見つけもの @ そこかしこ

ちょっと見つけて嬉しい事、そこら辺にあって感動したもの、大好きなもの、沢山あるよね。

December 2010

良いお年を・・


クリスマス以降、やっと気温が5ー6℃になったと思ったら、もう何日も太陽を全く見ない日々になってしまった・・・霧雨が降ったり止んだりで、出かけるといつの間にか髪とコートがグショってなってる・・・朝の8時過ぎから暗くなる3時半過ぎまで景色の色がまあ〜〜〜ったく変わらない! 時間が解らない!これってほんと、頭にカビが生えてしまいそうだ。

さて、今年も終わり。今年は本当に久しぶりで会えたり連絡が取れた人達が沢山いた。不思議だね人生って。1人2人じゃなくて何人も・・・でも嬉しいよね、生きていればきっと会える、私の信条

この年末休みも半分過ぎて、マスターした事といえポーチドエッグ。今までは作るのがコツが要りそうで面倒だし食べた事すらなかったけど、ちょっと試してみる事に。やってみると、、、まず失敗! 白身はお湯に流れてしまい、形が丸くまとまらず、そうこうするうちに黄身まで潰れて・・・

ネットでコツを調べてみると、お湯をぐるぐる回すと丸くまとまり易いとか、一度カップに卵を入れてから流し込むとか、いろんな意見があって動画で説明しているものもある。そして、、3回目にしてほぼ完璧なポーチドエッグをマスターしました!!

DSC00595DSC00597

結局、キーポイントは(1)お湯に少し酢を入れる。(2)卵は茶碗かカップに割ってからお鍋の端に滑らせるように流し入れる(3)卵を入れたら火を弱めて(ブクブクと泡立たない程度)そのまま触らない、かき混ぜない、放ったままで2ー3分。 卵が浮いてきたら白身を丸くかぶせるようにして火を止めてもう1分。
お湯の中に白身が全然散らずにできましたとさ。いざ、食べると黄身がまだトロッと流れて美味しい!

この他にも、アップルクランブルも作ったし、なんとかつカレーなんてものまで初めて作ってしまったのだった!! かつカレーなんて食べたのだって学生時代以来かも。日本のカレーが大好きなうちの彼に、「ホントの下町の食堂でサラリーマンや労働者がお昼に食べるようなカレー作ってあげようか?」と言ってみたら、是非食べたいというので、挑戦。こちらは写真取り損ねましたが、山盛りのタマネギと人参をみじん切りにしてしめじとグリーンピースのカレーソースを前の日から作っておけば、それほど手間じゃなかった。

普段はうちのシェフは彼だけれど、私だってやればできるけどやらないだけなのだという事をちょっとだけ解って欲しかったのよ・・・・

3ヶ月前からなんとなく続けてるジェルネイル、クリスマス〜新年はマーブルのグラデーションにしました。
DSC00574

来年も健康で過ごせますように。ブログにいらしてくださる皆様にも幸せな一年になりますように

I Wish you all A very Happy New Year!


クリスマスアイテム・・・?


Merry Christmas

昨日までとうってかわって何の物音もしない街・・・クリスマスだねえ〜〜

クリスマスといえば、いつもと違う事をしてしまうのはなぜだろう、、?普段は飲む事の無いドリンクを飲んだり、普段は触らないゲームを引っ張り出して来たりね。何と言っても、クリスマスの直前はプレゼントだけじゃなくて、冷蔵庫のストックも欠かせない。スーパーは軒並み休みになってしまうから、クリスマスディナーに必要なものや飲み物は買い揃えておかなくちゃいけない。

私は普段はお菓子類はいっさい食べない。、、というより甘い物は嫌いだし、食事と食事の間に何かつまむというSnackingは全くしない。でもここ10年程、彼が前に働いていた会社ではクリスマス前に全員にクリスマスハンパー(クリスマスにつきもののワインやチーズ、お菓子等を詰め合わせたギフトセット)をくれていて、それにいつもワインと一緒にビスケットやポテトチップス,チョコレートなんかが付いて来た。なんとなくクリスマスにはいつもは口にしないそんなスナック類も「あればそれっぽい」という事になってしまった

