日本で懐かしい人達と何人も再会して人生語りをする中で、何人かと同じような話題になった。
私達が若者と呼ばれた時代はとうに過ぎたわけだけれど、今の若者達の話になると、一様に「コミュニケーションをしたがらない」というのだ。

それは決して付き合わないという事でもないらしい。でも人と話す事に興味を示さないのだという。私達の時代には、もちろん携帯もPCもなく、もっぱら飲み会やらディスコ/クラブやらで遊びに行って初めて人との出会いがあった。出会って、しゃべって知り合って、そして友達になった。そこから輪が広がっていって友好関係が広がっていく、というのが友達作りの図式だった。でも今の人達は会話を交わしたがらないのだという。

そういえば、前に日本の番組でやっていた。合コンという事で男女5人のグループがカラオケボックスに集まっているのだけれど、なんと、誰かが歌っている間中皆下を向いて黙っている。みると全員が(歌っている人以外)携帯で一心不乱にメールしているのだ。会話らしいものは殆ど無く、「次誰が歌うの?」とか「飲み物追加する人?」といった事以外は盛り上がる雰囲気は全く無い・・・と思いきや、合コンの後には皆楽しそうな表情で「いや〜〜、超盛り上がったよね〜!」「○○と今度会う約束したよ〜」等と言ってワイワイとはしゃいでいるのだ。これって、、メールでないと会話できないと言う事か・・??!みんなでテーブル囲んでその場にいたんだよ?!

私が日本で使っている携帯はプリペイド式だ。新しい携帯には3000円分をチャージしておいた。いつもだいたいこれを2週間で使い切る。それが今回からはなんと月300円でメールし放題にできるというので登録する。そうしたら、日本に着いてから4日経っても5日経っても残高が減らないのだ!!だってみんなメールでしか連絡してこないし、私も面白いからずっとメールで返していたし・・・とうとう1週間が経っても残高が相変わらず2700円なので、さすがにこれはもったいないと思い始める。いる間に使わないと、帰った後で期限がきたらチャラになってしまうのだもの。

仕方がないから携帯からロンドンのうちの彼に電話した。6ー7分だったけど、これで一気に1000円使ったわ、、、(極端じゃない?と友達には笑われたけど)滞在後半は待ち合わせの最終段階で「今どこ?」なんていう会話は電話でするようにして、なんとか残高を1000円切るまで使った・・・

日本にいる間中断していたカサノバの自伝をまた読んでいると、あの時代(18世紀後半)の社会において、人との関わりが人生を決めると言っても過言ではないのだと良く解る。友人の知り合いだったり、旅の間に馬車を乗り合わせたり、同じ宿で一晩だけ一緒になったり、具合が悪くて倒れた人をたまたま助けたり(カサノバはこれで素晴らしく幸運な出会いをする)ゲストとして滞在した家でも主人や家族のみならず使用人に至るまで、まさに人との繋がりはどこからくるか解らない。もちろん嫌な奴もいる。始めは仲良くつきあっていたのに後になって疎遠になってしまったり、紹介されて変な奴だと思っていた人と生涯の友達になったり・・・でもそれが本来の人と人とのコミュニケーションなのだ。それを大切に繋いだからこそ人生で1000人の女性と関係できたわけで、、?

自分のアイデンティティーが簡単に脅かされる今の時代、知り合ったばかりの人と次の再会や連絡先を教えるという事自体ができなくなってしまっている、これは悲しい事だよね。それでも以前は電話番号の交換とかって、もっと気楽にやっていたような気がするけれど・・・今だったら後で替えられるメールアドレスといったところか、、、
でもそれ以前に、今の若者達は「また会って話したい」という相手に対する興味が無いらしい。人に対する興味が沸かないから、別に自分と関わり合って欲しいとも思わないのだろう。人と話すのは他の何よりも発見が多いのにね。自分は一度しか生きられないけれど、沢山の人からいろんな話しを聴くだけで、自分が経験できない人生を知る事ができる。こんなに欲張りな事ってないじゃない?

今の時代に、電車で隣に座った人と友達になるなんて事はまず無い。旅の供、、という事はあってもあくまでもその時だけの事で、その後も交流するに至る事はほとんど無いだろう。実際、満席だった飛行機の隣に座った人とだって、12時間の間全く口もきかなかった、、、 今回は行きも帰りも隣は日本人女性だった。イギリス人と隣になるとずっとじゃないけど、飛ぶ前と降りる前くらいには少し話すんだけどねえ〜〜・・・

人に対して興味を持つということから人生の幅が広がる。「みんな何を考えてるんだろう?」という素朴な好奇心で良いのだ。人との1時間の対話は本を5−6冊読むに等しい。それを「うっとおしい」と思ってしまう事自体がとっても淋しい事だと思う。素敵な人達がいて、嫌な奴がいて、喜んだり頭にきたりさせられて人生が彩られていくんだよね。もちろん両極端だと疲れちゃうけど、、?! メールもいいけど、(私はメールは大好きです、誤解のなきよう)やっぱり実際の声のトーンで対話するのが楽しいよね。

以前は国際電話がバカ高くて日本にも電話なんて滅多にできなかったけれど、今ではSkypeなんて便利な物がある。でも実際には私の回りで使っている人が殆どいない。Skypeを入れようかなと何度も思って、でもまだ入れていないのはそれが理由だ。便利なのにねえ〜〜・・・もっと話しをしようよ!いろんな話を聴かせてよ 一緒に笑って泣いて話しをするのは人生の宝だよ

折しも、4年間一緒に仕事したレセプション嬢が先週で辞めてしまって、昨日から新しい同僚がスタートした。新しい人との出会いはいつも嬉しい。仲良くやっていけそうだと思うと余計に。彼女も芝居が好きだと言っているから、これから楽しくやって行けますように