見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

January 2019


あっという間にもう1月も後半!なんという事!

ひさしぶりに日本の番組をチェックしてみる。今年は NHK大河を追ってみるかな。本がクドカンさんだし。大河を一年間ずっと追う事は少ないのだけれど、「真田丸」以来だなあ。まだ序盤だけれど、ちょっと変わった焦点で面白いじゃない。大河ドラマっていうと、ちょっと歴史物からはずれたり年代が近代物になると人気が落ちてしまうものだけれど、視聴率とかは関係ないと思うのでね。キャスティングも揃っているし。

もうひとつ、小振りながらちょっとハマっているのが「新しい王様」。久しぶりに役者らしい藤原竜也がいる。これはやっぱり香川照之さんと競演しているからに他ならないね。「そして誰もいなくなった」とか「リバース」も話としては面白かったし、それなりだったのだけれど、やっぱり「私が観たい藤原竜也」には役不足だったと感じている。だから今回真っ正面から香川さんと火花散らしているのが凄く嬉しい!!

久しぶりにドラマで(舞台ではなく)竜也くんらしい姿をみて、なんとなく似たような感じを持った気がして考えてみたら、そうか、私が昔まだ10代だった藤原竜也という役者に感じたものを、最近はスケートの宇野昌磨選手に感じているのだと気づく。

「似ている」というのでもない。でも共通するものを感じるという事で、私の中でなんとなく「応援する人」というのが繋がっているのだ。芝居とスケートではもちろん畑は違うのだけれど、まだジュニアで全日本に出たきた頃の昌磨くんのスケートに感じた「持って生まれた独特の表現力」が、素人で蜷川幸雄さんに見出されて初めて芝居を経験した頃の藤原くんの「フッとできてしまう演技」に似たものがあった。

役者でも、自分で本を書いたり演出をしたりできるセルフプロデュース力のある人もいる。でもそうではなくて、本を渡され、役を与えられると、書かれているセリフの何倍もの演技ができてしまう役者というのがいるのだ。大竹しのぶさんもその一人だと私は昔から思っている。まだ自分も劇団で芝居をやっていた頃に出てきた大竹さんを「この人は何十年に一人の天才だ」と思い、その大竹さんの次に同じように「天才だ、、、」と思ったのが藤原竜也だった。

でも「天才かも、、?」と思う素質を持った人が本当に「天才だ」と言われるようになるのは、地を這い泥を舐めるような努力をしてこそだ。良い指導者に出会うというのも大切な要素だ。選手には良いコーチ陣、役者には演出家・監督。高みを目指すために自身をギリギリまで追い込む努力を欠かさない人が上に登っていける。

竜也くんは舞台では蜷川さんにボロボロにしごかれ、映画では深作欣二監督に煌めくような演技を引き出され、大河の「新撰組!」では三谷幸喜氏の当て書きで沖田総司のものすごい振り幅の演技を見せた。15才でのデビュー当時はもちろんまだ半分子供みたいだったけれど、「バトルロワイヤル」から「ハムレット」、そして「新撰組!」の18才から22~23才の頃は何をやってもどんどん伸びていって「この人はどこまでいくんだろう、どんな役者になっていくんだろう」と目が離せない気持ちだった。

シニアデビューしてからの宇野昌磨選手もまさにそうだ。どんどん伸びていく。「どこまでいくんだろう」と次の大会が楽しみになる。そして藤原くんは芝居に対して、昌磨君はスケートに対して真摯で、最大限の努力をし続けるのは共通しているようだ。技術はもちろん重要だ。役者としての技術は声や滑舌、呼吸、身体の動き等、感覚だけではできない事が多い。スポーツであるフィギュアケートはもちろん技術なしには戦えない。どちらもいつも完璧なわけではない。でも「役」を、「プログラム」を自分の色に染めて観る人に届けることができるというのは「練習」だけではできない事だ。

全日本で怪我を押して優勝した宇野選手は棄権を説得するコーチ陣に「僕の生き方です」と言い切ったそうだ。大人達は「そう言われてしまっては、、」と彼の生き方を否定する事はできずに、強行出場を認めざるを得なかったという事だ。藤原竜也の伝説のロンドンデビュー公演でも似たようなことがあったのはよく知られている。

初舞台、ロンドンデビューの「身毒丸」の公演最終日、腰痛が悪化した竜也くんは歩く事も、立つことすらできない状態になってしまい、仕方なく蜷川さんは2回公演のマチネに代役を立てた。昼公演は中止になったのだと思って午後に這うようにして劇場に来た竜也くんは代役が立っていた事を知ると大声で「いやだいやだ!」と泣き叫び、楽屋のソファーに突っ伏して大号泣し、夜の公演には自分が出ると言い張った。

「お前それは無理だろう」と蜷川さんが説得しても、共演の白石加代子さんが慰めても聞かずに、大声で楽屋中に響く声で泣き叫び続けたという。その姿を見た蜷川さんは、「今この子を舞台から下ろしたら、この子の人生は変わってしまうかもしれない、この15才の少年はもう一生大人を信じられない人間になってしまうんじゃないか」と思い、心中覚悟で出演を許したという。いつでも代われるように代役が衣装を着けて舞台袖で待機しながら幕を開けた千秋楽公演の藤原竜也は、狂気を孕んだような、鳥肌が立つような演技だったと蜷川さんは後々まで語っていた。

しばらく忘れていたそんな事を思い出しながら見ている「新しい王様」。竜也くんももう30半ば、父親にもなったし、蜷川さん亡き今、これからどんな熟年俳優になっていくか、、、長身だけど童顔だし、これからどんな役で光ることができるのか、、、?

