見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

November 2018


待ってました!今一番旬なフランスの若手戯曲家、 Florian Zeller氏の新作。英語への翻訳はもうすっかりお馴染みのChristopher Hampton。これまでの彼の作品も全てハンプトン氏の英語台本だ。フランス語の原題は「Avant de S'envoler」、英語でのタイトルは「The Height of the storm」。前回見た彼の作品はシチュエーションとしてはコメディーな心理描写だったけれど、今回は少し違ったトーンだ。
the_height_of_the_storm-publicity_3-_h_2018_0

50年間連れ添った愛する連れ合いが突然いなくなってしまったら、、、、?

作家のアンドレの所に娘達がやってきて、色々なことを処理・整理しようとしている。アンドレはもう半分認知症が入っていて、時々訳のわからないことを言ったり物事の理解に苦しんだりしているのだが、そうかと思えば突然正気で話し出したりする。 

始まってすぐに「母=アンドレの妻、マデレーンが死んだ」という設定なのは明らかなのだが、アンドレの頭が混乱しているのと、娘が(おそらく心で)母と会話していたりする様子が出てくるのでちょっと「ん、、、?」 と思う事何度か、、、一時は死んでいるのはアンドレの方か、、?思ってしまうほど、そのあたりの微妙な持って行き方が巧い。会話を聞いていないとわからなくなるので観客はいやでも舞台に集中する。

売れっ子作家だったアンドレも今や年老いているので、マデレーンが色々な書類にまつわる仕事をこなしていたのだろう、それを久しぶりに実家にきた長女が整理しようとするのだが、これがなかなか大変だ。一方次女も得体の知れない彼氏(?)を呼ぶのだが、これがどうやら不動産屋で、娘たちはこの生まれ育った田舎の家を処分して,父を施設に入居させようとしているのだ、、、が、、、やはりそれがとても小出しにされている。

4405

父を傷つけないように施設行きを提案するのだが、アンドレは半分解っていない。アンドレとマデレーンが50年間添い続けた夫婦である様子や、母と娘たちとの関係がわかるようなシーンが、マデレーンが生きている場面として出てくる。これが最初はちょっと混乱するのだが、状況をはっきりつかめば解りやすい。突然居なくなる、、、それは突然の事故だったり心臓発作かも知れない、いつ誰に起こるか、本当は誰にもわからない現実だ。

私の伯母もシャキシャキとして元気な人だったのだが、ある日お風呂に入りに行ったきりバスルームから出てこなかった、、、私は日本でのお葬式には行かれなかったけれど、家のことを全て取り仕切っていたのはおばさんなので、従兄弟たちは残された伯父さんが着る喪服の場所がわからず、家中を探し回ったとか。 

アンドレを演じているのはイギリス(というよりウェールズ)のベテラン、ジョナサン•プライス。舞台、映画、ミュージカルと幅広く世界的に活躍している実力者だ。この現実と混乱の間を行き来するアンドレの演技は本当に素晴らしい。 じっと座って居てもかすかに震えている手や口元、かすれ声から怒鳴り声まで、見事に表現されていて、私は前から5列目で見て居たのだけれど、顔の皺まで演技しているのかと思ったほどだった!!

マデレーン役はDameの称号を持つEileen Atkins。ロンドンだけでなくブロードウェイでも何度もトニー賞の候補になったりイギリスでは ローレンス•オリヴィエ賞を数回受賞している。プライス氏と共にもう70代だ。この二人の共演という事で公演の情報を得てすぐにチケットを取っておいて本当に良かった。それでフローリアン•ゼレールの本なのだから贅沢な舞台だ。

とはいえ、上演時間は休憩無しの1時間20分。でもこういうドラマは一気に観られるのが良いね。それにしてもゼレール氏は本当に快進撃を続けているなあ〜〜この後の最新作(英語題はThe Son=息子)が今年パリで上演されて、イギリスでも来年には上演されることになりそうだ。彼の作品はThe Father, The Motherというのもあるので、次はThe Daughterか?? なあ〜〜んて、、、、 彼はまだ40にもなって居ない。そうだなあ、日本で野田秀樹さんが出てきた時みたいな感じなのかな?

