今週末は3連休。この8月末のバンクホリデーが過ぎると一気に秋の気配になってしまう、、、って、今年はなんだか気温もぱっとしなくてずって22度くらいだったし週末のお天気もOn& Off(降ったりやんだり)だそうだ、やれやれ。

北京オリンピックも閉会式。あっという間だったね。
私は開会式を見逃して、やっとおとといの夜にBBCで再放送をしていたので観たばっかりだったのに、もう閉会式とは・・・・ それにしてもあの開会式は凄かったね〜〜 何がってやっぱりあの参加人数の膨大さとその協調性、さすが共産国!こういったマスゲームのような正確さと乱れの無い統一性を追求すれば、共産主義国には勝てません。

これはあくまで納得/感心しての意見です。 そう、素晴らしい!
いつも、どの国もオリンピックの開会式/閉会式では心に残る素晴らしいものを見せてくれるけれど、今回はまた別格なものがあった。 中国の人達は本当にこのオリンピックで世界の仲間になりたいと願っていたはず。だからこそ、口パク少女とか、体操選手の年齢詐称とかそういったせこい事はやっぱり無しにしようよ・・・・みんながニコニコと笑顔を振りまいてたけど、それだけが張り付いたように見えてもしょうがない。

開会式と今日の閉会式を観ていて、いつかどこかで似たようなものを観たことがあったのを思い出した。
むか〜しの事。某ベテラン女優さんの事務所に遊びにおいでよとお誘いをいただいて仲間数人でお邪魔したところ、「素晴らしいパフォーマンスのビデオがあるから是非観ていって」という事で観たのが創価学会の総集会のようなイベントのビデオだった。 宗教的な意味合いは私には関係ない。ただ、確か会場は西武球場だったか、そこに集まった何万という人たちの、号令一つで一斉に乱れなく次々と動きを合わせていくその協調性と正確さ、そのパフォーマンスの空気から生まれる集団催眠のような「心は一つ」の陶酔感は、見た目には素晴らしいと同時に空恐ろしいものがあって、ちょっと怖くなった。

別に無理矢理そこで勧誘されたわけでもないし、わざわざ「宗教だと思わないで集団パフォーマンスとして観てちょうだいね」と前置きをして見せてくれたので、それ以上は深く考えないで事務所を後にしたのだけれど、今回のオリンピックの開会式で、あの時のカンジと同じものを感じた。 さすがはチャン・イーモウ監督、素晴らしいし美しい。 それは間違いないのだけれど、ちょっと典型的/歴史的中国のイメージが強かったかなあ?もうちょっとモダンな2008年のチャイナの姿も親しみが持てたかも。

というわけで次は4年後、ロンドンです。
知らなかったんだけど、今日の閉会式に合わせてロンドン中心部(バッキンガム宮殿周辺)でHand over partyをやってるらしい。閉会式でのハンドオーバーからいよいよ4年後のカウントダウン開始という事だそうだ。 あんなに人が集まってるなんて思わなかった。閉会式でちょっと見せたロンドンのハンドオーバー用のパフォーマンスは、これまた北京側とは全く違って地味に決めていた・・・! でもこれがとっても飾らないロンドンらしくて、私はむしろ見た目の華やかさを追わなかった演出に拍手したい。

ダブルデッカーバスを待つ人々の列=Queue、半分ほどの人が傘を持ち(これはすごく現実的で笑えた)ある人は本や新聞を読み、あるいはiPodを聞きながら並んで待っている。 横断歩道を渡る子供を誘導する黄色いおばさん。  皆の動きはそれぞれがダンスの振り付けになっていて、これがチャイナ式とは180度違ってそれぞれに違った振り付け。でもこれが観ているととってもロンドン(イギリスじゃなくてロンドン)なのだ。

プレゼン動画はこちらをどうぞーBBCサイトより

ダブルデッカーバスから登場したのは、X Factorというオーディション番組からスターになり、イギリス人女性アーティストとして20年ぶりにアメリカで1位になったレオナ・ルイス。(Leonaについてはこちらを!)歌った曲がなんとLed ZeppelinWhole lotta loveで、おまけにギターはジミー・ペイジ!! これには驚いたよ〜〜! そうそう、最近はZepも再結成してコンサートやってるからね〜!(もちろんボンゾ抜きではZepじゃないんだけど)

そして登場したのがDavid Beckham。なんでここでもベッカムなんだと思う人もいるかもしれませんが、実はレオナもベッカムも4年後にオリンピック会場となる東側ロンドンの出身なのです。 メイン会場になるのは正確には東〜北東ロンドン。ちなみにJimmy Pageもロンドン生まれですが、彼は確かヒースローに近いほうで西〜南側だったはず。それでも一応ロンドン出身の代表という事でこの3人で正解という事にしていいんじゃない?

まあ、4年後の事ではありますけど、ころころ変わるお天気に気をつけて、真夏でも駅にも車内にも冷房のない地下鉄に覚悟して、ロンドンでも英語が解らないかもしれない事も頭において、是非世界中の人達にいらしていただきたい・・・・・やれやれ、これからの4年間はあれこれと税金が大幅値上げなんですよね、、、ツケが回ってくるのはこっちなのよ〜〜 ただでさえ、移民外国人にた〜っぷり払ってるのに、、、、うちは会場になるエリアとは隣り合わせ。どうなる事やら・・・・

こちらにも1クリックよろしくです
Banner