ここ数日、アクセスが増えたなあ〜と思って普段はあまり気にしていない解析をみてみたら、映画の「ラスト・コーション」が日本で公開されてるらしくて、検索して来てくださった方が多いようですね。(こちらこちら 御覧になった皆さんはどんな感想を持たれたのかしら・・・?私は少し期間を置いて、また観てみようかなと思ってます。

さて今日は彼も一緒に休みの日曜日。え〜、、前にも御紹介しましたが、我家のシェフは彼でございます!
私だって作らないとか、作れないとかっていうわけじゃありません。以前はもっぱら私が作ってたんですけどね、、、いつの間にか料理が彼の唯一の趣味というかこだわりになってしまったので、私は邪魔をしないようにしてるだけなんです。

日曜日に彼がDinnerを作るモードに入った時は、イギリス式サンデーディナーのメニューが多い。ローストビーフにヨークシャープディングと野菜といったサンデーローストの時もあるし、今日はこれまたイギリスの代表的家庭料理、パイです。パイにもいろいろあって、ミンスのビーフとオニオンパイとか、チキンとマッシュルームのパイ、ステーキ&キド二ーパイなんかがポピュラーですが、今日はチキンとマッシュルームのパイになりました。

パイ生地にも2種類あって、crusty(Short crust)=軽いビスケットのようにポリポリした生地、puff=薄い紙が折りたたまれたような、ふわふわ感があって焼くと膨れる生地、とある。 Puff pastryは作るのがちょっと手間なので、あらかじめ出来上がってロール状になって売られているものを使ったほうが無難です。うちの彼もパイを作る時の生地はcrustyな奴です。

pieWaitroseというスーパーに、私達のお気に入りのソースがある。クリームソースなのだけれど、マスタードとタラゴンが入っていて、これがすごくチキンと合う。 最初にタラゴンとマッシュルームの相性の良さを発見したのは、近所のイタリアンでだった。スターターに頼んだマッシュルームのタラゴンソースというのが絶品で、それ以来彼のお気に入りに。さらにタラゴンを追求した彼が発見したのがこのCreamy mustard&tarragon cooking souce 今回はチキン&マッシュルームだけでなく、ニンジンとスウィード(スウェーデンカブ)も入れてゴロゴロと口当たりの良いものが出来上がった。 付け合わせの野菜は今日はシンプルにブロッコリーとスウィートポテトのマッシュのみ。スウィートポテトの甘みがパイソースのマスタード風味にうまく対応して大正解!

もう一つデザートにアップルクランブルも作ったのだけど、チキンパイで既にお腹一杯状態だったので、「後にしよう」という事に。後はオーブンで表面を焼くだけ、という状態で一時休止。

アップルパイはこれまたいくつかの種類がある。
アップルパイ=short crustのパイ生地と同じものをつかって中身を包んだ一番ポピュラーなパイ。カスタードソース、クリーム、あるいはアイスクリームと一緒に食べる。一番人気はやっぱりカスタードでしょうな〜〜 街のカフェでアップルパイをカスタードで頼むと、ほとんどパイがクリームの池に埋もれて出てきます。ちなみに私は冷たいままのパイに熱いカスタードがかかったのが好き。人によっては逆の人もいれば、パイもクリームを熱々が好きな人もいる。

appleアップルクランブル=パイ生地で中身を包むのではなく、ポロポロとビスケットが崩れたようなクランブルで表面を覆って焼いたもの。パイ生地とクランブルとの違いは単純で、水やミルクを入れない事だ。だから粘りがなくてボソボソのままの口当たりになる。生地に手間がかからない分作るのが早い。

アップルシュトルーデル=パリパリの薄い生地で中身を包み込んだもの。これは大陸風で本来のイギリス式アップルパイ程には馴染みはない。でも最近はヨーロッパ風のカフェなんかでポピュラーになっている。

いづれにしても大事なのは中身。使うリンゴは一番良いのがCox。これはリンゴとしてはかなり酸っぱいけれどパイにすると美味しい。硬めで煮崩れも少ないので、程よいシャキシャキ感が残せる。 CoxがなかったらBraeburnもお薦め。coxと似ていて、こっちのほうがリンゴとしてはシューシーだ。ちなみに私は必ず毎日の朝食にこのBraeburnを食べる。後はシナモンとクローブが絶対に必要。クローブは彼も最初の頃よく失敗していた。入れ過ぎでやたらと香りがきつかったりして、何度か試してやっと適量を掴んだみたい。 うちは2人共甘いものが嫌いなのでお砂糖はいっさい入れない。でもリンゴの甘みで充分だ。 パイと違って、クランブルを食べる時は、カスタードが多過ぎるとベチャベチャになってしまう。カスタードクリームはスプーンで上から振りかける程度にしておく。お砂糖が入ってない分の甘みをちょっとだけ足す感じ、これで完璧!

とまあ、典型的な日曜日のイギリス風ディナーでした。でも私は全然やってないんですけどね・・・・あ、写真のブロッコリーは私が茹でましたが、、、、


ランキングにも1クリックお願いします
Banner