見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

May 2018


今回のホリデーのおまけ。

泊まったアパートはPuerto del Carmenというリゾートのどちらかというとビーチよりも旧市街(Old Town)に近い所を選んだ。海沿いのプロムナードというのは実はどこへ行っても同じで、延々とビーチに沿って遊歩道に面したショップやバー・レストランが並んでいる。この光景はこれだけだと、もうどこのリゾート地なのか、ギリシャなのか、トルコなのか、イタリアなのか、スペインなのかも判らないほど同じと言ってもいい。レストランの前では客引きのようにお兄さんが立っていて、 いちいち「Hello」とか言ってくるのもウザい。特にうちの彼はこの声かけが大嫌いなので、5分も歩く頃にはキレる事間違いなしなのだ。

だから、地元の人やスペイン本土、あるいはイギリス・アイルランドから移住している人達が普通に生活しているエリアの方が面白いし、カフェやレストランも20年以上ファミリーでやってるようなところが多い。それにしてもアイルランド人が多いのにびっくり。アイリッシュのバーもたくさんあった。

朝食に入ったカフェバーの棚にあった電灯に、何だか見慣れた感じのする絵がプリントされていたので よく見たら東京の街だった。
DSC_1024
よーく近づいてみると、うん、新宿だ。「これ、東京だね、私は東京生まれですよ」と言ったら、カウンターにいたお兄さんが、「日本に行くのが僕の夢なんだ!今ここで働いてるのも、日本に行く為だよ」と目を輝かせて力説する。アフリカ大陸に近いこんな島のバーで、懐かしい新宿通りがプリントされたスタンドランプに出会うとはね。

泊まったアパートは良いサイズのリビングに小さなキッチンが付いていて広めのバルコニー。ベッドルームはシングルが2つで、私としては有り難い。というのも、ホリデーになると彼は11時前には適度に酔っ払って寝てしまう事が多いので、ダブルだと後から寝るときに起こさないようにするのが面倒なのだ。私達のアパートは3階で、バルコニーからは海も少し見える。そしてエレベーターがこれ。

DSC_0998

なぜかあっちゃこっちゃ向いてるボタン達。でもちゃんと機能してるからご愛嬌。

海沿いのリゾート地とは違った、内地の小さな村でちょっと訪れるのに良い所といえば、Teguiseという街(いや、村かな)ここは毎週日曜日に大きなマーケットが開かれるというので、訪れる人は大抵日曜日に行くのだろう。私たちはドライブがてら、平日に一度立ち寄って見た。なんせ、30ー40分で島の半分はいけるのだから、結果として3回くらい通ったことになる。
水曜日の静かな昼下がりがこちら
DSC_1075
本当にだーれもいない、、、お昼に入ったカフェ・レストランは地元の人達のランチタイムようだった。そして同じ場所が日曜日にはガラッと様変わりする。マーケットに訪れる車やコーチ(観光バス)の為に即席駐車場ができていて、普段はどこでもいつでも止められるのに駐車料金を取ろうとする。で、私たちはそれを無視して裏通りに普通に止めた。日曜日のテギース。
DSC_1147
ちなみにこのテギースには不思議な家があった。最初に通ったときにも目に付いたのだけれど、小さな 博物館かな、、?位に思って通り過ぎていた。
DSC_1142
何の説明もなく、普通に家の庭にぎっしりとこんなものが所狭しと並べられていて、彼は「お墓じゃ無いか?」なんて言ったくらい。マーケットに来た人たちも、興味深げで写真を撮っている。実はここはさるアーティストの家で、単純に「The house of the statues in Teguise」として知られているようだ。それにしても奇妙な感じは否めない、、、、

というわけで、今年も夏のホリデーが終わった。次なるは日本行きの予定を組まなくてはね。本当に一年があっという間だなあ〜〜、、、


 


10日間のホリデーもあっという間に終わってしまった。今回は中5日間は車を借りた。小さな島だからほんとうは3−4日でもよかったのだけれど、レンタカーの値段が4日でも5日でも同じだったので、それならと5日間キープする事にした。 

ところでこの島の日本語表記は「ランサローテ」だという事を発見。島全体が火山だらけのこの島は、18世紀、1773年から6年間にわたり大規模な噴火が相次ぎ、ティマンファヤ国立公園の一帯はまるで別の惑星に来たかのような壮大な光景が広がっている。
DSC_1091
本当に、火星か猿の惑星にでも来たような気分だ。何もない。そして連なる山々は全て天辺が無くなっている。この島の山は高くはなく、一番高い山でも700mも無いのだが、こうもギロチンにかかったような山々が連なっているのは異様な景色だ。
DSC_1101
ティマンファヤでは各自が勝手に歩き回ることはできない。車で来た人も全て駐車場に車を置いてバスに乗り換え、40分ほどかけてバスで一帯を回る。降りることはできないので、写真は全て窓越しに撮ることになるので、反射を抑えるのが一工夫だったけれど、結構良い写真が撮れた。10時をすぎるとツアー団体が押し寄せるというので、私たちは開園の9時を少し回った頃に行ったので、混雑を避けることができた。戻って来た頃には3−4台の観光バスが来ていたので、ラッキーだった。

