イースターは毎年少しずつずれるので、3月の後半から4月の前半までその年によって変わる。今年は珍しく4月の10日前後とあって、本来なら春爛漫で絶好 のホリデー時期となるはずが・・・朝晩の気温は5度前後、日中でさえも10度あるかないかでおまけに昨日から4日連続で予報は雨 2週間前の夏みたい な数日はなんだったんだ〜〜?

私達はグータラテレビっ子になっている。今年も始まってますよ、Britain's Got Talent=BGT。去年のジャッジパネルがイマイチだった事もあり、今年はまたサイモン・カウウェルが復活。(彼はこの番組のプロデューサーでもあ る)そして新たに加わったジャッジがDavid Walliams。彼は人気コメディー番組Little Britainを創った二人組の一人で、ユーモアのセンス抜群な上に素顔はいたってDown To Earth。彼とサイモンのコンビは早くもBGTに新たな勢いを吹き込んでる。まだ3週目だけれど、今年は楽しくなりそう。

最初の週でインパクトがあったのが17歳の彼。既にyoutubeに上がっているいくつかの映像は合計で1000万ヒットを越えている



女友達とのデュオで出場したのだけれど、ジャッジ達は彼にソロで歌う事を薦めている。私も賛成だけど、でもこの17歳の男の子、自分に自身が無いということで彼女無しだったらきっと精神的にきついかも・・17歳にしては深くて良い声だ〜 ファイナルへの期待が高まってる

2週目はなんだかラビッシュな人達が多くてあんまり収穫が無かった気がするけれど、今週は結構面白い人達が登場した。中でも最高にキュートだったのが、この16歳の女の子アシュリーと愛犬プッツイーのダンス!

こんなにサイモンが手放しで喜んでるのは珍しい。犬のプッツイーがクールで会場の空気に全く動揺してないのが凄い。二人(一人と一匹)ともすごく楽しんでる様子で、「調教された」という感じが全く無い。11歳の誕生日にお母さんがくれた子犬という事で、5年間の間にできた二人の絆が素敵。犬のダンスはレパートリーがどこまで広がるかだけれど、次のステージが楽しみだ

そして、なんだかヘンなんだけど思い切り受けてしまったのがこの人!
鍵と携帯を一度に失くした男の叫びをラップにして、もう一度聴いたら頭から離れません・・・!(歌前のやり取りは後で)



I 've never been in that situation, Lost my keys and mobile phone!
I want me keys, I want me phone
こんなに覚え易いラップは無かったぞ!実際彼が歌い終わるまでには会場中が大合唱となってしまった

歌に入る前のジャッジ達とのやり取りで、49歳の彼が年より上=50過ぎに見えると指摘され、彼はいきなりサイモンをサイと呼んでいらつかせる。それを見 て取ったデヴィッドが「サイモンはサイって呼ばれるのが大〜好きなんだ!」と大笑い。何についてのラップソングかをきかれて「鍵と携帯を無くした話で、だ れでも共感できるはずだ。チャールズ皇太子でも解る」と答え、デヴィッドが「プリンス・チャールズはバッキンガム宮殿に入るのに鍵はいらないと思うよ」と 返すといきなりチャールズ皇太子の物まねで「Where's my bloody keys?
この物まねも的を得ていて受けた!おそらく今日になってこのラップを口ずさんでる人は沢山いることだろう。私も頭の中を回ってるよ・・・

今日はイースターマンデー。毎年この日は必ずといっていいくらいキリストものの映画をテレビでやっているものだけれど、今はディジタルケーブルのおかげで60以上のチャンネルがあるからね。日本もドラマクールの入れ替え時かな。それにしてもこの雨模様じゃ外に出るのもおっくうだわ・・・