で、クリスマスっぽくするためにちょっとお菓子も用意、甘いもの嫌いの私が唯一美味しいと思えるチョコレート=Ferrero Rocherとクリスマス用のパッケージのPringles=その名もMerry Pringlesだ。
Ferrero+Rocher         merry-pringles-original-165g-6-1506-p

クリスマスのプレゼントというのは、はあまり個人的に大きな意味を持つようなものではなく、さほど高くない実用的、あるいはギャグ的なものをいくつか、、というのが特徴。大切な人に指輪を、、なんていうのは誕生日や記念日に贈るもので、クリスマスは小物類やゲーム、カジュアルな服なんかが多い。だって皆家族や友人の分をいくつも用意するのだから、高いものはあまり買っていられない。クリスマスは家族みんなが集まるというのが普通なので、おじいちゃん、おばあちゃん、親兄弟、甥っ子や従妹、、、なんて沢山集まってしまうとクリスマスプレゼントも大変なのだ。

今年は彼とお互いに何が欲しいか候補を伝え合っていた。だって要らないものをもらうのが一番困るからね。お金ももったいないし・・・とはいっても、やっぱりメインのプレゼントの他にちょっとジョークなおまけもつけてしまう。私から彼へのおまけは、今年一番のおすすめ、UniqloのHeatTech!!今年は本当に寒いから、これはイギリス人の友人にも皆に宣伝したい。そして、彼から私へのおまけのプレゼントは、、こちら、、、





DSC00594


もう大笑いですわ!!! しかもシルクよ〜〜!! 何を考えてんだか・・・

でもちょっと試しに着てみたらこれがなんとすごく良いカンジ。ブラサイズがちょっと大きいかな、、?と思ったけれど、そこはきっちりとコルセット、つけてみると気持ちがよい。おまけにあったかい・・・ガーターベルトでストッキングなんて普段はした事ないけど、(昔芝居では着たなあ〜〜)やっぱりコルセットって、身体がシャンとするみたい。シルクで肌触りも良いし、これは人知れず愛用してしまうかも・・・

まあね、こういうユーモアが私は好きだけどね。もし私が日本にいて日本人の男性と結婚していたら、今さら(結婚17年)この年になってこんなクリスマスプレゼントはもらわなかったと思うし・・・もう何でもありだわ

アラームをかけないで寝るって嬉しい。続けて休みがあるのも私にはボーナスだ。12日もあるのに遠出しないなんてもったいないように思うかもしれないけれど、2ー3日続けて家にいるなんて事本当に無いからね〜〜。クリスマス以降は友人の家でパーティーやったり、ランチに出かけたり、、、そうこうするうちにあっという間に新年になっちゃいそう・・・









時間を返して、、、!


今週末はクリスマス。という事で、どこでも最期のクリスマスショッピングに走り回る人々でごった返している
ところが、そこへいきなりやって来てくれた大雪・・・

実はロンドンに大雪が降ったのは先週の土曜日だ。既に3日も経っているのに今だに雪は溶けずヒースロー空港は大変な事になってるらしい。雪になったと同時に連日の最高気温が0℃から上がらないからだ。・・・寒いわよ!!・・・

雪だけならまだいいけれど、気温が低いために電車の路線切り替えがうまく作動しなかったり信号が壊れたりして、うちから都心へ出る電車もかなりキャンセルが出ている。(これってホントは別件なんだけどねえ〜〜??) それでもクリスマスはやって来る、済ませてしまわなければならない買い物は片付けてしまわなくては・・・

明日=最期の休みの日にウェストエンドで買い物、と思ったけれど、予報によるとまた今夜あたりから雪になるとか、、、それも今度は数日続くなんて話も聞いた。何があるかわからないからね、、、という事で半休を取って今日の午後からウェストエンドへ

凄い人、、!! それも皆大きなショッピングバッグをいくつも持ってる人ばかりなので、ぶつかるわ、ノロノロ歩くわ、急に立ち止まるわ、もう大変・・・おまけに今日はお天気がよくて根雪状態だった道もかなり溶け始めて、、、グチャグチャ!! 実は今日一日で転んだ人を4人も見た。こんなの人生ではじめてだよね。普通一日に4人も転ぶのを見る・・? とてものんびり見て回る余裕はないので、さっさとお目当ての店だけを目指す。

