数日前、帰ったら手紙がきていた。 NHSと封筒に大きくかかれてある。イギリスのNHSといえば、かつては「ゆりかごから墓場まで」なんて言われた健康保険制度の事だ。 医者にも行ってないのにNHSの文字の入った手紙が来る事なんて滅多にない。開けてみると、なんとNHSサービスに関するアンケートだった。 いったい何だって私のところに来たのかは神のみぞ知る、、、、きっとランダムにいろんなクリニックから登録してる人をピックアップして選んだのだろう。それにしてもまさに「ちゃんちゃらお可笑しくて、涙が出そう」な内容だ・・・・

* 過去6ヶ月の間にドクターにアポイントメントを取ろうとした事がありますか?
* ドクターとのアポイントメントは2日以内で取れましたか?
* 過去6ヶ月の間に何回ドクターにアポを取りましたか?
* クリニックに問い合わせの電話をして、すぐにそれ相応の人(ドクターやナース、)と話が出来ましたか?
* クリニックのオープニングタイムは都合が良いですか?

・・・・・ってな項目が延々と続く。へッッ!ざけんじゃねえよ!  と毒付きたくなるのをぐっと押さえ、眺めているうちに、もうあきれてどうでも良くなってくる。

はっきり言って答えはすべてNO  第一、ドクターにアポなんて取ろうとさえ思わないのが現実。こちとらフルタイムで必死に働く身・・・土日が休みのクリニックに行かれる時があるとすれば、自分が休みの火曜日しかない。でもそんなにタイミング良く具合が悪くなったりはしないし、第一アポを取ろうったって、いつも1週間位先まで一杯で取れないのだ。 1週間あったらほとんどの症状はすでに快方に向かってしまう、、、で、結局医者には会わずに自然治癒で立ち直る・・・・・

実は、もう1年以上前に受けた検査の結果がまだ来ていなかった事を、ついこの間思い出したのだった。 この検査、女性には3年に一度無料でしてくれる子宮頚管ガン予防の為のもので、ドクターではなくナースがやってくれる。ほんの10分程のアポなんだけど、タイミングが難かしい。Mid-cycle=つまり、女性にとっての身体の周期半ばに来て下さい、と言われる。 で、まずその頃に近い火曜日を予約しようとすると、一杯で取れない・・・仕方なく、とりあえず1ヶ月先の日を予約しておくと、何故か周期が狂ったりするので、またアポの取り直し・・・・というハメになる。 そんなこんなで数ヶ月かかってやっとナースにアポを取って検査してもらった。

ところが、それから3ヶ月位たって、GP(ホームドクター)から手紙が来た。てっきり結果だと思って開けてみると、なんと・・・採取したサンプルが充分ではなかったのでもう一度検査に来てください、という事だった。 またまた次のアポを取るまでに数カ月を要し、さすがにドクターからも「早く再検査を」というリマインダーが3通くらい来た頃にやっともう一度行ってきた。 それが考えてみたら2006年の11月だ。もう1年以上前になるけど、結果が来た覚えがトンと無い・・・!私自身忘れていた、という事を思い出したのだ。

再検査に行けなかった間、何度も催促の手紙が来たくらいだから、悪い結果だったらいくらなんでもドクターから連絡があるとは思うけど、タダより怖いものはない、の代表的なNHSですから、そこはなんとも判断し難い。 一応クリニックに電話して、結果が私のところに来てない事だけでも言っておこうか・・と思案していたところだった。(GPのほうには来てるだろうとは思う)

そこへもってきて、こんなアンケートに答えろって言われてもねえ〜〜〜・・・・ 余白に思いっきり何故答えがNoなのかを書き殴って送ろうかとも思ったけど、無駄な労力は省く事にしました。

今日の新聞に出ていたニュースで驚ろいた。もう10年くらい前の、大好きで欠かさず観ていた人気コメディードラマに出ていた女優のLeslie Ashさんが、3年前に下肢が麻痺状態になっていたのを私は知らなかった。 小顔でブロンドの洗練された綺麗な人で、実は私は一度会った事がある。以前働いていた職場に来た事があったのだ。可愛い人だった。

LA3年前に、夫婦での行為中にベッドから落ちて2か所を骨折、肺に穴があくという事故に合い入院。 ところが入院先の病院で、黄色ブドウ球菌に感染し、胸から下が麻痺してしまったそうだ。 3年かかって今は車椅子無しで、杖を付いて歩けるところまでにはなったそうだけど。 病院を訴えていたところ、裁判になる直前に交渉によって賠償金が成立した。以前のように人気女優としてやっていく事はできない、という判断の元、500万ポンドの賠償金を勝ち取った。 まあ、病院側が非を認めて、裁判前に過去最高額を提示したのは、ボロ隠しよりはずっと良いけど、キャリアも人生も壊されてしまった事に変わりはないわけで・・・・

いつまでドクターに会わずにいられるものかは解らない。でもホント、タダより怖いのがNHS医療なんです。 日本だったら、引き出しから保険証を出して、「ちょっと医者行ってくるね」って言って、風邪なら内科、捻挫なら外科、中耳炎なら耳鼻科にいけば専門の先生がいるわけで・・・・ それって、本当はすごく当たり前に心強い事なんだなあ〜〜

ちなみに私は11月に挫いた右足首がまだ治らない・・・ いつもの捻挫と違うカンジで、レントゲン撮ってもらったほうがいいかな、とも思うけど、何処へいけばいいのか正直解らないので行ってません・・・治るのかね、これ、、、???


1クリックで励ましてくださいませ〜
ランキング大