状況を把握するのにちょっと頭を使いながら台詞を聞いていると、随所に面白い会話があって、重い場面なのにちょっと笑ってしまったりするセンスの良い本だ。考えてみたら誰でもいつかは遭遇することになるシチュエーションに、自分を妻としてみるか、娘としてみるか、夫としてみるか、、、観客にとっても 実は人ごとではない話だ。

観終わったあとに思わずじっと舞台を観ながら、今見たいろんな場面を考えてしまった。私の両親ももう来年には90になる。昔は遠くに思っていた「その時」も、実はいつ来てもおかしくない、、、良い芝居だった。フローリアン氏の次作も楽しみだわ。


神々しいという表現しか浮かばない。
ロステレコム杯での羽生結弦選手。SPでのまさに天を舞うようなスケートはこの超人的なスケートの天才がとうとう頂点に近い所まで来た、という目を見張るような神々しさがあったよ、、、おそらく彼の中で、今までのスケートが「勝つ」ためのものであったのが、今では「極める」に近づいているのだろう。

フィギュアスケートは変わったスポーツだ。技術・表現芸術を併せ持つ競技スポーツで、しかも選手達の競技人生は短い。他のスポーツなら20代の半ばで力が安定して来て30代前半まではピークを維持できるだろう所、ほとんどのフィギュア選手のピークは10台後半から20台前半で、25を過ぎるともう引退を考え始める、、、、いや、お金のかかるアマチュアスポーツのため、世界トップレベルにでもならないと経済的に続けられないという現実もある。同じ時期にピークを迎えられるトップ選手というのはその時々で数人しかいない。

おそらく羽生結弦を超えるフィギュアスケーターを観るにはまた数年かかるかもしれないね。かつて、「プルシェンコ氏を超える選手が現れるんだろうか」と思ったように、、、羽生選手はプルシェンコを超えたのだ。プルシェンコ選手と同時期にライバルとして勝ち負けを競った選手達がいた。でも彼らはいくつかの試合で勝つ事はできても、プルシェンコを超えることはできなかった。そして10年近く経って今は羽生結弦こそが世界最高のスケーターになっている。

彼のスケートにはフィギュアスケートの魅力の全てがある。
美しさ、力強さ、豪快な技、スピード、しなやかさ、伸びやかさ、エッジの正確さとそれを自在に操る巧みな技術、それに加えて彼は容姿にも恵まれた選手だ。日本人スケーターとしては長身で、小顔で足が長い。その身体の美しさも十分に生かされた振り付け。「この人を超えるスケーターが現れるものなら現れてみよ!」と言いたくなる。

そして過酷なスポーツとしての現実が、高度な技術に伴う身体への負担だ。
どんな選手でも多少の故障は抱えているだろう。あれだけのジャンプ技をマスターする為にかかる足への負担は想像を絶する。でもシーズンを棒に降るような大きな怪我はキャリアに大きく影響してしまう。羽生選手はその意味では残酷なほど運が悪い。最初のSEIMEIのシーズンで、やっと世界を引き離して「絶対王者」と誰もが認めるようになり、ここからが絶頂期の始まりだ、、、と思った次のシーズンに、衝突事故とお腹の手術があった。そして2年前はインフルエンザで全日本を棄権、去年は右足の大ケガだ。

おそらく彼の右足はもう元に戻る状態ではないはず。抱えながら、騙しながらやっていく術を見つけていくしかない。高橋大輔選手が怪我をしたのも丁度彼の絶頂期がきたな、と思う時だった。これから選手としてのピークを迎えてバンクーバーオリンピック、、、という予想図だったのに、なんとかかろうじて間に合ったギリギリで取った銅メダルだった。彼の本来の4回転が戻ってくるまで、怪我をしてから3年かかったと記憶してる。

それにしても怪我を押して演じきった「Origin」のこれまたなんと神々しかった事か!!技術的にはレベルを落としたのだけれど、むしろそれで良かったというか、だからこそ余計一つ一つを丁寧に心を込めて滑っているのが伝わってきて、胸を打つものがあった。そして何よりも滑っている時の表情が、なんだろう、、「戦う」ということを完全に超えていて、慈愛に満ちたような表情、、?