John Lewis, Next, M&S,Uniqlo、、とサクサクっと回ってあらかじめ目を付けておいたものを予定通りゲット。今日は無駄無く終了だあ〜〜!と内心自分を誉める 日本のラーメン屋さんで五目あんかけ焼きそばを食べたらもう4時近く・・・暗くなり始めたところで帰ろうとすると、、、

きたきた・・・さっそく地下鉄が遅れている。プラットフォームには人が溢れ、これまた人以上に買い物バッグも溢れ、ゴム長靴やブーツに帽子,耳当て、マフラー、手袋と思いっきり着膨れした人、人、人・・・これではどうにもならないカンジなので、このラインは諦めて、別の地下鉄ラインに乗り、Liverpool Street駅から家まで電車で戻る事にした。このほうが遠回りだけれど、電車は始発から終点までなので、確実に座れるから本を読みながら帰れる。実は今丁度、カサノヴァの自伝の面白い所(刑務所から脱出)なので早く先が読みたいのだ

・・・・甘かった Liverpool Streetに着いて掲示板で確認すると、一つ前の電車はキャンセルになってる。次の電車の発車時刻も実はもう過ぎてたりして・・・待つ事約20分、やっとアナウンスがあったと思ったら、発車がプラットフォーム18ですって、、!このラインはいつも発車するのは1〜3番線のどれかなのに・・・ざっと見渡すと、ホームは10番までしかない、、?え!?、、18って何処、、、? どうやらもっと向こう側のコンコースのようで、みんな小走りで18番ホームに向かう。へえ〜〜、、はじめてだわ、こんな所まで来たのは・・・

やれやれ、、、という事でやっと座席に落ち着いて本の続き。この本、1500ページもあるハードカバーの単行本で相当重い。持ち歩いてすでに数カ月。半分はすぎたものの、やっぱり週5日一日20分しか読めないと進みが遅いわねえ〜〜・・・でも本当に面白い。カサノヴァについてもまた読み終わったらゆっくり書いてみたい

かなりのストレスではあったけど、これで予定の買い物はすべて終了! これからは雪が来ても電車が止まっても大丈夫だ〜〜!と喜びながら買って来た品々を点検する。よしよし、、予定通りだわ。
・・・と思ったら、、、、

なんと・・・

なんと・・・ ええ〜〜?! な・に・こ・れ〜〜?!

DSC00589

ユニクロで買ったスエットの上下、セキュリティーのタグが付いたままだ、、、

これはいったいどういう事、、? そういえばお店を出る時に警報が鳴った、、?かなあ? 気が付かなかったっていうか、大通りの店で同時に何人も出入りしてたし、お店の入り口で鳴っても誰も寄ってこないカンジだったし、、、

これは専用のもので取ってもらわないと自分じゃはずせない。とりあえずお店に電話する。待つ事3ー4分でやっとスタッフと繋がる。すぐマネージャーに代わってくれて、彼女はひたすら平謝りだけれど、私としてはこれだけを取ってもらうためにまた1時間かけてお金もかけてウェストエンドまで行かなくちゃならないという事のほうがショックなのだ

彼女は他の支店でもできるようにと探してくれたけど、いくら人気上昇中のUniqloでもうちのほうまではまだ来ていない。車でないといかれないショッピンセンターなんて問題外、、、結局交通の便を考えてもやっぱりOxford Circusまで行くしかない、、という事になってしまった。「仕事の休みをわざわざ取って、また雪になると大変だからと出かけたんですよ、一時間かけて、、、交通費も£7−00かかるんです。また今夜から雪になったら行かれないかもしれないし、、、」と事の不便さを主張する私に彼女はひたすら謝ってくれる。

レシートに、担当したレジ係の名前があるというので名前を告げると、「どんなに忙しくてもきちんと確認するように本人ともよく話します」というので、「レジでの対応はとても気持ち良くて、カンジの良い方でしたけれど」と添えておいた。もちろんクビになんかしないだろうけど、そういうちょっとした不注意で上から怒られるのって凹むからねえ〜、、彼には可哀想だけど、でもやっぱりこれは困るわ。「2度手間の不都合や交通費などの賠償をしますので」と言ってくれたので、やれやれだけれど結局明日また行くしか無いか・・・

何の為の半休だったの〜〜??  明日はそれだけの為に行くのも悔しいので、マッサージの予約も入れてしまった。今年最後って事でゆっくりほぐしてもらおう
雪で混乱がなければの話だけど・・

おとぎ話、、?


