そういえばスルーしてしまっていたのが、ネイル。ホリデーの間だけでもとスカルプをやってもらったのだった。この辺りも最近はネイル屋が急増していて、通りのあちこちにある。でもほとんどがちょっとアヤシい・・・ ベトナム/東南アジア系の女の子達がやっている所がほとんでだけれど、爪が炎症を起こしたケースや、知らないでやってもらうと頼んだコースとちょっと違う安いバージョンでごまかしたりするという話を結構聞いていたのだ

行くならちゃんとしたビューティーサロンでと決めていたので、日本に行く前日にギリギリで予約を入れた。それにしても6時以降でオープンしてる所がなかなかないのよね、、さすがイギリスしかも郊外!
バイオジェルをやりたかったのでサロンで相談してみると、ジェルでのエクステは安定しないので自爪が基本とのこと。ちょっとそれには長さが無かったので、結局アクリルで長さを出してフレンチ仕上げにしてもらった
ふーん、うまく奇麗に馴染むものなのね〜〜。境目なんて全くわからないし。長さを決めて、フレンチのカラーもヌードよりちょっと春っぽい色にしてもらった。結構気に入って「わーいなんだか既にホリデー気分」・・って、写真撮るの忘れてたよ〜〜

バイオジェルじゃないので乾くまで小1時間待たなくちゃならず、ああ、、、荷物のパッキングが始められない・・ おまけにコンタクトレンズを外すのにまーちょっと苦労しましたわ。これは3日位経ってやっと簡単に取れるようになったけど、うん、今度爪の長いお客さんのトレーニングの時には良いアドバイスが出来そうだわ

慣れてないからちょっとヘンな感じはずっとあったけど、まあ2週間気分的にエンジョイしたのでした〜。キーボードを打つのが一番やっかいだったかな、、、3つの時から習ったピアノの先生にはいつも「手のひらは卵を持ってるように丸い山をキープして指を平たくつぶさない!!」といわれていたので、長い爪でキーボードを打つのはなかなか気持ち悪くて何度打ち間違えた事か、、!!

で、今お世話になってるのがこれ
jessica

ジェシカの、アクリルエクステで痛んでしまった爪のリカバリー用のベースコート。帰る前日に日本でオフしてもらったのだけど、やっぱりスカルプを取るとかなり爪が痛んでしまった! 削った後のラインが傷状になってるし、ショックだったのは、出戻りフライトの後に入ったホテルで親指の爪先が割れた事。今まで爪が割れた事なんて一度もなかったから、これには「やっぱりかなり痛んだんだなあ、、」と実感。ちょっと可哀想な私の爪達を観て、なんとかしようと思ったところ奨められたのがこれ。とりあえず一度短く切ってこのRestoration Basecoatを使っている

また5−6週間かけてちょっと長くなったら目立たないナチュラルな色でバイオジェルしちゃおうかな〜〜。派手色やデザインはNGだけど、ナチュラルなフレンチくらいなら仕事にも大丈夫かも・・・? なんてね、自分の中のポリシーが変わっちゃってるよ。まあ仕事柄もちろんプロフェッショナルとしては爪のおしゃれは諦めてたつもりだけどさ、、そんなに長くするわけじゃないし、奇麗に仕上げて清潔にしてあればいんじゃないのかしらね〜〜?? (実はすっかりもうそのつもり)

まあとりあえずは今のこの可哀想な状態から回復してからの事さ。やっぱりアクリルのスカルプはもうやらない・・・


こちらにもポチッとお願いしております
Banner