C.N.Y.いつものマッサージとリフレにチャイナタウンに行ったら、丁度先週が旧正月でまだHappy New Yearの雰囲気だった。そういえば木曜日だったかな、カフェでいきなり「A Happy New Year!」って言われて一瞬はあ〜?だったのよ・・・・何年か前にも道で全く知らないすれ違った人から言われた事がある。「今頃(2月)何言ってんの??」と思ったのだけど、まあうちのほうは日本人っていうか東洋人が滅多にいないし、こっちの人に区別がつかないのは当たり前。

でもねえ〜〜 やっぱり変じゃない?そういえばこの間うちのボスまで変な事を言った。タイ人の子供の検査の時に、お母さんがあまり英語が上手じゃなくて、ボスは検査にかなり時間がかかってしまった。私に引き継ぐ時に、「君のほうが少しでも言葉が解り易いんじゃない?」って言う・・・ちょっとまってよ、タイ語なんてひとっことも解りません!! 多分中国語と日本語は漢字っていう共通点があるからと思ったのかもしれないけど、それ以前にタイ語は漢字じゃありませんってば。そんな事を言われる度に、なんてIgnorantな奴等だ・・!って思ってしまう。

だって、、考えてみて欲しいのよね。7月14日に私が道でイギリス人に「革命記念日おめでとう」なんて言ったらあなたどう思う?って・・・「オレがフランス人にみえるか?!」って大憤慨するに決まってるよね。実際私だって日本に居た頃は、ヨーロッパ系の人はみーんな「白人」としかわかんなかった。 英語しゃべってるっていうだけでイギリス人とアメリカ人はおろかそれが外国訛りだろうが同じにしか聞こえなかったし・・・そう、本当にIgnorantだったんです。 今から思うとあの頃の自分ってホントに恥かしいから、逆にそういう事を言われると悲しくなる。

クリニックではいつもの先生にマッサージしてもらいながら、もう一人のスタッフの女の子の話も聞いていた。オリエンタルな物が置いてあるスーパーに、New Year Puddingなる物が売っていたという事で、あれって何なんですか?って先生に聞いている。でも中国人の先生頭をひねって何の事だか解りかねる様子。やっぱり中国は広いから地方によってもいろいろあるし、デザートでもケーキとして焼いたものや、蒸したもの、フルーツを使ったもの等あるそうで、一概にNew Year Puddingという名称のものは無いという。 日本食でもJapaneseと称してちょっと違うっていうものも沢山あるしね。

のんびりマッサージとリフレで1時間半リラックス。でも実はリフレはかなり痛い。 リフレクソロジーっていえば、英国式って言われるものが日本でも流行ったりしたみたいだけど、あれはかなり甘い。以前ホテルのサロンでやってもらったけど、なんだか物足りなかった。東洋式のほうがかなり痛いけど、なんていうか、身体の老廃物が出されていく感じがして足がホントに軽くなる。リフレじゃなくても、足裏のマッサージはホントに癖になってしまう。もう毎日でもやって欲しいくらい。やっぱりヒールのある靴で一日いるだけで足の裏って疲れてるのよ・・・・

TEA帰りがけに漢方の薬の並ぶ棚を見ながら、ここ3ヶ月で急に体重が増えちゃったもので、「先生なんか痩せ薬ない?」と聞いてみると、「あるよあるよ」と飲み薬やお茶を見せてくれる。 便秘がちの人に良いタブレットやら朝鮮人参入りの痩せるお茶なんかを説明してくれるのはいいんだけど、先生自身もコロコロとした方なので、イマイチ説得力に欠ける・・・? その中に強烈なインパクトのお茶を発見。減肥茶の文字に後光が差してて、この絵の女性もなんとも幻想的で天女のようじゃ〜ありませんか! (クリックすると大きな画像になります)

成分的にはナチュラルで、便秘症向けでは無いとの事。 お腹がゆるくなる系のものは要らないので、私には良いかも。もうひとつの朝鮮人参入りと比べてどっちにしようかと思ったけど、やっぱりこのインパクトには勝てません。「お茶で痩せよう」と本気で思ってるわけじゃないけど、まあ勢いというか・・・買ってしまった。

じゃあ、次に来る時はこの箱の絵の人みたいになって来るね〜 と宣言してしまったので、う〜ん、のんびりお茶なんて飲んでる場合じゃないよ。Billyさんに入隊しようかしら。  でもこのお茶結構飲み易い。いつものプーアール茶代わりにしばらく試してみますかね。


1クリックで減量にも御協力を〜〜
Banner