この人はこのシーズンで競技を終える意向なのかな、と思った瞬間だ。完全には治らない足の状態は自身が一番わかっているはず。勝ち負けを超えて、彼にとってのスケートのルーツになっているというこの2つのプログラムを完成させて、その中でもう一つの高み、4回転半を成功させることができたら、それで競技生活は終わり、のつもりなのではないか、、、??

だからこそ、せめてゆっくり時間を使って、3月の世界選手権までには美しく完成されたこの二つのプログラムが観たい!選手達も人間、病気もすれば怪我もする。その時によって勝ち負けが変化するのは競技会にはつきものだ。けれど今この時点では、誰も羽生選手を超えられない。一つの試合に勝つ事はあっても彼を超えるのはもう少し先になるだろう。

お相撲さんもそうだけど(、、なんでいきなりお相撲さん??)やっぱり身体に怪我を抱えながら身を削って戦うというのは技だけじゃない精神力が必要だよね。そんな風に鍛えられた精神を見るのもスポーツ鑑賞の楽しみなんです。

新しいルールでの今年の戦い、楽しみだったけれど、羽生選手がこの2つのプログラムを完成させてくれるなら、GPFも全日本も休んでいいよ、、、なんだか想像するだけでゾクゾクする、、SPもFPも完璧に滑ってくれたら、もう不死鳥が天を舞っているようなスケートが観られる気がして。

女子ではザギトワ選手の安定感にホッとした。身長が伸びたぶん、長い手足を十分に使ってエッジのキレも昨シーズンより数段上だ。ジュニアからの追い上げが良い刺激になってるのかな。風格が出てきたしね。って、まだ16なのに〜〜〜!私の今季の推しはソフィア。ファイナルに出られるかな。真湖ちゃんは病み上がりだったそうで残念だったけど、全日本での日本女子の戦いも楽しみだわ、、、




 


役者がキレた!!

キャパ200のスタジオシアターで、3−4列ほどの客席がステージ空間を取り巻いている状態で、携帯が鳴る、、、最初は10回程して鳴りやんだのだが、流石に2回目の時には役者が芝居を止めて「頼むから携帯をチェックしてくれ!皆んな確認してしてくれよ、それまで待つから!!」と大声でで訴えたのだ。舞台と客席がとても身近な空間だからこその出来事に、客席からは「よく言った!」のかけ声と拍手が起こった。もちろん私も同意の拍手。当然だよね。

なんだかとってもリアリティーのある芝居を観てしまった。親子3人と若い愛人の4人芝居「Honour」

DnSnsISXsAAh9uI


シチュエーションは、いわゆる「よくある話」。32年間連れ添った夫婦で、特に夫婦仲に問題があるわけでも他に理由があるわけでもなく、単に50過ぎのおやじが老いらくの恋に走ってしまって家庭が崩壊してしまう、、、、、

人気ライター・コラムニストのジョージと妻のアナーは大学生の娘・ソフィーとなんの支障もなく愛し合って幸せな生活に満足している。ところがある日ジョージをインタビューしに来た若いライター志望のジャーナリスト、クローディアの出現で状況は一転してしまう。

ジョージのファンだという彼女は若く(まだ29)独立心があり積極的で、そんな彼女に50代半ばのジョージは若かりし日の情熱を呼び起こされて恋に走ってしまうのだ、、、、、

妻のアナーは元々才能のある詩人作家だったのだが、ジョージと結婚してからは家庭に入り、ひたすら妻として母として支えてきたのだった。

安定した平和な日々をひっくり返そうとするジョージにアナーは驚き、傷つき、そして怒りをぶちまける、、、「君に不満があるわけじゃない、でも無くしたものを取り戻したいんだ、それは、情熱だよ!」「じゃあ、情熱は愛なの!?」

