見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

August 2016

夏の夜の大道芸=「三文オペラ」


時差の関係で寝不足になりがちなリオ五輪も終わった〜〜。前回のロンドンからもう4年も経ったという事が信じられない。連日寝不足になりながら(日本はもっと大変だった?)も、チラチラといろんな競技を観た。今回のチームGBは、メダルテーブルでなんと 中国を抜いて2位

オリンピックってやっぱりその国の活躍選手を追いかけるので、日本選手達の活躍がなかなか観られなかったけれど、英国もメダルに関わった体操やテニス、陸上では日本の選手が観られた。今までいちどもちゃんと 観た事がなかったフィールドホッケーも初めて観たし。(イギリスが金)

さて、夏に芝居を観に行くのが楽しみなのは、ナショナルシアター(NT)。テムス沿いのサウスバンクになるNTだと幕間の時間にもまだ明るくて、テラスからテムズ沿いのロンドンが見渡せる。
今回は久しぶりの「三文オペラ」。

三文オペラは数年前に日本で宮本亜門氏演出の三上博史さんのヴァージョンを観て以来。ロンドンで最期に観たのはえ〜っと、、、94年、もう12年前かあ〜〜!!実はこの時のDonmar Warehouse のヴァージョンがとっても好きで、オリジナルキャストのCDもダウンロードしてよく聞いていたので、すっかり歌詞をこのヴァージョン で覚えていたのだけれど、実は「三文オペラ」の原語はドイツ語なので、英語での上演もプロダクションによって訳が違う。私が耳慣れている94年版はかなりストレートでちょっとお下品な部分もあるのだけれど、今回のはもうちょっとソフトで解り易くて、この演出に合っていた。

Jpeg-3-726x483


全体のイメージとしては1920年代の大道芸という感じ。幕開けはブラスを中心にしたミュージシャン達が舞台の上で大道芸のように奏でるOvertureで始まる。役者とミュージシャンが入り交じっていて全体でのパフォーマンスという創りはなかなか良い。この戯曲のドイツでの初演は1928年なので、考えてみればこの空気が巧くはまるのも当然か。舞台装置もパネルや骨組みを巧く使って、完全に奇麗な絵としては仕上がっていない感があって、それが結構良い。NTに4つある劇場の中でも、このTheatre Olivierは舞台全体を2重に回せる装置があるのが特徴。それを巧く使っている
3-the-company-of-the-threepenny-opera

こういう空気というか、匂いって結構好きだなあ。幕開けで言っているとおり、これはたかだか3文のCheapな芝居。ちなみに英語でCheapというのはただ値段が安いという意味だけでなく、質も安っぽいという意味合いがある安かろう悪かろう、がcheapなのだ。質が良いものが特別価格で安くなっている場合は、「It's cheap!」とは言わない方が良い。

日本語訳だとメッキー・メッサーだけれど、この名前、英語版ではあくまでも三文オペラのオリジナル=Begger's Operaのキャラクター、Macheath(マックヒース)で通っている。実はこの舞台、あまりマックが目立たない。というと語弊があるけれど、マック独りが主役という創りじゃないのだ。あくまでもざわついた大道芸、マック役はその中の一人。そしてこの役者がこのイメージには良いんだけど、私としてはマックにはもっとワルの色気が合って欲しいのだが・・・・魅力はあるんだけど、セクシーさがちょっと足りない?、、、、対して、色気があったのはタイガーブラウン。軍隊仲間だったマックになんとか情をかけてやりたいという男心が垣間見えて良かったなあ。

threepenny-web-rory-1200x600-c-default


今回のポリーはちょっとお固い秘書みたいな感じで、ピーチャムの娘としては堅物な感じ。でも本来の堅物が恋をすると突っ走っちゃうんだよね、、、、2幕での女二人の対決=ポリーとルーシーの歌合戦は、黒人女優(ルーシー)の大声量とポリーの高ソプラノで、拍手を取っていた。
キャストを見て気がついたのは、12年前に観たヴァージョンでポリー役をやっていた人が今回の舞台でジェニーを演じていた事。CDで聞いていたポリーでの声より12年経って、ぐっと大人な深みがあった。
3pennt_EE3_720_367_85shar-10_s_c1

そういえば、前回日本で観たときの感想をもう一度読み返してみたけれど(こちら)、やっぱりどうしても日本人がやると匂ってくるようなセクシー感をなかなか出せないんだよね。だから亜門さんのあのブリブリなポリーやキティーちゃんの演出がとても日本っぽくて成り立っていたっけ。
映画、舞台でこの三文オペラも4−5回観たかな。いつも楽しみだけれど、この舞台も面白かったよ。1回休憩の3時間。個人的にはやっぱり12年前のTom Hollanderのマックに軍配が上がってしまうかなあ〜〜。これは歌唱力が大きいかも。セクシーなワルの魅力があったしね

オリンピックが終わって、次はパラリンピック。そうしたら夏も終わるなあ〜〜〜





 

