブル受賞をしたお二人、カンバーバッチ氏は去年は他にもBBCの新しいシャーロック・ホームズや映画の「Tinker Taylor soldier Spy」 で活躍してまさに当たり年だったし、一方のミラー氏はもうすぐ封切られる映画版のシャーロック・ホームズでシャーロック役をやっているそうで、何となく因縁ある関係になりつつある・・・ミラー氏はもう16年も前にアンジェリーナ・ジョリーと結婚していたというもの最近知って驚いた

もちろん舞台は生のもので映像とは違う。これが最善とは言わないけれど、ロンドンに来られない人達がライヴ中継で舞台の空気を感じながら芝居を観られるというのはとても良い事だと思う。だからこそNTはますますこのLiveを広げているのだろう。地方に住んでる人、あるいは金欠で舞台のチケットはちょっと手が出ないという人にも丁度良いセカンドチョイスだと思うな

あ〜あ、、金欠状態から何時になったら抜け出せるのやら・・・???