新しい季節の突風のように自分の中に入り込んできたクローディアに、このまま老いるのではなくもう一度生きている情熱を取り戻したい、という実にクラシックな老いらくの恋、、、、

アナーは始めは信じられず、混乱し、そして傷つき悲しみ、それでも怒りを通り越して離婚が具体的になってくると、自身のこれからを考えければならなくなる。結婚前のアナーの作品の大ファンだというクローディアは、「彼と別れてまた素晴らしい本を書くことがあなたにはふさわしい」と持ちかける。

仲の良い両親の元で愛されて育ったソフィーは、よもや自分の両親が別れることになるとは思いもしなかった。しかも父の新しい愛人は自分と4ー5才しか違わないという、、、、クローディアに会いに行ったソフィーは、物事をクリアに見つめて迷わないクローディアに、自分の不安な気持ちを打ち明ける。「私をいつも愛して守ってくれていたものが壊れてしまう」

ひとつひとつの会話はとてもリアルで、見ているほうは随所でうなづいてしまう。この小屋はキャパ200のスタジオで、客席は舞台の4方をかこんで設置されている。とても身近な空間だ。今日の観客は9割り方が40代から60代のカップルという感じだ。32年経っていきなり違う人生を考えるという現実をリアルに理解できるのだろう。

クローディアは色仕掛けで誘惑するわけではなく、彼女自身もジョージに惹かれての事だったのだが、やがて彼女も気づくのだ。「自分は愛される事を愛しているのだ」と、、、

結局4人は別々に歩き出さなければならなくなる。でもみんな其々が前向きに。アナーはまた新しい本を書き、ソフィーの大学の卒業式にジョージと揃って出席する。今はよき友人として。

結婚して数十年も経つと確かにもう生活に大きな変化は望まなくなるのかもしれない。年齢と共に安定を求める、、?子供がいればなおさらだ。この作品のタイトルは「Honour」作者はオーストラリアの人だそうでスペルがイギリス式なのだが、妻の名前はHonor=アナーなのだ。実はプログラムを見るまで「Anna=アナ」だと思って聞いていた。

若いソフィー役の人以外の3人はみんなイギリスでの演劇賞を受賞したことのある実力派だ。そんな役者たちがこんな小さなスタジオシアターにいるというのがロンドンで芝居を観る特権なのだが、リアルな会話が時に可笑しく、時に悲しく、時は考えさせられてしまう。本が書かれたのは90年代とのことだけれど、こういうテーマは時代を選ばない。

最初に書いた携帯事件はジョージが娘に自分の気持ちを説明しようとするシーンで起きた。並んで話し出した所で2度目の携帯音が聞こえて、流石にこの後の感情的なシーンに集中したかったのだろう。時間をにしたらほんの30秒ほどだったけれど、すぐに何事もなかったように芝居を続けた。休憩後、2幕の前に舞台監督から確認の注意があって、2幕は事なきで進んだ。

私にとってもなんだか考えてしまう芝居だった。今の人生でこのままでいいのか、、、??今から新しい自分を生きたいと思ってしまうことも現実にはあるよね。人生が半分を過ぎたのだと思うとよけいに、、、こんな芝居を見て、わけもなく「別れよう」なんて思ってしまう人もいるのかもしれない。(私だけか、、??)

「愛している」ってどういう事なのか、、、そこにあるもの、与えるもの、見つけるもの、包まれるもの、奪うもの、無くすもの、

まあ、長年夫婦をやってる人なら誰でも多少は思ってるんじゃないかな、
あ〜〜、一人になりたい!! って、、、、??



フィギュアスケートのGPシリーズは毎週末なので、あっという間に次から次へと進んでいく!