5p対決 ー スーパーの有料袋


久しぶりでイギリス生活での話題を書いてみようか、、
以前は無料だったスーパーの袋が去年の秋からの法律で有料になった。大型店では一袋につき5ペンスがチャージされる事になり、以来、使い回しの袋を常時バッグに入れている。大型店の定義は従業員が250名以上いる企業が対象で、角のニュースエージェントなんかは今でも無料でくれるけれど、いわゆる「名のあるスーパー」は軒並み有料となった。 

最低で5pだけれど、各スーパーは大きさや強さによって5pから20pまで揃えていて、家族で1週間分の買い物をする人は丈夫で持ち易い袋を追加料金で買っている。私の場合は買い物の量や重さからいっても5Pのもので充分なのだが、それでもたまに重くなると持ち歩いている袋では足りずに買い足す事もある。

このスーパーの袋、一口に5Pといっても店によってその袋の質にはかなりの違いがあるように思う。面白いのは、格安スーパーの袋の方が、高級指向の店のものよりずっと丈夫で何度も使えたりするのだ。値段が安い上に袋も何度も使えるというのは嬉しい限り

ちょっとランク付けしてみると、中流階級をターゲットにしているWaitrose、M&S, Sainsbury's の中で、私が一番利用するのはWaitrose
Unknown-2
タウンセンターだけでなく職場の間の前にも小さな支店があるので一番利用する。クレジットカードも作ったし、割引がされるメンバースカードもあるので利用度は一番高い。メインの食料はここで調達する率が一番高いのだけれど、野菜はなんだか種類も少なくて質もイマイチ。それより実はここのバッグが一番弱くて薄くて、一度使ったら後はゴミ出しに使うくらいしか手が無いのだ。ペラペラだから、箱入りのもの(パイとかピザとか)を入れていると、角が切れてしまう事も・・・

労働階級スーパーのTesco, Morrionsは、Waitroseのものだけでは飽きてしまうので、特に職場近くの大型のMorrisonsはよく利用する。店舗が広くてなんでもあるけれどやっぱり野菜の質が今ひとつ。それでもお値段はWaitroseより少しお安いし、ちょっと珍しいものもある。(缶のSapporoビールとか)このMorrisons とTescoの袋はまあ5Pとしては丁度良いといったところか、、、2-3度使ってゴミ入れに。Tesco のカードはBAのマイレージになるので使いたいのだけれど、ちょっと場所が悪い。ショッピングセンターの中じゃないので、わざわざTescoに行くために方向をかえなくちゃいけないので、どうしても利用頻度が下がってしまう、、、

ドイツ系のスーパーで今一番人気なのがAldiLidlという二つのスーパー。よく比較されてライバルと呼ばれるこの二つは他と比べると格安のお値段で質も結構良いのでイギリスで人気だ。うちの近くにもLidlがあって、かなり良いお野菜が並び、店内ベーカリーで焼かれているパン類も豊富。ここのパンを買いに仕事が終わって駆けつける。何せすべてが他と比べると格段に安い。同じメーカーの同じ商品なのに、、だ。そしてここのバッグは星4つクラス!少し大きめだし、丈夫なので何度も使える。
images
LidlとAldiに共通しているのはドイツ系というだけでなく、店内がなんとなく少し暗い。余計な飾りや華やかさを一切省いてその分商品が安い、という印象だ。初めはなんだか陰気な感じがして違和感だったのだけれど、慣れてみれば別に店内の雰囲気なんてどうでも良いという事に気づく。ただ、品揃えはWaitroseやMorrisons と少し違う。「いつものあれ」が無かったりするので、ここだけで買い物の全てを済ませるという事はあまりない。まずここで買えるものを買って、あとは他の店で揃える、という事になる。

さて、5pバッグの大賞は、なんといってもここでしょう。Sainsbury's。中流志向のスーパーで、大型店は本当に品揃えが豊富で海苔やお味噌、えのきやじめじ、練り梅干しなんかもあるのだけれど、残念ながら今の家からはちょっと不便。でも今年の春に家から5分の小型のスーパーが店を閉めた後に、Sainsbury'sのコンビニ版がオープンした。小さいけれど、「ちょっとあれが無い」という時に便利だし、家からは一番近いので、しょっちゅうではないけれど、買い足しが必要な時やタウンセンターまで歩きたく無いときに利用している。
Unknown-1

ここの5pバッグは他店の7P~10Pバッグに至適するくらいに丈夫で大きさもたっぷり。しかも横開きではないのでスマートに持ち易い。いかにもスーパーのバッグですという感じがしないので、一度この店に行くと袋をずっとバッグに入れて持ち歩くようになった。

今思うと、実は私が初めてロンドンに来た頃もスーパーのバッグは有料だった気がする。それがある時期から無料になって、それが当然と思っていたけれど、また時代は変わったという事か。袋はいつも最終的にはゴミ捨てに使ったいたけれど、確かに大量に残ってしまっていたのが、最近は無駄がない。

もちろんこちらでは、レジで他の店の袋を取り出しても全く意に介さないばかりか、見れば隣の人も同じ袋を出してたりして、、、Waitroseのレジで隣に並んだ人と「Sainsubury'sの袋が一番よね」なんて会話もよくする

小さな事のようでも毎日の買い物となるとあれこれ番付したくなってしまうのだ。

 
livedoor プロフィール
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