もう1年以上、私のお昼は徹底的にサンドイッチ、それもホットサンドだ。もうそれしか食べていない。 とはいっても全く同じではなくて、もちろんパンの種類を変えたり中身を変えたりしてる訳だけれど、それでもバリエーションは6ー7種類だ。それをとっかえひっかえ毎日毎日食べている・・・・

別にホットサンドが好きだから食べてる訳じゃないの、、、以前は職場の回りに数件あるカフェに交互に行って、サンドイッチや、サラダ、ジャケットポテト、ごくたま〜にパスタなんかも食べていたのだけど、基本的にお昼に重たいものは食べたくない。そして何よりも前にも書いた通り私はコーヒー通だ。 仕事場では忙しくてお茶を飲むなんて事は全くできないので、私の唯一の休憩=お茶の時間はランチタイムの1時間だけだ。この時にはせめて美味しい(部類にはいる?)コーヒーが飲みたい。 これも前に書いた通り、ロンドンでコーヒーが美味しい所は数少ない。職場周辺ではとりあえず2件のカフェが合格点だ。この2件ともイタリアンコーヒーのカフェなので、お昼に食べられるものとしてはサンドイッチかパニーニ(ホットサンド)しか置いてないのだ。 スターバックスもあるんだけどね、、、スタバのサンドイッチはひどすぎる!! 許せないくらいのお値段だし、、、だから行かない。
panini2

私の職場周辺は大きなギリシャ・トルコ系=キプロスからの移民のコミュニティー地区だ。 もともとは70年代にトルコがキプロス島を侵略して島の3分の1を占領した事件の折に、キプロスからイギリスに移住してきた人達が既に2世の世代になっている。いつも行くカフェの一つはイタリアンコーヒーのチェーン点なのだけど、お兄さんがキプロス系の人だ。ここでよく食べるのがロウンザとハロウミのパニーニLountza&Halloumi Panini)だ。 なんかちょっとイタリアンっぽくも聞こえるけれど、実はこれ、噛み砕いて言えばハムとチーズのホットサンドなのだ、、、ただし、キプロス風の。

ロウンザ(Lountza)は、脂肪のついていないポークのヒレを赤ワインやコリアンダー、塩等に付け込んでスモークしたハム。ハロウミ(Halloumi)は山羊と牛のミルクを混ぜて作ったチーズでモツェレラみたいにちょっと筋状な作り。 食感としてはポクポクしていて、初めて知らずに食べた時は鶏肉かと思った。 こちらも脂肪はほとんどないので、噛むとキュッキュと歯の間で鳴るカンジがする。そしてこのチーズは焼いて食べる事ができるのだ。

panini1


この焼きチーズという感覚は、それまでなかったものだ。 味はかなり塩っからい。ちなみにロウンザのほうもスモークハムなので塩気がきいているので、この2つが合わさったら味付けはいっさい必要ない。むしろ塩っからいのが苦手な人はダメかも・・・

普通のハムとチーズ、あるいはハムとモツェレラのパニーニもあるけど、ちょっと各々に違う。
よくあるハムとチーズの場合、パニーニにするとどうしてもチーズが溶けて脂っぽくなってしまうのがあまり好きじゃないので、これが一番食べる機会は少ない。 モツェレラはパニーニにするとびろ〜〜んと伸びる  お餅なんてもんじゃない。 むしろお餅よりすべすべしてるから伸びた時のとろけるような食感はなんともいえない。好きなんだけど、熱々のうちは伸び過ぎてちょっと食べにくいのが難点。 ハロウミは焼いてあるので、先にも書いたように鶏肉のような食感で食べられる。噛んだ時のポコポコした口当たりは癖になってしまう。高タンパクで高カルシウムだしね。

職場近辺の小さなスーパーではいかにもギリシャ系な食材が必ず置いてあるので、買って来て家であれこれ試す事もできるのだけれど、まだそこまでハマってはいない。 あくまでもお昼に食べるだけ。でもハロウミは使い道が沢山ありそうだ。地中海風にオリーブやハーヴと合わせて・・・・あ、もちろんワインやビールのおつまみにも最高!


1クリックしてくださいませね
Banner