広島でのNHK, 今年で40年だとか。そうか、、そういえば私は渡辺絵美さんが表彰台に上がったのを覚えている、男子ではイギリスのロビン カズンズが優勝して、、、と思ったら、あれが第一回だったらしい。 エキシビションではカズンズ氏がバック転をやって、あの人は背もあってハンサムだったから受けた受けた、、!!

さて、男子の方はまあ「Shoma's to lose」だと思っていたから結果は心配してはいなかったけれど、女子の方はレベル高くて凄かった!日本での大会はこちらの午前中の時間だから、金曜日も土曜日も仕事の私は「お昼休みにはもう結果が出てるな」と思いながら忙しくしていた。

リーザ姉さん、ことタクトュミシェワ選手のショートの3Aは高くて大きくて見事だったわ、、、今年は調子よさそうで、何年もロシア内でトップに入れなかったのが一皮むけた感じ。それでもまだ21なんだよね。紀平梨花さんが安定してるようだったからショートでの3Aを期待したのだが、、これは決まらなくて残念だった、、、

怪我から復帰してからの宮原さんがスケートの安定感が増していて、今シーズンはジャンプも修正中とのことで、本当に見違えるくらい素敵になっている!是非良い演技をして欲しいと思っていたから、嬉しかった。フリーではリーザに勝って優勝を、、、思っていたのだけれど、なんと!シニアGPデビューの紀平選手がぶっとびのフリーで抜きん出てしまったよ。

女子のフリーのトップ4選手はほとんどがミスなしだったから(リーザの3Aがぬけっちゃったけど)すごくレベルの高い大会だった。こういうのを観られると本当に嬉しい。4位の三原選手だって200点越えてたのに表彰台に乗れなかったんだからね〜〜、、、それにしてもフリーの紀平選手は本当にデビュー戦としては驚きの演技だった。去年も全日本でトリプルアクセルは綺麗に跳んでいたけれど、まだ演技には少し幼さが残っていた。それが今年はスケートもスピンや表現もぐっとレベルが上がってる。16歳の初GPがこれだから、この先が本当に楽しみだよね。

女子はこれからが大混戦だなあ〜〜。見ごたえあって嬉しいけど。タイプが違ってレベルが高いって本当に見ごたえある。紀平選手は元々フランス杯1本にアサインされていたのが、招待枠でNHKに入ったわけだが、これでフランス杯次第ではファイナル進出の可能性もある。(というかかなり高い)

日本の女子の上位争いは壮絶だなあ〜。去年のオリンピック争いメンバーに加えて、ジュニアから上がってきた山下真湖、紀平梨花、そして樋口選手に代わってGP2選目に行くことになった白岩優菜と、まさに激戦!!

男子のほうは昌磨くんの勝ちとは思っていたけれど、スコアーをチェックすると、、、「あら!またどっかで転んだでしょ、、!」ということで、でも演技は確実に前進している。カナダから今回までは2週間しかなかったからあまり大きな変化は期待できなかったけれど、これでファイナルまで丸4週間あるから、ぜひとも後半のジャンプの課題をなんとかしてくれますように。

「月光」は完成していくにつれて凄いプログラムになるはずだ。はじめてアイスショーでの動画を観たときはちょっと??な気もしたけれど。このプログラムはコーチ陣の挑戦がつまっている。ものすごく高いハードルを宇野昌磨選手に与えたのだ。このハードルを越えたらすごい選手になってるだろうな。

そう言えば、今回の表彰台、真ん中の台がカナダ杯の時より随分低いように思ったのは私だけ、、、??宇野選手用にあつらえたのか、、??

そしてまたまた大ベテランのボロノフ選手が2位にしっかり入ってくれた!これでミハイル、キーガンに続いてベテラン健在をまたしても見せてくれましたよ。今年のルール改正はこれがキーポイントだと思う。4回転を跳ばなくても、レベルの高い演技とスケート、安定した3回転やトリプルアクセルで十分戦えるという事で、ベテランスケーターが競技生活を長く続けられるようになるんじゃないかな。若手の勢いと、成熟した大人のスケートが、近いレベルで戦える。もちろん羽生選手やネイサンのように4回転を超人的に決めてくる選手達は別格だ。それでも戦える土壌に幅ができたのは良いことだと思う。

来週はロシアか〜。来週あたりでそろそろファイナルの顔ぶれが揃い始めるね。羽生選手もアリーナも出るし、また面白い週末になるわ〜〜!




