イギリス料理はマズイ と定評がありますが、それは正解でもあり間違ってもいます。

基本的にイギリス料理は、食材の良さを生かす事には結構こだわっても、味付けのアドベンチャーには興味が無いわけです。 つまり、イギリス料理で有名なローストビーフというのは、要は肉の塊をオーヴンに放り込んどきゃあできる訳ですが、それをいかにジューシーに、回りと中側との口当たりのバランス良く、肉と脂のうま味を引き出すようにローストするか、というのが勝負です。 その代わり、いろんなハーブやスパイスを使ったり、色とりどりのオリジナルソースで味付けするといったような事にはあまり挑戦せず、もっとバラエティーに富んだ味や形にしようという、食に対する情熱=パッションがフランス人やイタリア人のようには無いわけです。

そうだなあ〜、、、言ってみれば、華やかに美しく着飾って綺麗にお化粧した姿よりも、溶けるように柔らかくて弾力のある肌と、つややかな髪の裸体を楽しむのがお好みなのかもしれませんね〜・・・・(そうか〜?)
まあいいや。とりあえずこの時点でお断りしておきますが、今日の話題はイギリス料理を褒めているのでも、庇っているのでもありません。むしろ8割くらい逆です。 たまたま見ていた料理番組があまりにも冗談みたいで馬鹿馬鹿しい程だったので、正直あきれて(逆に)物が言いたくなってしまったわけです。つまりは、、、

I am taking the piss!! (これを訳すのはちょっと微妙なんだけど、まあ嘲笑して皮肉っている、という事です)

昨日Food Channelでやていたイギリスの代表料理「Fish & Chips」。Fishのほうは、白身魚の切り身に衣をつけてカラリと油で揚げた物。衣は小麦粉を溶いたタイプが主流で、これにはパン粉は使いません。Chipsというのはジャガイモをザク切りにして油で揚げた「ポテトフライ」の事。どっちも揚げ物なので、実際は結構ヘビーで、だからこそ如何に脂っこくなくカラリと仕上げるか、魚もポテトも食感良くホクホクにできるかが勝負になるわけです。 ちなみにイギリスのChipsは、日本の付け合わせのような半月形のポテトフライとも、マクドナルドにあるような細切りのフレンチフライとも違うんです。実際こちらでも、細いやつは「フレンチフライ」と呼び分けてます。

Chipsとは,ジャガイモを縦に1.5cm位の幅にザク切りにし、ジャガイモの表面のでこぼこが少し解るような形をしてます。当然端の部分は短かく、中の方のは長ーいものになります。これ以上細くちゃあchipsではありません・・・余談ですが、日本のポテトチップス、つまり薄い輪切りでパリパリにしたものはCrisps(クリスプス)といいます。慣れるまでちょっと舌を噛みそうでした。このChipsを極めるレシピをテレビでやってたわけです。

 まずはポテト選び。思いっきりスターチの多い粉っぽいタイプを選ぶ。茹でると回りが粉を吹いたように崩れ始めるもの。新じゃがのような、長時間茹でても煮崩れしないワックス系のものはダメ。1,5cmくらいの太さで縦に切ったら10分程水につけて余分な澱粉質をとる。

 水から入れて15分くらい茹でる。この時、回りが粉をふいて少し崩れそうなギリギリの所で止める。茹で過ぎるとボロボロに崩れて、茹で足りないとホクホク感がでない。

・ 崩さないように注意して、すぐに氷水につける。冷めたら、1本1本重ならないように平に並べて冷蔵庫で30分程冷やす。→こうすると、じゃがいも内部で再び澱粉が結晶を作るのだそう。

 30分経ったら油で揚げる。この時回りが黄色く色付いてきたら、茶色になる一歩手前で引きあげる。熱をとり、冷めたら再び平に並べてまた冷蔵庫に30分入れて冷やす。→何でだか忘れた

再び油で今度は回りがカリッとするまで揚げる。→中はふわふわで外側がカリカリの、究極のチップスの出来上がり。


いや〜、、これだとチップスだけで軽く1時間半以上はかかる事になります。素晴しい・・!実際これだけで料理番組30分を使ってるんだから凄いですね〜〜。 これにsalt&vinegar、つまり塩と茶色のモルトビネガーをたっぷりかけて熱々を食べるのがイギリス式。このモルトビネガー、最初は「うわ〜!」と思ったけど、一度食べると何故か病み付きになります。もちろんケチャップに付けるのもポピュラーですが、この塩とソルトビネガーの組み合わせは油っぽさを消してくれて、両方とも揚げ物のFish & Chipsを意外にさっぱりと食べ易くしてくれます。←本当です

それ以外の味付け、、、?ありません
素材のもつ食感を最大限に生かした、これぞ究極のイギリス料理です。他にどんなアレンジが必要あるでしょうか・・・!ハーブもソースもまさに邪道です。さあ、魚のフライとポテトフライで調理時間2時間です。是非お試しくださいね!
先ほども述べた通り、I'm taking the piss. ですのであしからす・・・・


ランキングに1クリックお願いします

ランキング大