2月にはスケートシーズン後半の国際戦が続く。昌磨くんの捻挫は治ったかな?6週間くらいかかるような捻挫だとまだ本調子じゃないかもしれないね。でも出るんだろうな。四大陸の後にはチャレンジカップにも出るようだし、振り付けの手直しはあったのだろうか、、?フィギュアの選手は役者のように一生やっていけるわけじゃない。身体のピークは過ぎてしまったら若返りはできない。だから、本当にこれからの2−3年が「フィギュアスケート選手」として達成できる頂点になる。

藤原竜也が21歳で演じて賞を総なめにしたハムレットのような演技を宇野昌磨がスケートで魅せてくれるのが待ち遠しい。今、とても近くまで来ている、、もう少しだね。怪我だけが心配だけど本当に「その時」を楽しみにしている、、、
 


A Happy New Year!
あけましておめでとうございます。 

 あっという間に明けてしまった新年。今年はのんびりと家でグダグダしている間に迎えてしまった。丁度新しい携帯が31日に届いて、色々といじっていた。本当に最近は便利で、前の機種も同じsonyのXperiaだったので、2つの携帯を並べてポンポン!とタップするだけでものの10分で全てのセッティングやアプリを移行させることができた。本当に簡単!

3日前に観てきた「アントニーとクレオパトラ」、主演のレイフ•ファインズはじめ、役者たちは良かったし、ストーリーとしては私も興味のある歴史ものなのだが、とにかく長い!10年という月日を描いてはいるのだけれど、久しぶりの3時間半はとても長く、中だるみもあってウトウトしそうになる事数回、、、ナショナルシアターのセットはいつも素晴らしいのだが、演出的にはう〜ん、いまいちピンと来なかった。なので感想ブログはパスということにする。

毎年ビッグベンの音で新年を迎えるロンドン。現在ビッグベン(ベルそのものの名前)は調整中で、もう1年半前からベルは鳴らしていないのだが、新年だけは特別。でもちょっと音に厚みがなかったなあ〜。そして恒例の花火!!

テムズ沿いのロンドンアイを中心に繰り広げられる大スペクタクル、、、なのだが、テレビで見ていてちょっと「飽きてきた」感じもした。 毎年「これでもか!」というくらいの大花火大会で、おそらく各国首都での壮大な花火に負けじ、というライバル意識もあるのだろうが、ちょっと違うんじゃないか、、、という感想を持った。なんだか「美しくない」のだ、、、

何故花火が美しいか、、、それはやっぱり暗い夜空に色とりどりの模様が浮かび上がるからで、日本の「夜空に花が咲く」ような美しい彩の花火はまさに夏の風物詩。でもこちらでの花火ってちょっと違う。

DSC_1291-1152x648
ロンドンアイを使って色と形のコントラストが巧くかみ合っている花火はまだ綺麗だ。これなんかは良い例なのだけれど、このロンドンアイ自体が明るすぎるとちょっと引き立たなくなる、、、、
DSC_1297-1152x648
これは色の調和が良くない例。ロンドンアイの周りをロケットのように回って打ち上がるのは見ていてエキサイティングだけれどね。そしてどんどん派手になっていきます、、、

DSC_1298-1152x648
どんどん明るくなっていって、いろんな色が混ざっているのになんだかそれぞれが引き立たなくなってくる。それでも対岸で観ている人達にとっては大興奮でどんどん盛り上がる。

DSC_1299-1152x648
でも流石にこうなってくると、もう何が起こってるのか判りません、、、、綺麗なのは花火じゃなくて、シルエットになった建物の方です。

ちなみに東京名物、隅田川の花火の写真をお借りして比べてみると、、、
1883_01
スカイツリーの明かりは静かな白で花火の彩りを邪魔していない。花火自体もお互いを遮らないギリギリの配置。余計な街灯りが無いというのは必須条件だ。
ty78
この彩り!日本の花火にはたおやかながある。暗い夜空に絵のように花開く色彩。これが花火の「美しさ」じゃないだろうか。西洋の花火は派手やかさと豪快さが売りで、イマイチ品が無いのだ、、、

そんなわけで、10分以上に渡る豪快な大爆音の中、「なんだかあんまり綺麗じゃ無いなあ〜〜、、」と呟きながら観ていた。まあそれでも毎年「すごいだろう!」と言わんばかりのニューイヤーの花火は、地元じゃ無い人たちで大賑わいの様子。
とりあえずこれなんかはロンドンのシルエットが神秘的に見えるので、花火はともかくロンドンらしい絵になってるかな
DSC_1290-1152x648

兎にも角にも、今年一年が良い年でありますように。
 

↑このページのトップヘ