同僚のM嬢と話していて気がつくと、、、なんと!クリスマスまであと6週間!!
なんということ、、、、今年は一体どこへ行ったんだ??!!  本当に恐ろしい、、、もうすぐ年末になっちゃうなんて!

日本でやっていただいたフィギュアネイルも4週間目に入ったカナダ杯が終わった時点でオフ。剥がれる前にアセトンで時間をかけて落としたので、今回は本当に綺麗に落ちた。後の爪の状態も今までに無かったくらい綺麗で、(いつもは爪が白くガサガサになってしまう)自分でもビックリ。

日本で友人からチラッと聞いたジェルネイルチップを購入してみた。
Dashing DIVAというブランドのMagic Press ジェルネイルチップ。

45708483_10216176779485326_5875788395078221824_n

ダメ元のつもりだったのに、付けてみると結構良い!仕事があるのでかなり地味目。私としてはコンサバなのだが、ちょっと遊び心でストーンの部分を爪先にしてみた。(本当は上下が逆)まあ、1週間くらいのつもりだし(それ以上持つとは思えない、、??)ちょっと遊んでクリスマスの頃にはもう少し派手な色を購入してみるかな。

さて、11月半ばと言えばクリスマスカードを事を考えなくては、、、、参ったなあ〜、、本当に一年早すぎる!!日本に送るカードも最近はメールアドレスだけで実際に住所を知らない人も多いし、でも年に一度のクリスマスカードはやっぱり手書きで送りたい。(年賀状と同じです)日本に送るカードの切手代もかなりなものだし、、、でも毎年クリスマス用デザインの切手を楽しみにしてくれている友人達もいるしね。

ハロウィーンが過ぎ、ガイ•フォークスナイト(イギリスでは焚き火と花火の日)が終わるとあとはクリスマスに向かってまっしぐらだ。あちらこちらのクリスマスツリーにライトが入り、街はクリスマス商戦に入る。それと並行してどんどん日が短くなり、暗くなるのも早くなる。

これからがどよ〜〜んと暗くてカビが生えそうな冬、、、、一番嫌いな季節だわ、、、
スケートでも観て元気もらおう、、、、





 


この週末はスケートの成り行きに釘付けになってしまった。
GPSでは3戦目のフィンランド大会がヘルシンキで、日本では西日本選手権、こちらの様子も見逃せない(いや、観られないんだけど) ので情報をチェック。

女子ではアリーナ•ザギトワ選手に対抗できる選手として日本の「かおちゃん」こと坂本花織選手が注目されていた。実際テレビで観ていても、「ザギトワに立ち向かえるのは彼女だけかもしれない」みたいな事を言っていたのだが、なんと!ショートプログラムでまさかの7位!演技を終えた瞬間から涙ボロボロの 様子は本当にスポーツって残酷だなあ〜と思わずにはいられなかったよ、、、

そしてヘルシンキでは羽生選手が今季初のGPS戦。オータムクラシックではまだ出来上がっていない感じだったけれど、素敵なプログラムになってきてる、、、やっぱり羽生結弦というスケーターは別格な物を持ってるな〜。滑り始めたらもう誰にも超えられないような何かがあるんだよね。美しいスケート、勝とうという闘志、どんどん高みへと登っていくスケート。

彼方の地平線を目指してテクテク歩き続ける感じの宇野昌磨選手とは対照的に、羽生君が目指しているのははっきりと自分で目標に定めた目の前の高い頂だ。「これに到達する、これを超える!」という狙い定めて立ち向かっていくタイプ。前人未到の偉業を次々と達成していく姿は後の歴史にまで残る開拓者のものだ。間違いなく彼は歴史に残るスケーターだ。しかもまだ彼のスケート選手は終わっていない。本当にどこまでいくんだろう、、、どこまで登るのか、、まだシーズン序盤だよ。今年のプログラムもどちらも素敵だ。跳ぶように、ではなく滑るように跳ぶジャンプ。彼はダンサータイプじゃないけれど、とても美しいスケートを見せてくれる。(私は個人的にダンサーが好きなのだが、)どうか怪我だけはしないでまた痛快な演技を沢山見せて欲しい! 

