昨日、日本で文部科学省が提案した学習指導要領に、「高校英語の授業をなるべく英語で行う」というのが入ったそうだ。日本では中学から英語は必須科目であり、多くの人が中学/高校で少なくとも6年間英語を学び、大学入試や英検などでそれなりのレベルが要求されるにもかかわらず、日本人は英語が話せない

こちらの英語学校でも、日本人は宿題をやらせたらきっちりと正しい答えを書いてくるのに、教室ではいつもだんまりで意見交換に参加できないというのは先生達の間でも周知の事実で、日本人の多くいるレベルのクラスでは先生達も教え方を工夫していた。

何故かは明白。日本における英語学習が、コミュニケーションの為のものでは無いからだ。日本で評価される英語力というのは、語学力ではない。大学入試に必要とされる英語力は、辞書や文法書とにらめっこし、単語を丸暗記することで培われる。これは言葉を使って相手を理解しようとする為の言語学習とはいえないのだ

そもそも国語を教えるのと、外国語を教えるのとでは教授法だって全く違わなくちゃおかしい。国語の勉強は、いつもは考えずにしゃべっている日本語が、どんな構成になっているのか、文法上にどんな特徴があるのかを改めて学習する事だ。コミュニケーションとして当然のように使っている日本語を語学として分析する。でも外国語を学ぶのにはこのやり方ではコミュニケーションはとれない

実は私は英語の5文型なんて知らない
はあ?と思われるかもしれないけれど、私は不規則動詞だの、原型不定詞だの、分詞構文だのと言われても何の事か判らない。私の通った学校はちょっと違う英語教育をしていたからだ。

中学での英語の教科書には日本語はいっさいなかった。アメリカの外国人用の教科書だったんじゃないかな。だから日本語での文法説明用語を使わなかったのだ。もしかしたらそれだけじゃなく、ちゃんと文法を説明する授業もあったのかもしれないけど、覚えてない。私は日本で受験というものをしなかったからそれで済んでしまったわけだけれど・・・・

イギリスに来てからはこちらの語学学校に4年半通った。ケンブリッジ大学認定の一番上のレベルの検定試験を取るのに時間かかってしまった・・・)直接教授法で、もちろん授業はすべて英語だ。世界中から生徒がくるのだから当然。先生達と親しくなって個人的に話すようになってからは、「本当は母国語によっても教え方を変えた方が良い場合もあるんだけれどね」なんて事も聞かされた。

国語ではなく外国語として英語を教える際の文法説明はやはりイギリス人が中学校で習うのとは違うという。上級レベルになってからは、外国語としての英語検定試験問題と、現地の15歳の子達が受ける共通試験GCSEのEnglishの試験問題を比較してみたりもした。私自身がその後、日本語を外国語として教える日本語教師の養成コースを取った時、その違いがはっきりと判った。本当に世界で使える英語を学ぶには、今の文科省認定の教科書とやらを根本的に変えてしまわないと無理なんじゃないだろうか。

それにもうひとつ。これは本当に重要だと思うけれど、語学よりも、自分の意見を持ち、主張できるコミュニケーション力を育てる教育方針に切り替えたほうが良い。先生が教壇に立って一人でしゃべり続け、生徒達は時間中黙ったまま半分聞いていない、という授業ではコミュニケーション力は育たない。英語の授業で、クラスをブループに分けて一つの話題で討論をやらせてみるのだ。おそらく、日本語でさえ何を言って良いのか解らなくて何も言えない生徒が沢山いる事だろう

コミュニケーションする力を育てずして語学力は育たない。賛成でも反対でも良い。何故自分がそう思うのか、相手の何に賛同して、何が疑問なのか、日本語でも言えない人達が多いよね。日本では大声で意見するのはずうずうしいとか生意気だとか思われる風潮がある。このヘンな国民性こそ語学力向上の妨げになってるという事に、もっとちゃんと目を向けるべきだと思うけど・・・・?


こちらにも1クリックお願いします
Banner