熊本が大変な事になっていて、被災された方々の様子をニュースで見るにつけ胸が痛みます。 九州地方での大地震はあまり聞かなかったのでビックリすると同時に、連続しての大きな地震に続いて雨というニュースには本当に「頑張って!!」と祈るしかありません、、、、

今年のイギリスは春になったんだか、まだ冬なんだか、、???先週は数日は17度まで気温が上がって 桜も満開だなあ〜と思ったら、また日中でも7度(昨日なんて5度)に逆戻り。咲き始めた八重桜が少し長く持ってくれると嬉しいな。

春といえば今年もやって来たBGT(Britain's got Talent)。今年は10年目という事で、第一回のポール・ポッツ氏からの回想番組があったりして「そういえばあの人はどうなったのかなあ〜?」と思い返す事も多い。セミファイナルに入る前の段階では、優勝候補の他に、馬鹿みたいなパフォーマンスも多くて、この時期のGBTはまだシリアスさよりも「笑える」テレビ番組だ。

初回の放送で話題をさらったのは、なんといってもこの12歳の少女。特に美人でもなく、イマドキのつぱった感じのする小生意気さも無く、ちょっと田舎臭さの残るこの女の子、それでも歌い始める時の表情は内に秘めた強い情熱を感じた



 12歳ですよ、、!!なんだんだ、この声は??!

ちなみにジャッジのアマンダが押したGolden Buzzerは、3段階ある予選の残りを飛ばしてセミファイナルのライヴに出られるという、優勝候補の筆頭に値すると思われる人に押される。各ジャッジは一度しか押せないので、見極めが必要だ。
 
この曲はロンドンでヒット中のミュージカル「Wicked」からの曲。ミュージカルの歌い方というのは、ポップスの歌唱法とは違って「語る」事が必要だ。彼女の歌い方は間違いなくミュージカルを目指して訓練したきたものだ。

もちろん一夜にして皆が彼女の事を話題にするようになった。でもメディアっていうのはどこの国でも「褒める者あれば叩こうとする者あり」で、2日後には彼女がズブの素人ではなく歌のレッスンを受けていた事が記事になり、「BGTは素人が対象なのにずるいのでは、、?」という批判が出始めた

BGTとは何か、、という番組の主旨を定義付けるのは難しい。全国オーディションで勝つレベルというのは当然お風呂で鼻歌を歌う程度の歌じゃ駄目なのは当たり前だ。今までの出場者だって、ダンスはコーチに付き、歌は仕事や学校の合間をぬってレッスンに通い、何年も何年もどさ回りをしていたエンターテイナーだっていた。 レッスンを受けていたからって、、、なんなんだろうね、どうして素直に秀でた素質を褒めてあげないんだろう・・・

それでも、練習したってある程度にしかならないのが凡人で、彼女の持って生まれた声質や歌での演技力は、教えたからできるというものではない。誰でも練習すればオリンピックで優勝できるのか、、??第一、「ズブの素人」だけの集まりなら、莫大なお金のかかるこんなテレビ番組にならないのだ。

外国人の出場者が増えているのも問題視する声が多い。出場資格はUKに居住、あるいは正規に働いているレジデンスの人というのが規約だそうだ。それでも世界中のタレント発掘番組で鳴らして来た人も出てくるのはどういう経緯なのだろう?

もちろんBGTですから爆笑のも続々登場する。中でもうけたのはこの3人のベリーダンサー達!始まってすぐにジャッジのアリーシャがXブザーを押したものの、何故かブザーが鳴らない、、、必死で押し続けるのに、Xが点かない その間にも3人の魔女、おばさま達の悪夢のような踊りは続き、4人のジャッジ達の必死な様子が笑える。

 

まだ2週が終わったばかりだけれど、これからどんな人達がでてくるのか?マジシャンやアクロバットのチームもかなりの高レベルだし。(当然何年も訓練してるはず)

さて、今だに寒いイギリスに我慢するのも明日限り。私たちはカナリー諸島のテネリフェ島に11日間行ってまいります。テネリフェの気温は日中で23-24度との事。火山島なので白浜の海岸は無いけれど(黒砂)私たちはビーチよりもむしろ山歩きをしたいので、丁度いいかな。アパートでのんびりして、とにかく太陽に当たりたい