ヘルシンキの男子でもカナダでのキーガンのように、ミハイル•ブレジナ選手がベテランの魅力でしっかりと表彰台に立ってくれた。やっぱりね、しっかりした大人が入ってくれてるとなんていうか、締まるんだよね。ジュンファンは本当に1−2年後が楽しみだ。この子はくるよ、、、風邪ひいてたのかな、記者会見では咳が出るのが止まらないみたいで、恥ずかしそうに咳したり我慢したりしてたけど、、性格良さそうな子だなあ〜〜とおばさん気分でニコニコしながら観てしまった。

女子のフリーで怒涛の巻き返しを演じてくれたかおちゃんは本当に綺麗だったよ、素敵だったよ!実を言えば、このシーズン中にアリーナの「絶対1位」は揺らぐかもしれないと思っている。ロシアの選手では私は復活してきたタクテミシェワ選手やシニアに上がってきたソフィア•サモドゥロワ 選手の方が好きだなあ〜。そう言えばどちらもミーシンコーチだね。エテリさんのサンボ70の選手達はどうしてもみんな「メダル取り生産工場」の製品みたいな感じがして、技術はすごく高いし、プログラムも繋ぎや細かい所に高度な要素がぎっしり詰まっているのだけれど、なんだろう、、?個性がないっていうのかな。

だからセルフプロデュース力のあるメドヴェデワ選手がアメリカに行ったのは大正解だと思っている。アリーナも次のレベルで戦う事を自分で考えないと、今年は3回転半を飛ぶ選手もいるのだし、来年になって自身のクラブの後輩達がシニアに上がって4回転を跳んできたら「お払い箱」にされてしまうんじゃないか、、、アリーナがジャンプで小さなミスをした時、エテリさんが顔を歪めて舌打ちしたのは「え、、?!」って思ったよ。まあ解るけどね、ロシアだから、、、、

ユーロスポーツの解説2人はずっと坂本選手の事を褒めていて、二人とも個人的にはかおちゃんのプログラムの方が好きだと公言していた。 彼女の飛躍もすごいよね。去年はシニア1年目だったんだよ、、GPFには行かれなかったのに全日本で2位、4CCで優勝しちゃってオリンピックでも6位。あっという間に海外からも注目されているけれど実は彼女はまだGPFも世界選手権も出ていない。GPSは2位と3位かあ、、どうなるかなあ、GPFに行かせてあげたいけれど、こればかりは他の選手次第だからね。

そしてそして、、高橋大輔選手、全日本を決めました!!まあ、全日本には出てくると思っていたけれど、できれば西日本優勝で決められたらいいな、と思っていたので、「やった〜〜!」と叫びましたよ。
近畿の時よりずっと上がってきている。全日本まであと7週間、もちろん全体のレベルはもっと上げてくるだろうし、素敵なプログラムだからあれを完璧に滑る高橋大輔はきっと本当にカッコ良いだろう。どうかどうか怪我だけはしないで欲しい!
まさかとは思うが、、、もし、もしも全日本で大ちゃんが表彰台に乗れたら、、、もうおばさん幸せすぎて最高のクリスマスになりそうなんだけど、、、、

スケートシーズンが始まったという事はF1シーズンが終盤だ。先週のメキシコ戦でめでたくルイス•ハミルトンが世界チャンピオンを決めてくれたので、残りの2戦は落ち着いて観られるわ。全く毎年の事ながらこの時期は毎週末が観戦で忙しい、、、、
 

↑このページのトップヘ