いまさら私が書かなくても、すでに世界中に知れ渡っているはずだけれど、来年の4月にロイヤル・ウェディングが決まっている。早刷りのカレンダーは間に合わなかっただろうけれど、今日仕事関係先から送られて来た来年のカレンダーにはしっかりと4月29日がバンクホリデー(祝日)として載っていた。「Royal Wedding」は金曜日で、イースター休みの直後だ。さらにこの次の月曜日は5月の第一月曜でこれもバンクホリデー。普通に月〜土曜で仕事をしている人にとっては、26~28日の3日間の休みをとればトータルで11日間のホリデーを取る事ができる

公開されたオフィシャルの婚約発表写真。
imagesimages-1

images-2チャールズ皇太子とダイアナ嬢の時とはかなり違う。このお二人は何と行っても付き合いが長い。大学時代からだからかれこれ10年近くも友人/恋人関係にあった上での婚約。右側の写真は特に、今までの王室の公式写真からは考えられないくらいの親密さが溢れ出ている。どうしても形式的でぎこちなかったご両親の婚約写真とは全く違うよね。

王子様とお姫様の夢のような結婚式でお話が終るFairy tale,でもその続きが「いつまでも幸せに暮らしました」では無いという事は、今のイギリス国民は皆知っている。私も日本でテレビ放映を見ていた、あの夢のようなセント・ポールでの結婚式、32歳の皇太子と8代続く伯爵家(今は9代目=ダイアナ妃の弟)の3女で初々しい20歳のお嬢様だったダイアナ嬢の姿はあの当時でも現実離れしているようだった。だからこそ世界中があこがれたのだろう。でもそれ以後の現実はけっしてFairy taleではなかった・・・・

ウィリアム王子は大人世代のイギリス国民にとっては、ただの王位継承者ではないのだ。彼は「ダイアナの息子」であり、彼女が亡くなって以来、「母親の代わりに私達が見守らなくちゃ」というような意識を持っているおばさん国民は多い。30が近づいた今でこそ容貌も変わってきたものの、彼はその顔立ちからして母親を思い起こさせるのだから仕方がない。

婚約者のケイト・ミドルトン嬢は貴族ではない。両親は航空パイロットとスチュワーデスで、その後パーティー装飾品のメールオーダー事業を立ち上げて大金持ちになった人達だ。ケイトさんは大学を出てからそれらしい仕事に就く事が無かったため、一時は「ただプロポーズされるのを待ってるだけ」なんて中傷された時期もあった。空軍に入ったウィリアムがまだまだ独身将校として忙しくしているのとすれ違い、一度は別れたと言われた2人だけれど、どちらかというと少し距離を置いて関係を見直そうという事だったのだろう。

婚約発表のインタビューで王子は「時が来たと思います、今が一番良いタイミングなのではないか」と言っていたけれど、まさに万を期してていうカンジ。ケイトさんはモデル並みの美人でそのファッションセンスは折り紙付き。女性からの支持も多いし学歴もあって、この10年間スキャンダルが全く無かった彼女はうるさいおばさん達にも認めてもらえそうだ。なによりも、この写真でも解る通り、長い時間をかけて絆を作って来たカップルの持つ信頼感が見える

15歳のウィリアムが、ダイアナ妃の葬列で棺の後ろを地面を睨みつけるように歩いていた姿は、まだ記憶に焼き付いている。身分や地位は関係ないよね、幸せになるといいね。母の婚約指輪をケイトさんに贈ったのも話題を呼んだ。「このサファイアの指輪は僕にとって大変特別なもので、、そしてケイトもまた特別な存在なのです。この指輪を彼女に贈る事で、僕なりに今ここにはいない母にも一緒に喜びに立ち会ってもらいたかった

ウィリアム王子も弟のハリー王子も、いろいろな時に「母がいたら何と言うだろうか」という事を考えるのだそうだ。今回の結婚でどうしても父と母の結婚式の時の事が話題に出されるのは避けられない。今はカミラ夫人と幸せそうにしているチャールズ皇太子も、30年前のあの国民の興奮と祝福を思い出さないはずがない

やっぱりFairy taleのおしまいは「幸せに暮らしました」であって欲しいよね。ケイトさんは婚約が決まると同時に公式の場ではいきなりキャサリンと呼ばれるようになった。これからは略称のケイトではなく、本来のキャサリンと呼ばれるべきだという王室側の要請だそうだ。確かに、Princess Kateじゃちょっとねえ、、、将来はQueen Catherine、そうね、やっぱりケイトという呼び方は庶民的かな。キャサリンだとキャシーと呼ばれる人も多いけど、ケイトのほうがもっとくだけて聞こえるせいかしらね。もともとChatherineというのはポッシュな名前なんだし・・・?

