なんと、、、地元のスーパーWaitroseにて、だし昆布を発見!

日本ものの製品を発売しているYUTAKAというブランドがあって、お米、巻き寿司用の海苔、ガリ等、手巻き寿司なんかが一通り作れる製品を出しているのだけど、このYUTAKAシリーズに代わってWaitoroseは違うブランドの商品を置き始めた。

Clearspringというオーガニックフードブランドで、YUTAKAよりはるかに商品幅が広い。
お味噌も数種類、なんと、梅干し(梅肉のピューレ)、だし昆布、蕎麦、うどん、舞茸や椎茸のキノコ類、海苔も数種類あるしお煎餅やお茶も・・・・ 日本食というよりは、ちょっとアップマーケットなオーガニックヘルスフードといったコンセプトのようだ。ただ、お米はYUTAKAが気に入っていたので、近所になくなるのはちょっと残念。Yutaka米は無洗米、つまりお米を洗わなくて(とがなくて)よかったので、とっても楽チンだったのだ。

お味噌が近所で買えるのは便利! 中華風の料理にも使えるし、この前のサバ味噌もまたそのうちやってみるつもりだし・・・・ あれば使うのに、都心までわざわざ買いに行く程じゃないので使わないという物の一つ。麦味噌もあるし、八丁味噌まで。でもね〜〜、、、、高い!
ちょっと〜何でこんなにお高いの??!!

Yutakaシリーズのほうが商品もお値段も庶民的だったわよ! 別にオーガニックとか、いかにも中流階級を意識した品揃えやパッケージにしなくたって良いわけですよ、、、う〜〜ん・・・・

そういえば、5月に日本から戻って来る時に彼が成田で買ったお煎餅が、まだ封も切らずに戸棚にある。 手焼きのよくある醤油の香ばしそうなやつだけど、あれ食べるつもりあるのかしら、、?っていうか、きっとすっかり忘れてるのかも、、、

お煎餅って実はビールやワインと食べるとすっごくマズイですよね! あれはやっぱりお茶と一緒にポリポリ食べると一番美味しいようにできてると思うのです。お米と醤油の香ばしさが緑茶の香りとよく合う。でもホップの効いたビールや、フルーティーなワインと一緒に食べると、口の中が臭くなって、すっごくマズイ!

・・・・と途中まで書いた所で小腹がすいたので、鬼のいぬ間に例のお煎餅をもらってしまった、、、美味しいよこれ! 成田で売ってた「ガンコ親爺の手焼き煎餅」ちょっと薄型で、海苔もぱりぱりです。

ついでにSoyBeans(枝豆)も一緒に食べて来ちゃいました。これは最近発売されたもので枝豆の冷凍もの。ただし殻はなくて豆だけ。 枝豆はやっぱり、あのちょっとふわふわした殻を下の先でキュっと潰して、つるつるの豆を口の中に押し出すのが快感なんだけど、まあいいか。 豆はつぶも大きくて綺麗だし、ちょっと茹でて塩をふって、お煎餅と一緒にプーアール茶でいただきました。

なんか変な昼食、、?でも今日は朝が遅かったし、彼が後でサンデーロースト(ローストビーフにローストポテトと茹で野菜という、典型的なイギリスのサンデーディナー)を作ると言ってるのでお腹をセーブしておかないと、、、

さて、昨日配達されたHarry Potterの最終巻。 早く読みたくて、もう少しだったシェイクスピアの謎解きスパイ説の本を超特急で読み終わりました。政府のスパイとしての、二重生活、グローブ座火災に際しての大怪我による引退、スパイ行為の報服による毒殺・・・・

真相は誰にも断定できないけれど、うまく繋がってる。Phillips氏の歴史探偵本は、いくつもの疑問点を繋ぐ糸口を探すという手法だ。これとこれを繋ぐ何かがどこかにないか、、、と探して探して何かを発見する、という方法。 彼の最新の本がついおととい届いたばかり。でもこれはやっぱりハリー・ポッターの後にしよう。

いよいよ完結かあ〜 第一巻が出たのは10年前。当時小学生だった人たちは今18-19になっているわけで、まさにハリーと共に育ったと言って良い。 最終章は最後まで読まないと決めてる。10年かかって辿りついた最後の場面がどうなるのか、、、 読み始める前に前巻の最後をもう一度確認しなくては・・・わくわく、、、わくわく、、、、

ランキングに1クリックで応援してください
ランキング大