なんと!一ヶ月飛ばしてる、、、その間に今年の里帰りまであと2週間になった
この夏はなんだかテレビやネット観まくりで、ブログをすっかり放置していた。っていうか、時間が足りないよ、、、仕事終わって夕飯食べて片付けたら大抵9時頃、ちょうどオリンピック・パラリンピックが始まるから(イギリスの夜がリオのお昼過ぎ)思わず観てしまう。他にも録画しておいた番組に追いつくだけでも夜は終わってしまう・・・

いや〜〜、RioはオリンピックもパラリンピックもTeam GBは大活躍で、ロシアのドーピング問題が影響していたとはいえ、どちらの大会でもメダル獲得テーブルで2位という快挙! 来月、メダリスト達の凱旋パレードがあるそうだけれど、なんと!私は日本滞在の最後の日という事でこっちにいられないのが残念・・・・

この夏は日本のドラマも私としては好きな役者の当たりクールで、結局「真田丸」と「遺産相続弁護士・柿崎真一」「そして誰もいなくなった」後半でWOWOWが放映した「賢者の愛」を観ていた。 
こんな感じで英語・日本語でテレビやネットを観ていたら、毎日夜中の2時過ぎになってしまうのだから、ブログを書く暇はほんと、ありませんでしたわ・・・・まさに「目が四角」状態で睡眠不足の身体を引きずって仕事に行くのが精一杯、、、

日本のドラマ、、凄く面白い!と思って観ていたか、というと少し違うけれど、いや、「真田丸」は面白いよ!(これはやっぱり脚本の三谷幸喜さんの筆力と役者一人一人への愛情がものをいってる)藤原竜也、三上博史両氏が同じクールに出てる事って滅多にないからね。

そして誰もいなくなった」は最初の回で、全く先が読めなかったから、どうなって行くのだろう??と思ったけれど、藤原さんがしっかり芝居しているので安心した・・・・
それにしてもどうなったのが釈然としない部分もあったよね。馬場さんはもしかしてエイジの父親か、、?なんて思ったりもしてたのだけれど、結局車ごと海で死んだ、という事でいいのか、、、??
このドラマの撮影中に蜷川さんが亡くなって、何年も前からその時」が来てしまった時の役者・藤原竜也を心配していたのだけれど、ブレていなかった。それが観たかったんだ。10月には蜷川さんがいなくなって最初の舞台。丁度里帰り中だから観に行かれる。頑張れ!!

深夜枠だという「柿崎、、、」はまあ娯楽作品という事で、力を抜いて観た。はっちゃけた三上さん、久しぶりだ。夏の夜に一話、怪演炸裂の回があったけれど、やっぱり好きだな〜三上博史という役者!前に観た「明日ママがいない」も凄く良かったし、WOWOWの「贖罪の奏鳴曲」でも思ったのだけれど、若い頃の三上さんは痛みをそのままナイフの切っ先のように表現していたけれど、最近は痛みを抱えて時を重ねて来た、その時間を感じさせる演技になったと思う。やっぱり三上さんももう50代だもんなあ〜〜と思ってしまう。(見た目、全然そうは見えないけれど)痛みを知っている優しさ、みたいなものが表現できる年代になったんだね・・・

実は連日寝不足の原因のひとつは、もう一人、しばらく忘れていた(?)田辺誠一さんを改めて観ていたのもある。「賢者の愛」で、あれ?、、と思ったのだ。今までけっこうあちらこちらで観ていたのに、なんだかこの15年くらいなんとなく観てしまっていた。彼の事は役者としてよりも、私が初めてiMacを購入した頃(2000年になる頃)、もう既にデジタルな事には先駆けしていた人なので、当時、短編映画を監督として撮ったりしていた頃にちょくちょく彼のサイトをのぞいたりしていた。役者としてはやっぱり第一印象はガラスの仮面=紫の薔薇の人・速水真澄だった。でも映画の「ハッシュ」やマンガチックなドラマでサイコな役をやってたりしたなあ〜と思って、ちょっとネットで探してみた。(このサイコな役をやった「サイコメトラー」で、後に奥様になる大塚寧々さんに「君は僕のものだ!」と言ってるのが凄い)

元モデルで役者になった俳優といえば、竹野内豊さんもそうだし、大沢たかおさんとかいるけれど、この人が一番「役者」なんじゃないだろうか、、、と思ってちょっと探してみると、そうだ、この人も蜷川さんの舞台に何本か出ていたんだよね。最初に観たガラスの仮面から3−4年の間に凄く演技が変わってる。コメディータッチのものも、ちょっとニヒルでサイコな役もちゃんと演じている。最近は画伯としての地位も固めた事だし、ご本人のふんわりした部分と、コミカルな感性と、そして本来の自分とは違うかもしれない役を躊躇なく演じる術を持っていると思う。 「賢者の愛」で思った。田辺誠一さんにはもっと文芸作品のようなものをやって欲しいなあ〜情緒っていうのかな、そういうものが表現できる人なんじゃないだろうか・・・次のクールでは市民相談員でキレる役をやるらしい。楽しみ。

そして気がつけば、日本行きまであと2週間!!ひたすらこの里帰りを楽しみに1年間働いて来たんだよ、、、後少し、もう少しだ!!10月に入ればまたスケートのシーズンになるし、F1のレースもあとちょっとだし、労働党の党首選も投票が終わって週末には決まるし、来年になったいよいよBrexitが本格化するだろうし、、、あ〜あ、やっぱりあれこれあれこれと忙しい毎日なのだよね・・・