それにしてもねえ、、あのウィリアム王子が結婚ってねえ、、、こちとらどんどんばばあになるはずだわ。なんだか人生って恐ろしいわ。こうやってどんどんこっちが年とっていくのを実感していかなくちゃならないなんて。私は子供を育てなかったけれど、皆が言ってるのがなんだか解る気がする。おむつを変えてあげた姪がもう就職、とかね・・・

寒い冬が終ってまた明るい話題の春が来るのを待ちますかね。今週末はまた雪に見舞われそうだとか・・・・


Queueの骨折り損


なんだかこの頃は気温が2ー3度あると「あれ、、あったかいじゃん?」と思うようになってしまった。慣れというものは恐ろしい・・・朝晩は零下ですからね〜 ホントに今年はこのままずっといくのだろうか?? 太陽の出ない日も多くなってきたし、これは先が思いやられるなあ〜〜、、、

まるで実感がないままにいつの間にか12月。実感があろうとなかろうと、そろそろクリスマスカードを書かないと日本にはいつも10日過ぎには送っている。Royal Mailは、日本にクリスマス前に届く為には11月の末位までに投函しないと保証できないと言うけれど、実際にはいつも10日過ぎに送っても5ー6日で着いている

時代の変化というのも面白い。年に一度のクリスマスカードは思いつく人すべてに一言を届けたくて、カードも何種類か買って人によって選びながら書くのだけれど、以前に比べて現住所を知らないという人が増えている。昔は引っ越すと皆新しい住所や電話番号を教えてくれたものだけれど、最近はe-mailと携帯電話が主流なせいか、「実は引っ越しました」とメールで連絡があるくらいで、新しい住所をいちいち聞かないというパターンが増えた。携帯とメールアドレスがあればいつでも連絡可能なので、住所を知っているという事の意味があまりなくなってきた、という事か。カードを送ろうと思って書き出した人達のうち、3分の1はメールアドレスしか持ってないので、彼等にはe-Cardを送るという手段を取る。 これも時代の流れなのかな・・・

images今日は張り切ってクリスマスカードをやってしまおうと思い、まず数をかぞえて切手を買いに行った。毎年クリスマス用に発売される切手を楽しみにしてくれている人も多く、Royal Mailの出す可愛いクリスマススタンプはカードと同じ位重要だ。今年の切手はイギリスの誇るアニメーションシリーズ「Wallace & Gromit」のオリジナルデザインが使われている
このアニメーション映画シリーズは私も大好きで、ヌボ〜っとしたお人好しでちょっと暢気なWallaceと言葉は発さなくても目と耳と眉、すべての表情で100以上を語るGroomitのコンビは国民的人気

今時郵便局に行く事なんて、本当にクリスマスの切手を買うくらいしかんくなってしまった。メールや新手のデリバリーサービスに押されて苦戦しているRoyal Mailはここ数年で数もへり、人々は結構遠くまで足をのばして行った局内で、延々と行列=Queueに並んで順番を待つ。今日も延々と待つ事40分弱。日本ではお客様を立たせて待たせるなんて事はしないけれど、イギリスの伝統Queueにおいては、あくまでも先に来た人から一列になって順番を辛抱強く待つ。1歩ずつ、1歩ずつ進んで行くあのカンジがなんともいえないのよね
それにしてもあちこちでの支局閉鎖のおかげで、空いている郵便局の込み方は尋常じゃない!!

