今日は何故かうちの彼も休み、思わぬ時に休みがかち合うと、なんかうまくいかないもので、結局お昼前に喧嘩になった。まあ喧嘩はいつもの事だけど、今日はせっかくの休みなんだからぶち壊しにされたくない・・・
すったもんだの言い合いの挙げ句彼が決め手のF◯◯k offを口にしてくれたので、「そうですか、わかりましたよ!」という事でホントにそうする事に。

売り言葉に買い言葉で家を出たものの、さてどうしようか、、、これが夜なら家の近郊を歩き回ったりカフェでお茶一杯してせいぜい1ー2時間が限度だけど、今日はちょっと暖かいし、まだ12時過ぎだしね

という事でいつもはあまり行かないシティーエリアに向かった。家から電車1本で金融街のLiverpool Streetまで30分程。このメインステーションのザワザワした空気が私は好きだ

ここからRoyal Exchage周辺の街並みは建物の間の道がとても狭く、ドライバー泣かせではあるけれど、そのかわり足で歩くと、こんなところに!と思う抜け道があったりして、古き良きヨーロッパの匂いを残している。それでいて超近代的なガラス張りの銃弾型ビル(Gerkin)がすぐ後ろにそびえてるのがユニーク

ところで、今ロンドンでは街のあちこちにカラフルな赤ちゃんゾウの彫刻が出没している。これはインド象の保護を訴えるチャリティー企画で、既にヨーロッパのいくつかの都市で一定期間置かれ、ロンドンの後はニューヨークへ行くそうだ。街角のそこかしこでいろんな色模様のベイビーエレファントに遭遇する。全部で260体あるそうだ。どこでどんな子ゾウに出会うかはお楽しみ。
DSC00465DSC00466

お昼に何故かラーメンが食べたくなって日本のお店へ。前にきたのはもう1年前かなあ〜。バスでウェストエンドへ出たけれど、このあたりはいつもの事なので、普段は行かないセントポール周辺まで戻る事にした。考えてみたら寺院からまっすぐにテムズを渡るようにかけられたミレニアムブリッジをまだ見ていなかった。お昼の後、セントポールへ戻ってちょっと歩く。

今日はちょっと暖かくていいカンジ。さすがにセントポール寺院の回りはツーリストばっかりですわ。まっすぐ歩いてミレニアムブリッジへ。

DSC00476DSC00472

この橋、最初に2000年を記念して造ったのはいいけど、揺れ過ぎて気分が悪くなる人が続出し、一時閉鎖して補強し直したというもの。橋自体は特に綺麗でもデザインが凄い、というほどでもない。歩行者専用だし。向こう岸はTate Modern。私はアート、特にモダンアートはさほど興味があるわけではないので、橋だけ渡ってまた戻る。この橋からはタワーブリッジが綺麗に見える

いつも行くサウスバンクの橋からだと、テムズ川は大きく湾曲しているので、セントポール寺院まではギリギリ見えるけれどタワーブリッジは見えない。ミレニアムブリッジの上から眺めていると、なんと丁度タワーブリッジが開く時間だった。
DSC00480

何とラッキー!これはやっぱり真横から見ないとね!こんな位置から見たのは初めてだったわ。

というわけで、喧嘩も怪我の巧妙?いや、、災い転じて福となす、、とまではいかないか?? たまにはこんな風に観光気分で歩いてみるのもいいものだ。ロンドンだって捨てたもんじゃないわね。シティー近辺は交差点から放射線状に延びる道が結構あってちょっとパリを思い出した。せま〜い道をはさんだ古い建物の中に小さなお店やカフェが無数にあって、みんな外でもありとあらゆるスペースに座ってお昼を食べてる。好きだなあ〜私

いつも用事がある時はウエストエンドばっかりだけど、最近はピカデリー周辺も面白く無いし汚いし・・・次の休みはシティーに出よう。うちからは電車で1本だし。独りでブラブラするのは楽しい。やっぱり私って一人旅向き人間なんだなあ〜〜・・・