この島で入場料を払って見たいと思っていたのは、この
ティマンファヤと、もう1つ北のほうにある、ヴェルデス洞窟(Cueva de los Verdes)。7キロも続く溶岩の洞窟のうち、歩いて回れるのは1キロ程。チケットを買うと、これまた勝手には歩けなくて、人数が30人ほどになった時点でガイドさんが連れて行ってくれる。女性のガイドさんはスペイン語と英語で同じ説明を繰り返してくれる。(少し声が掠れていて気の毒だった)
DSC_1059

私は地学は全く苦手で高校で習ったことの少しも覚えていないのですが、、、  いろんな成分を含んだ溶岩は、場所によって違う色を見せている。
歩いて行った先には小さなステージがあり、クラシックコンサートが開かれるのだそうだ。洞窟の中でのコンサートなんて、ちょっと素敵。
DSC_1061-1

そして「この洞窟で一番の見所」とガイドさんが力を入れた場所がある。「指示するまでは写真を撮らないで私の説明を聞いてね」と言われて付いて行ったところは少し階段を上がって2階に来たような感じ。
DSC_1067-1

ヴェルデス洞窟で検索すると必ず出てくるこの場所の写真。一見しただけでは判らない秘密がある。本当にガイドさんがその瞬間を見せるまで全く思いもしなかった!!う〜〜ん、、、やっぱり「話さないでね」と言われたのでここはやっぱり教えません!!

車で島中を走っていてもとにかく「何も無い感」がある。もちろん10分も走れば小さな村は見えてくるのだが、なんせ殺伐としている。
DSC_1047

日本でも、子供の頃に浅間山近くの「鬼押出し園」に行った事があるけれど、こんなにも「何にも無い」という感じは広がってなかった気がする。それでもドライヴはとてもしやすい。地図にある道は全て走りやすく舗装されていて、場所によっては本当に見渡す限り私たちだけ、ということも何度もあった。首のない山と殺伐とした溶岩の岩場の続く中をドライヴするのは面白かった。
P1010069

運転は地図の読めないうちの彼が、そして左ハンドルに自信は無いが方向感覚は絶対の自信がある私がナビ役での5日間。他のビーチリゾートにもリピートでお昼を食べに行ったりして楽しめた。なにせ、島の端まで走っても1時間もかからないので、本当に地図に乗ってる道は全て制覇したと思う。
こういう場所には来たことがなかった、というのが1番の感想だ。最初に書いた通り、まさに「火星か猿の惑星か」というのが実感!




 


やって来ました、2年前のテネリフェに続いて今回はランザロテ島。
ホリデーフライトは朝早い便が多く、(午後からは折り返しで帰ってくる人達を乗せる)今回も7時に飛ぶとあって、空港へのキャブを4:15に頼んでおいた。まだ暗いうちに家を出て、空港に着くころには朝日が昇り始めた。

それでも空港はホリデーに胸踊らせる人達で一杯だ。セキュリティーだけでたっぷり45分かかったし、、、格安フライトは、飛ぶだけなら安いけれど、連れと隣の席に座るにも別料金がかかる!私達はバカバカしいので、払わずに別々の席に座った。4時間ちょっと位どうって事ないしね。ちなみにスーツケースにも機内持ち込みバッグにも別料金がかかるので、私達はスーツケース1個にまとめて入れてしまった。下着もシャツ類も手洗いするしね。

いつものようにホテルじゃなくアパートメント。トリップアドバイザーではアパートの位置によっていろんなレビューがあったけれど、私達のアパートは、運良く3階でバルコニーからは海も見えるプールサイド側。Wifi も、レセプション周辺しか入らないとの事だったのに、部屋でもきれいに入る。満足!

Puerto del Carmenは昔からのリゾートで、移住しているイギリス人も多い。いや、それよりもあっちもこっちもアイリッシュが多いのが目につくなー。

思ってたより気温は高くなくて、22-23℃が続く。でもやっぱり太陽の強さが全然違う!かなりの強風で息ができない位な時もあるけど、暑すぎるのも体力消費するので、むしろ気持ちが良い。

最初の2日はエリア散策で中5日間で車を借りる。5日も要らなかったかもしれないけれど、4日間と5日間のレンタル料金が同じだったので、あれば便利だし。反対車線の運転は彼に任せて私はナビ専門と言うことで。


写真とホリデー期間のブログは後でまとめてアップします。

↑このページのトップヘ