40分ほどしてやっとカウンターに行き、クリスマススタンプを頼むとお姉さんが一言「クリスマス用のは全部売り切れです・・・・・・絶句!! 「他の窓口も全部Sold Out!」 あのねえ〜、、、40分待った挙げ句にそれはないでしょう、、 だったらどっかに張り紙でもしといてくれれば即他の支局へ行くのに、、、

せめてカードを買って今日中に書いてしまおう、とカード屋さんへ。実は日曜日にウェストエンドに出た時、目をつけておいたパッケージがあったのだ。4種類の絵で一箱20枚入り。見つけたその店はうちのローカルなタウンセンターにあるカード屋さんなので、わざわざその時には買わずに、うちの近くで買う事にした。ところが、、、! 同じ店なのに私が2日前にOxford Circusでみたアソートパックがうちのタウンセンターの店に無い!!・・・いや、、あったのかもしれないけれど、なんとなくそれらしい棚が既にガラガラになっている

気に入らないカードを使うのはいやなので、仕方が無い、明日職場近くにある一番好きなカード屋さんで手を打とう。別の郵便局にはまだスタンプもあるだろうしね。うちのタウンセンターは大きいから逆に利用する人も多いので、早めに無くなってしまったという事なんだろう。あ〜あ、、なんだかくたびれ損な日だったわ。結局クリスマスカードはまだゼロ状態。2ー3日中になんとかしなくちゃ





冬、雪、暖炉、、、


DSC00564

今年は11月中に雪になって、イギリス全国が雪国になっている、
ロンドン近郊では南のほうがひどくやられていて、電車はかなり止まってしまい、ガトウィック空港もここ2日間閉鎖されている。昨日からまた雪だと言われていたので、今朝は早く起きて早速交通情報をチェックしてみると、うちの近辺はあまり大した事なさそう。念のためバスはやめて電車駅まで歩いていったら、電車は数分遅れでちゃんと運行されていた

それにしてもユニクロHEATTECHは滅茶苦茶あったかい!!
日本で噂を聞いてタンクトップタイプのを購入した。ここ数日トップの下に着ていたら成る程気持ち良く暖かい。そうしたら先日友人が、「早めのクリスマスプレゼント」と言ってタートルネックタイプのものをくれたのです。さすがに今朝は雪の道を丘の上の駅まで歩くので、このタートルネックタイプをセーターの下に着込んだら、、、あったかい!!駅まで延々と坂を登っているうちに、すっかり身体がポカポカ暖まったのでした。おそるべしHEATTECH!!

せっかく早く家を出たのに電車の遅れがなくて早々と着いてしまった為、しばらくお昼に行かなくなってしまったスタバで珈琲をTake awayする。朝のコーヒーを買うのは久しぶりだ。店長のお兄さん、私がしばらく来てなかったのは知ってたはずだけど、いつも通りのニコニコ顔で、「How are you?」と迎えてくれた、、、 ごめんね、お昼はいつも赤ちゃん/子供連れのママ達のたまり場になってるから、あんまり好きじゃないのよ・・・子供達がバタバタと店内を走り回ってても知らん顔でおしゃべりしてるお母さん達にはあきれてるんです! 貴重な1時間のお昼休みを保育園で過ごしたいとは思わないので、行かなくなっちゃっただけなのよ、、、

こんな日はやっぱり静かだ。検査の予約も午前中は2−3しかなく、私は今週始めから溜っていた仕事を片付ける絶好のチャンス。新しいレセプションのL嬢はものすごく飲み込みが早い! たった2週間で病欠を3回も取ったあげくに、胸膜炎だと見え透いた嘘で傷病手当をもらおうとした前の人とは大違い!!
それにしても忙し過ぎるよ、、、でもL嬢が来てからはトイレに行かれるだけましというもの。 うまく落ち着いてくれるといいなあ〜

DSC00567
今日はうちの彼が休みだったので、家に帰るとご飯を作ってくれていた。おまけにめずらしく暖炉に火が、、、この暖炉の火はガスなので一度付けると猛烈な勢いでガス代が跳ね上がる。だから実はもう10年近く火を入れないでいたのだ。部屋はセントラルヒーティングがありますから。でも今日は寒かったので私が帰宅する時間に合わせて30分だけ入れたのだそう。やっぱり暖炉の火っていいわあ〜〜 直火はヒーターと違うよね。

ディナーは彼が作ったビーフグーラーシュ。いかにも冬の夜ってカンジですが、あったまります・・・ごちそうさまでした!!



livedoor プロフィール
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