1月5日の夜は「十二夜」(Twelfth night)と呼ばれ、この夜でクリスマスを祝う期間が終了する。十二夜を過ぎてもクリスマスの飾り付けを残しておくとその年に不幸が訪れると言われている為、みんなこの夜にせっせとデコレーションを片付ける。6日の朝には街のあちこちに枯れたもみの木が捨てられていたりする。我家も昨夜のうちに棚に飾っておいたクリスマスカードを全部しまった

日本はクリスマスは祝日ではないかわり、お正月を松の内の期間楽しむ。この松の内、私ははじめから7日間だと思っていたら、本来は15日までらしい。ただ最近の現実的な風潮として、今ではほとんどの地域で松の内=七日まで、ということになっているそうだ。日本的には10日くらいまでは、その年に初めて顔を会わせた親しい人には「明けましておめでとう」を言ってもおかしくない

街からクリスマスのイルミネーションが消える1月は、イギリス生活では一番暗〜い日々になる。冬至は過ぎたといっても、7時半に起きてもまだ真っ暗・・・(やっと白み始めるのが8時頃)そうそう、昨日の朝は初雪!どんよりとした朝に雪が舞って、それが地面に落ちても溶けないから滑るし・・・午後には晴れて来たけど、寒いのなんのって!! 2月に入るとすこ〜し日がのびてきたのが実感できるので、1月の間はひたすらジッと我慢して暗い冬をやり過ごすのだ。

日本の冬は、結構お天気がカラっとしている事が多いから私は嫌いじゃない。寒くても青空に太陽が出ていれば私は文句は言わないんです・・・・お正月のおせちが懐かしい〜〜。最期にお正月に日本に行ったのはいつだったか、、、?もう10年以上前かな・・・?新年のあのキリっとした神聖な空気がイギリスには皆無なのが毎年残念だ。実際特に今年はほとんど実感無く年が明けちゃったし・・・

とりあえず今回のクリスマス休暇中の収穫はチーズケーキロッティ(Roti)ロッティというのはインドの家庭用パンの事。インドレストランでカレーを食べると、一緒にナンを注文する事が多いけれど、ナンというのは、特性のタンドーリという焼き釜で焼くものなので、普通の家庭では作らないのだそうだ。普通の家では家庭で焼けるロッティ(あるいはチャパティとも呼ばれる)が主流だそう。

元日の夕食からインドカレーだった我家(シェフは彼で31日から作っていた)。当日になってナンもチャパティをも買ってなかった事に気づく。(普段はスーパーで買ってオーヴンで暖める)1月1日はお店はすべて休み!4つある大手スーパーはどこも開いてない・・・!ネットで調べてみると、作り方は別に難しそうじゃ無い・・・それならば!と私がロッティに挑戦してみた。本当はインド式パンに適した小麦粉を使うと良いみたいだけど、とりあえずあった普通のプレーンなものを使う。やってみたら結構簡単。今度からはスーパーで買う必要無さそうだわ・・・

まあねえ、クリスマスでお正月な日にカレーっていうのがいかにも私達なのだけれど・・・とりあえず昨日は私独りだったからざるそばなんぞ食べてちょっとだけ日本気分。お正月のこの時期はやっぱりいつも「日本がいいなあ〜」なんて思ってしまう。両親が健在なうちに一度またお正月に帰ろうかな・・・

まあ、イギリスの1月で唯一活気があるのがセール、SALEです!
今年はやっぱり不景気という事で客足のほうは悪そうだけど、その分売る方だって必死みたい。70%OFFなんてあっちこっちに出ている。まあ私の場合、いくら安くても欲しいもの以外は買いませんけどね・・・(欲しい物は高くても泣きながら買います)ただ、2月がうちの彼の誕生日なのでこの1月のセールは助かるのよ・・・今のうちに探しておこう。

十二夜も松の内も終わって、またいつもの一年が始まる・・・


今年も1クリックで応援してくださいませ
Banner