前半期のBGT=Britain's Got Talentが終って、後半には恒例のX Factorが始まる
今年からどちらの番組もサイモン(Simon Cowell)がジャッジから抜けてしまって、ある意味ちょっと面白く無くなってしまうのだけれど、BGTの時は後半のライヴ戦になってからサイモンが復帰したので、今回も最終的には出て来るのだろうか。っていうか、彼がプロデューサーだからねえ〜〜

ところでX Factor出身の人達のその後の活躍がどうなってるか、をみると面白い。
ここ2ー3年のファイナリスト達の中では、2〜3番手に終った人達が結構安定した活躍ぶりを見せているJLS, Olly Murs, Diana Vickers、3年前だったか、歌えないのに人気で居残り続けた双子のJohn & Edwardもコマーシャルやバラエティーゲストとしてよく見かける。そして去年のセミファイナリストだったティーンエイジャー・ラッパーのCher Lloydが今週No1になった

優勝した人達はというと、、、2004年の優勝者だったレオナ(Leona Lewis)がイギリス女性アーティストとしては23年振りでUSチャートのNo1という快挙を果たしたのは大きかったね。その後のアレキサンドラ(Alexandra Burke)もそこそこ頑張ってるけれど、今ひとつチャートに伸びが無い。一昨年のJoe McElderryは、最初のシングルこそチャート上位に入ったけど(1位にはならなかった)その後さっぱりきかない、、、と思ってたら、先日、ソープドラマ番組に出てる役者達がオペラ歌唱に挑戦する、という番組に出ていた。なんでも今年の秋に出す2枚目のアルバムはポップというよりクラシック色が濃くなるらしい

去年の出場者としては今季のX Factorが今週から始まるという今の時期に、Cherのデビュー曲が一位になって、去年優勝のMatt Cardleは、デビューアルバムがもうすぐ出るという。アルバムは10月で、来週シングルが出るらしい。これが今週始まった今年のシリーズの後押しになるか、、?

オーディションも前半はお笑いレベルのものも多い。今回も「どうしようもないね、、」とため息をつくしかないような代物や、目玉が飛び出しそうなびっくりパフォーマンスもあったりして。
でもとりあえず第一週目の私の一押しはこの子、16歳のJanet Devlin
(スクリーンをクリックすると、Youtubeに跳びます)



本当にまわりにはな~んにもないような北アイルランドの田舎で、小学生の頃から詩や曲を書いては独りで歌っているという。まさにフェアリーのような少女。オーディションでの歌い出しは明らかに緊張していて不安定だったけれど、すぐに自分の世界を取り戻してからは稀少なハスキーでイノセントなヴォーカルを聴かせた。

まだできあがっていない、でも大きな可能性をもった声。いかにも邪気のないスウィートなキャラクター。2次審査を通ればブートキャンプに入る。(おそらく通るだろうな)そこでどこまで成長するか楽しみ。レコーディングアーティストにうってつけの声だ。もっと磨かれたこの子を本戦のライヴで是非観たいものです