日本人なら大人も子供も皆知ってるグリコのポッキー。 おやつに、パーティーに、おつまみに、1本ずつ食べ易くて大人気!チョコレートでもイチゴでもやっぱりポッキー、アイスと一緒でポッキー・オン・ザ・ロック。もう国民的お菓子のポッキーですが、、、こちらイギリスにも登場しました

実はグリコのポッキーはヨーロッパではかなり前から発売されていて、特にフランスやスペイン、ドイツあたりではもう今更、、、っていうカンジなのだそうだ。でもイギリスでは今年の春頃からテレビのCMでお目見えするようになった。で、その商品名ですが、、、
mikado

なんとMIKADO!!

 ••••何もそんな風に呼ばなくても、、、、 まあ、最初にフランスで発売された時に決まっちゃったらしいから仕方ないのかな、、、80年代だったって話だしね〜。う〜ん、、Pokkieのほうが可愛いのにねー。この箱、よーく見ると一応glicoのマークが入ってるから(Mの上に小さく)、どうやらLUっていう代理店がグリコから権利を買ってるのだろう

それにしてもMIKADOっていうとやっぱりあのプッチーニのオペラ、ぽっちゃりした白人のおばさんが無理矢理かつら被って着物を着て白塗りのメイクで、ちょっとヘンな日本の印象を与えてる、あのマダム・バタフライ抜きには考えられないのよね。もうちょっと違う名前にならなかったのかしら・・・イギリスでは新しい商品なのに、なんだかパッケージはちょっと時代から遅れてるカンジだし。(他ヨーロッパ各国と合わせたのかな)さてこれからこちらでもお馴染みになるでしょうか、、、?

そういえば、こっちではクリスプス(Crisps)と呼ばれる日本で言うところのポテトチップスも、最近はえっっ!?? って思うフレーバーのものや、ライス(お米)と混ぜてパリパリ感をアップさせたものとかある。ポテトチップスより噛みごたえがあって、お煎餅とのアイの子みたいな食感。クリスプスの会社も沢山あるけれど、私が美味しいと思うメーカーは、Walkers。このウォーカーズ・クリスプスの広告塔として、悪魔や海賊やらいろんなカッコでCMに大活躍してるのが、かつてのサッカー選手でイングランドのキャプテンだったギャリー・リネカー氏。選手としてのキャリアの間、一度もレッドカードもイエローカードも受けた事のない品行方正なキャプテンで、当時の人気度は「娘のお婿にナンバーワン(Favourite son in law)」だった人だ。日本にも一時いたよね、、名古屋だったかな?

最近宣伝していた気になったのがkit katの新しいやつで、Kit kat Senses
kit kat

今までの、四角い板を一本ずつパキっと折る形じゃなくて、今回のは盛り上がった山形だ。中にはヘイゼルナッツのクリームが入ってるらしい。Kit katは今までもホワイトチョコのヴァージョンとか限定品をいくつか出して、レア物を探して食べまくる人とかもいるらしい。うちの彼は今回のSensesのCMを観て「こんな形はKit katじゃない!」と一喝していたけれど・・・

まあ私は甘い物が嫌いなので、実はこれらを食べるなんて事は滅多にないのだ。(クリスプスはたまーに食べる事もあるけど→甘いわけじゃないから)でも誰でも知ってて皆が大好き、、みたいな商品って、結局のところ元祖が一番だったりするんじゃないのかな。何十年経っても続いてる人気っていうのはやっぱり元祖あってのものだから

ちなみにMikadoのテレビCMはこちら



これはヨーロッパ(フランス)でのCMと同じ物なのかな?まあ、台詞無いからどこでも使えるヴァージョンだけど、、、でもちょっとセンスは良く無いねえ、、、う〜〜ん・・・・

Banner