なんだかここ2ー3週の間に立て続けにFacebookへのお誘いが来た

もう去年の今頃だったか、、調べたい事があって情報を集めようと登録して、以来すっかり放置状態だった。私を見つけてくれた友人がフレンド申請をしてきて、それがなんと2週間の間に3人から・・・!こういうのってタイミングなのよね。実は登録の為に使ったウェブアドレスさえうろ覚えで、今までログインする事もできなかったのだけれど、たまたま思い出してメールをチェックしてみたらフレンド申請がきていたのだった。

実はどうしようかと前々から考えてはいた。数年前Mixiに登録した時、すぐに「これは私向きじゃない」と判断してほとんど使っていない。もともとインターネットの醍醐味は知らない人と出会えるという処にあると私は思うので、紹介されないと入会できない、というシステムが好きじゃなかった。(いかにも日本らしい

自分の場所としてはこのブログがあるので、本来なら皆に「ブログを見て!」といえば済む事だったのだけれど、始めてから3年間、自分の身近にはいっさいブログの事は教えていなかった。あくまでも「ちょっと通りかかった人が読んでくれて、たまに記帳(コメント)していってくれれば嬉しい」というスタンスで始めたのだから。でも特に秘密にするという程の事でもなかったので、3年経った頃から機会があれば(ブログやネットの話題になった時)「私もやってるよ」とアドレスを教えている

もうひとつあるのがTwitter。去年友人からお誘いを受けて、これもまた出会いを繋ぐ良いツールかも、、と思って始めた。ブログに比べてTwitterはもっと気楽にそれこそ「ボソッと一言」呟ける。この手軽さが結構楽しくて今もちょこちょこ使っている。

ただ、これも考えもので、私の場合コミュニケーションツールとしては機能していない。昼間はほとんどツイートをチェックする事ができないので、お昼休み、あるいは仕事が終った夕方にチェックすると、もう読んでいられないくらいの量になっている。さらにはリツィートされたものまで入ってくるので、他の人のツイートにタイムリーにコメントするのは不可能なのだ。結局コミュニケーションツールには全くなっていなくて、ひたすら「気が向いた時の呟き」に使っている。あとは情報収集。これはいち早い情報が入る可能性大なので利用価値がある

う〜〜、、、どうしたもんだろうか? facebookもミクシイと同じようなものだと思って敬遠していたのだけれど、身近と知らない人の中間、、というのもあったのだ。遠い昔の友達とか、以前の同僚とか・・・最近よく、昔ちょっとだけ交流があった人達の事をよく考える。日本にいた頃の知り合いや、イギリスに来てすぐの頃に一時的によく遊んだ人達、、、 身近な人には個人的に連絡すれば済む事だけれど、ふと、「あの人どうしてるのかな?」と思った時にちょっと様子を覗いてみる、、、という使い方もできるのだ。そう考えると価値あるかも、、と思ってもう一度プロファイルを作ってフレンド申請に返事をした。まだ使い方もよくわかっていない状態だけれど、誰か共通の話題にたいしてコメントを置くのは自由にできるようなので、そういうのも楽しい、掲示板的な感覚かな、、、

それにしてもTwitterもFacebookも、あとSkypeも、コミュニケーションに利用するには、自分の回りに利用者がいないとあまり効果がない。Skypeも考えたけれど(何たって、電話がタダよ!!)、私の回りに入れてる人がいないので、意味が無いのだ。あの人はミクシイ、この人はFacebook、、、とバラバラになってるとやり難いよねえ〜〜 

さらにはそれらをチェックする機能もいろいろあって困る。携帯を使ってチェックするには、まずスマートフォン本体についているTwitter/Facebookのアプリケーションがある。最初はこれを使ってみたけれど、いまひとつしっくり来ない。アンドロイドのマーケットでそれ用のアプリを探すといくつもあって、これがまた混乱の素。マルチアカウントをひとつで使えるアプリが良いんだけど、どうも写真が表示できなかったり、URLリンクにとばなかったり、、??一度入れたアプリをまた捨てて、違うのを入れてみて、やっぱりまた前のアプリを再インストールしたり、、、 あっちこっちで使い勝手の良い方法を模索中。もう5つくらいのアプリを試してる。結局Twitter用とFacebook用に分けたほうが良さそうかな。

これらのコミュニケーションツールが、今の私を混乱させているのには別の理由もある。
実は私は先月のホリデーで、これらの通信手段が無くても幸せに生きていかれるのだという事を実感してしまったからだ。いつもはホリデー先でも日本なら実家にPCがあるし、リゾート地では必ずインターネットカフェやホテルでネットができたので、普段よりはちょっと少ないながらネットは海外滞在中でも続けていた。それが今回は(アパートでWifiに繋がる事を知らなくて)ネットもテレビもないままに1週間過ごして来た。そのかわりに目の前にある出会いとのコミュニケーションを楽しむ事ができた。どこの誰とも知らない、たまたま同時期に同じ場所にホリデーに来ていた人達、滞在先で世話をしてくれた人達、地元のドライバーのおじさん、レストランやカフェで働く夏の出稼ぎウェイター達、、、ひと時の出会いが楽しかった

今年は日本行きはやめにして、もう一度秋にトルコへ行こうかと真剣に検討中。同じ場所にまた戻りたいと思ったホリデーは初めてだ。いつもは「さあ、次は何処へ行こうか?」っていう感じだったのに・・・不思議なものだ。2週間ネットもテレビもなくて生活したら、今度はどんな風に感じるだろうか?・・・