やってまいりました、パリ!


それにしても早い、、あっという間に来られちゃうのね。ユーロスターのチケットに、最低30分前に来るようにってあったし、一応出入国の手続きがあるからと思って1時間位ゆとりをもって行ったんだけど、そんな必要なかった。3ー40分前で充分だったわ。

まず両替所でショック! レートがあ....!
もうほとんど£1=1ユーロなのよ、、、笑っちゃうね!!
改札と同時にフランス入国許可をもらう出国のチェック無し! さすがイギリス、去るものかまわずなのね。ここで入国を済ませちゃったせいか、ここからはロビーの空気が急にフランスっぽくなる。

ユーロスターはすごく静か。滑るように走る。でもあの座席の柄がよくないわ。グレーと茶色のしましまって趣味悪いんですけど、、、車内もちょっと暗いし。何度かちょこちょことトンネルに出たり入ったりして、ふと気がつくとさっきからずっとトンネルの中、、、 あれ!? あ、そうか、もしかしてもうドーバー越えてるんだ~

40分位トンネルで過ごしてまた地上に。え、、? さっきと同じ? 横の道にSTOPって書いてある。遠くに見える倉庫にもBeer & Wineの文字が、、、外の景色はトンネル前と変わってない感じだし。ここはどこ??
線路と並行した道を、車が右側を走ってるのを見てやっぱりここはフランスだ と安心する。ここからはホント、飛ぶように走った。あっという間にパリに到着。


なんだかとってもファミリアーなんですけど。北駅でユーロスターを降りてホーム降りた瞬間、あれ?ここってKins cross?....イギリスの地方にでも来たみたい。ここからホテル近くまで行くバスがあるはずだけど、一方通行になってて乗り場がわかりにくい。荷物もあるので、地下鉄にした。(地下鉄のほうが階段があるだろうって?!)


地下鉄はほとんどロンドンと変わらない。駅構内が一通になってるシステムとか、壁の汚れ具合やちょっとゴミが落ちてる感じもそっくり。ドアが手動だと聞いていたので乗る時に人がやるのを見ておいた。これが正解。私が降りる時、近くに降りる人がいなくて私が開ける羽目になった

チェックインした後ホテルから中心地にむかって ふらふら歩くと、いつのまにかギャラリー ラファイエットが。そしてすぐオペラ座。なんだ歩けちゃうじゃない、、、と思いながらオペラ~マドレーヌ周辺を一巡する。実はどんどん歩いちゃってるけど、実際には1時間以上歩いてたのだ。さすがにおなか が空いたので、セルフ式になってるヘルシーカフェなるところに入る。

日本語が入力できるっていうネットカフェをチェックしておいたのに、住所を見つけてみたら無くなってた、、、!
シャンゼリゼのVirgin Megastoreで英語のパリガイドが数冊あったので、調べてみる。ネットカフェはいくつか載ってるけど場所がちょっと遠い。とりあえず地下鉄で行きやすい所をトライしてみる。迷うこと20分、ようやくこうして書いております。PC自体日は本語の入力ができないけど、このサイトはとっても便利。ソフトを使わずに日本語変換してくれる。これから海外に行かれる方、このサイトなら日本語環境でなくても入力できますよ~~!  http://ajaxime.chasen.org/

ちょっと歩き疲れた、、、明日はホテルから近いモンマルトルを回ろうかな。 それにしても、これだけ書くのに時間がかかる、、、まあ仕方ないか。