いや〜、時差ボケのせいか変なミスが続いた仕事・・・いけないいけない!
やっとデジカメの写真を整理した。その時は「おっ!」と思って撮るのだけれど、後になって本当に残したいか、と思ってみてみると結構ボツだったりするものが多い。結局50枚にしぼった

kokopeli

こちらが4月25日のブログで紹介した、家から30秒の所にあるロミロミのお店、Kokopelli←(こちら)
完全個室でゆっくりと対話しながらやっていただけて、本当にくつろいでしまった。(途中何度か寝かけてた、、、)今日は、この時に少し分けていただいたハーヴティーを入れて飲んでる。香りも良いし、ちょっと酸味(梅干し?)があって飲み易い。次回もまた是非行こう!


hills takeshimarket hills

今回は着いた日から電車の中や駅やいろんな所で遭遇した金城さん。六本木ヒルズのこのJava Teaのポスターは思わず撮っちゃったよ・・・ おまけにテレ朝のスクリーンにまでドアップで出てたし、、、なに気に癒されるんだよね〜、金城さん見ると。どうしてだろ?? ただハンサムっていうんじゃなくて、彼をみると心がホワっとするんだよね、ホント不思議な人だ。レッドクリフ、声が吹き替えてあったのがちょっと淋しかったけど、あの孔明も和みキャラだし・・・。

今回ヒルズでは朝市にもちらっと寄ってみました。この日は土曜日の早朝で雨、、、 でも新鮮なお野菜を安くゲットしたのでした。(4月25日のブログにどうぞ)



mitsubaokutama cafe

今回の山歩きは「奥多摩むかし道
私達は楽なほうという事で、奥多摩駅から奥多摩湖に行く昇りコースではなく、先にバスで湖まで行って戻って来る下りコースをとった。ま、下りっていうのも結構膝にくるんだけどね、、、このむかし道のコースはしょっちゅう民家の軒先を通る事になるので、一瞬「ここ通っちゃって良いの??」と思う事もしばしば。そんな中で、ある家のおじさんが山の三つ葉を採ってくれた。こんなに葉っぱの大きい三つ葉は初めてだし、確かに良い香り。他にも歩いてる人は沢山いたのに、何故か私達(美女2人?)に声をかけてくれたのだ、、、

奥多摩駅周辺は、「ちょっとお茶でも、、、」っていうお店があまりないのだけれど、穴場を発見。駅から1角行った所にある福祉会館の中のカフェ。畳敷きの部屋で足を伸ばせて、手作りのケーキでお茶が飲める。なんといってもお値段が安い!!(福祉会館ですからね・・・)写真のカップもお皿も裏の工房で焼かれた手作りのもの。帰りの電車までの時間つなぎにおすすめ。


curry@FISHkakiagedon

さて、最期は食べ物ネタ
カレーにはちょっとうるさい私は日本では基本的にカレーは食べない。美味しい!と思えるカレーに出会える事は滅多にないからだ。でも2年前に連れてってもらったここのカレーは辛くてスパイスが効いてて美味しい! 六本木1丁目、アークヒルズの中にあるカウンター式のカレー屋さんFISH. この写真は大辛のチキンカレー。色からして辛そうでしょ? はい、、かなりの激辛です。でもすっごく美味しい! 大辛じゃなくて普通のカレーでもかなり辛いし、むしろスパイスの絶妙なコンビネーションを味わうには良いかも。辛さで口の中が痛くなっちゃうと、味を噛み締めるのがキツくなるからね、、、ここはお持ち帰りも出来るのです

最期のおまけはヴァージンアトランティックで出された軽食、かき揚げ丼。これは6日の分で本来ならヒースローへ降りる前に出されるはずだったのが、成田へUターンという事で、成田到着直前に出たもの。この上に見えてるデザートのカステラケーキが美味しかった! ココナッツの香りがして、しっとりしてて・・・ちなみに翌日のフライトでも同じ物が出たので、2日続けて食べたのでした・・・
donmer 3-opera


今日はのんびり時差ボケ調整。BGMには94年のロンドン版「三文オペラ」をかけてココペリさんで分けていただいたハーヴティーを飲みながら写真の整理。今回の日本版の三文オペラはDVDにもCDにもならなそうな感じだけれど、訳詞だけでも書籍化ってできないのかしらねえ〜〜? 著作権っていろいろ面倒そうだけど、私が聞いてる94年版のCDは何でOKだったんだろう、、、??
これもかなりぶっとんだ意訳で、韻をふむ為にこじつけた駄洒落のような語がいきなり入ってたりして、何だこの歌詞は〜〜??! と笑ってしまう部分もある。かなり下品でダークな訳詞だ。でも歌の根底にある意味はキープしてるんだよね。そういう意味で、三上さんの詞も意訳とはいってもちゃんと根底にあるものは維持していた。字数の少ない日本語に本当にうまく集約してあって、だから歌詞を残して欲しいなと思うのだけれど・・・・もともとこの作品は、何度も書き換えられているのだし、ブレヒト自身が歌詞に関しては役者に意訳で稽古しろと言ってるくらいだから、この範囲での意訳は成功してると言える

さて、いい加減に時差ボケも言い訳にできなくなる、気を引き締めてまた頑張らなくちゃね。

Banner